渋谷 淳

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/21 05:49
 
アバター
研究者氏名
渋谷 淳
URL
https://tat-lvp.amebaownd.com/
所属
東京農工大学
部署
農学研究院動物生命科学部門
職名
教授(ディスティングイッシュトプロフェッサー)
学位
医学博士(東京医科歯科大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
2012年10月
   
 
- 東京農工大学大学院 農学研究院 動物生命科学部門 病態獣医学研究分野 教授
 
2012年10月
   
 
- 東京農工大学 農学部共同獣医学科 獣医病理学研究室 教授
 
2015年1月
   
 
東京農工大学 エグゼクティブ・プロフェッサーの称号付与
 
2016年6月
   
 
東京農工大学大学院 東京農工大学大学院グローバルイノベーション研究院兼務
 

学歴

 
 
 - 
1983年
東京農工大学 農学部 獣医学科
 
 
 - 
1985年
東京農工大学大学院 農学研究科 獣医学
 
 
 - 
1989年
東京医科歯科大学大学院 医学研究科 形態学系病理学
 

委員歴

 
2014年3月
   
 
日本獣医学会  評議委員
 
2008年7月
   
 
日本トキシコロジー学会(現 日本毒性学会)  評議員
 
2002年1月
   
 
日本毒性病理学会  評議員
 
2004年4月
   
 
日本毒性病理学会  編集委員
 
2014年7月
   
 
日本毒性学会  編集委員
 

受賞

 
2018年3月
日本獣医病理学専門家協会 JCVP奨励賞
 
2018年1月
International Academy of Toxicologic Pathology. The Charles Capen Trainee Award
 
2018年1月
第34回日本毒性病理学会学術集会 会長賞 優秀賞
 
2016年6月
第22回日本毒性学会田邊賞
 
2016年1月
The International Federation of Societies of Toxicologic Pathologists Trainee Award
 

論文

 
Nakajima, K., Masubuchi, Y., Ito, Y., Inohana, M., Takino, M., Saegusa, Y., Yoshida, T., Sugita-Konishi, Y., Shibutani, M
Food Chem Toxicol   120 590-602   2018年10月   [査読有り]
To investigate the developmental exposure effect of citreoviridin (CIT) on postnatal hippocampal neurogenesis, pregnant ICR mice were dietary exposed to CIT at 0, 1, 3 and 10 ppm from gestation day 6 to postnatal day (PND) 21 on weaning. Offspring...
Eguchi, A., Inohana, M., Nakamura, M., Nagahara, R., Itahashi, M., Nakajima, K., Yoshida, T., Shibutani, M
J Toxicol Pathol   31(3) 189-193   2018年7月   [査読有り]
A 3-year-old female Richardson's ground squirrel developed a subcutaneous mass at the left oral angle. Seven days after removal of the mass, the mass recurred and metastasized to the cervical lymph node. Histologically, the primary mass was subdiv...
Sakai, Y., Yoshida, T., Shibutani, M., Ohmori, K
JFMS Open Rep   4(2) 2055116918786601   2018年7月   [査読有り]
Case summary:
A spayed female mixed breed cat of unknown age (presumably more than 9 years old), weighing 2.9 kg, was presented with a 4 day history of lethargy, anorexia and vomiting following oral administration of calcium fosfomycin (20 mg/kg ...
Murayama, H., Eguchi, A., Nakamura, M., Kawashima, M., Nagahara, R., Mizukami, S., Kimura, M., Makino, E., Takahashi, N., Ohtsuka, R., Koyanagi, M., Hayashi, S-M., Maronpot, R.R., Shibutani, M., Yoshida, T
stract Send to stract Send to Toxicol Pathol   46(5) 530-539   2018年7月   [査読有り]
Administration of the diuretic, spironolactone (SR), can inhibit chronic liver diseases. We determined the effects of SR alone or in combination with the antioxidant α-glycosyl isoquercitrin (AGIQ) on hyperlipidemia- and steatosis-related precance...
Inohana, M., Eguchi, A., Nakamura, M., Nagahara, R., Onda, N., Nakajima, K., Saegusa, Y., Yoshida, T., Shibutani, M
Toxicol Sci   164(1) 264-277   2018年7月   [査読有り]
Aluminum (Al) is neurotoxic to adults and also to infants. In this study, we investigated the developmental exposure effect of AlCl3 on postnatal hippocampal neurogenesis. Pregnant mice were administered 0-, 900-, or 1800-ppm AlCl3 via drinking wa...

Misc

 
Methacarn fixation for genomic DNA analysis in microdissected paraffin-embedded tissue specimens
Uneyama, C., Shibutani, M., Masutomi, N., Takagi, H., Hirose, M.
J. Histochem. Cytochem.   50(9) 1237-1245   2002年
Masutomi, N., Shibutani, M., Takagi, H., Uneyama, C., Takahashi, N., Hirose, M.
Toxicology   192(82-3) 149-170   2003年
Lack of significant effects of genistein on the progression of 7,12-dimethylbenz(a)anthracene-induced mammary tumors in ovariectomized Sprague-Dawley rats
Ueda, M., Niho, N., Imai, T., Shibutani, M., Mitsumori, K., Matsui, T., Hirose M.
Nutr. Cancer   47(2) 141-147   2003年
Arai, K., Nakano, H., Shibutani, M., Naoi, M., Matsuda, H.
Vet. Pathol.   40(6) 670-676   2003年
Masutomi, N., Shibutani, M., Takagi, H., Uneyama, C., Lee, K.-Y., Hirose, M.
Arch. Toxicol.   78(4) 232-240   2004年

書籍等出版物

 
動物病理カラーアトラス第2版
日本獣医病理学専門家協会
文永堂出版   2018年1月   ISBN:978-4-8300-3268-4
蛍光薬剤を用いた腫瘍イメージングと早期病変の検出に向けて.
恩田 伸彦、渋谷 淳 (担当:共著)
日本がん予防学会 News Letter   2014年12月   
伊東毒性病理学, 脳,脊髄,末梢神経.
三森国敏、渋谷 淳 (担当:共著)
丸善出版   2013年7月   
動物病理学総論 第3版
日本獣医病理学会 (担当:共著)
文永道出版   2013年3月   
甲状腺被膜内浸潤がんは血漿ヒアルロナン結合タンパク質(PHBP)を発現し、それがラック色素のがん浸潤抑制標的となりうる.
剣持 明、渋谷 淳 (担当:共著)
日本がん予防学会 News Letter   2011年5月   

講演・口頭発表等

 
ラット脂肪肝モデルを用いた抗原虫薬・抗菌薬Metronidazoleの肝発がん促進作用におけるオートファジーの関与 [招待有り]
江口あゆみ、増田園子、市川 諒、中村美紗都、牧野絵美、大塚亮一、高橋尚史、渋谷 淳、吉田 敏則
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   日本獣医学会
かび毒シトレオビリジンとジアセトキシスシルペノールのマウス発達期曝露よる生後の海馬神経新生に対する影響の比較
中島康太、伊藤優子、増渕康哲、菊地聡美、小西良子、吉田敏則、渋谷 淳
第161回日本獣医学会学術集会   2018年9月11日   日本獣医学会
Reversal effect of citreoviridin and irreversible effect of diacetoxyscirpenol on hippocampal neurogenesis by developmental exposure in mice [招待有り]
Kota Nakajima, Yuko Ito, Yasunori Masubuchi, Satomi Kikuchi, Toshinori Yoshida, Yoshiko Sugita-Konishi, Makoto Shibutani
ESVP-ECVP Annual Meeting 2018   2018年9月5日   European Society of Veterinary Pathology
Different responses on cellular senescence-related metabolism in liver cells between genotoxic and non-genotoxic hepatocarcinogens by repeated administration to rats [招待有り]
Yuko Ito, Kota Nakajima, Yasunori Masubuchi, Satomi Kikuchi, Fumiyo Saito, Yumi Akahori, Toshinori Yoshida, Makoto Shibutani
ESVP-ECVP Annual Meeting 2018   2018年9月5日   European Society of Veterinary Pathology
非遺伝毒性肝発がん物質特異的に過メチル化した遺伝子の肝ないし腎発がん物質に対する遺伝毒性の有無による発現反応性の違い [招待有り]
伊藤優子、中島康太、増渕康哲、菊地聡美、齋藤 文代、赤堀 有美、吉田 敏則、渋谷 淳
第33回発癌病理研究会   2018年8月30日   発癌病理研究会

競争的資金等の研究課題

 
DNAメチル化制御の破綻に着目した脳発達リスク評価法の開発研究
研究期間: 2018年 - 2020年
オクラトキシンAを例とした発がん物質による細胞増殖メカニズムに関する研究
研究期間: 2016年 - 2016年
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
研究期間: 2015年 - 2015年
がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動
研究期間: 2014年 - 2014年
ニューロン新生を指標とした脳発達リスク評価法の確立に関する研究
研究期間: 2013年 - 2015年