共同研究・競争的資金等の研究課題

コンピュータ外科:手術を測る,手術を魅せる

その他の試験研究機関

資金種別
競争的資金

【詳細はホームページへ】
外科手術は,人間が医療機器を操作し様々な判断を下すことにより成り立っています.
新しい医療機器や治療方法の開発と,その有効性・安全性評価においては,ハード・ソフトそのものに加えて,ユーザである医師など医療従事者が機器をどのように使いこなすかという観点も重要です.
そこで私は,この「物」と「人」の両方について,運動解析や力覚計測といった人間計測技術を用いることにより計測し,その有効性や技能を定量的に評価することを試みています.また,診断治療情報をユーザに提供する際に,人間の知覚特性を最大限に利用できるような表示方法を開発しています.
私の研究成果は,よりよい医療機器の設計に反映できるだけでなく,トレーニング用手術シミュレータの開発や,医学教育システムの充実,さらには医療安全の向上に役立てられることが期待されます.