梶田 秀司

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/02 09:25
 
アバター
研究者氏名
梶田 秀司
 
カジタ シュウジ
URL
http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=S96152866
所属
独立行政法人産業技術総合研究所
部署
知能システム研究部門 ヒューマノイド研究グループ
職名
上級主任研究員
学位
工学博士(東京工業大学)
Twitter ID
@s_kajita

プロフィール

1961年愛知県生まれ。1985年東京工業大学大学院修士課程修了(制御工学専攻)。
同年通産省工業技術院機械技術研究所に入所。2足歩行ロボット等の動的制御技術
の研究に従事。1996年2月より1年間米国カリフォルニア工科大学客員研究員。 2001
年 より組織改変に伴い独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員、現在にいたる。
1996年3月東京工業大学より学位取得(工学博士)。著書「歩き出した未来の機械たち」
(ポプラ社),「ヒューマノイドロボット」(編著)(オーム社)。1996年度計測自動制御学会論文賞、2005年度日本ロボット学会論文賞、2015年度日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門学術業績賞。

好きな言葉:
 技術が成功するためには、宣伝活動より現実が優先されねばならない。
自然を騙すことなどできないのだから。 --- リチャード ファインマン
 For successful technology reality must take precedence over public relations,
for nature cannot be fooled. --- Richard P. Feynman

研究分野

 
 

論文

 
Moro Federico L, Sentis Luis, Park Jaeheung, Atkeson Christopher G, Gienger Michael, Goswami Ambarish, Kajita Shuuji, Khatib Oussama, Kuffner James, Orin David E, Ott Christian, Pratt Jerry E, Righetti Ludovic, Siciliano Bruno, Tedrake Russ, Yoshida Eiichi
Ieee Robotics & Automation Magazine   24(3) 11-13   2017年   [査読有り]
Kajita Shuuji, Sakaguchi Takeshi, Nakaoka Shin'ichiro, Morisawa Mitsuharu, Kaneko Kenji, Kanehiro Fumio, IEEE
2017 Ieee International Conference on Cyborg and Bionic Systems (Cbs)   45-49   2017年   [査読有り]
Nakaoka Shin'ichiro, Cisneros Rafael, Morisawa Mitsuharu, Sakaguchi Takeshi, Kaneko Kenji, Kajita Shuuji, Kanehiro Fumio, IEEE
2017 Ieee Workshop on Advanced Robotics and Its Social Impacts      2017年   [査読有り]
Kajita Shuuji, Benallegue Mehdi, Cisneros Rafael, Sakaguchi Takeshi, Nakaoka Shin'ichiro, Morisawa Mitsuharu, Kaneko Kenji, Kanehiro Fumio, IEEE
2017 Ieee-Ras 17th International Conference on Humanoid Robotics (Humanoids)   599-605   2017年   [査読有り]
Kajita Shuuji, Cisneros Rafael, Benallegue Mehdi, Sakaguchi Takeshi, Nakaoka Shin'ichiro, Morisawa Mitsuharu, Kaneko Kenji, Kanehiro Fumio
2016 Ieee-Ras 16th International Conference on Humanoid Robots (Humanoids)   637-643   2016年   [査読有り]

Misc

 
IEEE Transaction on Robotics and Automation Vol. 8, No. 4, pp. 431-438(1992)   
Experimental Study of Biped Dynamic Walking in the Linear Inverted Pendulum Mode
Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 2885-2891 (1995)   
Study of Dynamic Biped Locomotion on Rugged Terrain ― Derivation and Application of the Linear Inverted Perdulum Mode
Proc. of IEEE International Conference on Robotics and Automation, pp. 1405-1411 (1991)   
NAKAMURA Y, HIRUKAWA H, YAMANE K, KAJITA S, FUJIWARA K, KANEHIRO F, NAGASHIMA F, MURASE Y, INABA M
ROBOTICS AND AUTONOMOUS SYSTEMS   37(2/3) 101-114   2001年
HUANG Q, YOKOI K, KAJITA S, KANEKO K, ARAI H, KOYACHI N, TANIE K
IEEE TRANSACTIONS ON ROBOTICS AND AUTOMATION   17(3) 280-289   2001年

競争的資金等の研究課題

 
ヒューマノイド・ロボット