日下部 裕子

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/05 11:48
 
アバター
研究者氏名
日下部 裕子
 
クサカベ ユウコ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
食品研究部門 食品健康機能研究領域 感覚機能解析ユニット
職名
ユニット長
学位
博士(農学)

プロフィール

味を受け取る仕組みについて20年以上関わっています。基礎研究として、甘味受容体を構成する分子を世界に先駆けて同定し、その機能解析を行っています。このような基礎研究を活かした応用研究として、企業や大学の方が保有する食品素材と味の関係についての研究も進めています。また、大学非常勤講師やセミナー講師などの活動を通して、味覚について一般の方々にも理解して頂くことを目指しています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2015年4月
 - 
現在
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 食品健康機能研究領域 感覚機能解析ユニット ユニット長
 
2006年4月
 - 
2015年3月
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 食品総合研究所 食品機能研究領域 食認知科学ユニット ユニット長
 
2004年4月
 - 
2006年3月
独立行政法人 食品総合研究所 主任研究官
 
2001年4月
 - 
2004年3月
独立行政法人 食品総合研究所 研究員
 
1998年4月
 - 
2001年3月
農林水産省 食品総合研究所 研究員
 

学歴

 
1993年4月
 - 
1998年3月
東京大学大学院 農学生命科学研究科 
 
 
 - 
1993年3月
東京大学 農学部農芸化学科 
 

受賞

 
2013年10月
日本味と匂学会研究奨励賞
 
2008年10月
平成20年度(第4回)若手農林水産研究者表彰
 

論文

 
Yuko Minami, Yuko Minami, Yasushi Kyutoku, Masako Okamoto, Yuko Kusakabe, Takeshi Koizumi, Ippeita Dan
International Journal of Gastronomy and Food Science   13 38-46   2018年10月
© 2018 Cooking is a daily undertaking that ensures the proper ingestion of food. However, mental representations of home cooking have yet to be quantitatively elucidated. The primary purpose of the series of three studies presented here was to qua...
Kakutani Y, Narumi T, Kobayakawa T, Kawai T, Kusakabe Y, Kunieda S, Wada Y
Scientific reports   7(1) 8922   2017年8月   [査読有り]
Matsubara Kazuya, Kasai Satoshi, Masuda Tomohiro, Shoji Toshihiko, Hayakawa Fumiyo, Kazami Yukari, Ikehata Akifumi, Yosiumura Masatoshi, Kusakabe Yuko, Wada Yuji
FOOD SCIENCE AND TECHNOLOGY RESEARCH   23(4) 545-549   2017年7月   [査読有り]
Nuemket N, Yasui N, Kusakabe Y, Nomura Y, Atsumi N, Akiyama S, Nango E, Kato Y, Kaneko MK, Takagi J, Hosotani M, Yamashita A
Nature communications   8 15530   2017年5月   [査読有り]
Nango E, Akiyama S, Maki-Yonekura S, Ashikawa Y, Kusakabe Y, Krayukhina E, Maruno T, Uchiyama S, Nuemket N, Yonekura K, Shimizu M, Atsumi N, Yasui N, Hikima T, Yamamoto M, Kobayashi Y, Yamashita A
Scientific reports   6 25745   2016年5月   [査読有り]

Misc

 
日下部裕子
Foods & Food Ingredients Journal of Japan   223(1) 44‐52   2018年2月   [依頼有り]
日下部裕子
醤油の研究と技術   43(4) 278‐280   2017年7月
松原和也, 角谷雄哉, 山田祐樹, 木村敦, 曲山幸生, 宮ノ下明大, 日下部裕子, 和田有史
Vision   29(1) 31   2017年1月

講演・口頭発表等

 
角谷雄哉, 鳴海拓志, 小早川達, 河合崇行, 日下部裕子, 國枝里美, 和田有史
日本官能評価学会誌   2018年4月15日   
松原和也, 角谷雄哉, 山田祐樹, 木村敦, 曲山幸生, 宮ノ下明大, 日下部裕子, 和田有史
日本官能評価学会誌   2018年4月15日   
河合崇行, 日下部裕子, 和田有史
日本農芸化学会大会講演要旨集(Web)   2018年3月5日   
河合崇行, 日下部裕子, 和田有史
日本食品化学学会総会・学術大会講演要旨集   2017年6月1日   
角谷雄哉, 鳴海拓志, 小早川達, 河合崇行, 日下部裕子, 國枝里美, 和田有史
日本官能評価学会誌   2017年4月15日   

競争的資金等の研究課題

 
食シグナルの認知科学の新展開と脳を活性化する次世代機能性食品開発へのグランドデザイン
内閣府: 戦略的イノベーション創造プログラム
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 阿部 啓子
味覚受容体による味シグナル入力と脳での味知覚出力のギャップの解明
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2016年 - 2018年    代表者: 日下部 裕子
甘味受容体の構造機能解析とその進化過程における変化の解明
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2013年 - 2015年    代表者: 日下部 裕子
ケルセチン・イソフラボンの生活習慣病予防機能の科学的エビデンス強化と高含有農作物の作出
農林水産技術会議: 農林水産技術会議委託プロジェクト
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 吉川 敏一
味の相互作用理解のための味覚受容からシグナル発生を担う味覚シグナロソームの解明
文部科学省: 科研費 基盤研究C
研究期間: 2010年 - 2012年    代表者: 日下部 裕子

特許

 
安室 憲一, 足立 謙次, 安部 忍, 濱口 隆, 河合 崇行, 日下部 裕子
日野 明寛, 日下部 裕子, 水口 義則, 尾関 秀夫, 小池 和行, 片岡 卓治, 進藤 洋一郎