遠藤 博史

J-GLOBALへ         更新日: 15/04/30 19:23
 
アバター
研究者氏名
遠藤 博史
 
エンドウ ヒロシ
URL
http://www.aist.go.jp/RESEARCHERDB/cgi-bin/worker_detail.cgi?call=namae&rw_id=H63072683
所属
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
部署
人間情報研究部門 身体適応支援工学研究グループ
職名
主任研究員
学位
博士(北海道大学)

研究分野

 
 

経歴

 
2015年
 - 
現在
国立研究開発法人産業技術総合研究所主任研究員
 
2001年
   
 
独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員
 
1997年
   
 
通産省工業技術院生命工学工業技術研究所主任研究官
 
1993年
   
 
通産省工業技術院生命工学工業技術研究所研究員
 
1987年
   
 
通産省工業技術院製品科学研究所研究員
 

論文

 
Kato Y, Endo H, Kobayakawa T, Kato K, Kitazaki S
Ergonomics   55(1) 1-11   2012年   [査読有り]
Endo H, Kawahara K
European journal of applied physiology   111(11) 2695-2705   2011年11月   [査読有り]
梅村浩之, 石川純, 遠藤博史, 阿部健太郎, 松田次郎
人間工学   47(4) 139-148   2011年8月
Endo H, Kawahara K
Ergonomics   54(3) 273-281   2011年3月   [査読有り]

Misc

 
藤崎和香, 氏家弘裕, 遠藤博史
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.2517P   2014年9月
遠藤博史
ヒューマンインタフェースシンポジウム論文集(CD-ROM)   2014 ROMBUNNO.3335   2014年9月
若見昌信, 成田紀之, 石井智浩, 神谷和伸, 遠藤博史, 齋藤美佳, 會田雅啓
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   122nd 300   2013年5月
石井智浩, 成田紀之, 神谷和伸, 河相安彦, 遠藤博史
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   122nd 298   2013年5月
成田 紀之, 飼馬 祥頼, 神谷 和伸, 香川 知範, 水口 俊介, 遠藤 博史, 川崎 真護
日本顎口腔機能学会雑誌 = The Journal of Japanese Society of Stomatognathic Function   18(1) 60-61   2011年10月
成田紀之, 飼馬祥頼, 神谷和伸, 香川知範, 水口俊介, 遠藤博史, 川崎真護
日本顎口腔機能学会雑誌   18(1) 60-61   2011年10月
遠藤博史, 石川純, 梅村浩之
人間工学   47 116-117   2011年6月
石井智浩, 成田紀之, 神谷和伸, 遠藤博史, 佐藤貴信, 中村耕実, 秦由香里
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   120th 247   2011年5月
石井智浩, 成田紀之, 神谷和伸, 遠藤博史, 大工原徹, 鯨岡創一郎, 田中雄一
日本補綴歯科学会学術大会プログラム・抄録集   119th 182   2010年5月
加藤雄一郎, 遠藤博史
体力科学   58(6) 733   2009年12月
山内真, 辻野佳規, 遠藤博史, 石川純
Optics & Photonics Japan講演予稿集   2009 526-527   2009年11月
松木則夫, 岡根利光, 石川純, 遠藤博史
精密工学会大会学術講演会講演論文集   2009 ROMBUNNO.N09   2009年8月
遠藤博史, 石川純, 梅村浩之, 阿部健太郎, 松田次郎
人間工学   45 248-249   2009年6月
梅村浩之, 石川純, 遠藤博史, 阿部健太郎, 松田次郎
電子情報通信学会技術研究報告   109(83(HIP2009 48-72)) 7-12   2009年6月
加藤雄一郎, 遠藤博史
体力科学   57(6) 636   2008年12月
遠藤博史
人間工学   44 248-249   2008年6月
加藤和人, 加藤雄一郎, 遠藤博史, 北崎智之
自動車技術会学術講演会前刷集   (136-07) 13-16   2007年10月
青山 敦, 遠藤 博史, 本多 敏, 武田 常広
日本バーチャルリアリティ学会論文誌   12(1) 45-55   2007年3月
Magnetoencephalography (MEG) was used to investigate the brain mechanism of audio-visual predictive information processing and to propose a basic theory on optimal presentation of multimodal information in VR. After repetitive delivery of a specif...
青山敦, 遠藤博史, 本多敏, 武田常広
日本バーチャルリアリティ学会大会論文集(CD-ROM)   12th 1C4-6   2007年

競争的資金等の研究課題

 
文部科学省: 科学研究費補助金(基盤研究(C))
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 遠藤 博史