GOTO Masahiro

J-GLOBAL         Last updated: Sep 11, 2019 at 10:34
 
Avatar
Name
GOTO Masahiro
Affiliation
National Agriculture and Food Research Organization
Section
Division of Regional Resources Engineering, Renewable Energy and Resources Unit
Job title
Leader
Degree
Ph.D. in Agriculture(University of Tsukuba)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
2004
   
 
 National Institute for Rural Engineering
 

Education

 
 
 - 
1999
Institute of Agricultural and Forest Engineering, Graduate School, Division of Agriculture, University of Tsukuba
 
 
 - 
1984
Second Cluster of College, University of Tsukuba
 

Misc

 
後藤 眞宏
環境技術   44(6) 322-327   Jun 2015
後藤 眞宏
所報協同の発見   (247) 7-12   Apr 2013
後藤 眞宏, 駒宮 博男, 上坂 博亨
水土の知 : 農業農村工学会誌   81(2) 93-96   Feb 2013
後藤 眞宏, 上田 達己, 浪平 篤, 廣瀬 裕一
農村工学研究所技報   212(212) 127-135   Mar 2012   [Refereed]
発電所建設のための調査は,全国100地区以上で行われており,このうち2009年(平成21年)時点で全国26地区の発電所が建設されている。そこで本報告では,このように発電調査実施地区は多いにもかかわらず,発電事業実施地区が少ない点に着目して,調査地区のデータをもとに,発電事業実施の可否に関して,主に経済的な観点から分析するとともに,事業実施地区への聞き取り調査結果についても報告し,今後の事業実施への参考とするものである。
上坂 博亨, 後藤 眞宏, 小林 久
水土の知   78(8) 661-664   Aug 2010
後藤 眞宏, 内田 隆志, 加藤 信介
水土の知   78(8) 665-668   Aug 2010
後藤 眞宏, 上坂 博亨, 小林 久
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (210) 169-178   Mar 2010
2009年10月に鳩山首相は国連総会において、温室効果ガス排出量削減目標値として、2020年までに1990年比で25%削減を掲げたが、現時点で具体的な削減方法は提示されていない。具体的な数値が示されていた前政権時の麻生首相が提示した2005年比15%削減案をもとに、小水力でどの程度賄わねばならないか試算してみる。15%のうち1%を太陽光などで賄うと報じられていたので、この1%のうち仮に小水力で0.2〜0.3%とすると10年間で合計100万kW、平均すると1年間で10万kWの発電所の建設が必...
後藤 眞宏, 浪平 篤, 小林 宏康
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (207) 139-147   Mar 2008
頭首工は、河川から農業用水を取水するために不可欠な施設である。一方で、近年の都市化や混住化の進展に伴い、頭首工の周辺に新たに居住する住民にとって、フラップゲートやローラーゲートなどのゲートからの越流水の落下に伴い発生する音が、環境公害として認識される場合がある。特に、越流水脈が薄い場合、低周波音が発生し、家具のがたつき等の物理的問題、頭痛や睡眠への影響といった心理的、生理的問題を誘発することがある。本研究は、G特性計測可能な騒音計等を用いて、ゲートにおける落下水音の低減のために用いられるス...
後藤 眞宏, 筒井 義冨, 浪平 篤
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (207) 149-159   Mar 2008
地域活性化や地域の様々な問題の解決、農業農村整備事業の推進などにおいで地域の合意を形成することがより求められるようになってきている。平成19年度から始まった農地・水・環境保全向上対策では、ワークショップ手法などを活用して、地域住民自らが農村地域に賦存する地域資源の管理項目を決定、実践する内容となっている。地域の合意を形成する上で重要になってくるのが、地域住民が何を考え、求めているのか、すなわち住民の潜在意識を顕在化させ、それをいかに具体的な行動に結びつけるかにあると考えられる。このような住...
後藤 眞宏, 浪平 篤, 常住 直人
Technical report of the National Institute for Rural Engineering   (207) 161-182   Mar 2008
農業農村整備事業によって大規模な農業水利システムが確立され、農業用水を農地へ安定して供給することが可能となり、農業の生産性は大きく向上した。一方で、農村地域では都市化や混住化が伸展し、農業用水路の周辺に新たに居住するようになった人々にとって水路の流水音、特に落差工等における落下水音が騒音として認識されることが生じるようになった。A中央幹線水路とB線道路が並行する地区においも、このような落下水音が問題となっている。水路に蓋をするタイプの防音工が設置される等、対策も講じられているが、これまでの...
GOTOH Masahiro, KOBAYASHI Hiroyasu, NAMIHIRA Atsushi, TSUNESUMI Naoto
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering   74(242) 19-27   Apr 2006
GOTOH Masahiro, KOBAYASHI Hiroyasu, NAMIHIRA Atsushi, TSUNESUMI Naoto
Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   2006(242) 169-177   2006
As a result of urbanization and the appearance of mixed land use, the falling water sound from head works and ground sill works etc. has become an environmental problem. The acoustical properties of the falling water sound at diversion weirs with ...
GOTO Masahiro, NAKAYAMA Hiroyuki, WAKASA Junichi, ISHIDA Nobuyuki
日本エネルギー学会大会講演要旨集   (12) 256-257   Jul 2003
Characteristics of Current Water Wheel set in a Rectangular Channel
2001 ASME FEDSM 2001-18149(2001)      2001
GOTOH Masahiro
Journal of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   68(4) 325-326,a1   2000
平成8年度に筑波大学農学研究科で国内では初めての大学院博士課程昼夜開講制が開講された。この制度は, 在職したまま博士課程に在籍するもので, フレックスタイムを利用して授業を受ける, 短期間に博士の学位を修得できるなどの特徴がある。本報では, 本制度の紹介と大学院での3年間の経験を述べる。
Damming-up effect of a current water wheel set in a rectangular channel
World Renewable Energy Congress 6, 1615-1618 (2000) PERGAMON   1615-1618    2000
GOTOH Masahiro, AMADA Takaaki, SATOH Masayoshi
Transactions of the Agricultural Engineering Society,Japan   199,p89-98(1) 89-98   Feb 1999
GOTOH Masahiro, AMADA Takaaki, SATOH Masayoshi
Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   1999(199) 89-98,a2   1999
In a rectangular channel, a current water wheel set closely along channel cross section to get energy from the flow works as fluid resistance raising upstream water level. In this paper, authors direct their attention to the damming-up effects of ...
GOTOH Masahiro, KATAYAMA Shyusaku, AMADA Takaaki, SATOH Masayoshi
Transactions of The Japanese Society of Irrigation, Drainage and Rural Engineering   197,p91ー99(197) 859-867,a2   1998
For studying the characteristics of a current water wheel to convert flow energy in an irrigation canal into mechanical power, we carried out hydraulic model tests in order to clarify the effect of energy output suchas water wheel output, water wh...
Current energy use for trash screen in irrigation canels
Renewable Energy, Energy Efficiency, Policy and the Environment, PERGAMON 2509-2512 (1998)   2509-2512    1998

Research Grants & Projects

 
Utilization of small-scale hydro-power