吉岡 照高

J-GLOBALへ         更新日: 17/09/01 13:23
 
アバター
研究者氏名
吉岡 照高
 
ヨシオカ テルタカ
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
果樹茶業研究部門カンキツ研究領域カンキツ育種ユニット
職名
ユニット長

プロフィール

カンキツの品種育成とその関連の研究を行っています。最近ではカンキツの「璃の香」、「あすみ」、「みはや」などの育成に関与しています。優れた品種の育成を通じて我が国のカンキツ産業の発展に寄与できればと思います。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
果樹茶業研究部門 カンキツ研究領域 ユニット長
 
2011年4月
   
 
果樹研究所 カンキツ研究領域 上席研究員
 
2009年4月
   
 
果樹研究所カンキツ研究チーム チーム長
 
2007年4月
   
 
果樹研究所 企画管理部業務推進室 室長
 
2004年4月
   
 
農業生物資源研究所 放射線育種場 チーム長
 

学歴

 
 
   
 
京都府立大学農学部農学科  
 

Misc

 
カンキツの歴史と食文化・品種開発
吉岡 照高
Functional Food   11(1) 6-10   2017年6月
カンキツ口之津39号
吉岡 照高
農研機構報告果樹茶部門   1 37-45   2017年3月
大玉、かいよう病に強いレモン璃の香
吉岡 照高
現代農業   96(2) 224-225   2017年1月
カンキツ育種の最新動向と今後の展開方向
吉岡 照高
果実日本   71(12) 45-49   2016年12月
中晩生カンキツの生産の現状
吉岡 照高
果実日本   71(10) 34-40   2016年10月

書籍等出版物

 
新品種・新技術で拓く果樹産業の未来
吉岡 照高 (担当:分担執筆, 範囲:かんきつ「せとか」、「かんきつ中間母本農6号」、「あすみ」、「璃の香」)
農林統計出版   2016年3月   

講演・口頭発表等

 
カンキツ「みはや」、レモン「璃の香」の特徴
吉岡 照高
平成28年度品種情報提供事業「品種マッチングミーティング」   2016年11月   
農研機構におけるカンキツ育種の現状と今後の展望
吉岡 照高
平成28年度常緑果樹研究会   2016年8月   
カンキツ育種の現状と展開方向
吉岡 照高
平成27年度農研機構シンポジウム「わが国における茶品種を取り巻く現状と品種活用戦略」   2015年11月   

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
機能性成分(カロテノイド類)高含有カンキツ類育成、および遺伝解析