梅野 健

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/13 14:55
 
アバター
研究者氏名
梅野 健
 
ウメノ ケン
URL
http://amech.amp.i.kyoto-u.ac.jp/index.php
所属
京都大学大学院
部署
情報学研究科
職名
教授
学位
博士(理学)
ORCID ID
0000-0002-9162-1261

プロフィール

研究分野:応用カオス、複雑コミュニケーションサイエンス、エルゴード理論、電離圏異常の解析による地震予測

研究分野

 

経歴

 
2012年4月
 - 
現在
京都大学大学院情報学研究科 教授
 
1995年
 - 
1998年
:理化学研究所 基礎科学特別研究員
 
1998年
 - 
2000年
:郵政省 通信総合研究所(CRL:現NICT) 研究官
 
2000年
   
 
: 郵政省 通信総合研究所(CRL) 主任研究官
 
2001年
   
 
: 総務省 通信総合研究所(CRL) 主任研究官
 

学歴

 
 
 - 
1995年
東京大学 理学系研究科 物理学専攻
 
 
 - 
1990年
早稲田大学 理工学部 電子通信学科
 

委員歴

 
2008年
 - 
2010年3月
: 総務省SCOPE次世代光相関技術を用いた超高速画像情報検索
 
 
   
 
エンジン標準化委員会委員
 
2008年
 - 
現在
: 日本応用数理学会論文誌「JSIAM Letters」編集委員
 
2007年
 - 
2012年3月
: 総務省WINDS利用実験実施協議会委員
 
2006年
 - 
現在
:日本応用数理学会 応用カオス研究部会 主査(代表)
 

受賞

 
1998年
電気学会優秀論文発表賞
 
2000年
 応用物理学会講演奨励賞
 
2003年
LSI IP Award IP賞
 
2003年
中小企業新技術新製品賞 優秀賞(併賞、ソフトウェア部門)
 
2003年
第18回テレコムシステム技術賞
 

論文

 
Conditional Lyapunov Exponent Criteria in terms of Ergodic Theory
新谷 健, 梅野 健
Progress of Theoretical and Experimental Physics      2017年12月   [査読有り]
Fundamental study on almost periodic frequency arrangements for super -multi-access radio communication systems
中澤勇夫, 梅野 健
IEICE Communications Express   6(12)    2017年12月   [査読有り]
In this paper, we investigate the almost periodic frequency arrangement (APFA) asynchronous system for super-multi-access radio systems, and APFA configuration procedure on a frequency domain multiplex scheme by using almost periodic function (APF...
岩埼 淳、梅野 健
Japan J. Indust. Appl. Math.   DOI: 10.1007/s13160-017-0275-7    2017年10月   [査読有り]
津田宏史、梅野 健
IEICE Trans. Commun   DOI:(10.1587/transcom.2017EBP3139)    2017年9月   [査読有り]
津田宏史, 梅野 健
IEEE Transactions on Communications   DOI:10.1109/TCOMM.2017.2748595    2017年9月   [査読有り]

Misc

 
中澤勇夫, 梅野健
電子情報通信学会技術研究報告   115(300(CCS2015 45-65)) 75-79   2015年11月
大久保健一, 梅野健
日本応用数理学会論文誌   25(3) 165-190   2015年9月
津田宏史, 梅野健
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,2   2015年9月
中澤勇夫, 梅野健
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,1   2015年9月
梅野健
日本応用数理学会年会講演予稿集(CD-ROM)   2015 ROMBUNNO.9GATSU10NICHI,09:30,B,3   2015年9月

書籍等出版物

 
複雑系としての情報システム
共立出版   2007年   
視覚情報処理ハンドブック
朝倉書店   2000年   ISBN:978-4-254-10157-7

講演・口頭発表等

 
Superefficient Chaos [招待有り]
梅野 健
International Conference on Smart-Green Technology and Information Systems 2016   2016年10月7日   
超効率的なカオスモンテカルロ計算ー相関の可制御性と、物理計算への応用についてー [招待有り]
梅野 健
理論セミナー(東京大学物性研究所)   2016年6月17日   
Chaos Approach to Ultra High Spectral Efficiency in 5G and Connectivity [招待有り]
梅野 健
Kyoto University-MCIT-MIC Symposium on 5G and Connectivity   2015年9月21日   
カオスと情報—IoT(Internet of Things)からIoB(Internet of Brains)へ—
梅野 健
電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会   2015年5月22日   
Chaos Theory for Security Issues in IoT and 5G [招待有り]
梅野 健
International Conference on Chaos Revolution/ID-SIRTII Research Seminar   2014年11月3日   

Works

 
ユビキタスPKIプラットホーム「暗号便 http://www.angobin.jp/」ウェブサービスの企画・開発・運営
2006年 - 現在
ランダム性評価ソフトウェア「RanSure」の企画・研究開発・製品化
2004年 - 現在
暗号化ソフトウェア「CIPHERON」の企画・研究開発・製品化
2003年 - 現在
カオスCDMA通信方式の研究開発・LSIチップ化
1997年 - 現在
暗号化ソフトウェア「VSC-P2P」の企画・研究開発・製品化
2003年 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
カオス通信、カオススペクトル解析、次世代移動体通信方式
共同研究
ICA通信用チップの研究開発
国立機関以外の国庫補助による研究
研究期間: 2005年 - 2008年
受信側にブラインド信号分離処理を用いる復号化符号の不要な通信システムを提案し、その信号処理のLSI化を行う。
脳型信号処理に基づく次世代移動体通信研究システムの研究開発
共同研究
研究期間: 2005年 - 2009年
クエーサー暗号
WINDSブロードバンド衛星を用いたブロードバンドセキュリティ環境(超分散型VPN)の実現のための実証実験
研究期間: 2002年 - 2011年

特許

 
特開2017-5682 : データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバ
梅野 健, 大浦佑次
特開2017-121007 : 通信方法及び通信機
梅野健, 津田宏史、児嶋 一登
特開2017-88512 : 通信方法及び通信機
梅野 健  津田宏史
特開2017-5412 : データ処理装置、データ送信方法、コンピュータプログラム、及びデータサーバー
梅野 健, 大浦佑次