MATSUMOTO Akira

J-GLOBAL         Last updated: Jan 9, 2019 at 03:28
 
Avatar
Name
MATSUMOTO Akira
URL
https://www.researchgate.net/profile/Akira_Matsumoto4
Affiliation
Nihon University
Section
College of Industrial Technology, Department of Mechanical Engineering
Job title
Professor
Degree
PhD Eng(Tokyo university)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1975
 - 
Mar 2002
maneger, Railway technology labo., Traffic Safety & Nuisance Research Institute
 
Apr 2002
 - 
Sep 2007
General maneger, Traffic System devision, National Traffic Safety & Environment Laboratory
 
Oct 2007
 - 
Dec 2016
chairman, Railway subcommittee, Japan Transport Safety Board
 
Apr 2017
   
 
Professor, College of Engineering, Department of Mechanical Engineering, Nihon University 
 
Apr 2017
   
 
Professor, Research Center, Nihon University
 

Education

 
Apr 1972
 - 
Mar 1976
Mechanical Engineering devision, Engineering Department, Yokohama National University
 
Apr 1972
 - 
Mar 1976
Mechanical Engineering, Faculty of Engineering, Yokohama National University
 

Committee Memberships

 
 
   
 
JSME.  Fellow,Chair of Transp. divsn
 

Awards & Honors

 
2010
JSME Medal for New Technology
 
2010
日本機械学会賞(技術)
 
2010
日本鉄道技術協会著作賞
 
2009
第1回日本鉄道技術協会坂田記念賞優秀賞
 
2005
第43回日本鉄道技術協会論文特別賞
 
2000
Award of JSME Trasporation Division
 
2000
日本機械学会交通・物流部門功績賞
 
1989
Award of Japan Railway Egneers Association
 
1989
第27回日本鉄道技術協会論文賞
 
1989
日本鉄道施設協会論文賞
 

Published Papers

 
Analysis on running safety considering the difference of coefficients of friction in a railway bogie(Comparison between experiment and numerical simulation of the roller-rig test)
Yohei MICHITSUJI, Kakeru ISHII, Kensuke NAGASAWA, Akira MATSUMOTO,Hiroyuki OHNO, Yasuhiro SATO, Seigo OGATA, Masuhisa TANIMOTO,Atsushi IWAMOTO, Tomoki FUKUSHIMA and Daisuke SHINAGAWA
Transactions of the JSME   83(856) 1-11   Nov 2017   [Refereed]
It is important to secure running safety of railway vehicles against wheel-climb derailment accidents. The safety is often discussed according to the value of derailment coefficients for the leading outside wheel of a railway bogie running on shar...
Condition monitoring system of wheel-rail contact force utilizing PQ monitoring bogie(Basic design of the analysis tool and analysis of the derailment coefficient)
Yosuke ICHIYANAGI, Yohei MICHITSUJI, Akira MATSUMOTO, Yasuhiro SATO,Hiroyuki OHNO, Hirotaka MORI, Masuhisa TANIMOTO, Atsushi IWAMOTO,Tomoki FUKUSHIMA, Kenta YANO, Daisuke SHINAGAWA and Kensuke NAGASAWA
Transaction of JSME   83(846) 1-12   Feb 2017   [Refereed]
The derailment coefficient is calculated from wheel-rail contact forces and it indicates the running safety of the railway vehicle especially in sharp curves. The derailment coefficient is affected by many factors such as the track irregularities,...

Misc

 
Flange-climb derailments of freight trains on curved track due to rolling
Aikra Matsumoto, Yohei Michitsuji
Proceedings of the 10th international conference on railway bogies and running gears   91-100   Apr 2018
Three derailment accidents occurred on the Esashi Line in 2012 - 2014 and in order to find the causes of these accidents JTSB carried out train running tests and numerical simulations by SIMPACK. The results of the tests and the simulations showed...
Concentration of Japanese railway engineers and advance to overseas
Akira Matsumoto
Journal of Japan Association of Railway Industries   (255) 1-3   Mar 2018   [Invited]
これまで多くの安全性や信頼性に関する実績や経験を持つ点で、日本は大きな役割を果たせる。教育などの基礎面で、日本の安全性と信頼性に関するノウハウを海外に浸透させていくことができれば、日本の鉄道技術の世界展開や輸出を優位に進めていく上で、最も効果的である。世界に発信していくためには、日本の鉄道技術界で何らかのまとまった活動が必要であり、「日本鉄道学会」のような組織を設立することも有効である。
Safety advance based on teachings from accidents and incidents
Akira Matsumoto
JREA   61(2) 6-8   Feb 2018   [Invited]
事故調査は、責任追及が目的ではない。内容や原因を分析して、再発を防止するのが目的である。日本は、規範を重んじる文化的風土があり、規範に反した者は厳しく糾弾され、謝罪を求められる。事故に対してこの傾向が強くなりすぎると、事故を教訓に安全性を向上させようとする道を歪めてしまう。今回の新幹線の台車き裂は、一歩間違えば大事故という事態ではあるけれど、あくまで「インシデント」である。インシデントは、「事故の兆候」と呼ばれて、事故の直前であったが事故に至らなかった事象である。良く調べて、同種の事故を防...
Akira Matsumoto
Journal of Mechanical Systems for Transportation and Logistics   3(1) 2-11   2010
Masakazu ADACHI, Yasuhiro SATO, Hiroyuki OHNO, Akira MATSUMOTO, Atsushi IWAMOTO and Minoru KOBAYASHI
Journal of Mechanical Systems for Transportation and Logistics   3(1) 75-82   2010

Books etc

 
JSME handbook; Transportation machine
JSME   2006   
新しい都市交通システムとその適用性の評価
電気学会(共著)   1996   
鉄道車両のダイナミクス―最新の台車テクノロジー
電気車研究会(共著)   1994   

Conference Activities & Talks

 
事故調査と技術革新~鉄道の安全性を例に~ [Invited]
松本陽
イノベーション学会関西支部第8回研究会   11 Apr 2018   イノベーション学会関西支部、日本設計工学会関西支部
1.事故調査はなぜ必要か?どのように行うか? ① 事故調査の意義と鉄道の安全技術発展の歴史 ② 技術開発と事故調査 ③ 我が国の事故調査機関の歴史と各国の事故調査機関2.[トピックス] 新幹線の台車き裂に関連して3.事故調~運輸安全委員会での事故調査事例と安全上の教訓
Safety studies on the prevention of derailments beginning from Nakamegro accident [Invited]
松本陽
「安全の日」講演会   9 Mar 2018   東京地下鉄(株)
2000年に発生した日比谷線中目黒事故の再発防止のために実施されて来た、脱線係数を営業列車から常時監視できる「PQモニタリング台車」やそれを用いた各種の研究について紹介し、事故の根絶に資する。
車輪/ レール接触系のコンディション・モニタリングによる鉄道安全性の向上
松本陽
自動車技術会№ 20-17シンポジウム「これまでの概念を超える新技術」   2 Mar 2018   自動車技術会
これまでひずみゲージを用いるため、常時監視することができなかった、車輪・レール間の状態を営業列車から観察することができるようにした、「PQモニタリング台車」の特徴について述べ、コンディション・ベース・メンテナンスへの移行の可能性を示す。
鉄道トラブル、情報共有が再発防ぐ [Invited]
松本陽
日本経済新聞「私見・卓見」   19 Feb 2018   日本経済新聞
事故やトラブルでは再発防止が最重視されるべきであり、そのためには鉄道会社、運輸安全委、捜査機関による情報開示の促進と共有が欠かせない。しかし、日本ではいまだ責任追及が優先されているように思える。検証がなされるのは当然だが、追及優先が続けば鉄道会社は情報公開に後ろ向きになりかねない。こうした風潮の根底には、技術の進展で「機械が壊れるはずがない」という完璧主義が日本社会にあるのではないか。こういう思いが先行すると、現場も積極的に異変を察知して情報を共有しようとしなくなり、誤った判断をしかねない...
「車両・軌道系のモニタリング技術の最前線」
松本陽
第12回JSCM講習会   22 Jan 2018   JSCM
車輪・レール接触系の特性を計測する各種の技術について調査し、それぞれの計測技術について紹介し、情報を交換し合うセミナーを企画し、実施した。

Works

 
鉄道における車輪・レール系の知能化に関する研究
鉄道における車輪・レール系の摩擦調整に関する研究
鉄道台車の曲線通過性能向上に関する研究

Research Grants & Projects

 
Railway vehicle,Safety anlysis,Accident investigation,Rail corrugation,Railway Truck
鉄道システムの安全性解析
鉄道車両のダイナミクス
鉄道車両、安全性評価、波状摩耗、操舵台車、事故解析