森田 孝治

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/28 18:26
 
アバター
研究者氏名
森田 孝治
 
モリタ コウジ
所属
国立研究開発法人物質・材料研究機構
部署
機能性材料研究拠点 外場制御焼結グループ
職名
主席研究員
学位
博士(工学)(九州大学)

経歴

 
1996年
   
 
:日本学術振興会特別研究員
 

学歴

 
 
   
 
九州大学大学院総合理工学研究科材料開発工学専攻博士課程  
 
 
   
 
熊本大学工学部材料開発工学科  
 

受賞

 
 
日本金属学会論文賞(96年)
 

論文

 
Koji Morita, Byung-Nam Kim, Hidehiro Yoshida, Keijiro Hiraga, Yoshio Sakka
Journal of the European Ceramic Society   38(6) 2588-2595   2018年6月   [査読有り]
Carbon contamination from the carbon paper/dies during spark-plasma-sintering (SPS) processing was examined in the MgAl2O4 spinel. The carbon contamination sensitively changes with the heating rate during the SPS processing. At the high heating ra...
Koji Morita, Byung-Nam Kim, Hidehiro Yoshida, Keijiro Hiraga, Yoshio Sakka
Journal of the European Ceramic Society   38(6) 2596-2604   2018年6月   [査読有り]
Carbon contamination during the SPS processing was investigated in the spinel, alumina and zirconia. The carbon contamination changes with the SPS conditions and the target materials. At the high heating rate of 100C/min, the contamination...
Yuichi Uchida, Koji Morita, Tohru S. Suzuki, Toshiyuki Nishimura, Kenjiro Fujimoto, Yoshio Sakka
MATERIALS TRANSACTIONS   59(5) 829-834   2018年4月   [査読有り]
The commercial Ti3SiC2 powder used contained approximately 10 mass% TiC phase. TexturedTi3SiC2 was prepared by slip casting in a strong magnetic field (MF) followed by spark plasma sintering (SPS) at 1623K under a pressure of 40 MPa for 5 min.The ...
Hidehiro Yoshida, Koji Morita, Byung-Nam Kim, Kohei Soga, Takahisa Yamamoto
JOURNAL OF THE EUROPEAN CERAMIC SOCIETY   38(4) 1972-1980   2018年4月   [査読有り]
1mol% Zn2+-doped Y2O3 powder was consolidated utilizing spark plasma sintering (SPS) by systematically varying the heating schedule, sintering temperature, heating rate, holding time at the sintering temperature, and loading stress. Transparent, Z...
Qingbo Wen, Zhaoju Yu, Yeping Xu, Yan Lu, Claudia Fasel, Koji Morita, Olivier Guillon, Gerd Buntkowsky, Emanuel Ionescu, Ralf Riedel
Journal of Materials Chemistry C   6(4) 855-864   2017年12月   [査読有り]
Monolithic SiC/HfyTa1-yCxN1-x/C nanocomposites were prepared upon SPS of amorphous SiHfTaC(N) ceramic powders. The powdered and dense monolith ceramics annealed at T ≥1700 °C and at 2200 °C, respectively, are characterized by a homogeneous d...

Misc

 
Atomic Periodicity of <001> Symmetric Tilt Boundary in Molybdenum
Mat. Sci. Eng. (1997), A234-236, 1053-1056   
Crack-Like Cavitation in a 0.3wt%SiO2-Doped Tetragonal Zirconia
Materials Science Forum, 304-306(1999), pp 663.   
Creep Behavior of a Fine-Grained Tetragonal Zirconia
Key Engineering Materials, 171-174(1999), pp 847.   
Creep Cavitation Enhanced Glass Pocket Formation in a Tetragonal Zirconia Doped with 0.3 wt% Pure Silica
MRS symposium Proc., 532(1999), pp 125.   
Creep deformation in a 3mol%Y2O3-Stabilized Tetragonal Zirconia
MRS Symposium Proc., 601(1999), pp.93.   

講演・口頭発表等

 
最終焼結段階における緻密化挙動のシミュレーション
金 炳男, 鈴木 達, 森田 孝治, 吉田 英弘, 李 継光, 松原秀彰
粉体粉末冶金協会平成30年度秋季大会   2018年10月30日   
 粉体の焼結挙動を理解するためには、緻密化速度の粒径依存性や活性化エネルギーの評価、すなわち焼結機構に対する評価も重要であるが、焼結挙動を予測・再現するためには、緻密化速度の相対密度依存性に対する評価が不可欠である。最近緻密化速度の相対密度依存性が実験的に評価できるようになったが、粉体の焼結挙動をより深く理解するためには、これら実験的な計測値を理論モデルにより解析することも必要である。しかし、従来の理論モデルは単純構造気孔の収縮を対象としており、実際の複雑構造の気孔に対しては直接適用できな...
Processing of transparent ceramics
MORITA, Koji
TU Darmstadt   2018年9月26日   
当グループでは、焼結合成技術を駆使して、酸化物を中心に、透光性セラミックス多結晶体の作製に取り組んできた。本講演では、透光性、合成プロセス、透光性材料の研究動向などについて概説するとともに、当グループの透光性セラミックスに関する研究成果を中心に紹介する。
Effect of DC Current on Creep Behavior of 8Y-CSZ Polycrystals
MORITA, Koji, YOSHIDA, Hidehiro, KIM, Byung-Nam, HIRAGA, Keijiro, SAKKA, Yoshio
Materials Science and Engineering Congress (MSE2018)   2018年9月26日   
In order to clarify the effect of electric current on deformation, this work was examined the tensile behavior under the several current conditions using 8Y-CSZ. For the current higher than a critical value Ec, flash event similar to that of powde...
立方晶ジルコニア(8Y-ZrO2)の高温変形に対する通電効果
森田 孝治, 吉田 英弘, 金 炳男, 平賀 啓二郎, 目 義雄
日本金属学会2018年秋期講演大会   2018年9月19日   
粉末成形体に通電しながら焼結すると、特異な焼結現象(フラッシュ焼結)が発現することが確認され、注目されている。フラッシュ焼結は、主に常圧焼結で検証が進められ、加圧焼結に対する影響については実施例も少なく、不明な点が多い。本研究では立方晶ジルコニア(8Y2O3-ZrO2)をモデル材とし、加圧焼結の通電効果に対する初期組織の影響や通電処理後の組織変化の検証をもとに、通電効果を検討することを目的とする。粒径0.8&micro;mの細粒バルク材料の高温変形中に、100mW/mm3以上の電力を印加す...
ナノインデンテーションによる立方晶ジルコニアの低温塑性変形
増田 紘士, 森田 孝治, 大村 孝仁
日本金属学会2018年秋期(第163回)講演大会   2018年9月19日   
室温において立方晶構造をもつ「完全安定化ジルコニア」は、その優れた耐熱性と熱安定性から、航空機用ジェットエンジンや発電用ガスタービンの「熱遮蔽コーティング」として利用されている。本材料は、1000°Cを超える熱サイクルの下で運用されるため、幅広い温度範囲における力学特性の理解を要し、1980年代から2000年代にかけて精力的な研究がなされてきた。しかし,マクロな塑性変形が現れない400°C以下での力学特性の調査は未だに不十分であり、低温領域の機械設計は信頼性に乏しい。そこで本研究では、立方...

競争的資金等の研究課題

 
セラミックスの超塑性