URANO Tadahisa

J-GLOBAL         Last updated: May 9, 2019 at 16:20
 
Avatar
Name
URANO Tadahisa
Affiliation
Forestry and Forest Products Research Institute
Job title
Chief Researcher

Research Areas

 
 

Published Papers

 
佐藤隆士, 濱口京子, 浦野忠久, 井上大成
環動昆   26(1) 1-10   Mar 2015
浦野忠久
関東森林研究   66(1) 33-36   Mar 2015
浦野忠久, 比留間脩
関東森林研究   65(1) 65-68   Mar 2014
岡田充弘, 近藤道治, 武田芳夫, 浦野忠久, 小山泰弘
中部森林研究   (61) 151-152   May 2013
浦野 忠久, 杉本 博之, 磯田 圭哉
森林防疫   62(5) 175-178   2013
浦野忠久
森林防疫   61(5) 167-174   Sep 2012
浦野忠久
ブレインテクノニュース   (132) 1-4   Mar 2009
浦野 忠久
Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute   5(4) 257-263   Dec 2006
マツ材線虫病の被害を受けたアカマツ林分において、サビマダラオオホソカタムシ成虫のマツノマダラカミキリ穿入枯死木への放飼試験を行った。試験は2002年から2004年にかけて行い、各年の前年に枯死してマツノマダラカミキリの穿入を受けたアカマツを供試木とし、放飼を行った木(放飼木)と行わない無放飼木とを設定した。放飼虫の樹幹内垂直方向および供試木間の水平方向の移動を調査し、本種の林内における分散能力を検討した。放飼木におけるマツノマダラカミキリの総死亡率は2002年76.3%、2003年84.6...
浦野 忠久
Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute   3(3) 205-211   Sep 2004
マツノマダラカミキリ穿入樹幹へのサビマダラオオホソカタムシ成虫の野外放飼試験を、森林総合研究所関西支所構内で行った。健全なアカマツ20本を伐倒し、樹幹を玉切らずに試験地内に立て掛け、そこにマツノマダラカミキリ成虫を放って産卵させた。翌年供試木の内10本(放飼木)にサビマダラオオホソカタムシ成虫を放飼した。放飼木を割材した結果、材内に穿入したマツノマダラカミキリに対する寄生率は平均34.8%であった。寄生率は供試木ごとに6~69%とばらつきが大きかった。放飼による寄主個体群抑制の効果は認めら...
URANO T
Bulletin of the Forestry and Forest Products Research Institute   2(4) 255-262   Dec 2003
サビマダラオオホソカタムシのマツノマダラカミキリ穿入丸太に対する放飼試験を以下の3通りの方法で行った。試験1.実験室内における成虫放飼、試験2.実験室内における孵化幼虫の放飼、試験3.野外網室内における卵放飼。試験1における寄生率は全体で7.9%と低く、これは実際に供試丸太に産卵した成虫の個体数が少なかったことによるものと考えられた。試験2における寄生率は63.2%で、全放飼個体の35%が寄生に成功した。これらの結果からサビマダラオオホソカタムシを人為的にマツノマダラカミキリに寄生させるこ...
Miura K, Abe T, Nakashima Y, Urano T
Journal of the Japanese Forestry Society   85(1) 12-17   Feb 2003
J. Jpn. For. Soc. 85 : 12〜17, 2003 We set pine logs infested with Monochamus alternatus upon living Pinus densiflora trees and released Dnstarcus helophoroides adults onto some of the logs ("released logs"). The release was offective, because abou...
HOSODA R., FUJITA K., ITO K., URANO T., UEDA A.
Journal of the Japanese Forestry Society   78(1) 57-60   Feb 1996
Pyriproxyfen, a juvenile hormone analogue, affects the survival of the cryptomeria bark borer, Semanotus japonicus (LACORDAIRE). It has been clarified that the emerged female's contact with pyriproxyfen decreased the hatch rate of her eggs. The fo...
HIJII Naoki, KAJIMURA Hisashi, URANO Tadahisa, KINUURA Haruo, ITAMI Hideo
JOURNAL OF THE JAPANESE FORESTRY SOCIETY   73(6) 471-476   1991

Conference Activities & Talks

 
Urano Tadahisa, Sugimoto Hiroyuki, Nakamura Katsunori
The Japanese Forest Society Congress   2018   
<p>[in Japanese]</p>

Research Grants & Projects

 
Ecology of forest insects especially natural enemy insects
Ordinary Research
Project Year: 1990