HARA Yoshitaka

J-GLOBAL         Last updated: Apr 23, 2019 at 13:56
 
Avatar
Name
HARA Yoshitaka
URL
http://www.naro.affrc.go.jp/karc/index.html
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Kyushu Okinawa Agricultural Research Center, NARO, Division of Lowland Farming Research, Weed Control and Soil Management Group
Job title
Principal Researcher

Research Areas

 
 

Published Papers

 
Hara Yoshitaka
PLANT PRODUCTION SCIENCE   19(2) 223-229   2016   [Refereed]
秀島好知, 原嘉隆, 伊勢村浩司, 菊池正男, 山口喜久一郎, 浅川将暁
日本作物学会九州支部会報   (81) 5-8   May 2015
近年,水稲の湛水直播栽培において,苗立ちの向上に効果的であると期待されているモリブデン種子被覆について,還元鉄や酸化鉄(べんがら)と組み合わせて検討を行った.この結果,還元鉄との組み合わせは,ポット実験においてはやや苗立ち改善効果が認められるものの,圃場条件下ではほとんど効果がみられず,べんがらとの組み合わせや酸素発生剤(カルパー)と比較しても,その改善効果は劣っており,現場で実用化するために必要と思われる十分な効果を得ることができなかった.一方で,べんがらとの組み合わせについては,圃場で...
HARA Yoshitaka
Journal of the science of soil and manure, Japan   86(1) 33-37   Feb 2015
前報で,土壌抽出の手間を削減するために,複数の肥料成分を統一的に抽出するための0.2M塩酸による土壌抽出法を提案した.この塩酸抽出液に含まれる,主要な肥料成分である硝酸態窒素,アンモニウム態窒素,リン酸,加里を簡易に分析するために,小型反射式光度計の利用を検討した.販売されている試験紙や試験薬の分析可能域を踏まえて,希釈倍率を設定し,分析を行った.その結果,硝酸態窒素は,同濃度の塩酸を含む標準液の結果で値を補正することにより,抽出液を希釈せずに,0.012〜0.32g-Nkg^<-1>が分...
Hara Yoshitaka
Plant Prod. Sci.   18(2) 161-165   2015
In Japan, soybeans are generally cultivated in paddy fields which often have poor drainage. West of the Kanto region, the seeds are sown in the rainy season. Therefore, the seedling establishment is prone to damage by the rain after sowing. The ge...
原嘉隆
日本土壌肥料学雑誌   85(4) 322-332   Aug 2014
To reduce the work involved in soil analysis used to identify fields with adequate nutrients so as to reduce fertilizer applications, I devised an easy soil extraction method to allow the analysis of multiple nutrients. When a mixture of 10 mL of ...
秀島好知, 原嘉隆, 伊勢村浩司, 菊池正男, 浅川将暁, 牧山繁生
日本作物学会九州支部会報   (80) 7-9   May 2014
有明海沿岸部重粘土地帯(細粒灰色低地土)において,麦稈を全量還元し,硫黄成分を含んだ化学肥料を用いて鉄コーティング湛水直播を行った場合のモリブデン資材による苗立ち向上効果を検討した.この結果,モリブデンを添加しなかった場合と比べて,明らかに苗立ちが向上し,一般に使用されている酸素発生剤(カルパー)よりも高い苗立ち改善効果が認められた.また,種子にモリブデン資材と鉄をコーティングする方法として,酸化鉄を使用したが,十分に実用化可能であると考えられた.
Furuhata Masami, Hara Yoshitaka
Jpn. J. Crop Sci.   83(3) 210-215   2014
Previously, we investigated seedling emergence and establishment of direct-seeded rice under different air temperature and daily temperature range conditions using pregerminated seeds. Our results showed that the influence of daily temperature ran...
古畑昌巳, 原嘉隆
日本作物学会紀事   83(3) 203-209 (J-STAGE)-209   2014
In the Hokuriku region, direct seeding tends to be more common in inland areas than in coastal areas. One reason may be the sea breeze in coastal areas, which can delay or suppress the rise in daytime air temperature. In addition, seedling emergen...
古畑 昌巳, 原 嘉隆
日本作物学会紀事   82(4) 402-406   Oct 2013
Hara Yoshitaka
Plant Prod. Sci.   16(1) 61-68   2013
Sulfide ion generation in strictly reduced soil might be a factor impairing rice seedling establishment. The molybdate ion is known to suppress the microbial transformation of sulfide ions from sulfate ions. I investigated the effect of molybdate ...
Hara Yoshitaka
Plant Prod. Sci.   16(1) 50-60   2013
Direct seeding is a labor-saving rice cultivation method, but poor establishment is a major obstacle to the widespread use of this practice. This study examined the suppressive effect of ammonium sulfate, a nitrogen fertilizer, on seedling establi...
Hara Yoshitaka
Plant Prod. Sci.   16(3) 271-275   Jul 2013   [Refereed]
Although direct seeding is expected to be a labor-saving method in rice cultivation, poor seedling establishment is a major obstacle to widespread use of this practice. I previously reported that the seedling establishment of rice sown on sulfate-...
古畑昌巳, 原嘉隆
日本作物学会紀事   82(4) 402-406 (J-STAGE)-406   2013
In cold climates, when seeds are sown directly in flooded paddy fields during the low temperature, the final rates of seedling emergence and establishment are decreased compared with warmer climates. Seeding at low temperatures also decreases the ...
HARA Yoshitaka
Japanese journal of crop science   79(3) 342-350   Jul 2010
ある温度での日数をArrhenius式に基づいて25℃などの標準温度の日数に換算する温度変換日数は、異なる温度条件での植物生育予測にも用いられる。温度変換日数の精確な算出には日変動を反映した温度データを用いる必要があるが、計算が煩雑なので日平均温度のみで算出されることが多い。そこで、温度変換日数を日平均温度のみで算出した場合の過誤評価程度を試算し、補正を検討した。まず、昼夜別一定温度条件において温度変換日数を算出する式を誘導し、昼夜別一定温度で昼夜の温度差を変えた場合の水稲の出芽日数の変化...
原嘉隆
日本作物学会紀事   79(3) 342-350 (J-STAGE)-350   2010
Using the Arrhenius equation, periods of varying temperatures can be converted to days of standard temperature. The number of days transformed to standard temperature (DTS) is useful for predicting plant growth under different temperature conditio...
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子
日本土壌肥料学雑誌   80(3) 241-249   Jun 2009
We examined the effects of the stage of maturity of cattle manure compost and the timing of application on the N-fertilizer effect in forage rice. Rice plants were grown in several plots to which cattle manure compost of different stages of maturi...
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 田中章浩
日本作物学会九州支部会報   (74) 14-16   May 2008
牛糞堆肥を春に施用して飼料イネを栽培した場合,冬作を行わなくても冬季の溶脱窒素量は増加しなかった.また,牛糞堆肥を秋に施用した場合,冬作を行えば溶脱窒素量は著しく減少した.これらの結果は,堆肥の熟度が違ってもほぼ同様であった.したがって,一般的に冬作が行われる二毛作地帯において,飼料イネ栽培前に牛糞堆肥を施用する場合,堆肥の熟度に拘わらず,冬季の溶脱窒素量が増加する可能性は低いと考えられた.
原嘉隆, 土屋一成
日本土壌肥料学雑誌   78(6) 573-580   Dec 2007
The ammonium nitrogen content of soil exposed to dry heat was examined as a possible index of the soil nitrogen fertility for the next cropping season. When heated at below 180〜200℃, the soil ammonium nitrogen content tended to increase with the h...
HARA Yoshitaka, TSUCHIYA Kazunari, NAKANO Keiko
Report of the Kyushu Branch of the Crop Science Society of Japan   (73) 33-36   May 2007
二毛作水田を模したポットに成型畜糞堆肥を施用したところ,イネ作における残効が大きく,コムギ作を含め,調査した7作後に至るまで残効が観察された.畜種の違いについては,イネ作での残効は牛糞堆肥が大きく,コムギ作での残効は豚糞堆肥や鶏糞堆肥が大きいという差異があった.また,特に牛糞堆肥で,土壌の物理性の向上も観察された.これらのことから,通常の堆肥と同様に,成型畜糞堆肥の施用によって長期的な窒素発現による地力向上が期待でき,特に牛糞堆肥を施用するとイネ作に対する地力向上効果が大きいと考えられた.
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
日本作物学会九州支部会報   (73) 16-20   May 2007
西南暖地の九州北部の灰色低地土において,11月5〜15日播種の早播に適するコムギ品種「イワイノダイチ」について,肥効調節型肥料の配合割合を変えた栽培試験を実施し,コムギの収量および品質に及ぼす影響を慣行分施体系と比較検討した.早播したコムギ「イワイノダイチ」に対して,速効性窒素肥料3〜6.6kg/10a溶出期間が30日のリニア型肥効調節型肥料2.2〜6kg/10aと溶出期間が30日のシグモイド型肥効調節型肥料2kg/10a程度を組み合わせて全量基肥施用すると,収量は慣行栽培と同等以上となり...
Hara Yoshitaka
Plant production science   8(4) 361-367   Sep 2005
The temperature dependence of the duration of a biological process can be analyzed using the Arrhenius equation. However, germination time does not precisely follow the Arrhenius equation, which is based on the assumption that temperature dependen...
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
日本土壌肥料学雑誌   76(3) 285-291   Jun 2005
When wheat is grown after soybeans, it is necessary to reduce the amount of nitrogen applied compared to when wheat is cultivated after rice. Although soil analysis is effective for estimating the reduction in nitrogen, it does not reflect the eff...
Matoh Toru, Matsuda Akira, Akaike Ryo, Hara Yoshitaka, Kobayashi Masaru
Soil science and plant nutrition   47(4) 779-784   2001
Swiss chard plants were water-cultured under various B levels ranging from 0.01 to 20 g B m^<-3> culture solutions for 4 weeks. The B content of the shoot increased with the increase in the B supply. The increase, however, was entirely ascribed to...
Hara Yoshitaka
Soil science and plant nutrition   46(3) 683-691   Sep 2000
The Richards function used as an asymmetric growth function was applied to describe the cumulative amount of nitrogen released from coated urea at a constant temperature. The description was very precise. The characteristics of the nitrogen releas...
Hara Yoshitaka
Soil science and plant nutrition   46(3) 693-701   Sep 2000
Based on the calculated values of four parameters in the Richards function that described the nitrogen release from coated urea at several constant temperatures, the following assumptions were made for estimating the parameters when the temperatur...
Hara Yoshitaka
Plant production science   2(2) 129-135   Jun 1999
The Richards function, an asymmetric growth function, was fitted to germination data for several rice varieties, and functional parameters were transformed into stable population parameters that comprehensively characterize germination (viability ...
Hara Yoshitaka
Plant Production Science, 2, 129-135 (1999)   2(2) 129-135   1999
The Richards function, an asymmetric growth function, was fitted to germination data for several rice varieties, and functional parameters were transformed into stable population parameters that comprehensively characterize germination (viability ...
Hara Yoshitaka, Toriyama Kazunobu
Soil science and plant nutrition   44(3) 415-422   Sep 1998
The effect of ammonium nitrogen concentration in soil solution on the estab lishment of rice plants was examined. The increase of the concentration decreased the percentage of establishment of seeds sown in submerged soil, although most of seeds s...
Hara Yoshitaka, Toriyama Kazunobu
Soil science and plant nutrition   44(3) 359-366   Sep 1998
We examined the effect of seed nitrogen content on the rates of germination, emergence, and establishment of rice plants. Several seed lots with various nitrogen contents were obtained from the parent plants grown under 3 planting densities and 4 ...
原嘉隆, 鳥山和伸
北陸農業試験場報告   (40) 79-85   Dec 1997

Misc

 
原嘉隆
土づくりとエコ農業   50(2) 48‐52   Mar 2018
原嘉隆
九州沖縄農業研究センターニュース   (50) 3   Jan 2015
原嘉隆
九州沖縄農業研究センターニュース(Web)   (59) 6 (WEB ONLY)   Feb 2018
菅野博英, 佐々木哲, 庄山寿, 山根和, 原嘉隆
日本作物学会東北支部会報   (60) 23‐24   Dec 2017
菅野博英, 安田善広, 庄山寿, 佐々木哲, 横田俊彦, 原嘉隆
日本作物学会講演会要旨集   244th 12   Sep 2017
原嘉隆
日本作物学会講演会要旨集   244th 94   Sep 2017
原嘉隆
農業食料工学会誌   79(4) 340‐344   Jul 2017
菅野博英, 横山裕美, 安田善広, 庄山寿, 佐々木哲, 横田俊彦, 原嘉隆
日本作物学会講演会要旨集   243rd 99   Mar 2017
原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   62 99   Sep 2016
原嘉隆, 秀島好知
日本作物学会講演会要旨集   242nd 117   Sep 2016
北川寿, 市原泰博, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会九州支部会報   (82) 1‐2   Apr 2016
菅野博英, 横山裕美, 渡邊真紀子, 安田善広, 庄山寿, 原嘉隆
日本作物学会講演会要旨集   241st 19   Mar 2016
中野恵子, 原嘉隆, 土屋史紀, 松尾直樹
農業農村工学会大会講演会講演要旨集(CD-ROM)   2016 ROMBUNNO.4‐20(P)   2016
原嘉隆
九州沖縄農業研究センターニュース(Web)   (52) 10 (WEB ONLY)   Sep 2015
原嘉隆, 秀島好知
日本作物学会講演会要旨集   240th 6   Aug 2015
菅野博英, 原嘉隆, 安田善広
日本作物学会講演会要旨集   240th 7   Aug 2015
北川寿, 市原泰博, 原嘉隆, 中野恵子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   78th 7   Aug 2015
秀島好知, 原嘉隆, 末次裕昭, 浅川将暁, 山口喜久一郎
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   78th 6   Aug 2015
原嘉隆, 秀島好知, 八田聡, 岡崎泰裕
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2015 WEB ONLY   2015
原嘉隆, 秀島好知, 八田聡, 岡崎泰裕
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2015 WEB ONLY   2015
秀島好知, 原嘉隆, 伊勢村浩司, 菊池正男, 浅川将暁, 山口喜久一郎
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   77th 3   Aug 2014
原嘉隆
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013
原嘉隆, 土屋史紀
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013
原嘉隆
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013
原嘉隆, 土屋史紀
九州沖縄農業試験研究の成果情報(Web)   2013 WEB ONLY   2013
佐藤健次, 神谷充, 鈴木知之, 服部育男, 小荒井晃, 中野洋, 原嘉隆, 西村和志, 田中正仁, 神谷裕子, 上村昌志
九州沖縄農業研究成果情報   (26) 127-128   Sep 2011
北川寿, 土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
九州沖縄農業研究成果情報   (23) 41-42   Sep 2008
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子
九州沖縄農業研究成果情報   (23) 333-334   Sep 2008
中野恵子, 久保寺秀夫, 原嘉隆
九州沖縄農業研究成果情報   (24) 327-328   Sep 2009
吉田宣夫, 名久井忠, 野中和久, 原嘉隆
酪農ジャーナル   186-201   Mar 2010
原嘉隆
農業および園芸   85(7) 723-735   Jul 2010
原嘉隆, 土屋一成, 増田欣也, 中野恵子
九州沖縄農業研究成果情報   (25) 17-18   Sep 2010
原嘉隆, 土屋一成, 増田欣也, 中野恵子
九州沖縄農業研究成果情報   (25) 19-20   Sep 2010
原嘉隆
Bio九州   (198) 3-8   Mar 2011
原嘉隆
ほ場と土壌   39(10/11) 25-31   Nov 2007
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 草佳那子
九州沖縄農業研究成果情報   (22) 397-398   Aug 2007
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 草佳那子
九州沖縄農業研究成果情報   (21) 481-482   Oct 2006
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子, 中野恵子
九州沖縄農業研究成果情報   (21) 467-468   Oct 2006
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子, 森田弘彦, 吉永悟志, 山下浩, 古畑昌巳
九州沖縄農業研究成果情報   (21) 479-480   Oct 2006
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 草佳那子
九州沖縄農業研究成果情報   (21) 477-478   Oct 2006
原嘉隆, 古畑昌巳, 山下浩, 土屋一成, 草佳那子
九州沖縄農業研究センター研究資料   (91) 69-73   Mar 2005
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
九州沖縄農業研究センター研究資料   (91) 61-67   Mar 2005
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子, 西田瑞彦, 森泉美穂子
九州沖縄農業研究成果情報   (19) 591-592   Aug 2004
原嘉隆
農林水産研究文献解題   (29) 618-625   Mar 2004
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
九州沖縄農業研究成果情報   (18) 577-578   Nov 2003
土屋一成, 草佳那子, 森泉美穂子, 原嘉隆, 西田瑞彦
九州沖縄農業研究成果情報   (18) 581-582   Nov 2003
草佳那子, 土屋一成, 森泉美穂子, 原嘉隆, 西田瑞彦
九州沖縄農業研究成果情報   (18) 579-580   Nov 2003
西田瑞彦, 土屋一成, 原嘉隆, 森泉美穂子, 草佳那子
九州沖縄農業研究成果情報   (17) 575-576   Nov 2002
原嘉隆
日本作物学会講演会要旨・資料集   214th 206-207   Aug 2002
原嘉隆, 鳥山和伸, 亀川健一
研究成果情報 総合農業   1999 128-129   Jul 2000
原嘉隆, 鳥山和伸, 亀川健一
北陸農業研究成果情報   (15) 53-54   May 1999
原嘉隆, 鳥山和伸
研究成果情報 総合農業   1997 220-221   Nov 1998
原嘉隆, 鳥山和伸
研究成果情報 総合農業   1997 222-223   Nov 1998
鳥山和伸, 中島秀治, 関矢博幸, 高橋智紀, 原嘉隆
研究成果情報 総合農業   1997 218-219   Nov 1998
原嘉隆, 鳥山和伸
北陸農業研究成果情報   (14) 79-80   May 1998
鳥山和伸, 中島秀治, 関矢博幸, 高橋智紀, 原嘉隆
北陸農業研究成果情報   (14) 81-82   May 1998
原嘉隆, 鳥山和伸
北陸農業研究成果情報   (14) 77-78   May 1998
住田弘一, 原嘉隆, 野々山芳夫, 大野智史
研究成果情報 生産環境・畜産-草地 関東東海農業   1995 131-132   Aug 1996

Conference Activities & Talks

 
北川寿, 市原泰博, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会九州支部会報   30 Apr 2016   
菅野博英, 横山裕美, 渡邊真紀子, 安田善広, 庄山寿, 原嘉隆
日本作物学会講演会要旨集   28 Mar 2016   
原嘉隆, 秀島好知
日本作物学会講演会要旨集   29 Aug 2015   
菅野博英, 原嘉隆, 安田善広
日本作物学会講演会要旨集   29 Aug 2015   
北川寿, 市原泰博, 原嘉隆, 中野恵子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2015   
秀島好知, 原嘉隆, 末次裕昭, 浅川将暁, 山口喜久一郎
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2015   
秀島好知, 原嘉隆, 伊勢村浩司, 菊池正男, 浅川将暁, 山口喜久一郎
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2014   
秀島好知, 原嘉隆, 伊勢村浩司, 菊池正男, 浅川将暁, 牧山繁生
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2013   
原嘉隆, 深見公一郎, 牛木純, 佐々木亮, 工藤予志夫, 関矢博幸, 臼井智彦, 白土宏之, 星一好, 紺屋秀之, 佐藤徹, 中村一要, 土屋学, 奥野綾子, 中山幸則, 丸山徹, 山根健史, 渡邊丈洋, 森伸介, 貝淵由紀子, 永奥啓, 池尻明彦, 村上優浩, 秀島好知
日本作物学会講演会要旨・資料集   9 Sep 2012   
原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   8 Aug 2011   
石川裕己, 西田瑞彦, 土屋一成, 増田欣也, 原嘉隆, 中野恵子, 木村眞人, 浅川晋
日本土壌肥料学会講演要旨集   8 Aug 2011   
中野恵子, 久保寺秀夫, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   7 Sep 2010   
TSUCHIYA Kazunari, HARA Yoshitaka, NAKANO Keiko
日本作物學會紀事   3 Sep 2010   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   3 Sep 2010   
古畑昌巳, 原嘉隆, 松村修
日本作物学会講演会要旨・資料集   3 Sep 2010   
TSUCHIYA Kazunari, KITAGAWA Hisashi, HARA Yoshitaka, NAKANO Keiko
日本作物學會紀事   30 Mar 2010   
土屋一成, 北川壽, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   30 Mar 2010   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 長谷川榮一
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
土屋一成, 田坂幸平, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
北川寿, 土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
石川裕己, 西田瑞彦, 土屋一成, 増田欣也, 原嘉隆, 中野恵子, 木村眞人, 浅川晋
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
増田欣也, 中野恵子, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   15 Sep 2009   
中野恵子, 久保寺秀夫, 原嘉隆
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2009   
土屋一成, 原嘉隆, 北川壽, 中野恵子, 草佳那子
日本作物学会九州支部会報   15 May 2009   
現在,多収・極良食味の水稲晩生品種「あきさやか」は,福岡県南筑後地域を中心に栽培されており,基肥窒素の施肥基準が高地力圃場で3kg/10a,中地力圃場では5kg/10aになっているが,籾数を確保しやすい品種特性から更なる減肥の可能性を探るため,2004〜2007年の4ヵ年にわたり,有機物施用履歴が異なり地力水準の異なる圃場において基肥窒素の省略施肥を検討した.水稲晩生品種「あきさやか」に対し,基肥窒素を省略すると,初期生育はやや劣るものの,籾/わら比が高まり,ほぼ同等の収量が得られた.検査...
KITAGAWA Hisashi, TSUCHIYA Kazunari, MASUDA Kinya, HARA Yoshitaka, NAKANO Keiko
日本作物學會紀事   27 Mar 2009   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   27 Mar 2009   
北川寿, 土屋一成, 増田欣也, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   27 Mar 2009   
石川裕己, 西田瑞彦, 土屋一成, 増田欣也, 原嘉隆, 中野恵子, 木村眞人, 浅川晋
日本農芸化学会中部支部例会講演要旨集(Web)   2009   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   24 Sep 2008   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   9 Sep 2008   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   9 Sep 2008   
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   9 Sep 2008   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2008   
土屋一成, 北川壽, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2008   
原嘉隆
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2008   
古畑昌巳, 原嘉隆, 松村修
日本作物学会講演会要旨・資料集   27 Mar 2008   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本作物学会講演会要旨・資料集   26 Sep 2007   
中野恵子, 土屋一成, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   22 Aug 2007   
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   22 Aug 2007   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   22 Aug 2007   
中野恵子, 土屋一成, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   22 Aug 2007   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   22 Aug 2007   
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 田中章浩
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2007   
Tsuchiya Kazunari, Hara Yoshitaka, Nakano Keiko, Kusa Kanako
Abstracts of Meeting of the CSSJ   29 Mar 2007   
原嘉隆
日本作物学会講演会要旨・資料集   28 Oct 2006   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子
日本土壌肥料学会講演要旨集   5 Sep 2006   
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   5 Sep 2006   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   5 Sep 2006   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   5 Sep 2006   
原嘉隆, 土屋一成, 中野恵子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2006   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2006   
土屋一成, 原嘉隆, 中野恵子, 草佳那子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2006   
中野恵子, 古畑昌巳, 土屋一成, 原嘉隆
農業土木学会大会講演会講演要旨集   26 Jul 2006   
岩城雄飛, 古畑昌巳, 原嘉隆, 木場浩平, 沢田しょう平, 有馬進
日本作物学会講演会要旨・資料集   30 Mar 2006   
原嘉隆, 梶亮太
日本作物学会講演会要旨・資料集   28 Sep 2005   
土屋一成, 草佳那子, 西田瑞彦, 原嘉隆, 森泉美穂子
日本土壌肥料学会講演要旨集   6 Sep 2005   
草佳那子, 八田浩一, 原嘉隆, 土屋一成
日本土壌肥料学会講演要旨集   6 Sep 2005   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   6 Sep 2005   
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   6 Sep 2005   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2005   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
九州農業研究発表会専門部会発表要旨集   Aug 2005   
草佳那子, 八田浩一, 原嘉隆, 土屋一成
九州農業研究   20 May 2005   
草佳那子, 原嘉隆, 土屋一成
九州農業研究   20 May 2005   
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
九州農業研究   20 May 2005   
土屋一成, 原嘉隆, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   14 Sep 2004   
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   14 Sep 2004   
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   14 Sep 2004   
草佳那子, 土屋一成, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   14 Sep 2004   
TSUCHIYA Kazunari, Kusa Kanako, Hara Yoshitaka
Japanese Journal of Crop Science   17 Sep 2003   
土屋一成, 草佳那子, 原嘉隆
日本作物学会講演会要旨・資料集   17 Sep 2003   
原嘉隆, 土屋一成, 草佳那子
日本土壌肥料学会講演要旨集   20 Aug 2003   
草佳那子, 原嘉隆, 土屋一成
日本土壌肥料学会講演要旨集   20 Aug 2003   
土屋一成, 草佳那子, 西田瑞彦, 原嘉隆
日本土壌肥料学会講演要旨集   20 Aug 2003   
原嘉隆, 土屋一成, 西田瑞彦, 草佳那子
九州農業研究   20 May 2003   

Research Grants & Projects

 
The Effect of the cultivation of the parent plants on the vigor of the seeds