岩井 邦久

J-GLOBALへ         更新日: 16/12/18 13:42
 
アバター
研究者氏名
岩井 邦久
 
イワイ クニヒサ
所属
弘前大学
部署
農学生命科学部
職名
教授
学位
農学博士(東北大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1990年3月
   
 
東北大学大学院農学研究科博士課程食糧化学専攻修了
 
1990年4月
 - 
1997年7月
三菱化学
 
1997年8月
 - 
2003年3月
青森県産業技術開発センター
 
2003年4月
 - 
2005年3月
青森県工業総合研究センター 主任研究院
 
2005年4月
 - 
2008年3月
青森県立保健大学健康科学部 (大学院健康科学研究科) 助教授
 
2008年4月
 - 
2016年10月
青森県立保健大学健康科学部 (大学院健康科学研究科) 教授
 
2016年11月
 - 
現在
弘前大学 農学生命科学部 教授
 

学歴

 
1987年4月
 - 
1990年3月
東北大学大学院 農学研究科博士後期課程 食糧化学
 
1985年4月
 - 
1987年3月
東北大学大学院 農学研究科博士前期課程 食糧化学
 
1981年4月
 - 
1985年3月
東北大学 農学部 食糧化学
 

委員歴

 
2012年
 - 
現在
岐阜県  岐阜県研究課題外部評価委員
 
2011年
 - 
現在
青森市  青森市水産振興協議会副会長
 
2011年
 - 
現在
青森県  イノベーション・ネットワークあおもり
 
2008年
 - 
現在
青森県立保健大学知的財産委員会
 
 
 - 
現在
日本未病システム学会  評議員
 

受賞

 
2013年11月
フード・アクション・ニッポン フード・アクション・ニッポンアワード2013研究開発・新技術部門入賞 ゼロエミッションを目指した研究による山の果実ガマズミから新素材の開発.
受賞者: ガマズミ活用研究会
 
2011年11月
平成23年度青森糖質研究会遠藤賞 地域食資源に含まれる糖質の探索と生理機能の研究
受賞者: 青森県立保健大学栄養学科産学官食品機能研究グループ
 
2004年11月
平成16年度東北地方発明表彰発明奨励賞
 
2003年9月
平成15年度全国地場産業優秀製品表彰
受賞者: 小野寺醸造元
 

論文

 
Synthesis of ganbajunins-D and -E and the proposed structure of thelephantin-D.
Kenshu Fujiwara, Keisuke Kushibe, Takuto Sato, Toshio Norikura, Hajime Matsue, Kunihisa Iwai, Ryo Katoono, Takanori Suzuki
European Journal of Organic Chemistry   2015(26) 5798-5809   2015年8月   [査読有り]
夏の身体が欲する水分と栄養.
岩井 邦久
現代農業   (8) 86-93   2015年7月   [招待有り]
Investigation of the safety and antihyperglycemic effect of Apios americana flower intake as a food material in normal and diabetic mice.
J. Kawamura, E. Miura, K. Kawakishi, T. Kitamura, Y. Morinaga, T. Norikura, H. Matsue, K. Iwai
21(3) 453-462   2015年   [査読有り]
T. Nishijima, Y. Takida, Y. Saito, T. Ikeda, K. Iwai
British Journal of Nutrition   113(10) 1531-1538   2015年5月   [査読有り]
北の地域における食資源の研究と産学官連携による食品開発.
岩井邦久, 倉本修助, 中館洋一
New Food Industry   55(7) 25-35   2013年6月   [招待有り]

Misc

 
青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介
岩井 邦久
平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム      2016年3月   [依頼有り]
ホヤの機能性研究
岩井 邦久
平成27年度青森市受託研究報告書   1-51   2016年
青森県産食素材からリパーゼ阻害成分の探索
山下久美子, 岩井 邦久
平成27年度若手奨励研究 研究報告書   1-8   2016年
脂質蓄積抑制作用を有する食資源の作用解明と食品開発に関する研究
岩井 邦久
平成27年度産学連携研究報告書   1-14   2016年
カワラケツメイのリパーゼ阻害作用とエタノール摂取マウスの脂質蓄積に及ぼす影響
山下久美子, 中田結, 森永八江, 乗鞍敏夫, 岩井邦久
2015年度青森県保健医療福祉研究発表会      2015年12月

書籍等出版物

 
健康365, 第12巻第11号, p.160-161
岩井 邦久 (担当:監修, 範囲:地域発!ご当地研究最前線【青森県「ガマズミ」青森で"ジョミ"と呼ばれているガマズミはポリフェノールの宝庫】)
2015年9月   

講演・口頭発表等

 
青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介 [招待有り]
岩井 邦久
平成27年度弘前大学地域資源利活用センターシンポジウム   2016年3月4日   
青森の食資源の機能性研究と開発 (特許事例). [招待有り]
岩井 邦久
平成27年度学術研究機関・中小企業支援機関連携セミナー   2016年1月26日   
青森の海・山・畑の幸から健康に役立つ機能性の探索と利用. [招待有り]
岩井 邦久
2015年日本農芸化学会東北支部市民フォーラム   2015年11月3日   
健康に役立つ食品の機能 地域食品の生理機能からトクホ、食品表示の新しい制度まで [招待有り]
岩井 邦久
オープンキャンパス模擬講義   2015年8月9日   
青森県立保健大とグリコ乳業、リンゴペクチンがケルセチンの吸収性を高めLDL酸化抑制を増強、構造相関性も解明
岩井 邦久
日経バイオテク   2015年6月5日   

担当経験のある科目

 

Works

 
カワラケツメイの生理作用と成分に関する研究
岩井 邦久   2012年4月 - 現在
ペクチンの生理効果に関する研究
岩井邦久   2011年11月 - 現在
アピオスの生理作用と有効利用に関する研究
岩井邦久   2011年7月 - 現在
ガマズミの生理活性と有効利用に関する研究
岩井邦久   2011年8月 - 現在
ホヤに関する研究.
岩井邦久   2011年4月 - 現在

競争的資金等の研究課題

 
地域食材の特産活動を介した地域コミュニケーションの発展事業
公益財団法人青森学術文化振興財団: 平成27年度公益財団法人青森学術文化振興財団助成金
研究期間: 2015年4月 - 2016年3月    代表者: 岩井 邦久

社会貢献活動

 
研究開発製品出展販売
【運営参加・支援】  おいらせ町  おいらせ町 味祭館感謝祭  2015年10月31日

その他

 
2016年2月   青森県知的財産連携会議
平成27年度第2回青森県知的財産連携会議, 2016/2/9, 青森市