梶原 英之

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/17 15:07
 
アバター
研究者氏名
梶原 英之
 
カジワラ ヒデユキ
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/naac/index.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
高度解析センター生体高分子解析チーム
職名
主席研究員
学位
農学博士(東京大学)

プロフィール

電気泳動と質量分析等の手法を用いて研究しています。カイコのプロテオーム解析や特定遺伝子の高速検出法の開発をしました。質量分析による微小害虫の迅速同定法の確立をしています。

研究分野

 

委員歴

 
2012年4月
 - 
現在
日本電気泳動学会  理事
 
2004年
 - 
現在
日本電気泳動学会  評議員
 
2011年
 - 
2016年
国際基督教大学献学60周年記念事業推進委員会委員  献学60周年記念事業推進委員会委員
 
2011年
 - 
2013年
日本農芸化学会  代議員
 

受賞

 
2009年9月
日本電気泳動学会 日本電気泳動学会賞(児玉賞)
 

論文

 
Tyrosine phosphorylation of a receptor-like cytoplasmic kinase BSR1 plays a crucial role in disease resistance to multiple pathogens in rice.
S. Sugano, S. Maeda, N. Hayashi, H. Kajiwara, H. Inoue, C.-J. Jiang, H. Takatsuji, M. Mori
Plant Journal   accepted   2018年   [査読有り]
Functional characterization of insect-specific RabX6 of Bombyx mori.
T. Uno, Y. Ozakiya, M. Furutani, K. Sakamoto, Y. Uno, K. Kanamaru, A. Mizoguchi, and H. Kajiwara
Histochemistry and Cell Biology   accepted   2018年   [査読有り]
Sequential Distribution Analysis of Metabolites in Blue Morning Glory (Ipomoea indica) Petals by Matrix Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry.
H. Kajiwara* and A. Shimizu
Mass Spectrometry and Purification Techniques   3 121-125   2017年   [査読有り]
H. Kajiwara* and R. Murakami
Analytical Biochemistry   539 45-47   2017年   [査読有り]
Post-Genome Analysis of Silkworm (Bombyx mori) and the Construction of Proteome Database.
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, C. Satoh, Y. Shimizu, M. Shimomura, and M. Ishizaka
17th Meeting of Methods in Protein Structure Analysis (MPSA2008).   117   2008年
Proteomic Analysis of Silkworm and the Construction of its Database.
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, R. Nomura, Y. Shimizu, M. Shimomura, and M. Ishizaka
International Symposium on Insect Midgut Biology   66   2008年
Proteome Database for the Post-Genome Study of Silkworm.
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, R. Nomura, Y. Shimizu, M. Shimomura, and M. Ishizaka
Asia-Pacific Congress of Sericulture and Insect Biotechnology 2008 Nagoya.   114   2008年
Protein Analysis of Silkworm by Two-Dimensional Electrophoresis and Mass Spectrometry.
H. Kajiwara*, Y. Ito, A. Imamaki, T. Kotake, K. Mita, M. Nakamura, and M. Ishizaka
COE Symposium Genetic Resources and Functional Genomics in Insects   17   2005年   [査読有り]
Proteomic Analysis of Silkworm by Two-Dimensional Polyacrylamide Gel Electrophoresis and Mass Spectrometry.
H. Kajiwara*, Y. Ito, A. Imamaki, T. Kotake, K. Mita, M. Nakamura, and M. Ishizaka
International Symposium on Sericulture and Biological Resource Sciences.   145   2004年   [査読有り]
Proteomic Analysis of Common Wheat Pistil.
H. Asami, H. Kajiwara, T. Koba, and H. Harada
Plant & Animal Genome XII   175   2004年
Proteome Analysis of Silkworm, Bombyx mori.
H. Kajiwara*, Y. Ito, M. Nakamura, K. Mita, and M. Ishizaka
Joint Meeting of Japanese and Korean Societies of Sericultural Science & Japanese Society of Sericultural Science Kanto Branch, Sericultural Science & Research for the Utilization of Insect Properties.   48   2003年
Analysis of Radiation Mutants of Rice: Application of Proteomics and Single Strand Conformation Polymorphism.
H. Kajiwara*, T. Kaneko, M. Nishimura, and M. Ishizaka
ComBio 2001 (Combined Conference: Australian Society for Biochemistry and Molecular Biology Incorporated Australian & New Zealand Society for Cell and Developmental Biology Incorporated Australian Society of Plant Physiologists incorporated and Internatio   157   2001年
Proteomic Analysis of Rice Endosperm Proteins.
T. Kaneko, M. Ishizaka, and H. Kajiwara*
Rice Genome Newsletter   18 100-102   2001年   [査読有り]
C. Akimoto-Tomiyama, A. Furutani, S. Tanabe, H. Kajiwara, E. Minami, and H. Ochiai
Molecular Plant Pathology   DOI: 10.1111/mpp12596   2017年   [査読有り]
MALDI biotypingの農業分野への応用.
梶原英之*
電気泳動   61 155-158   2017年   [査読有り]
H. Kajiwara*, N. Hinomoto, and T. Gotoh
Rapid Communication in Mass Spectrometry   30 1037-1042   2016年   [査読有り]
T. Tsubota, S. Tomita, K. Uchino, M. Kimoto, S. Takiya, H. Kajiwara, T. Yamazaki, H. Sezutsu
Journal of Biological Chemistry   291 7087-7096   2016年   [査読有り]
Y. Ino, A. Ishikawa, A. Nomura, H. Kajiwara, K. Harada, and H. Hirano
Proteomics   14 116-120   2014年   [査読有り]
H. Kajiwara*, M. Sato, and A. Suzuki
Journal of Electrophoresis   56 13-17   2012年   [査読有り]
Discrimination among Rice Varieties Based on Rapid Detection of Single Nucleotide Polymorphisms by a Newly Developed Method, Mass Spectrometric Cleaved Amplified Polymorphic Sequence (MS-CAPS) Analysis.
H. Kajiwara*, M. Yamaguchi, H. Sato, and H. Shibaike
Plant Omics Journal   5 231-237   2012年   [査読有り]
H. Teramoto, K. Kojima, H. Kajiwara, and J. Ishibashi
ChemBioChem   13 61-65   2012年   [査読有り]
H. Kitamoto, Y. Shinozaki, X. Cao, T. Morita, M. Konishi, K. Tago, H. Kajiwara, M. Koitabashi, S. Yoshida, T. Watanabe, Y. Sameshima-Yamashita, T. Nakajima-Kambe, and S. Tsushima
AMB Express   1 44   2011年   [査読有り]
M. Shimomura, H. Minami, Y. Suetsugu, H. Ohyanagi, C. Satoh, B. Antonio, Y. Nagamura, K. Kadono-Okuda, H. Kajiwara, H. Sezutsu, J. Nagaraju, M. R. Goldsmith, Q. Xia, K. Yamamoto, and K. Mita
BMC Genomics   10 486   2009年   [査読有り]
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, Q. Xia, and M. Ishizaka
Journal of Electrophoresis   53 19-26   2009年   [査読有り]
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, Q. Xia, and M. Ishizaka
Journal of Electrophoresis   53 27-31   2009年   [査読有り]
H. Kajiwara*, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, Q. Xia, and M. Ishizaka
Journal of Electrophoresis   53 33-38   2009年   [査読有り]
H. Tabunoki, T. Shimada, Y. Banno, R. Sato, H. Kajiwara, K. Mita, and J. Satoh
Neuroscience Research   61 271-280   2008年   [査読有り]
H. Kajiwara* and M. Nakamura
Journal of Electrophoresis   52 29-38   2008年   [査読有り]
H. Sezutsu, H. Kajiwara, K. Kojima, K. Mita, T. Tamura, Y. Tamada, and T. Kameda
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry   71 2725   2007年   [査読有り]
Matrix-Assisted Laser Desorption/Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry for Rice (Oryza sativa L.) Seed Phytochemicals.
H. Kajiwara*
Japan Agricultural Research Quarterly   41 161-164   2007年   [査読有り]
H. Kajiwara*, Y. Itou, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, and M. Ishizaka
Journal of Insect Biotechnology and Sericology   75 47-56   2005年   [査読有り]
H. Kajiwara*, K. Nakane, J. Piyang, A. Imamaki, Y. Ito, F. Togasaki, T. Kotake, H. Murai, M. Nakamura, K. Mita, R. Nomura, Y. Shimizu, M. Shimomura, and M. Ishizaka
Journal of Electrophoresis   50 39-41   2006年   [査読有り]
H. Kajiwara*, Y. lto, A. Imamaki, M. Nakamura, K. Mita, and M. Ishizaka
Journal of Electrophoresis   41 61-69   2005年   [査読有り]
Journal of Mass Spectrometry   40 1503-1504   2005年   [査読有り]
H. Kajiwara* and Y. Sugimura
Journal of Electrophoresis   48 111-115   2004年   [査読有り]
Le T-P. Hoa, M. Nomura, H. Kajiwara, D. A. Day, and S. Tajima
Plant and Cell Physiology   45 300-308   2004年   [査読有り]
Proteomic Identification of RuBisCO/LS Gene Mutations in Radiation Mutant of Rice by Two-Dimensional Gel Electrophoresis, Mass Spectrometry, Single Strand Conformation Polymorphism, and Nucleotide Sequencing.
H. Kajiwara*, T. Kaneko, M. Nishimura, and M. Ishizaka
Rice Genome Newsletter   20 66-69   2003年   [査読有り]
H. Kajiwara*, T. Kaneko, M. Ishizaka, S. Tajima, and H. Kouchi
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   67 2668-2673   2003年   [査読有り]
M. Mori, T. Nomura, H. Ooka, M. Ishizaka, T. Yokota, K. Sugimoto, K. Okabe, H. Kajiwara, K. Satoh, K. Yamamoto, H. Hirochika, and S. Kikuchi
Plant Physiology   130 1152-1161   2002年   [査読有り]
E. Yoshihara, R. Kobayashi, K. Furihata, H. Kajiwara, and S. Yamazaki
Magnetic Resonance in Chemistry   38 141-142   2000年   [査読有り]
抗リポリシス活性を持つ植物由来ペプチドの分析.
梶原英之*
農業生物資源研究所研究報告   14 53-135   1999年   [査読有り]
Anti-Lipolysis Peptide in Ginseng Showed the Affinities against Divalent Cations and D-Ribose by Affinity Capillary Electrophoresis and Surface Plasmon Resonance.
H. Kajiwara* and A. M. Hemmings
High Performance Capillary Electrophoresis and Related Microscale Techniques '98.   156-157   1998年
Protein Study: A Case Study in Adzuki Bean.
H. Kajiwara*
Proceeding of World Soybean Research Conference.   53-58   1998年
H. Kajiwara* and N. Tomooka
Electrophoresis   19 3110-3113   1998年   [査読有り]
H. Kajiwara* and A. M. Hemmings
Electrophoresis   19 1270-1274   1998年   [査読有り]
Inhibition of Aderenaline-Induced Lipolysis by Ginseng Polypeptides.
H. Kajiwara* and N. Tomooka
Electrophoresis   19 3110-3113   1998年   [査読有り]
Is Anti-Lipolytic Peptide a D-Ribose Binding Peptide?
H. Kajiwara*
4th Internet World Congress on Biomedical Sciences '97.   83   1997年
Electrophoretic Analysis of Ginseng Polypeptide.
H. Kajiwara* and A. M. Hemmings
International Council of Electrophoresis Societies ICES '97.   71   1997年
Transcripts and Translation Products of the Linear DNA Plasmids pRS64 of Rhizoctonia solani.
T. Hashiba, A. Sasaki, K. Katsura, T. Hayakawa, H. Kajiwara, and A. Miyasaka
International Union of Microbiological Societies IUMS Congress '96. 8th International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology Division. 8th International Congress of Micology Division 4   54   1996年
Expression, Cellular Location of the 7 kDa Protein (RS64) Encoded by the Linear DNA Plasmid pRS64 in Rhizoctonia solani.
T. Hashiba, A. Sasaki, K. Katsura, T. Hayakawa, H. Kajiwara, and A. Miyasaka
International Symposium on Fungal Cells in Biodefense Mechanism   48-49   1996年
H. Kajiwara*, A. M. Hemmings, and M. Suzuki (1996) Analysis of Metal Binding Activities of Pentadecapeptide from Panax ginseng. The 34th Symposium on Peptide Chemistry. p. 47.16. 
H. Kajiwara*, A. M. Hemmings, and M. Suzuki
The 34th Symposium on Peptide Chemistry.The 34th Symposium on Peptide Chemistry.   47   1996年
Analysis of Metal Binding Activities of Pentadecapeptide from Panax ginseng.
H. Kajiwara*, A. M. Hemmings, and M. Suzuki
Peptide Chemistry   353-356   1996年
H. Kajiwara*, A. M. Hemmings, and H. Hirano
Journal of Chromatography Biomedical Application   687 443-448   1996年   [査読有り]
Yamamoto, N. Wada, T. Ujiie, M. Tachibana, M. Matsuzaki, H. Kajiwara, Y. Watanabe, H. Hirano, A. Okubo, T. Satoh, and S. Yamazaki
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   59 1850-1855   1995年   [査読有り]
Protein Study: A Case Study in Adzuki Bean.
H. Kajiwara*, S. Komatsu, and H. Hirano
World Soybean Research Conference VWorld Soybean Research Conference V   83   1994年
Nucleotide Sequence of a Soybean (Glycine max L. Merr.) Ubiquitin Gene.
B. S. Xia, R. N. Waterhouse, Y. Watanabe, H. Kajiwara, S. Komatsu, and H. Hirano
Plant Physiology   104 805-806   1994年   [査読有り]
Possible Function of Plant Basic 7 S Globulin-like Protein.
H. Hirano, S. Komatsu, Y. Watanabe, S. F. Barbashov, H. Kajiwara, and B. S. Xia
XV International Botanical Congress, Tokyo   461   1993年
Characterization of Seed Proteins in Adzuki Bean (Vigna angularis (Wild. Ohwi et Ohashi)).Production of a Specific Antiserum using a Synthetic Multiple Antigenic Peptide Based on the Amino Acid Sequence Analysis.
H. Kajiwara*, S. Komatsu, and H. Hirano
XV International Botanical Congress, Tokyo.   440   1993年
Protein Kinase Activity and Protein Phosphorylation in Rice (Oryza sativa L.) Development.
S. Komatsu, B. S. Xia, H. Kajiwara, and H. Hirano
XV International Botanical Congress, Tokyo.XV International Botanical Congress, Tokyo.   461   1993年
A Rice Protein Library: A Data-File of Rice Proteins Separated by Two-Dimensional Electrophoresis.
S. Komatsu, H. Kajiwara, and H. Hirano
Theoretical and Applied Genetics   86 935-942   1993年   [査読有り]
Microsequence Analysis of the N-Terminally Blocked Proteins Immobilized on Polyvinylidene Difluoride Membrane by Western Blotting.
H. Hirano, S. Komatsu, H. Kajiwara, Y. Takagi, and S. Tsunasawa
Electrophoresis   14 839-846   1993年   [査読有り]
H. Kajiwara*, A. Sato, and S. Kaneko
Bioscience Biotechnology and Biochemistry   57 1010-1011   1993年   [査読有り]
梶原英之*、小松節子、平野久
生物物理化学   37 33-35   1993年   [査読有り]
何克栄、吉田久、早乙女和彦、梶原英之、小松節子、平野久
育種学雑誌   43 81-89   1993年   [査読有り]
Structure and Function of Basic 7 S Globulin-like Protein in Plants.
H. Hirano, S. Komatsu, H. Kajiwara, and Y. Watanabe
German-Japanese Workshop on Plant Culture for Breeding and Formation of Phytochemicals   31   1992年
Capillary Electrophoretic Analysis of Protein Conformational Changes Caused by Cation Binding.
H. Kajiwara*
Third International Symposium on High Performance Capillary Electrophoresis '91.   83   1991年
Rapid Analysis for the Conformation and the Interaction of Metalloproteins by High Performance Capillary Electrophoresis.
H. Kajiwara*, S. Komatsu, and H. Hirano
IUPAC ICAS'91 International Congress on Analytical Science.   461   1991年   [査読有り]
Genetic and Structural Analysis of Semidwarfism-Related Proteins in Rice (Oryza sativa L.).
A. Nakamura, S. Komatsu, F. Kikuchi, H. Kajiwara, and H. Hirano
Third International Workshop on Rice Molecular Biology.   6   1991年
Microsequence Analysis of Blocked Proteins Electroblotted onto an Immobilizing Matrix from Polyacrylamide Gels.
H. Hirano, S. Komatsu, H. Kajiwara, H. Takakura, F. Sakiyama, and S. Tsunasawa
IUPAC ICAS'91 International Congress on Analytical Science   113   1991年
Characterization of Dimethylsulfoxide Reductase, a Novel Molybdo-Enzyme from Photosynthetic Bacteria, Rhodobacter sphaeroides s.f. denitrificans.
S. Yamazaki, N. Kobayashi, A. Okubo, T. Satoh, Y. Tozawa, E. Yoshimura, H. Kajiwara, H. Hirano, and S. Toda
IUPAC ICAS'91 International Congress on Analytical ScienceIUPAC ICAS'91 International Congress on Analytical Science   590   1991年
H. Kajiwara*, H. Kagawa, and H. Hirano (1989) Analysis of Gene Products in Rice (Oryza sativa L.) Leaves and Embryos. Proceedings of the 6th International Congress of the Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania. pp. 595-
H. Kajiwara*, H. Kagawa, and H. Hirano
Proceedings of the 6th International Congress of the Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania.   595-598   1989年   [査読有り]
Soybean Basic 7 S Globulin-like Proteins Is Distributed Widely in Legume Species.
H. Hirano, H. Kagawa, H. Kajiwara, K. Okubo, and F. Kikuchi
Proceedings of the 6th International Congress of the Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania.   477-478   1989年
Soybean Basic 7 S Globulin-like Protein Distributes Widely in Legume Species.
H. Hirano, H. Kagawa, H. Kajiwara, and F. Kikuchi
The 6th International Congress of the Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania.   79   1989年
Construction of "Protein Library" in Rice (Oryza sativa L.) Leaves and Embryos.
H. Kajiwara* and H. Hirano
49th Nottingham Easter School, Genetic Engineering of Crop Plants.   48   1989年
H. Kajiwara* and H. Hirano
Journal of Breeding   42 727-735   1992年   [査読有り]
A Parvalbumin-like Calcium-Binding Protein Is Present in Plant Leaves.
H. Kajiwara*, N. Okuyama, M. Fukuda, H. Hirano, and K. Oono
Plant and Cellular Physiology   33 27-32   1992年   [査読有り]
Structural Homology between Semidwarfism-Related Proteins and Glutelin Seed Protein in Rice (Oryza sativa L.).
H. Hirano, S. Komatsu, A. Nakamura, F. Kikuchi, H. Kajiwara, S. Tsunasawa, and F. Sakiyama
Theoretical and Applied Genetics   83 153-158   1991年   [査読有り]
H. Kajiwara*
Journal of Chromatography   559 345-356   1991年   [査読有り]
H. Kajiwara*, H. Hirano, and K. Oono
Journal of Biochemical and Biophysical Methods   22 263-268   1991年   [査読有り]
Microsequence Analysis of Nα-Blocked Proteins Electroblotted onto an Immobilized Matrix from Polyacrylamide Gels.
H. Hirano, S. Komatsu, H. Kajiwara, H. Takakura, F. Sakiyama, and S. Tsunasawa
Analytical Sciences   7 941-945   [査読有り]
Characterization of Dimethylsulfoxide Reductase, a Novel Molybdo-Enzyme from Photosynthetic Bacteria, Rhodobacter sphaeroides f.s. denitrificans.
S. Yamazaki, N. Kobayashi, A. Okubo, T. Satoh, Y. Tozawa, E. Yoshimura, H. Kajiwara, H. Hirano, and S. Toda
Analytical Sciences   7 821-824   [査読有り]
Rapid Analysis for the Conformation and Interaction of Metalloproteins by High-Performance Capillary Electrophoresis.
H. Kajiwara*, S. Komatsu, and H. Hirano
Analytical Sciences   7 265-268   1991年   [査読有り]
Microsequencing of Proteins Electroblotted from Polyacrylamide Gel: Application to an Insoluble Proteins
H. Hirano, H. Kagawa, H. Kajiwara, and T. Watanabe
Journal of Protein Chemistry   9 342-343   1990年   [査読有り]
イネ葉緑体リボゾームDNAの解析
梶原英之
名古屋大学大学院農学研究科生化学制御学専攻分化遺伝制御学講座      1990年   [査読有り]
ランの細胞融合
梶原英之*
国際基督教大学教養学部理学科.      1986年   [査読有り]
植物由来ペプチドの構造と抗リポリシス活性に関する分析化学的・生化学的研究.
梶原 英之
東京大学      1998年   [査読有り]
Isolation of a Rice Dwarf Mutant Rescued by Brassinolide.
M. Mori, H. Ooka, K. Sugimoto, H. Kajiwara, K. Satoh, H. Hirochika, and S. Kikuchi
Abstract Book of Keystone Symposia –Specificity and Crosstalk in Plant Signal Transduction.   60   2002年   [査読有り]
Mophological and Biochemical Variations in Radiation Mutants of Rice.
H. Kajiwara*, T. Kaneko, M. Nishimura
Integration of Biodiversity and Genome Technology for Crop Improvement.   147-148   2000年   [査読有り]
Analysis of Calcium Binding Proteins by High Performance Capillary Electrophoresis.
H. Kajiwara*, S. Komatsu, and H. Hirano
15th International Congress of Biochemistry.   343   1991年   [査読有り]
Expression of Rice Parvalbumin (Calcium Binding Protein).
H. Kajiwara*, H. Hirano, and K. Oono
2nd International Workshop on Molecular Biology of Rice.   73   1990年
Analysis of Gene Products in Rice (Oryza sativa L.) Leaves and Embryos.
H. Kajiwara*, H. Kagawa, and H. Hirano
Proceedings of the 6th International Congress of the Society for the Advancement of Breeding Researches in Asia and Oceania.   595-597   1989年

Misc

 
MALDIバイオタイピング
梶原英之*
日本食品科学工学会誌   on press   2018年   [依頼有り]
質量分析を用いたハダニの同定
梶原英之*、日本典秀、後藤哲雄
植物防疫   71 159-162   2017年   [依頼有り]
中国における昆虫ゲノム研究の現状
塩月孝博、梶原英之
植物防疫   65 135-138   2011年   [依頼有り]
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、浙江理工大学。(1月6日)
梶原英之
   2010年
梶原英之、塩月孝博(2010)平成21年度日中農業科学技術交流考察団報告―カイコおよび他の昆虫におけるポストゲノム研究のあり方についての調査. 農林水産省技術会議国際研究課.(2月25日)
農林水産省技術会議国際研究課.      2010年
はじめてのSDS-PAGE
梶原英之*
日本電気泳動学会ニューズレター      2010年   [依頼有り]
私の研究テーマ「カイコのプロテオーム解析
梶原英之*
蚕糸・昆虫バイオテック   75 187-188   2006年
トピックス「同位体ラベルしたタンパク質の質量分析による網羅的定量法
梶原英之*
ぶんせき   2001 206   2001年   [依頼有り]
キャピラリー電気泳動-生体高分子分析への応用.
梶原英之*
ぶんせき   2000 530-534   2000年   [依頼有り]
梶原英之*
生物物理化学   44 191-194   2000年   [依頼有り]
植物におけるプロテオーム研究
梶原英之*
実験医学   237-240   2000年   [依頼有り]
リポート「生物学におけるインターネットの利用状況
梶原英之*
Academic Resource Guide   22    1999年   [依頼有り]
遺伝子組み換え作物
蒲生卓磨、梶原英之*
日経サイエンス「遺伝子技術が変える世界」   64-71   1999年   [依頼有り]
生物学におけるインターネットの利用状況
梶原英之*
日本農学図書館協議会誌   113 6-9   1999年   [依頼有り]
H. Kajiwara*
Analytica Chimica Acta   383 6-9   1999年   [査読有り][依頼有り]
実用化せまる遺伝子組み換え作物
蒲生卓磨、梶原英之*
日経サイエンス   (8) 24-31   1992年   [依頼有り]
10. カルシウム結合タンパク質、イネから単離.(1991)日本工業新聞
日本農業新聞      1991年
タンパク質をプローブとしたクローニング法による癌遺伝子産物C-Mycタンパク質と特異的に結合するタンパク質の単離と解析.
梶原英之*
ブレインテクノニュース   27 19-20   1991年   [依頼有り]
植物体再分化関連カルシウム結合タンパク質
梶原英之*
ブレインテクノニュース   27 4-6   1991年   [依頼有り]
第15回国際生化学会に参加して
梶原英之*
日本育種学雑誌   41 685-686   1991年
質量分析によるGMO高速検出システムの構築.
梶原英之
新農業展開ゲノムプロジェクト –GMO評価・管理領域(農林水産技術会議事務局、農林水産省)   350-351   2014年
日本電気泳動学会児玉賞受賞報告
梶原英之
農業生物資源研ニュース   35 2   2010年   [依頼有り]
カイコおよび他の昆虫におけるポストゲノム研究のあり方についての調査
梶原英之、塩月孝博
平成21年度日中農業科学技術交流考察団報告   1-96   2010年
カイコプロテオームデータベース
梶原英之
農業生物資源研究所ホームページ内. http://kaiko2ddb.dna.affrc.go.jp/cgi-bin/search_2DDB.cgi. バージョンアップ      2009年
カイコプロテオームデータベース
梶原英之
カイコプロテオームデータベース. 農業生物資源研究所ホームページ内. http://kaiko2ddb.dna.affrc.go.jp/cgi-bin/search_2DDB.cgi.      2006年
カイコのプロテオーム解析
梶原英之
農業生物資源研リーフレット   30   2005年   [依頼有り]
オーストラリアでのプロテオーム研究
梶原英之
農業生物資源研ニュース   58 4   1999年   [依頼有り]
23. 梶原英之(1990)ウサギ血清からIgGの分離. MemSep Cartridge Chromatography.
梶原英之
MemSep Cartridge Chromatography.第1版      1990年
梶原英之(1996)植物における金属結合タンパク質の解析. 平成7年度研究業績検討会. pp. 1-4.
初夢.
梶原英之
ミラクルジャポニカ研究ニュース   2   1996年   [依頼有り]
アミノ酸配列の決定法
梶原英之
農林水産試験研究におけるバイオテクノロジー. 平成5年度都道府県農林水産関係研究員短期集合研修テキスト(実験系)   81-84   1993年   [依頼有り]
梶原英之(1993)「茨城県民になって何年目」 農林水産省科学図鑑'93. p. 39.
German-Japanese Workshop on Plant Culture for Breeding and Formation of Phytochemicals, Tsukuba
K. Oono, T. Hirabayashi, S. Kikuchi, H. Handa, and H. Kajiwara
German-Japanese Workshop on Plant Culture for Breeding and Formation of Phytochemicals, Tsukub      1992年
Plant Tissue Culture and Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals
K. Oono, T. Hirabayashi, S. Kikuchi, H. Handa, and H. Kajiwara
Plant Tissue Culture and Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals      1992年
アミノ酸配列の決定法.
梶原英之
農林水産試験研究におけるバイオテクノロジー. 平成4年度都道府県農林水産関係研究員短期集合研修テキスト(実験系)   32-36   1992年   [依頼有り]
アフィニテフィークロマトグラフィーによる抗体の精製.
梶原英之
第10回農林交流センターワークショップ.   29-33   1992年   [依頼有り]
ウサギ血清からIgGの分離.
梶原英之
MemSep Cartridge Chromatography 第3版   25   1991年   [依頼有り]
イネカルス分化過程におけるパルブアルブミン様タンパク質の産生.
梶原英之
昭和63年度~平成3年度科学技術庁振興調整費国際流動基礎研究. 細胞の全能性支配因子の生物種間特異性   73-75   1991年
植物におけるパルブアルブミン類似タンパク質の発現.
梶原英之
農業生物資源研究所ニュース   25 3   1991年
脱分化、分化過程において発現の差異を示すタンパク質のアミノ酸配列の解析.
梶原英之、平野久、大野清春
昭和63年度-平成3年度科学技術庁振興調整費国際流動基礎研究. 細胞の全能性支配因子の生物種間特異性   76-77   1991年
ウサギ血清からIgGの分離.
梶原英之
MemSep Cartridge Chromatography 第2版.   17   1990年   [依頼有り]
気相シーケンサーによる微量タンパク質分析法実験マニュアル.
平野久、梶原英之、渡辺俊宏
気相シーケンサーによる微量タンパク質分析法実験マニュアル.      1990年
微量タンパク質アミノ酸配列分析法実験マニュアル(改訂版)
25. 平野久、梶原英之、小松節子、渡辺俊宏
微量タンパク質アミノ酸配列分析法実験マニュアル(改訂版)      1990年
微量タンパク質アミノ酸配列分析法実験マニュアル.
渡辺俊宏、梶原英之、平野久
微量タンパク質アミノ酸配列分析法実験マニュアル. 農林交流センター.      1990年
イネ及びマメ類タンパク質の分子生物学的研究.
梶原英之
I種新規採用者所内研修成果報告.   39-43   1989年   [依頼有り]
坪田拓也、冨田秀一郎、内野恵郎、木本舞、滝谷重治、梶原英之、山崎俊正、瀬筒秀樹(2016)高機能組換えシルク等の生産制御のための絹糸腺転写制御機構の解明.
梶原英之(1997) チョウセンニンジン由来ペプチドの脂質分解におけるシグナル伝達の阻害. 農業生物資源研究所遺伝子設計研究室. 研究.
質量分析を利用した農業生物へのアプローチ.
梶原英之
愛媛大学公開セミナー      2010年
質量分析を利用した生体物質分析へのアプローチ.
梶原英之
モーニングレクチャー.      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. (1月11日)
梶原英之
華南師範大学      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、。(1月11日)
梶原英之
中国科学院ゲノム研究所      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、。(1月8日)
梶原英之
西南大学      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、。(1月7日)
梶原英之
中国農業科学院蚕業研究所国家蚕遺伝資源保存センター      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、。(1月6日)
梶原英之
中国科学院上海植物生理生態研究所      2010年
Application of mass spectrometry for the analysis of silkworm proteins and others. 平成21年度日中農業科学技術交流考察団として訪問し講演、浙江大学。(1月5日)
梶原英之
浙江大学      2010年
Proteomic Analysis of Silkworm and the Construction of its Database. セミナー
梶原英之
浙江大学      2008年
H. Kajiwara(2008)Proteomic Analysis of Silkworm and the Construction of its Database. 浙江大学での講演.
H. Kajiwara
カイコプロテオームデータベースの構築.
梶原英之
昆虫遺伝子機能解析センター成果報告会.      2006年
Construction of Silkworm Proteome Database.
H. Kajiwara
大韓民国農業科学技術院農業生物部      2006年
Construction of Silkworm Proteome Database.
梶原英之
大韓民国農業科学技術院農業生物部      2004年
植物窒素固定の解明に向けた根粒菌の解析とそのための分析手法の開発.
梶原英之、伊藤陽子、石坂真澄、河内宏、田島茂行、杉村嘉男
NIASシンポジウム「植物プロテオーム研究の最前線」   30   2004年
Seminar: Biochemistry of Plant Proteins. and Development of a New Analytical Method (Capillary Electrophoresis).
H. Kajiwara
Sri Lanka Plant Genetic Resources Centre.      1991年
Analysis of Amino Acid Composition.
H. Kajiwara
Sri Lanka Plant Genetic Resources Centre.      1991年
カルシウム結合タンパク質、イネから単離.
日本工業新聞.      1991年
稲のカルシウム結合たんぱく質を単離.
農林技術新報.      1991年
新聞報道:植物再分化の支配因子、生資研が分離に成功.
化学工業日報.      1991年
カルシウム結合たんぱく質 イネなどの植物にも.
日経産業新聞.      1991年
植物の全能性の解明に手がかり.
バイオニュース. 8月号 p. 4.      1991年
カルシウム結合たんぱく質、植物から初の発見、イネ再分化過程で発現.
朝日新聞.      1991年
プレスリリースマユの構成成分が生産される仕組みを解明 -カイコによる有用タンパク質生産を向上させる技術の開発へ-.
瀬筒秀樹、坪田拓也、梶原英之、滝谷重治.
農業生物資源研究所、北海道大学.      2016年
カルシウム結合蛋白質単離、イネから初めて、植物の再分化に関係.
バイオテク産業新聞.      1991年
植物全能性と関係か、未知のCa結合タンパク、イネから分化関連因子.
科学新聞.      1991年

書籍等出版物

 
材料表面の親水・新油の評価と設計制御
梶原英之* (担当:共著, 範囲:第2章電気泳動による分析技術、第2節キャピラリー電気泳動)
テクノシステム   2016年   
Plant Genotyping,.Methods Methods in Molecular Biology
H. Kajiwara* (担当:共著, 範囲:Gene Analysis using Mass Spectrometric Cleaved Amplified Polymorphic Sequence (MS-CAPS) with Matrix-Assisted Laser Desorption Ionization Time-of-Flight Mass Spectrometry (MALDI-TOF).)
Springer   2015年   
技術予測シリーズ:21世紀に期待される技術~その将来展望、第4巻バイオテクノロジー編.
梶原英之* (担当:共著, 範囲:ポストゲノムとしてのプロテオーム解析の可能性.)
日本ビジネスレポート   2000年   
Plant Tissue Culture for Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals.
K. Oono, T. Hirabayashi, S. Kikuchi, H. Handa, and H. Kajiwara (担当:編者)
1992年   
H. Hirano*, S. Komatsu, H. Kajiwara, and Y. Watanabe (1992) Structure and Function of Plant Basic 7 S Globulin-like Proteins. Plant Tissue Culture for Gene Manipulation for Breeding and Formation of Phytochemicals.
H. Hirano*, S. Komatsu, H. Kajiwara, and Y. Watanabe (担当:共著)
1992年   

講演・口頭発表等

 
質量分析による微小昆虫の分析
梶原英之
第69回日本電気泳動学会年会42, p.36.   2018年   
MALDI biotypingの農業分野への応用 [招待有り]
梶原英之
第68回日本電気泳動学会年会.   2017年   
ノアサガオ花内のファイトケミカルの分布変化
梶原英之、清水明美
第68回日本電気泳動学会年会   2017年   
ルテオウイルスの高速PCRと質量分析による迅速な検出.
村上理都子、梶原英之
第68回日本電気泳動学会年会.   2017年   
質量分析を利用したハダニの種の識別.
梶原英之、日本典秀、後藤哲雄
平成29年度蚕糸昆虫機能利用学術講演会日本蚕糸学会第87回大会. p. 35.   2017年   
ホメオティック遺伝子Antennapediaによるカイコ絹糸腺での遺伝子発現制御.
坪田拓也、冨田秀一郎、内野恵郎、木本舞、滝谷重治、梶原英之、山崎俊正、瀬筒秀樹
第39回日本分子生物学会年会 2P-0566.   2016年   
ホメオティック遺伝子Antennapediaによる様々な絹タンパク質遺伝子の発現制御.
坪田拓也、冨田秀一郎、内野恵郎、木本舞、滝谷重治、梶原英之、山崎俊正、瀬筒秀樹
平成28年度蚕糸昆虫機能利用学術講演会日本蚕糸学会第86回大会.   2016年   
MALDI-biotypingにおいて培養プロセスを経ずに植物病原菌を検出する方法の開発。
梶原英之
日本電気泳動学会 p. 141.   2015年   
「電気泳動と質量分析による微生物の分析」
梶原英之
第63回日本電気泳動学会シンポジウム   2013年   
「電気泳動と質量分析による微生物の分析」、冒頭講演.
梶原英之
第63回日本電気泳動学会シンポジウム   2013年   
カイコタンパク質合成におけるアミノ酸レパートリーの拡張.
寺本英敏、小島桂、梶原英之、石橋純
日本蚕糸昆虫機能利用学術講演会日本蚕糸学会82回大会. p. 56.   2011年   
一塩基多型を利用した質量分析による品種判定方の開発.
梶原英之、山口誠之、佐藤秀樹、芝池博幸
日本農芸化学会LE1031、p. 159.   2011年   
トビイロウンカが媒介するイネラギットウイルスのゲノムセットS9, S7, S6がコードするタンパク質の性質.
中島信彦、村上理都子、石橋純、梶原英之、大村敏博、野田博明
応用動物昆虫学会.   2011年   
遺新たに流通が見込まれる遺伝子組換え作物の検出技術等の開発. 質量分析によるGMO高速検出システムの構築.
梶原英之
伝子組換え作物の利用における安全・安心の確保のための管理技術の術の開発.安全性確保プロジェクト研究発表会.   2010年   
質量分析によるGMO高速検出システムの構築
梶原英之
遺伝子組換え作物の利用における安全・安心の確保のための管理技術の開発。新たに流通が見込まれる遺伝子組換え作物の検出技術等の開発。第3回「新農業展開ゲノムプロジェクトに関するシンポジウム」.   2010年   
遺伝子組み換え作物検出のための質量分析法を用いた新手法の開発.
梶原英之
日本農芸化学会2009年度大会 p. 79   2009年   
カイコゲノムから得たアミノ酸配列による再解析とプロテオームデータベースの更新.
梶原英之、楊健平、中根薫、中村匡利、三田和英、古川茂豊、佐藤親忠、下村道彦
日本蚕糸昆虫機能利用学術講演会日本蚕糸学会79回大会. p. 41.   2009年   
カイコプロテオームの時系列的分析とデータベースの構築.
梶原英之、中村匡利、三田和英、古川茂豊、佐藤親忠、下村道彦、石坂真澄
日本ヒトプロテオーム機構第7回大会. p. 117.   2009年   
断片化したPCR産物を質量分析することによる特定遺伝子の多検体分析.
梶原英之、佐藤仁敏
第60回日本電気泳動学会総会. p. 70.   2009年   
電気泳動による農業生物タンパク質の動態解析.
梶原英之
第60回日本電気泳動学会総会. p. 49.   2009年   
質量分析によるGMO高速検出システムの構築
梶原英之
遺伝子組換え作物の利用における安全・安心の確保のための管理技術の開発。新たに流通が見込まれる遺伝子組換え作物の検出技術等の開発 」. 第1回「新農業展開ゲノムプロジェクトに関するシンポジウム   2009年   
イネ常在酵母Pseudozyma antarctica生分解性プラスチック分解酵素と遺伝子の同定.
北本宏子、森田友岳、梶原英之、多胡香奈子、曹暁紅、小板橋基夫、對馬誠也、藤井毅
日本農芸化学会. 2008年度大会. p. 40.   2008年   
質量分析スペクトルによるカイコ組織のクラスター解析.
梶原英之、中村匡利
平成20年度蚕糸・昆虫機能利用学術講演会-日本蚕糸学会第78回大会. p. 61.   2008年   
Kluyveromyces lactisアルコール脱水酵素1におけるNi結合部位の推定.
前田美紀、北本宏子、梶原英之
蛋白質科学会.   2008年   
カイコタンパク質の時系列的・網羅的な解析とそのデータベース化.
梶原英之、中村匡利
農業生物資源研究所・研究成果発表会.   2008年   
質量分析による形質転換作物中の迅速な導入遺伝子検出法の開発.
梶原英之
第59回日本電気泳動学会. 生物物理化学 52, p.73.   2008年   
PCRと質量分析による迅速な導入遺伝子検出法の開発.
梶原英之
第31回日本分子生物学会年会・第81回日本生化学会大会合同大会. 3P-1303, p. 678.   2008年   
カイコプロテオームデータベースの構築とその公開.
梶原英之、楊建平、中根薫、中村匡利、三田和英、今牧篤重、村井景、石坂真澄、野村玲奈、清水裕司、下村道彦
日本蚕糸学会2007年度大会. p. 35.   2007年   
カイコの連続した組織片から得た質量スペクトルによる階層的クラスター解析およびヒートマップ解析.
梶原英之、中村匡利
日本ヒトプロテオーム機構第5回大会. p. 179.   2007年   
カイコの組織から抽出したタンパク質のイオン化とその質量スペクトルによるクラスター解析.
梶原英之、中村匡利
生物物理化学51, p. 175.   2007年   
カイコプ絹糸腺タンパク質の二次元電気泳動と質量分析による分析.
梶原英之、今牧篤重、村井景、中村匡利、石坂真澄
日本農芸化学会2006年度大会. p. 28.   2006年   
カイコプロテオームデータベースの構築.
梶原英之、中根薫、楊建平、中村匡利、三田和英、今牧篤重、伊藤陽子、東ヶ崎文生、小竹強史、村井景、石坂真澄、野村玲奈、清水裕司、下村道彦
日本蚕糸学会2006年度大会. p. 41.   2006年   
カイコ(Bombyx mori)プロテオームデータベースの構築について.
梶原英之、中根薫、楊建平、中村匡利、三田和英、今牧篤重、伊藤陽子、東ヶ崎文生、村井景、小竹強史、石坂真澄、野村玲奈、清水裕司、下村道彦
日本ヒトプロテオーム機構第4回大会・第2回日本臨床プロテオーム研究会. p. 39.   2006年   
カイコタンパク質の網羅的解析とそのデータベース化.
梶原英之、中根薫、楊建平、中村匡利、三田和英、今牧篤重、東ヶ崎文生、伊藤陽子、村井景、小竹強史、石坂真澄、野村玲奈、清水裕司、下村道彦
生物物理化学50, p. 122.   2006年   
カイコ発現タンパク質の二次元電気泳動と質量分析による解析. 2
梶原英之、伊藤陽子、今牧篤重、小竹強史、中村匡利、三田和英、石坂真澄
005年度日本農芸化学会. p. 135.   2005年   
シンポジウム「ポストゲノム時代の昆虫機能研究の展望」、カイコプロテオームデータベース構築に向けての二次元電気泳動像と質量分析データの収集.
梶原英之、伊藤陽子、今牧篤重、小竹強史、中村匡利、三田和英、石坂真澄
平成17年度日本蚕糸学会第75回年会. p. 93.   2005年   
カイコ絹糸腺の二次元電気泳動と質量分析による解析.
梶原英之、今牧篤重、東ヶ崎文生、村井景、中村匡利、三田和英、石坂真澄
日本電気泳動学会. 第49巻補冊 p. 25.   2005年   
カイコにおける発現タンパク質の時系列的解析(第2報)―中腸のプロテオーム解析.
梶原英之、伊藤陽子、三田和英、中村匡利、石坂真澄
日本蚕糸学会. p. 70.   2004年   
カイコ(Bombyx mori)の成長に伴って発現するタンパク質の 電気泳動と質量分析による解析.
梶原英之、中村匡利、伊藤陽子、今牧篤重、小竹強史、石坂真澄
日本電気泳動学会47 補冊 p. 24.   2004年   
マメ科植物ミヤコグサ種子タンパク質の二次元電気泳動による分離と質量分析を用いた同定(予報).
小池史郎、川崎博史、平野久、高岡素子、梶原英之、原田久也、青木俊夫
日本電気泳動学会47 補冊 p. 44.   2004年   
カイコにおける遺伝子産物の質量分析による時系列的解析(第1報).
梶原英之、三田和英、中村匡利、石坂真澄
日本蚕糸学会第73回学術講演会. p. 51.   2003年   
イネの大規模アクチベーションタギングラインの作製及びlesion mimic変異体の解析.
森昌樹、冨田千賀子、杉本和彦、大岡久子、小野寺治子、梶原英之、田中宥司、関本均、廣近洋彦、菊池尚志
日本植物生理学会2003年度年会および第43回シンポジウム. p. 199.   2003年   
プラスチド包膜上のタンパク質輸送装置変異体を用いた本葉分化の解析.
丹羽康夫、伊藤信靖、森安裕二、梶原英之、加藤友彦、田畑哲之、関原明、小林正智、篠崎一雄
日本植物生理学会2003年度年会および第43回シンポジウム. p. 313.   2003年   
New Tool for Proteomics: 2D-PAGE using Disposable Plastic Column.
H. Kajiwara and Y. Sugimura
日本生化学会. p. 922, 3P-130.   2003年   
パンコムギの雌蕊におけるプロテオーム解析.
浅見浩史、梶原英之、木庭卓人
育種学研究. 5(2), p. 120.   2003年   
プラスチック製カラムを用いた一次元目の電気泳動とその応用.
梶原英之、杉村嘉男
日本電気泳動学会. 47 補冊 p. 40.   2003年   
葉菜類における根特異的タンパク質の検索.
宮坂幸弘、梶原英之、藤井敏弘
日本生物高分子学会2003年度大会. p. 178.   2003年   
マメ科植物における種子プロテオーム.
梶原英之、金子卓世、西村実、石坂真澄
日本農芸化学会2002年度年会. p. 148.   2002年   
パンコムギの雌蕊におけるタンパク質の網羅的解析.
浅見浩史、梶原英之、木庭卓人、原田久也
ムギ類分生研例会.   2002年   
Effects on Chloroplast Biogenesis by Mutation of Plastid Protein Transport Component.
Y. Niwa, Y. Moriyasu, H. Kajiwara, T. Kato, S. Tabata, D. Shibata, M. Seki, M. Kobayashi, K. Shinozaki
Plant Cell Physiol. 43, s82.   2002年   
放射線変異体イネの二次元電気泳動と質量分析による変異の検出.
梶原英之、金子卓世、西村実、平野久
日本農芸化学会. p. 190.   2001年   
シロイヌナズナを用いたプラスチド包膜透過に関与する因子の解析.
丹羽康夫、森安裕二、梶原英之、加藤友彦、田畑哲之、白野由美子、林浩昭、柴田大輔、関原明、小林正智、篠崎一雄
日本植物生理学会. p. 106.   2001年   
イネ放射線変異体系統のプロテオーム分析とSSCP法による遺伝子突然変異の同定.
梶原英之、金子卓世、石坂真澄
日本電気泳動学会. 45(2), p. 26.   2001年   
挿入変異体を用いた葉緑体包膜輸送因子の解析.
丹羽康夫、森安裕二、梶原英之、加藤友彦、田畑哲之、白野由美子、林浩昭、柴田大輔、関原明、小林正智、篠崎一雄
日本分子生物学会. XX-XX2P-382 ポスター4b.   2001年   
イネ放射線突然変異体の二次元電気泳動による分析-泳動条件の確立と変異タンパク質の検出.
梶原英之、金子卓世、西村実
日本電気泳動学会. 44(2), 31.   2000年   
「ゲノムからプロテオームへ」-「オーストラリアにおけるプロテオーム研究の現状」.
梶原英之
日本電気泳動学会サテライトシンポジウム(山口大学50周年記念シンポジウム)日本電気泳動学会. 講演要旨集 p. 7.   1999年   
糖結合ペプチドのキャピラリー電気泳動による分析.
梶原英之
生物物理化学 43(2), 21.   1999年   
アフィニティーキャピラリー電気泳動と表面プラズモン共鳴法の比較.
梶原英之
第19回キャピラリー電気泳動シンポジウム. pp. 56-57.   1999年   
ブロッティングしたタンパク質を用いてのファージ抗体の選抜法の開発.
梶原英之
生物物理化学 41(2), 19.   1997年   
pRS64から発現する新規タンパク質(RS64)に対する合成ペプチド抗体の作製と菌体内タンパク質の検出.
宮坂篤、佐々木厚子、三宅裕、梶原英之、早川俊彦、江原淑夫、羽柴輝良
日本植物病理学会. p. 74.   1996年   
Rhizoctania solaniのヘアピン・ループ線状プラスミドと新規タンパク質. 植物感染生理学研究の現状と将来の展望.
宮坂篤、桂幸次、佐々木厚子、梶原英之、早川俊彦、羽柴輝良
平成8年度植物感染生理談話会. pp. 151-160.   1996年   
重金属結合ペプチド、ファイトケラチンの重金属との結合様式について.
小林倫也、吉村悦郎、降旗一夫、梶原英之、山崎素直
日本分析化学会第43回年会. p. 221.   1994年   
Vigna属におけるアズキの抗合成ペプチド抗体に反応するタンパク質の検索.
梶原英之、友岡憲彦、江川宣伸、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 44(1), 207. H.   1994年   
塩基性7Sグロブリン様蛋白質のインスリン結合能とプロテインキナーゼ活性. 日
小松節子、A. M. Hemmings、苅部英寿、夏宝森、梶原英之、平野久
本育種学雑誌 44(1), 261.   1994年   
ダイズ塩基性7Sグロブリンプロテインキナーゼ活性を高めるペプチド.
平野久、小松節子、苅部英寿、梶原英之、夏宝森、鐘伯仲
日本育種学雑誌 44(1), 262.   1994年   
キャピラリー電気泳動によるチョウセンニンジンに存在する抗リポリシス作用のあるペプチドの金属結合能の解析.
梶原英之、A. M. Hemmings、小松節子、平野久
日本生化学会誌 66(7), 785.   1994年   
イネ出穂期に置ける蛋白質リン酸化反応.
小松節子、夏宝森、苅部英寿、梶原英之、中嶋信美、平野久
日本生化学会誌 65(8), 1023.   1994年   
アズキ種子タンパク質の解析.
梶原英之、小松節子、平野久
第14回種子生理生化学研究会サテライトシンポジウムおよび年会. p. 25.   1993年   
イネ種子吸水時における蛋白質リン酸化反応.
小松節子、夏宝森、梶原英之、平野久
第14回種子生理生化学研究会サテライトシンポジウムおよび年会. p. 23.   1993年   
イネ発芽時における蛋白質リン酸化反応.
小松節子、夏宝森、梶原英之、平野久
日本生化学会誌 65(8), 896. S.   1993年   
イネジベレリン結合蛋白質の特性と品種間差異.
小松節子、夏宝森、梶原英之、渡辺佳宏、平野久
日本育種学雑誌 43(2), 145   1993年   
大豆におけるユビキチン遺伝子のスクリーニングと塩基配列決定.
夏宝森、R. N. Waterhouse、渡辺佳宏、梶原英之、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 43(1), 76.   1993年   
塩基性7Sグロブリンに結合するダイズ4kDaペプチド.
平野久、S. F. Barbashov、渡辺佳宏、小松節子、梶原英之、夏宝森
第14回種子生理生化学研究会サテライトシンポジウムおよび年会. p. 38.   1993年   
塩基性7Sグロブリンに結合する4kDaペプチド.
平野久、S. F. Barbashov、渡辺佳宏、小松節子、梶原英之、夏宝森
日本生化学会誌 65(8), 724.   1993年   
7Sグロブリンは熱ショックタンパク質か?
渡辺佳宏、夏宝森、梶原英之、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 43(2), 54.   1993年   
ダイズの塩基性7Sグロブリン結合ペプチドのクローニング.
渡辺佳宏、夏宝森、梶原英之、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 43(2), 55.   1993年   
ダイズにおけるユビキチン遺伝子の同定と転写レベルでの発現解析.
夏宝森、渡辺佳宏、梶原英之、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 43(2), 57.   1993年   
キャピラリー電気泳動法を用いたコムギ粉中のカルシウムおよびマグネシウムイオン含量の定量.
梶原英之、佐藤暁子、金子成延
日本農芸化学会誌 67(3), 85.   1993年   
Multiple Antigenic Peptideによるアズキのビシリン様蛋白質に対する抗体の作製.
梶原英之、片山結花、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 43(2), 278.   1993年   
ビールオオムギ種子蛋白質ホルデインと麦芽品質.
平野久、何克栄、吉田久、早乙女和彦、梶原英之、小松節子
日本育種学雑誌 42(1), 522-523.   1992年   
分子遺伝学的手法による植物再分化関連パルブアルブミン類似タンパク質の解析.
梶原英之、夏宝森、小松節子、平野久
日本生化学会誌 64(8), 896.   1992年   
二次元電気泳動によるイネ蛋白質の同定およびイネ蛋白質データファイルの作成.
小松節子、梶原英之、杉本龍志、増田泰三、平野久
日本農芸化学会誌 66(3), 422.   1992年   
キャピラリー電気泳動法の生体成分分析への応用-タンパク質の微量分析への応用.
梶原英之
日本農芸化学会誌 66(3), 627.   1992年   
イネ緑葉におけるプロテインキナーゼを介する蛋白質リン酸化. 日
小松節子、増田泰三、本多親子、茅野充男、梶原英之、平野久
本生化学会誌 64(8), 775.   1992年   
イネ緑葉中のジベレリン結合蛋白質.
小松節子、増田泰三、金子成延、渡辺佳宏、梶原英之、平野久
日本育種学雑誌 42(2), 318-319.   1992年   
ダイズ種子オイルボディー結合蛋白質の分離精製と品種間差異.
梶原英之、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 41(1), 234-235.   1991年   
ダイズ種子中のインスリン結合蛋白質.
小松節子、梶原英之、平野久
日本生化学会会誌 63(8), 954.   1991年   
塩基性7Sグロブリン様蛋白質のインスリン結合活性.
小松節子、梶原英之、平野久
日本育種学雑誌 41(2), 76-77.   1991年   
ツルマメで見いだされた11SグロブリンA5サブユニットの変異.
原田久也、梶原英之、柳沢貴司、平野久
日本育種学雑誌 41(2), 462-463.   1991年   
ゴマの貯蔵タンパク質の特性と変異.
ヘママリ・ワルシャクーン、梶原英之、原田久也、小松節子、平野久
日本育種学雑誌 41(2), 468-469.   1991年   
キャピラリー電気泳動法によるカルシウム結合蛋白質の分析法の開発.
梶原英之、小松節子、平野久
生物物理化学 35(2), 39.   1991年   
イネ半わい性関連蛋白質と種子貯蔵蛋白質グルテリンの1次構造.
平野久、小松節子、中村淳、菊池文雄、梶原英之
日本育種学雑誌 41(1), 282-283.   1991年   
イネ種子グロブリンとグルテニンの一次構造にみられる相同性.
小松節子、梶原英之、平野久
日本育種学雑誌 41(2), 74-75.   1991年   
Mo含有DMSO還元酵素のProteaseによる限定分解について.
小林直之、佐藤敏生、平野久、梶原英之、大久保明、山崎素直、戸田昭三
日本農芸化学会誌 65(3), 223.   1991年   
イネカルスの組織培養時におけるα-アミラーゼの蓄積.
梶原英之、D. A. Somers、平野久、大野清春
日本育種学雑誌 41(2), 338-339.   1991年   
イネの再分化時におけるカルシウム結合タンパク質パルブアルブミンの発現.
梶原英之、平野久、福田実、川田元滋、大野清春
日本植物生理学会. p. 51.   1990年   
植物におけるイネパルブアルブミン様カルシウム結合タンパク質の分布.
梶原英之、宮坂幸弘、平野久、大野清春
日本育種学雑誌 40(1), 182-183.   1990年   
植物におけるパルブアルブミン類似カルシウム結合タンパク質の発現.
梶原英之、平野久、大野清春
日本生化学会誌 62(7), 750.   1990年   
ダイズ種子塩基性7Sグロブリンの生合成.
平野久、香川裕之、梶原英之、菊池文雄
日本育種学雑誌 40(1), 170-171.   1990年   
キャピラリー電気泳動によるアズキ種子タンパク質の分析.
梶原英之、大倉哲也、平野久
日本育種学雑誌 40(2), 214-215.   1990年   

担当経験のある科目

 
 

Works

 
カイコプロテオームデータベース
梶原 英之   データベース   

特許

 
2003-270428 : プラスチック製カラムチューブ
梶原英之
整理番号 U03005 受付番号 50301303049 出願番号通知実願 2003-270428
2006-153 : MALDI型質量分析装置用On-targetタンパク質処理インキュベータ
梶原英之
特願2008-201934 : 標的遺伝子を含む種子を判別する方法
梶原英之

その他

 
1986年   進学と就職の間で
就職のしおり. 国際基督教大学学生部 pp. 49-50.