菊池 尚志

J-GLOBALへ         更新日: 00/12/31 00:00
 
アバター
研究者氏名
菊池 尚志
 
キクチ ショウシ
URL
http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/housha/nouseilj.html
所属
独立行政法人農業生物資源研究所
部署
分子遺伝研究グループ
職名
研究室長
学位
理学博士

経歴

 
1983年4月
   
 
農林水産省植物ウイルス研究所研究員
 
1983年12月
 - 
1988年3月
農業生物資源研究所細胞育種部研究員
 
1988年4月
 - 
1994年9月
農業生物資源研究所細胞育種部主任研究官
 
1994年10月
 - 
1996年9月
農業生物資源研究所分子育種部遺伝子発現調節研究室長
 
1996年10月
 - 
現在
農業生物資源研究所分子遺伝部遺伝子発現研究室長
 

学歴

 
 
   
 
東京大学理学系大学院生物化学専門課程博士課程  
 
 
   
 
東京大学理学部生物化学科  
 

Misc

 
Genomic cloning and characterization of rice SUPERMAN-like gene (RSUP)
Mori M., Takatsuji H., Kanegae H., Nagata T., Shibata Y. Breeding Science 48 (Supl. 1). (1998) p28   
シロイヌナズナにおける適応応答の制御機構
Proceedingds of the Japan Radiation Research Society (1997) p54   
Differential expression of the rice SNF1-related protein Kinase gene family
Kanegae H., Funatsuki H., and Takano M. 5th International Congress of Plant Molecular Biology (1997) 147   
The active oxygen species induce anthocyanin biosynthesis, new trichome formation, radial expansion of root cells, elongation of root hairs and tortifolia-like phenotypes in a.thaliana
Mori M., Kajiya-Kanegae H. and Nagata T. Abst. Keystone Symposia (1997) "Evolution of Plant Development" p25   
The root and leaf tissues abnormal development induced by massive dosage of gamma irradiation in A.thalinana
Nagata T., Todoriki S., Hayashi T., Komatsu S., Nakajima N., Mori M., Kanegae (Kajiya) H. Plant Cell Physiol. 38 Supl. (1997) 71   

競争的資金等の研究課題

 
「シロイヌナズナを用いた植物のストレス認識・応答機構の研究」  モデル植物であるシロイヌナズナに定量性のよい刺激としてγ線照射, UV照射を行った際に植物が示す応答反応を遺伝学的,植物生理学的手法 を用いて解析し,植物がこういった光,電磁波系のストレスをどう認識 し,どのように細胞内で情報伝達を行っているかを解明することを目的 としている。さらに,そこで得られた知見をバイオテクノロジーとして, 植物に対する環境耐性能の付与を目的として研究を行っている