坂上 清一

J-GLOBALへ         更新日: 19/05/16 17:24
 
アバター
研究者氏名
坂上 清一
 
サカノウエ セイイチ
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/harc/introduction/chart/domain03/index.html
所属
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
部署
北海道農業研究センター 酪農研究領域 放牧・草地管理グループ
職名
グループ長
学位
博士(農学)(岐阜大学)

プロフィール

一貫して草地の畜産的利用に関する研究と技術開発を行ってきました。重点としていたのは、野草地(半自然草地)や人工草地の採草利用あるいは放牧利用に資するために、数理モデルと野外調査を駆使して草地生態系の構造や機能を解明することです。現在は、北海道における高品質牧草生産のための草地管理法の開発研究に注力しています。

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1986年
信州大学大学院 理学研究科 生物学
 
 
   
 
信州大学 理学部 生物学科
 

論文

 
坂上 清一・下田 勝久
日本草地学会誌   64(4) 254-257   2019年1月   [査読有り]
RTK-UAVを用いた地形計測の測位性能および省力効果
小花和 宏之・坂上 清一・八木 隆徳
地形   accepted = 受理    2019年   [査読有り]
Detection of defecation events of a steer using an accelerometer
Nariyasu WATANABE, Rena YOSHITOSHI, Jihyun LIM, Kensuke KAWAMURA, Seiichi SAKANOUE
JARQ: Japan Agricultural Research Quarterly   accepted = 受理    2019年   [査読有り]
坂上 清一
日本草地学会誌   63(4) 199-204   2018年1月   [査読有り]
<p>放牧地の草量変化に関する実測値から被食量を推定するための式を導出する手順(Linehanら1947 ; Lantinga 1985)に基づき,前後差法,内外差法,Bosch(1956)の推定式それぞれについて植物の成長速度関数と被食速度関数を決定した。逆に,速度関数として単純な定数や二次までの関数,あるいはその組み合わせ等を種々仮定し,新たな被食量推定式を複数導出した。各推定式の適合度を調べるため,Linehanらによる一連のデータ(Linehan・Lowe 1946 ; Lineh...
Rena YOSHITOSHI, Nariyasu WATANABE, Taisuke YASUDA, Kensuke KAWAMURA, Seiichi SAKANOUE, Jihyun LIM, Hyo Jin LEE
Agriculture, Ecosystems and Environment   220 135-141   2016年3月   [査読有り]
© 2015 Elsevier B.V. The aim of this study was to predict the spatial distribution of cattle dung in paddocks based on Bayesian estimation using generalized linear mixed models with an added intrinsic conditional autoregressive term. The predicted...
Rena YOSHITOSHI, Nariyasu WATANABE, Taisuke YASUDA, Kensuke KAWAMURA, Seiichi SAKANOUE, Jihyun LIM, Hyo Jin LEE
Grassland Science   61(1) 50-55   2015年1月   [査読有り]
© 2015 Japanese Society of Grassland Science. This study aimed to predict the spatial distribution of cattle dung based on Bayesian estimation with a generalized linear mixed model (GLMM) and an intrinsic conditional autoregressive (CAR) model usi...
Nariyasu WATANABE, Seiichi SAKANOUE, Hyo Jin LEE, Jihyun LIM, Rena YOSHITOSHI, Kensuke KAWAMURA
Grassland Science   60(4) 214-224   2014年1月   [査読有り]
© 2014 Japanese Society of Grassland Science. This study explored a new hand-held crop growth measuring device to estimate forage quality and quantity of pasture. The device's photosensors (550 nm [green], 650 nm [red] and 880 nm [near-infrared; N...
Kensuke KAWAMURA, Nariyasu WATANABE, Seiichi SAKANOUE, Hyo Jin LEE, Jihyun LIM, Rena YOSHITOSHI
Grassland Science   59(3) 166-172   2013年9月   [査読有り]
This study investigated the ability of a field hyperspectral radiometer (400-2350 nm) and genetic algorithm-based partial least squares (GA-PLS) regression to estimate legume content in a mixed sown pasture in Hokkaido, Japan. Canopy reflectance d...
Seiichi SAKANOUE
Ecological Modelling   261-262 93-97   2013年7月   [査読有り]
The procedure proposed by Sakanoue [Sakanoue, S., 2007. Extended logistic model for growth of single-species populations. Ecological Modelling 205, 159-168] is used to derive the kinetics equations of population growth. It is based on three assump...
板野 志郎, 坂上 清一, 中神 弘詞, 堤 道生
日本草地学会誌   59(1) 29-32   2013年4月   [査読有り]
ススキ(Miscanthussinensis Anderss.)が優占する草地(ススキ草地)は日本の代表的な半自然草地であり,多様な草原性生物種を保持する役割を担い(大窪 2002;高橋 2002),高い植物生産力を示す(例えば,吉田 1976;板野ら 2008)。ススキ草地は,無施肥かつ採草や火入れによる地上部植物群落の栄養収奪環境で維持され,放棄すると森林相へ遷移する。植物群落の維持には炭素と窒素の物質循環が強く関わっている。ススキ草地における物質循環過程では,炭素と窒素が,光合成と吸...

Misc

 
渡辺 也恭, 坂上 清一, 川村 健介, 吉利 怜奈
日本草地学会誌   59(3) 226-230   2013年10月   [依頼有り]
現在,人の健康管理を目的として,MEMS加速度センサを内蔵した活動量計が多くのメーカーから安価で市販されている。人用に開発されたこれらの機器は,加速度そのもの(Gやm s-2の単位)ではなく加速度を加工した活動強度(人の運動を基準とした指標,例えばMETs(メッツ,Metabolic equivalents)としてデータを出力することを特徴とする(松村ら 2008)。単位時間あたりの活動強度としてデータを出力すること(3軸測定ならデータが3つから1つに縮小)および単位時間を長くとることによ...
渡辺 也恭, 坂上 清一, 川村 健介
北農   76(3) 370-374   2009年7月   [依頼有り]
北海道における放牧地面積は62,150haと全国の68.5%を占める。また、北海道の乳用と肉用牛飼育戸数のうち放牧を取り入れている戸数の割合はそれぞれ47.7%および37.8%と、都府県平均の18.3%および6.6%をそれぞれ大きく上回っている。放牧飼養を取り入れた畜産システムが北海道の大きな特徴といえる。放牧飼養を行う大きなメリットは急傾斜地など採草管理に適さない条件不利地域でも行えること、餌代、人件費の抑制および労働力の省力化が可能であること、また最近では家畜福祉や消費者の安心感につな...
坂上 清一
日本草地学会誌   47(4) 430-435   2001年10月   [依頼有り]
坂上 清一
日本草地学会誌   47(2) 212-217   2001年6月   [依頼有り]
ヨモギハムシ Chrysolina aurichalcea (Mannerheim) の産卵場所,特に地理的個体群間の比較
藤山 静雄・坂上 清一
New Entomologist   45(1, 2) 17-22   1996年

所属学協会

 
 

競争的資金等の研究課題

 
AI(人工知能)を活用した牧草生産の省力化・自動化技術の開発
農研機構生研支援センター: 革新的技術開発・緊急展開事業(うち人工知能未来農業創造プロジェクト)
研究期間: 2017年4月 - 2020年3月    代表者: 須藤 賢司
近接センシング技術を利用した放牧地一次生産力の時空間変動解析
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 坂上 清一