米村 正一郎

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/12 17:18
 
アバター
研究者氏名
米村 正一郎
 
ヨネムラ セイイチロウ
eメール
yoneaffrc.go.jp
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
農業環境変動研究センター
職名
主席研究員
学位
博士(理)(東京大学)
その他の所属
東京大学農学生命科学研究科

プロフィール

若い時から国際的な貢献を目指してきました。現在、環境計測・分析・制御などを中心とした技術をもとに連続測定システムを作成し、学際性のある研究を行っています。特に、ガス交換量自動測定システムを作成し、土壌(凍土、ミミズなども含む)・植物その他の対象物のガス交換プロセスについての研究を行ってきています。また、これまで関連分野でのフィールド研究(研究所内実験フィールド・国内、中国、マレーシア、インドネシア、ベトナム等)に携わってきました。そして、様々な科学を推進しています。今後の抱負としては、これまでに培ってきた研究内容・研究技術を応用したり、教育に生かしていきたいと考えています。

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
農研機構 農業環境変動研究センター 主席研究員
 
2008年2月
 - 
現在
東京大学農学生命科学研究科 生物環境工学エコロジカルセイフェティ学連携講座 連携講座教員
 
2006年9月
 - 
2010年2月
玉川大学農学部 非常勤講師
 
2002年3月
 - 
2003年9月
マックスプランク化学研究所 Biogeochemistry Devision 在外研究員
 
1992年
   
 
 農業環境技術研究所研究員
 
2000年
   
 
 農業環境技術研究所主任研究官
 

学歴

 
 
 - 
1992年
東京大学大学院 理学系研究科 地球物理学専攻
 
 
 - 
1990年
東京大学 理学部 地球物理学専攻
 

委員歴

 
2015年3月
 - 
現在
日本農業気象学会  編集理事
 
2012年2月
 - 
現在
日本学術会議  IGAC小委員会委員
 
2013年10月
 - 
2015年10月
日本学術振興会  科研費審査委員
 
2010年9月
 - 
2014年9月
日本大気環境学会  編集委員
 
2009年4月
 - 
2013年3月
日本農業気象学会  編集委員
 

受賞

 
2018年3月
日本農業気象学会 学術賞 土壌―大気間の微量気体の交換に関する農業気象学的研究
 
2018年9月
日本土壌肥料学会2018年度神奈川大会 ポスター賞 低酸素濃度条件における土壌からのN2OおよびNOの放出
受賞者: 西村誠一
 

論文

 
Technical advances in measuring greenhouse gas emissions from thawing permafrost soils in the laboratory
Yonemura S, Uchida M, Iwahana G, Kim Y, Yoshikawa K
Polar Science   in press    2019年6月   [査読有り]
Dynamic measurements of earthworm respiration
Yonemura S, Kaneda S, Kodama N, Sakurai G, Yokozawa M
Journal of Agricultural Meteorology   in press    2019年4月   [査読有り]
和田龍一, 定永靖宗, 加藤俊吾, 勝見尚也, 大河内博, 岩本洋子, 三浦和彦, 小林拓, 鴨川仁, 松本淳, 米村正一郎, 松見豊, 梶野瑞王, 畠山史郎
分析化学   67(6) 333‐340(J‐STAGE)   2018年
Minaco Adachi, Minaco Adachi, Akihiko Ito, Seiichiro Yonemura, Wataru Takeuchi
Journal of Environmental Management   200 97-104   2017年9月
© 2017 Elsevier Ltd Soil respiration is one of the largest carbon fluxes from terrestrial ecosystems. Estimating global soil respiration is difficult because of its high spatiotemporal variability and sensitivity to land-use change. Satellite moni...
Seiichiro Yonemura, Keisuke Ono, Hiroki Ikawa, Wonsik Kim, Masayoshi Mano, Akira Miyata
Journal of Agricultural Meteorology   73 140-145   2017年1月
© 2017, Society of Agricultural Meteorology of Japan. All rights reserved. To improve our understanding of the carbon dioxide (CO 2 ) efflux dynamics in paddy fields during the drained fall-to-spring fallow season, we conducted incubation experime...
Satoshi Irei, Satoshi Irei, Akinori Takami, Yasuhiro Sadanaga, Susumu Nozoe, Susumu Nozoe, Seiichiro Yonemura, Hiroshi Bandow, Yoko Yokouchi
Atmospheric Chemistry and Physics   16 4555-4568   2016年4月
© Author(s) 2016. To better understand the secondary air pollution in transboundary air over westernmost Japan, ground-based field measurements of the chemical composition of fine particulate matter ( ≤ ĝ€1ĝ€μm), mixing ratios of trace gas species...
Geoffrey Zahn, Rota Wagai, Seiichiro Yonemura
Soil Biology and Biochemistry   94 133-137   2016年3月
© 2015 Elsevier Ltd. Fundamental questions remain about the role of bacterivorous protists in regulating soil carbon (C) and nitrogen (N) cycling, including the ways in which protists interact with physical and chemical factors to influence soil d...
Keisuke Nishida, Naomi Kodama, Naomi Kodama, Naomi Kodama, Seiichiro Yonemura, Yuko T. Hanba
Journal of Plant Research   128 777-789   2015年10月
© 2015, The Author(s). We investigated stomatal conductance (g s ) and mesophyll conductance (g m ) in response to atmospheric CO 2 concentration [CO 2 ] in two primitive land plants, the fern species Pteridium aquilinum and Thelypteris dentata, u...
Gen Sakurai, Seiichiro Yonemura, Ayaka W. Kishimoto-Mo, Shohei Murayama, Toshiyuki Ohtsuka, Masayuki Yokozawa
PLoS ONE   10    2015年3月
© 2015 Sakurai et al. Carbon dioxide (CO 2 ) efflux from the soil surface, which is a major source of CO 2 from terrestrial ecosystems, represents the total CO 2 production at all soil depths. Although many studies have estimated the vertical pr...
Shan Lu, Satoshi Inoue, Hiroyuki Shibaike, Shigeto Kawashima, Seiichiro Yonemura, Mingyuan Du
Journal of Agricultural Meteorology   71 153-160   2015年1月
© 2015, Society of Agricultural Meteorology of Japan. All rights reserved. Monitoring pollen release is important for investigating growth stages and pollen dynamics of agro-ecosystems. The objective of this study is to evaluate the possibility of...

Misc

 
高田裕介, 和頴朗太, 赤羽幾子, 板橋直, レオン愛, 米村正一郎, 白戸康人, 岸本(莫)文紅, 長谷川広美, 八木一行
農業環境技術研究所報告   (35) 119‐153   2016年3月
白戸康人, 井上吉雄, 岡本勝男, 石塚直樹, 杉浦裕義, 高橋司, 小原繁, 川守田真紀, 岩淵幸治, 額田光彦, 根本知明, 折本善之, 飯村強, 藤田裕, 郷内武, 手塚誉裕, 加藤治, 榊英雄, 山田一宇, 橋本享子, 峯田絵里, 岸本文紅, 高田裕介, 三島慎一郎, 横沢正幸, 米村正一郎, 須藤重人, 矢ケ崎泰海, 木村園子ドロテア
農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果   (557) 64‐69   2016年3月
川島茂人, 杜明遠, 米村正一郎, 井上聡, 松尾和人
農業環境技術研究所年報   (18) 56-59   2002年2月
西村誠一, 西村誠一, 南川和則, 八木一行, 米村正一郎
農業環境技術研究所研究成果情報   31 16-17   2015年3月
櫻井玄, 米村正一郎, 横沢正幸, 岸本文紅, 村山昌平, 大塚俊之
農業環境技術研究所研究成果情報   31 52-53   2015年3月
米村正一郎
農環研ニュース   (52) 4-5   2001年10月
石塚成宏, 中島泰弘, 米村正一郎, 川島茂人, 須藤重人, 鶴田治雄, ムルディヤルソ ダニエル, アナス イスワンディ
熱帯アジアの土地利用変化が陸域生態系からの温室効果ガスの発生・吸収量に及ぼす影響の評価に関する研究 平成11-13年度   50-62   2002年
鶴田治雄, 須藤重人, 米村正一郎, 川島茂人, 中島泰弘, 石塚成宏, ムルディヤルソ ダニエル, アナス イスワンディ
熱帯アジアの土地利用変化が陸域生態系からの温室効果ガスの発生・吸収量に及ぼす影響の評価に関する研究 平成11-13年度   9-24   2002年

書籍等出版物

 
Greenhouse gas emission inventory from biomass burning due to shifting cultivation in India
In Trends in Air Pollution Research (ISBN 1-59454-326-7) edited by J.V. Livingston   2005年   
Wind erosion processes during dust storm in Dunhuang, China
Gao, A. et al. (Eds.), 2002:Proceedings, 12th international soil conservation organization conference, May 26-31, 2002 Beijing, China   2002年   

講演・口頭発表等

 
レーザー誘起蛍光法を用いた森林生態系におけるNO₂フラックスの計測
奥野佳司, 和田龍一, 松見豊, 高梨聡, 深山貴文, 望月智貴, 谷 晃, 米村正一郎, 植山雅仁, 高木健太郎, 堅田元喜, 中野隆志, 反町篤行
日本農業気象学会北陸支部関東支部2018年度合同例会   2018年11月9日   
西村誠一, 米村正一郎
日本土壌肥料学会講演要旨集   2018年8月29日   
和田龍一, 松見豊, 高梨聡, 深山貴文, 望月智貴, 谷晃, 米村正一郎, 植山雅仁, 高木健太郎, 宮崎雄三, 堅田元喜, 中野隆志, 反町篤行
大気環境学会年会講演要旨集   2018年8月28日   
Mingyuan Du, Seiichiro Yonemura, Yanbo Shen, Wanfu Wang
IOP Conference Series: Earth and Environmental Science   2018年3月1日   
© Published under licence by IOP Publishing Ltd. Directly measuring the dust concentration during a dust storm is very important for studying dust emission and wind erosion processes. The Mira visibility sensors were introduced for directly measur...
Mingyuan Du, Seiichiro Yonemura, Yanbo Shen, Wanfu Wang
IOP Conference Series: Materials Science and Engineering   2018年2月15日   
© Published under licence by IOP Publishing Ltd. Aerosols have a direct radioactive and forcing because they scatter and absorb solar and infrared radiation in the atmosphere. Mineral dust is a major contributor to aerosol loading and optical thic...
伊藤淳平, 和田龍一, 高梨聡, 深山貴文, 岡野通明, 中野隆志, 望月智貴, 谷晃, 米村正一郎, 松見豊, 高木健太郎, 植山雅仁, 宮崎雄三
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2018年   
和田龍一, 松見豊, 中山智喜, 米村正一郎, 谷晃, 中野隆志, 加藤俊吾
大気環境学会年会講演要旨集   2017年8月28日   
米村正一郎, 大浦紀子, 岸本文紅
日本農業気象学会全国大会講演要旨/Proceedings of International Symposium on Agricultural Meteorology   2017年   
杉山薫, 和田龍一, 高梨聡, 深山貴文, 中野隆志, 望月智貴, 谷晃, 米村正一郎, 高木健太郎, 松見豊, 植山雅仁, 宮崎雄三
日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web)   2017年   
米村正一郎, 金田哲
日本生態学会大会講演要旨(Web)   2017年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
生態系における大気微量物質の交換過程に関する研究
米村 正一郎   その他   

競争的資金等の研究課題

 
北極ツンドラ生態系における土壌CO2フラックスの冬期の動態解明と年間の高精度推定
科研費: 基盤B(海外学術)
研究期間: 2016年4月 - 2021年3月    代表者: 内田雅已
硝酸系肥料の利用による農耕地土壌からの一酸化二窒素排出削減技術の開発
科研費: 基盤C
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 西村誠一
収量・品質向上と両立できる環境配慮型水・物質管理の提案とベトナム水田地域での実践
科研費: 基盤B(海外学術)
研究期間: 2016年4月 - 2019年3月    代表者: 中村公人
アジア陸域の指標生態系における温暖化影響の長期モニタリング研究
環境省: 一括計上
研究期間: 2013年4月 - 2018年3月    代表者: 唐艶鴻
ミミズが土壌炭素動態に及ぼす影響とそのメカニズムの解明に関する研究
文科省: 科研基盤C
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 金田哲
ペレット堆肥からの一酸化二窒素発生メカニズムの解明
科研費: 基盤C
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 西村誠一
北極永久凍土融解による土壌炭素分解の実態解明とそのダイナミクスに関する調査研究
科研費: 基盤B(海外学術)
研究期間: 2014年4月 - 2017年3月    代表者: 近藤美由紀
二酸化炭素透過性アクアポリンの生理機能および分子機構の研究
科研費: 基盤C
研究期間: 2014年4月 - 2016年3月    代表者: 且原真木
炭素ガス炭素安定同位体比高速測定システムの開発
科研費: 戦略的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 米村 正一郎
先進的炭素安定同位体比測定法による生態系炭素循環の素過程の解明
名古屋大学太陽地球環境研究所: 共同研究費
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月    代表者: 米村 正一郎