斉藤 和雄

J-GLOBALへ         更新日: 17/04/04 06:10
 
アバター
研究者氏名
斉藤 和雄
 
サイトウ カズオ
URL
http://www.mri-jma.go.jp/Dep/fo/lab2/member/ksaito/INDEXJ1.htm
所属
気象庁 気象研究所
職名
研究総務官
学位
理学博士(東京大学)
その他の所属
独立行政法人海洋研究開発機構

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
気象研究所 研究総務官
 
2011年4月
 - 
現在
海洋研究開発機構 シームレス環境予測研究分野 招聘上席研究員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
気象研究所 予報研究部 部長
 
2004年4月
 - 
2013年3月
気象研究所 予報研究部第二研究室 室長
 
2002年4月
 - 
2004年3月
気象庁 予報部数値予報課 数値予報班長
 
2001年4月
 - 
2002年3月
気象庁 予報部数値予報課 予報官(メソモデルグループグループリーダー)
 
1997年10月
 - 
1997年11月
ドイツ気象局 研究開発部 招聘短期客員科学者
 
1995年3月
 - 
1996年3月
オーストラリア気象局 研究センター 科学技術庁日豪科学技術研究員
 
1993年4月
 - 
2001年3月
気象研究所 予報研究部第一研究室 主任研究官
 
1988年4月
 - 
1993年3月
気象研究所 予報研究部第一研究室 研究官
 
1986年4月
 - 
1988年3月
気象庁 予報部数値予報課 技官(1987.4 技術主任)
 
1983年4月
 - 
1986年3月
気象衛星センター データ処理部解析課 技官
 

委員歴

 
2016年11月
 - 
現在
5th WGNE workshop on systematic errors in weather and climate models  Science Steering Committee
 
2016年6月
 - 
現在
日本気象学会  気象集誌TOMACS特集号編集委員
 
2016年4月
 - 
現在
次世代安心・安全ICTフォーラム  運営委員会委員
 
2016年1月
 - 
現在
WWRP  OPAG (Open Area Programme) 専門家
 
2015年2月
 - 
現在
ポスト京重点課題4執行部会  委員
 
2014年6月
 - 
現在
日本気象学会  学術委員会委員
 
2013年10月
 - 
現在
日本気象学会  正野賞選考委員会委員
 
2012年12月
 - 
現在
WWRP RDP TOMACS  国際科学運営委員会委員
 
2016年1月
 - 
2016年7月
WMO/WWRPナウキャスト短時間予報国際シンポジウム(WSN16) プログラム編成委員会  委員
 
2004年6月
 - 
2016年5月
日本気象学会SOLA編集委員会  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
名古屋大学地球水循環研究センターIHP分科会トレーニング・コースWG  委員
 
2013年4月
 - 
2016年3月
気象庁  技術開発推進本部豪雨部会委員
 
2010年4月
 - 
2016年3月
文部科学省HPCI戦略プログラム分野3運営委員会  委員
 
2010年4月
 - 
2016年3月
気象庁  技術開発推進本部モデル技術開発部会委員
 
2007年4月
 - 
2015年12月
WMO/WWRPメソスケール天気予報研究作業部会(WGMWFR) 委員
 
2011年12月
 - 
2014年4月
WMO  福島第一原発事故に関する気象解析タスクチーム委員
 
2012年4月
 - 
2012年8月
WMO/WWRPナウキャスト短時間予報国際シンポジウム(WSN12) 国際組織委員会(ISOC)   委員
 
2009年6月
 - 
2012年3月
文部科学省  21世紀気候変動予測革新プログラムチーム1「地球システム統合モデルによる長期気候変動予測実験」運営委員会委員
 
2006年6月
 - 
2010年5月
日本気象学会  日本気象学会賞候補者推薦委員会
 
2003年11月
 - 
2010年3月
気象庁  モデル技術開発推進本部メソモデル部会部会長
 

受賞

 
2015年5月
日本気象学会 岸保賞 気象庁非静力学モデルの現業化とメソスケール気象予測の高度化を通した社会貢献
 
2005年9月
日本気象協会 岡田賞 数値解析予報システムにおいて、非静力学メソ数値予報モデルを現業化し、メソスケール数値予報の発展に寄与した功績
 
2002年6月
気象庁 長官表彰 雲解像非静力学モデルの開発と、メソ対流系のメカニズムの解明の研究における顕著な功績
受賞者: メソ数値モデルの高度化研究グループ
 
2002年2月
気象研究所 所長表彰 雲解像非静力学モデルの開発と、メソ対流系のメカニズムの解明の研究における顕著な功績
受賞者: メソ数値モデルの高度化研究グループ
 
2000年5月
日本気象学会 日本気象学会賞 メソスケール現象の数値実験および予測に使用される非静力学モデルの開発と数値実験による研究
 

論文

 
Saito, K., Y. Shoji, S. Origuchi and Le Duc
Data Assimilation for Atmospheric, Oceanic and Hydrological Applications   3 383-404   2017年1月   [査読有り][招待有り]
Ito, K., M. Kunii, T. Kawabata, K. Saito, K. Aonashi and L. Duc
Mon. Wea. Rev.   144 3417-3439   2016年9月   [査読有り]
Kobayashi, K., S. Otsuka, Apip and K. Saito
Nat. Hazards Earth Syst. Sci.   16 1821-1839   2016年8月   [査読有り]
斉藤 和雄
天気   63 69-94   2016年2月   [査読有り][招待有り]
西暁史・荒木健太郎・斉藤和雄・川畑拓矢・瀬古弘,
天気   62 627-639   2015年8月   [査読有り]
Le Duc, Tohru Kuroda, Kazuo Saito, Tadashi Fujita
Tellus   67 25941   2015年7月   [査読有り]
K. Ito, T. Kuroda, K. Saito, A. Wada
Weather and Forecasting   30 793-808   2015年6月   [査読有り]
Chen, G., X. Zhu, W. Sha, T. Iwasaki, H. Seko, K. Saito, H. Iwai, and S. Ishii
Monthly Weather Review   143 1873-1894   2015年5月   [査読有り]
Chen, G., X. Zhu, W. Sha, T. Iwasaki, H. Seko, K. Saito, H. Iwai, and S. Ishii
Monthly Weather Review   143 1849.-1872   2015年5月   [査読有り]
Sawada, M., T. Sakai, T. Iwasai, H. Seko, K. Saito and T. Miyoshi
Tellus   67 23473-ksaito0815   2015年3月   [査読有り]
Kazuo Saito, Toshiki Shimbori, Roland Draxler
Journal of Environmental Radioactivity   139 185-199   2015年1月   [査読有り]
D. Arnold, C. Maurer, G. Wotawa, R. Draxler, K. Saito, P. Seibert
Journal of Environmental Radioactivity   139 215-225   2015年1月   [査読有り]
Roland Draxler, Dèlia Arnold, Masamichi Chino, Stefano Galmarini, Matthew Hort, Andrew Jones, Susan Leadbetter, Alain Malo, Christian Maurer, Glenn Rolph, Kazuo Saito, René Servranckx, Toshiki Shimbori, Efisio Solazzo, Gerhard Wotawa
Journal of Environmental Radioactivity   139 172-184   2015年1月   [査読有り]
Takuya Kawabata, Hironori Iwai, Hiromu Seko, Yoshinori Shoji, Kazuo Saito, Shoken Ishii, Kohei Mizutani
Monthly Weather Review   142 4484-4498   2014年12月   [査読有り]
Takuya Kawabata, Kosuke Ito, Kazuo Saito
SOLA   10 145-149   2014年10月   [査読有り]
Takuya KAWABATA, Yoshinori SHOJI, Hiromu SEKO, Kazuo SAITO
Journal of the Meteorological Society of Japan   91(5) 705-721   2013年10月   [査読有り]
K.Saito, T. Tsuyuki, H. Seko, F. Kimura, T. Tokioka, T. Kuroda, L. Duc, K. Ito, T. Oizumi, G. Chen, J. Ito
Journal of Physics Conference Series   454(012073) 1-6   2013年8月   [査読有り][招待有り]
Le Duc, Kazuo Saito, Hiromu Seko
Tellus   65 1-22   2013年4月   [査読有り]
Hiromu Seko, Syugo Hayashi, Kazuo saito
Papers in Meteorology and Geophysics   63 57-67   2012年12月   [査読有り]
Saito, K.
Atmospheric Model Applications   85-110   2012年4月   [査読有り]
An Overview of the Beijing 2008 Olympics Research and Development Project (B08RDP)
Yihong Duan, Jiandong Gong, Jun Du, Martin Charron, Jing Chen, Guo Deng, Geoff DiMego, Masahiro Hara, Masaru Kunii, Xiaoli Li, Yinglin Li, Kazuo Saito, Hiromu Seko, Yong Wang, Christoph Wittmann
Bulletin of the American Meteorological Society   93(3) 381-403   2012年3月   [査読有り]
Saito, K., H. Seko, M. Kunii and T. Miyoshi
Tellus   64 doi:10.3402/tellusa.v64i0.1159   2012年1月   [査読有り]
Kazuo Saito, Tohru Kuroda, Syugo Hayashi, Hiromu Seko, Masaru Kunii, Yoshinori Shoji, Mitsuru Ueno, Takuya Kawabata, Shigeo Yoden, Shigenori Otsuka, Nurjanna Joko Trilaksono, Tieh-Yong Koh, Syunya Koseki, Le Duc, Kieu Thi Xin, Wai-Kin Wong, Krushna Chandra Gouda
Tecnical Reports of the Meteorological Research Institute   65 1-198   2011年12月
Trilaksono, N.J., S. Otsuka, S. Yoden, K. Saito and S. Hayashi
7 193-196   2011年   [査読有り]
Kawabata, T., T. Kuroda, H. Seko and K. Saito
Mon. Wea. Rev.   139(6) 1911-1931   2011年
A data assimilation experiment of PWV using the LETKF system -Intense rainfall event on 28 July 2008-.
Seko, H., T. Miyoshi, Y. Shoji and K. Saito
Tellus,   63A 402-414.   2011年
Shoji, Y., Kunii, M. and K. Saito
J. Meteor. Soc. Japan   89(1) 67-88   2011年
Verifications and intercomparisons of mesoscale ensemble prediction systems in B08RDP
Kunii, M., K. Saito, H. Seko, M. Hara, T. Hara, M. Yamaguchi, J. Gong, M. Charron, J. Du, Y. Wang and D. Chen
Tellus   63A 531-549.   2011年
Kunii, M., Y. Shoji, M. Ueno and K. Saito
J. Meteor. Soc. Japan   88(3) 455-474   2010年
Seko, H., M. Kunii, Y. Shoji and K. Saito
SOLA   6 81-84   2010年
WWRP Beijing 2008 Olympics Forecast Demonstration / Research and Development Project (B08FDP/RDP).
Saito, K., M. Kunii, M. Hara, H. Seko, T. Hara, M. Yamaguchi, T. Miyoshi and W. Wong
Technical Reports of the MRI   62 210pp   2010年
2010:
Saito, K., T. Kuroda, M. Kunii and N. Kohno
J. Meteor. Soc. Japan   88(3) 547-570   2010年
Seko, H., K. Saito, M. Kunii1 and M. Kyouda
SOLA   5 57-60   2009年
超高解像度局地モデルによる風向別強風再現期間値マップ作成
中村秀治・斉藤和雄・水津育男
電力土木   338 9-18   2008年
Kawabata, T., H. Seko, K. Saito, T. Kuroda, K. Tamiya, T. Tsuyuki, Y. Honda and Y. Wakazuki
J. Meteor. Soc. Japan   85(3) 255-276   2007年
Saito, K., J. Ishida, K. Aranami, T. Hara, T. Segawa, M. Narita and Y. Honda
J. Meteor.l Soc. Japan   85B 271-304   2007年
The operational JMA Nonhydrostatic Mesoscale Model.
Mon. Wea. Rev.   134    2006年
The effects of precipitation schemes and horizontal resolution on the major rainband in typhoon Flo (1990) predicted by the MRI mesoscale nonhydrostatic model.
Murata, A., K. Saito and M. Ueno
Meteorol. Atmos. Phys.   82 55-73.   2003年
Report on the Third International SRNWP (Short-Range Numerical Weather Prediction) Workshop on Nonhydrostatic Modelling.
Saito, K., J.Steppeler, T. Kato, H. Eito, N. Seino and A. Murata
Bull. Amer. Meteor. Soc.,   82, 2245-2250.   2001年
非静力学モデルの開発と数値実験による研究
斉藤和雄
天気   48    2001年
Documentation of the Meteorological Research Institute/Numerical prediction Division unified nonhydrostatic model.
Saito, K., T. Kato, H. Eito and C. Muroi
Technical Reports of the MRI   42 133pp   2001年
Numerical simulation of the diurnal evolution of tropical island convection over the Maritime Continent.
Mon. Wea. Rev.   129    2001年
3−D Mountain Waves by the Loka1-Modell of DWD and the MRI-Mesoscale Nonhydrostatic Model.
Pap. Met. Geophys.   49    1998年
Semi- Implicit Fully Compressible Version of the MRl Meso- Scale Nonhydrostatic Model. --Forecast experiment of the 6 August 1993 Kagoshima torrential rain--
Geophys. Mag. Ser.2, Vo1.2, pp.109- 137      1997年
Sensitivity Experiments on the Orographic Snowfall over the Mountainous Region of Northern Japan,
Kazuo Saito, Masataka Murakami, Takayo Matsuo, Hakaru Mizuno
J. Meteor. Soc. Japan   74 797-813   1996年12月   [査読有り]
気象研究所非静水圧ネスティングモデルの改良について
斉藤和雄・加藤輝之
天気   43 369-382   1996年6月   [査読有り]
Dynamical and numerical study of the downslope wind accompanied by a hydraulic jump. Doctoral dissertation submitted to the Faculty of Science, University of Tokyo,
Saito, K.
Doctoral dissertation submitted to the Faculty of Science, University of Tokyo.   101pp   1995年
Airflow over the Kii Peninsula and its Relation to the Orographic Enhancement of Rainfall.
Kazuo Saito, Lecong Thanh, Takao Takeda
Pap. Met. Geophys.   45 65-90   1994年12月   [査読有り]
A Numerical Study of the Local Downslope Wind”Yamaji-kaze” in Japan.Part3:Numerical Simulation of the 27 September 1991 Windstorm with a Non- Hydrostatic Multi-nested Model.
J. Meteor. Soc. Japan, Vo1.72, pp.301- 329      1994年
A Numerical Study of the Local Downslope Wind Yamaj-kaze” in Japan. Part2: Non−Linear Aspect of the 3−D Flow Over a Mountain Range with a Col.
Saito, K.
J. Meteor. Soc. Japan   71 247-271   1993年
非静水圧ネスティングモデルによる局地風系のシミュレーション
斉藤和雄・猪川元興
天気   39(10) 615-625   1992年10月   [査読有り]
Shallow Water Flow Having a Lee Hydraulic Jump Over a Mountain Range in a Channel of Variable Width
Kazuo Saito
Journal of the Meteorological Society of Japan   70(3) 775-782   1992年6月   [査読有り]
Description of a nonhydrostatic model developed at the Forecast Research Department of the MRI.
Ikawa, M. and K. Saito
Tech. Rep. MRI   28 238pp   1991年
A numerical study of the local downslope wind "Yamaji-kaze" in Japan.
Saito,K. and M. Ikawa, 1991:
J. Meteor. Soc. Japan   69 31-56   1991年
Comparison of apportionment schemes of cloud amount to levels of a numerical model
Saito, K.
J. Meteor. Soc. Japan,   67 683-690   1989年
A statistical relation between relative humidity and the GMS observed cloud amount.
Saito,K. and A. Baba
J. Meteor. Soc. Japan   66 187-192.   1988年
本州南岸沖の停滞性雲システムの衛星風ベクトル
斉藤和雄・高野功・櫃間道夫
33 103-111   1986年
On the conservations of the energy of low-frequency waves in iterative time integration schemes.
Kondo, H., K. Saito, Y. Mamiya and M. Hara
J. Meteor. Soc. Japan   60 824-829   1982年4月   [査読有り]
1882

Misc

 
斉藤 和雄
Science Academy of Tsukuba.   30 6-7   2016年11月   [依頼有り]
斉藤 和雄
Ocean Newsletter   367 4-5   2015年11月   [依頼有り]
斉藤和雄・新堀敏基・原旅人・豊田英司・加藤輝之・藤田司・永田和彦・本田有機
測候時報   81 1-30   2014年6月   [査読有り]
メソスケール気象予測の数学的問題設定
斉藤 和雄
日本数学教育学会誌   95(5) 13-20   2013年5月   [依頼有り]
斉藤和雄・川畑拓矢・國井勝
気象研究ノート   227 37-70   2013年1月   [依頼有り]
斉藤 和雄
シミュレーション   31 24-32   2012年12月   [依頼有り]
斉藤 和雄
環境会議   2012春 58-63   2012年   [依頼有り]
天気予報の国際的な比較実験─北京オリンピック予報実証/研究開発
斉藤和雄
化学   63 45   2008年
気象庁の短時間降雨予測技術について
斉藤和雄・牧原康隆
水環境学会誌   5 230-235.   2007年
2007:
斉藤和雄
地質と調査   105 32-37   2005年   [依頼有り]
非静力学モデルの力学フレームの現状と課題.
月刊海洋   34    2002年
気象予報数値モデルと解析予報システム.
計測と制御   41    2002年
寒気吹き出し雲の数値シミュレーション
斉藤和雄
パリティ   16(10) 46-51   2001年

書籍等出版物

 
メソ気象の監視と予測 ─集中豪雨・竜巻災害を減らすために─. 気象学の新潮流, 4
斉藤和雄・鈴木修 (担当:共著)
朝倉書店   2016年10月   ISBN:978-4-254-16774-0
シミュレーション辞典
斉藤和雄 (担当:共著, 範囲:気象予測)
コロナ社   2012年2月   ISBN:978-4-339-02458-6
気象予報士ハンドブック
オーム社   2008年   ISBN:9784274206351
2008(共著)
数値流体力学ハンドブック
丸善   2003年   ISBN:9784621071854
2003(共著)
気象科学事典
日本気象学会編、東京書籍   1998年   ISBN:4-487-73137-2
1998(共著)
流体力学ハンドブック
日本流体力学会、丸善   1998年   ISBN:4621044613
1998(共著)
環境用語事典
オーム社   1997年   ISBN:9784274023460
1997(共著)

競争的資金等の研究課題

 
アンサンブルデータ同化のための最適摂動手法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 斉藤和雄
観測ビッグデータを活用した気象と地球環境の予測の高度化
文部科学省: ポスト「京」重点課題4
研究期間: 2016年4月 - 2020年3月    代表者: 高橋桂子(サブ課題A目標2担当 斉藤和雄)
気象研究所: 重点研究
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 斉藤和雄(2016年3月まで)
文部科学省: HPCI戦略プログラム分野3研究開発課題2 
研究期間: 2011年4月 - 2016年3月    代表者: 斉藤和雄
メソスケールデータ同化とアンサンブル予報に関する研究
気象研究所: 重点研究
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 斉藤和雄
局地豪雨予測のための先端的データ同化と雲解像アンサンブル手法に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究 (A)
研究期間: 2009年4月 - 2014年3月    代表者: 斉藤和雄
東南アジア地域の気象災害軽減国際共同研究
科学技術振興機構: 科学技術振興調整費
研究期間: 2007年4月 - 2010年3月    代表者: 余田成男 (国内参画機関代表 斉藤和雄)
豪雨の力学的予測のための初期値解析と予測信頼性の評価に関する研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金基盤研究(B)
研究期間: 2005年4月 - 2009年3月    代表者: 斉藤和雄