菊地 和弘

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/09 13:33
 
アバター
研究者氏名
菊地 和弘
 
キクチ カズヒロ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
生物機能利用研究部門 動物機能利用研究領域 動物生殖機能制御ユニット
職名
主席研究員
学位
博士(農学)(東京大学)
その他の所属
山口大学

プロフィール

動物遺伝資源の保存に関する研究を行っています。

研究分野

 
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1989年3月
麻布大学 大学院獣医学研究科修士課程 
 
1983年4月
 - 
1987年3月
麻布大学 獣医学部 獣医学科
 

受賞

 
2003年9月
日本繁殖生物学会 学術賞
 

論文

 
Kaneko H, Kikuchi K, Men NT, Nakai M, Noguchi J, Kashiwazaki N, Ito J
Theriogenology   91 154-162   2017年3月   [査読有り]
Nakai M, Suzuki SI, Ito J, Fuchimoto DI, Sembon S, Noguchi J, Onishi A, Kashiwazaki N, Kikuchi K
The Journal of reproduction and development   62(6) 639-643   2016年12月   [査読有り]
Nakai M, Ito J, Suzuki SI, Fuchimoto DI, Sembon S, Suzuki M, Noguchi J, Kaneko H, Onishi A, Kashiwazaki N, Kikuchi K
The Journal of reproduction and development   62(6) 615-621   2016年12月   [査読有り]
Men NT, Kikuchi K, Furusawa T, Dang-Nguyen TQ, Nakai M, Fukuda A, Noguchi J, Kaneko H, Viet Linh N, Xuan Nguyen B, Tajima A
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho   87(11) 1325-1333   2016年11月   [査読有り]
Santos EC, Somfai T, Appeltant R, Dang-Nguyen TQ, Noguchi J, Kaneko H, Kikuchi K
Animal science journal = Nihon chikusan Gakkaiho      2016年11月   [査読有り]

Misc

 
Effect of Follicle Cells on In-Vitro Fertilization of Pig Follicular Oocytes
Theriogenology Vol.39, pp.593-599 1993   
Histone H1 Kinase Activity During in Vitro Fertilization of Pig Follicular Oocytes Matured in Vitro
Theriogenology Vol.43, pp.523-532 1995   
Decrease of Histone H1 Kinase Activity in Relation to Parthenogenetic Activation of Pig Follicular Oocytes Matured and Aged in Vitro
J. of Reproduction and Fertility Vol.105, pp.569-573 1995   

競争的資金等の研究課題

 
ベトナム在来ブタ資源の遺伝子バンクの設立と多様性維持が可能な持続的生産システムの構築
科学技術振興機構/国際協力機構: 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム
研究期間: 2014年4月 - 2020年3月    代表者: 菊地 和弘