島田 和則

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 16:55
 
アバター
研究者氏名
島田 和則
 
シマダ カズノリ
URL
http://www.ffpri.affrc.go.jp/tmk/
所属
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所
部署
多摩森林科学園 教育的資源研究グループ
職名
主任研究員
学位
農学修士(東京農工大学), 博士(農学)(東京農工大学)
科研費研究者番号
90353721

プロフィール

【研究テーマ】
多くの人口を抱える大都市及びその近郊地域に残された都市近郊林は、市民にとって最も身近な森林です。この都市近郊林を、植物の多様性や植生の自然度の視点から評価し、適切な管理のあり方を考えるための研究を行っています。また、研究から得た知見をもとに市民や行政等に向けて、現場の実情にあわせた現代的管理による都市近郊林の保全を提案しています。

【参画する主な研究課題】
地域特性に応じた天然林の更新管理技術の開発

研究分野

 
 

経歴

 
2017年4月
 - 
現在
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所 多摩森林科学園 主任研究員
 
2015年4月
 - 
2017年3月
国立研究開発法人森林総合研究所 多摩森林科学園 主任研究員
 
2016年4月
 - 
2016年9月
宇都宮大学 大学院農学研究科 非常勤講師
 
2012年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人森林総合研究所 多摩森林科学園 主任研究員
 
2006年4月
 - 
2012年3月
独立行政法人森林総合研究所 主任研究員
 

学歴

 
1991年4月
 - 
1992年3月
東京農工大学 大学院農学研究科 研究生
 
1989年4月
 - 
1991年3月
東京農工大学 大学院農学研究科 環境保護学専攻
 
1985年4月
 - 
1989年4月
東京農工大学 農学部 環境保護学科
 

委員歴

 
2017年4月
 - 
現在
植生学会  表彰委員
 
2014年4月
 - 
現在
植生学会  編集委員
 
2001年4月
 - 
2012年3月
森林立地学会  編集幹事
 
2001年4月
 - 
2012年3月
森林立地学会  HP担当
 
1999年4月
 - 
2001年3月
森林立地学会  事業幹事
 

受賞

 
2011年
森林立地学会誌論文賞
 

論文

 
暖温帯域の気象害を受けた放置人工林に再生した広葉樹二次林の植物種数および生育環境区分からみた種構成の長期経年変化
島田和則、 勝木俊雄、 大中みちる、 岩本宏二郎
森林立地   60(1) 11-21   2018年6月   [査読有り]
茨城県日立市鞍掛山における市民参加の整備活動による二次林植生の変化
勝木俊雄・島田和則
関東森林研究   67(2) 211-214   2016年11月   [査読有り]
多摩森林科学園における1960年代に植栽されたサクラの現況
勝木俊雄、岩本宏二郎、九島宏道、島田和則、和田博幸
樹木医学研究   20(1) 22-23   2016年1月   [査読有り]
島田 和則・勝木 俊雄・岩本 宏二郎・大中 みちる
植生学会誌   31(1) 71-84   2014年6月   [査読有り]
都市林における先駆性高木種の分布と動態
島田和則
東京農工大学連合農学研究科   1-77   2011年3月   [査読有り]

Misc

 
「独歩の森」は市民の財産~武蔵野の雑木林を未来へつなぐ~
武蔵野の森を育てる会
   2016年3月
都市近郊林管理の考え方-市民参加のための手引き-
森林総合研究所多摩森林科学園
   2015年3月
クロマツ海岸林に自然侵入した広葉樹の活用法−松枯れから防災機能を守るための広葉樹林化−
島田和則、坂本知己、野口宏典、鈴木覚、後藤義明、萩野裕章
森林総合研究所第3期中期計画成果   17 1-45   2014年3月
クロマツ海岸林の管理の手引きとその考え方−本数調整と侵入広葉樹の活用−
坂本知己、島田和則、野口宏典、萩野裕章 、鈴木覚、後藤義明
森林総合研究所第2期中期計画成果   24    2011年3月
里山林の放置と下層植生管理がもたらす生物多様性
松本和馬、岩本宏二郎、島田和則、勝木俊雄
森林総合研究所交付金プロジェクト研究成果集   27 77-96   2010年3月

書籍等出版物

 
図説日本の植生第2版
島田和則 (担当:分担執筆, 範囲:都市の植生(森林の孤立化、特定種の旺盛な繁茂))
朝倉書店   2017年6月   ISBN:978-4-254-17163-1
森林大百科事典
島田和則 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2009年   ISBN:4-978-4-254-4704
植生管理学
島田和則 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2005年   ISBN:4-254-42029-3
図説日本の植生
島田和則 (担当:分担執筆)
朝倉書店   2005年   ISBN:4-254-17121-8
改訂 砂防用語集
島田和則 (担当:分担執筆, 範囲:植物・植生関係用語)
山海堂   2004年12月   

講演・口頭発表等

 
都市近郊林における皆伐後9年間の天然更新過程
岩本宏二郎・勝木俊雄・島田和則・九島宏道・大中みちる
第8回関東森林学会大会   2018年10月   
希少種ヤツガタケトウヒの人工林の成長について
勝木俊雄・九島宏道・島田和則・長谷川絵里・岩本宏二郎・山下香菜・田邊純・石栗太
第8回関東森林学会大会   2018年10月   
都市近郊林における人工ギャップ形成後5年間の植生変化
島田和則・勝木俊雄・大中みちる・岩本宏二郎・九島宏道・長谷川絵里
第65回日本生態学会大会   2018年3月   
関東南部のサクラ林における下刈り手法の違いが下層植生へ与える影響について
勝木俊雄・九島宏道・島田和則・岩本宏二郎・大中みちる
第7回関東森林学会大会   2017年10月   
都市近郊林の再生過程における種構成の長期変化の特徴
島田和則、勝木俊雄、大中みちる、岩本宏二郎
第64回日本生態学会大会   2017年3月   

担当経験のある科目

 
 

社会貢献活動

 
公園・緑地 樹木シンポジウム「市民参加による里山林の保全・管理を考える」
【講師】  自治会連合会高坂丘陵支部環境委員会・東松山市  2018年9月8日
環境学習会「市民参加による里山林の保全・管理を考える」
【講師】  東松山市・東松山市環境基本計画市民推進委員会共催  2018年2月18日
都市近郊緑地における雑木林の保全管理について
【講師】  自然環境保全管理会議・青少年科学館・特定非営利活動法人かわさき自然調査団  2017年9月18日
森林講座「森のかさぶた-先駆性高木種という樹木の都市林で生きる姿-」
【講師】  森林総合研究所  2017年6月14日
森林講座「身近な森のいまを読み解く-都市近郊林の成り立ちとこれから-」
【講師】  森林総合研究所  2015年6月26日