Kodama Yuetsu

J-GLOBAL         Last updated: Nov 18, 2018 at 08:03
 
Avatar
Name
Kodama Yuetsu
E-mail
yuetu.kodamariken.jp
Affiliation
RIKEN(The Institute of Physical and Chemical Research)
Degree
Doctor of Engineering(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1988
 - 
Sep 1995
Researcher, Electrotechnical Laboratory
 
Oct 1995
 - 
Mar 2001
Senior Researcher, Electrotechnical Laboratory
 
Apr 2001
 - 
Jan 2011
Senior Researcher, National Institute of Advanced Industrial Seience and Technology
 
Feb 2011
 - 
Mar 2015
Professor, Graduate School of System and Information Engineering, University of Tsukuba
 
Apr 2015
 - 
Today
Senior Scientist, Center for Computational Science, RIKEN
 

Education

 
Apr 1982
 - 
Mar 1986
Department of Mathematical Engineering and Information Physics, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 
Apr 1986
 - 
Mar 1988
Department of Information Engineering, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Sep 2006
IEEE International Conference on Cluster Computing 2006 Best Paper Award
Winner: Motohiko Matsuda; Tomohiro Kudoh; Kodama Yuetsu; Ryousei Takano; Yutaka Ishikawa
 
Efficient MPI Collective Operations for Clusters in Long-and-Fast Networks

Published Papers

 
The Various Kinds of Synchronization Mechanism in the Dataflow Machine EM-4
Yamaguchi,Yoshinori;Sakai,Shuichi;Hiraki,Kei;Kodama,Yuetsu;Yuba,Toshitsugu
全国大会講演論文集   37(1) 75-76   Sep 1988
現在開発中のデータ駆動計算機システムEM-4は単純化した命令セットを有するシングルチップ化された要素プロセッサによって構成される。EM-4においてはデータ駆動制御の本質的なオーバヘッドであると考えられる種々の待ち合せ方式の効率的な実現を目指し、待ち合せ機構の単純化、高速化が図られた。EM-4におけるデータの待ち合せの対象を整理すると次の4つに分類される。(1)命令レベルにおけるオペランドの待ち合せ(2)強連結ブロックにおける複数データの待ち合せ(3)関数レベルにおける引数の待ち合せ(4)要...
Consideration of a Single Chip Dataflow Processor Construction
Sakai,Shuichi;Yamaguchi,Yoshinori;Hiraki,Kei;Kodama,Yuetsu;Yuba,Toshitsugu
全国大会講演論文集   37(1) 73-74   Sep 1988
並列要素数1000規模のデータ駆動計算機EM-4を開発中である。EM-4では、高速化、ボード設計・全体設計の容易さ、大規模マシンの実現性などの点から、要素プロセッサをシングルチップ化している。このシングルチッププロセッサはEMC-Rと呼ばれるが、EMC-Rは、単純化した命令セットを対象とする情報処理機能と、プロセッサ結合型相互結合網の要素としての情報交換機能をCMOSゲートアレイチップ上に実現するものである。本報告では、EMC-R製作時におけるシングルチップ化の問題点とその解決法に関して述べる。
Load Distribution on the Dataflow Machine EM-4
Kodama,Yuetsu;Sakai,Shuichi;Yamaguti,Yoshinori;Hiraki,Kei
全国大会講演論文集   38(3) 1416   Mar 1989
シングルチッププロセッサEMC-Rによって構成されるデータ駆動計算機EM-4を開発中である。高並列計算機では個々の要素プロセッサ(PE)の処理能力はもちろんのこと、高速のデータ転送、効率よい同期、均等な負荷分散等が重要となってくる。ここではEM-4における負荷分散機構について述べる。
Pipeline Design of the Dataflow Machine EM-4
Sakai,Shuichi;Yamaguchi,Yoshinori;Kodama,Yuetsu;Hiraki,Kei
全国大会講演論文集   38(3) 1414-1415   Mar 1989
シングルチッププロセッサEMC-Rによって構成されるデータ駆動計算機EM-4を開発中である。EM-4では、処理のさまざまな並列化・重畳化をおこなっている。その概略を以下に記す。(1)データフローグラフによって表現される並列性を、要素プロセッサ(PE)間に展開することによる並列化。(2)データフローグラフによって表現される並列性を、PE内の循環パイプライン上に展開することによる重畳化。(3)同一PE内における先行制御。(4)データ授受機能と処理機能の並列化。(5)結合網上でのパケット転送の重...
Machine Organization of the Prototype of the Dataflow Machine EM-4
Yamaguchi,Yoshinori;Sakai,Shuichi;Hiraki,Kei;Kodama,Yuetsu
全国大会講演論文集   38(3) 1412-1413   Mar 1989
データ駆動計算機EM-4は単純化した命令セットを有するシングルチップ化された要素プロセッサEMC-Rによって構成される。現在、80台の要素プロセッサから構成されるEM-4プロトタイプを開発中である。本稿ではこのプロトタイプのシステム構成および開発形態などについて述べる。

Books etc

 
細粒度通信に基づく並列計算機アーキテクチャに関する研究
Kodama,Yuetsu
May 2003   

Conference Activities & Talks

 
トラフィックの性質情報に基づいた動的ネットワーク選択手法
児玉, 祐悦;岡崎, 史裕;高野, 了成;工藤, 知宏
電子情報通信学会技術研究報告 ネットワークシステム   2 Sep 2010   
High-resolution timer-based packet pacing mechanism on the Linux operating system
Ryousei, Takano;Tomohiro, Kudoh;Yuetsu, Kodama;Fumihiro, Okazaki
インターネットコンファレンス2010(IC2010)   26 Oct 2010   
仮想計算機モニタ・バイパス型ネットワークに対する通信制御方式
高野了成;工藤知宏;児玉祐悦
2011-OS-117/ARC-195   13 Apr 2011   
演算加速装置に基づく超並列クラスタHA-PACSによる大規模計算科学
朴泰祐;佐藤三久;塙敏博;児玉祐悦;高橋大介;建部修見;多田野寛人;藏増嘉伸;吉川耕司;庄司光男
2011-HPC-130   27 Jul 2011   
FPGAによる撮像制御システム
矢葺徹;山口佳樹;児玉,祐悦
電子情報通信学会リコンフィギャラブルシステム研究会   29 May 2012