猪口 孝

J-GLOBALへ         更新日: 19/01/21 10:44
 
アバター
研究者氏名
猪口 孝
 
イノグチ タカシ
所属
桜美林大学
部署
アジア文化研究所
職名
所長 兼 特別招聘教授
学位
社会学修士(東京大学), 政治学博士(マサチューセッツ工科大学)

プロフィール

猪口 孝(いのぐちたかし):政治学博士(MIT)、東京大学名誉教授、前新潟県立大学学長兼理事長、元国際連合大学上級副学長(国際連合事務次長補)、現在桜美林大学特別招聘教授兼アジア文化研究所所長。学術書刊行は150冊余り(うち日本語約110冊・英語約40冊)。主要著作として "American Democracy Promotion" (2000, Oxford UP); "The Political Economy of Japan" Vol. 2 (1988, Stanford UP); "The Quality of Life in Asia" (2013, Springer); "Exit, Voice and Loyalty in Asia" (2014, Springer);『政治理論』(ミネルヴァ書房、2015年);『アジアの幸福度』(岩波書店、2014年);『ガバナンス』(東京大学出版会、2012年);『実証政治学構築への道』(ミネルヴァ書房、2011年);『国際関係論の系譜』(東京大学出版会、2007年)。近刊予定著として "The Development of Global Legislative Politics: Rousseau and Locke Writ Global" (Springer)。学術雑誌創立編集長として "Japanese Journal of Political Science" (Cambridge UP, 2000-2018); "International Relations of the Asia Pacific" (Oxford UP, 2000-2005); "Asian Journal of Comparative Politics" (SAGE, 2016-)。アジア32ヵ国の生活の質に焦点を当てたアジアバロメーター世論調査プロジェクトの指導者。
[Scopus Profile (2008-2018): h-index 14, articles 93, citations 514; Google Scholar Profile (1988-2018): h-index 35, i10-index 113, citations 4940)]

Professor Takashi Inoguchi, Ph.D. from MIT, is Emeritus Professor, University of Tokyo, former UN Assistant Secretary General, former President, the University of Niigata Prefecture, currently Eminent Scholar-Professor at J. F. Oberlin University (Tokyo). He writes prolifically on Japan, Asia's quality of life and international affairs. Among his publications are: "American Democracy Promotion" (2000, Oxford UP), "The Political Economy of Japan" Vol.2 (1988, Stanford UP), "The Quality of Life in Asia" (2013, Springer), "Exit, Voice and Loyalty in Asia" (2017, Springer). His forthcoming book is entitled: "The Development of Global Legislative Politics: Rousseau and Locke Writ Global" (Springer). He is funding editor of "Japanese Journal of Political Science" (Cambridge UP, 2000-2018), "International Relations of the Asia-Pacific" (Oxford UP, 2000-2005), and "Asian Journal of Comparative Politics" (SAGE, 2016-); In Japanese, "Political Theory" (Minerva shobo, 2015); "Happiness in Asia" (Iwanami shoten, 2014); "Governance" (University of Tokyo Press, 2012), "Constructing the Empirical Political Science" (Minerva shobo, 2011), "The Genealogy of International Relations" (University of Tokyo Press, 2011). He is Director of the AsiaBarometer Survey focusing on quality of life in 32 Asian societies.
[Scopus Profile (2008-2018): h-index 14, articles 93, citations 514; Google Scholar Profile (1988-2018): h-index 35, i10-index 113, citations 4940)]

研究分野

 
 

経歴

 
2017年
 - 
現在
桜美林大学 アジア文化研究所 所長 兼 特別招聘教授
 
2005年
 - 
現在
東京大学 名誉教授
 
2009年
 - 
2017年
新潟県立大学 学長 兼 理事長
 
2006年
 - 
2009年
中央大学 大学院総合政策研究科 教授
 
2005年
 - 
2009年
中央大学 法学部 教授
 
1988年
 - 
2005年
東京大学 東洋文化研究所 教授
 
2000年
 - 
2002年
日本国際政治学会 理事長
 
1995年
 - 
1997年
国際連合大学 上級副学長(国連事務次長補)
 
1993年
 - 
1995年
国際連合大学 兼任研究員
 
1977年
 - 
1988年
東京大学 東洋文化研究所 助教授
 

学歴

 
1970年
 - 
1974年
マサチューセッツ工科大学 大学院 政治学研究科(博士) 
 
1966年
 - 
1968年
東京大学 大学院 社会学研究科(修士) 
 
1962年
 - 
1966年
東京大学 教養学部 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
国際貿易投資研究所  評議員
 
2012年
 - 
現在
日本国際経済交流財団  評議員
 
2009年
 - 
現在
サントリー文化財団  評議員
 
2008年
 - 
現在
国際日本語普及協会  理事
 
2003年
 - 
現在
日本産学フォ−ラム  幹事
 
2002年
 - 
現在
東方学会  評議員
 
2013年
 - 
2016年
アジア調査会  委員長
 
2009年
 - 
2013年
アジア調査会  研究委員会委員
 
2009年
 - 
2011年
笹川平和財団  委員
 
2003年
 - 
2011年
日本学術会議  会員
 

受賞

 
2018年
ISQOLS (International Society for Quality of Life Studies) the TAKASHI INOGUCHI Endowed Track on Quality of Life and Well-Being in East Asia
 
2017年
日本行動計量学会 名誉会員
 
2014年
ISQOLS (International Society for Quality of Life Studies) Distinguished Research Fellow Awards
 
"AsiaBarometer" project
2014年
日本行動計量学会 日本行動計量学会出版賞
 
著書『The Quality of Life in Asia: A Comparison of Quality of Life in Asia』
2012年
American Library Association Dartmouth Medal Honorable Mention - Library Journal Best Reference 2011
 
Associate Editor, "International Encyclopedia of Political Science" (8 Vols)
2008年
日本公共政策学会 日本公共政策学会作品賞
 
著書『国際関係論の系譜』
2007年
財団法人国際コミュニケーション基金 国際コミュニケーション基金優秀研究賞
 
アジア・バロメーター(AsiaBarometer)プロジェクト:アジア全域(東、東南、南、中央)をカバーする「普通の人々の日常生活」に焦点を当てた国際世論調査
1982年
サントリー文化財団 サントリー学芸賞
 
著書『国際政治経済の構図: 戦争と通商にみる覇権盛衰の軌跡』

論文

 
Nambara Shigeru (1889?1974): how a Japanese liberal conceptualized eternal peace, 1918?1951
Takashi Inoguchi
Japanese Journal of Political Science   19(4) 612-621   2018年   [査読有り]
The Wilsonian moment: Japan 1912?1952
Takashi Inoguchi
Japanese Journal of Political Science   19(4) 565-570   2018年   [査読有り]
Reflecting on nineteen years as editor of the Japanese Journal of Political Science (2000-2018)
Takashi Inoguchi
Japanese Journal of Political Science   19(4) 563-564   2018年   [査読有り]
Migration and Human Rights: Deep Globalization and its Consequences
Takashi Inoguchi
(32) 13-16   2017年7月   [査読有り]
Politicheskaya kul'tura Yaponia: Diskussii otnositel'no politicheskoi kul'tury Yaponii (Japanese Political Culture: Discussion on Quintessentially Political Culture of Japan)
Takashi Inoguchi
Yaponia Ezhegodnik 2017 (Japan Yearbook 2017)   45 76-96   2017年   [査読有り]
Book Review: Sarah Tanke, Une diplomatie du respect: Le Japon et le multilateralisme. Trois cas d'?tude: l'Assembl?e g?n?rale des Nations unies, le PNUD et l'ATEA depuis les ann?es 2000 (A Diplomacy of Respect: Japan and Multilateralism. Three Case Studie
Takashi Inoguchi
European Review of International Studies   4(2月3日) 134-136   2017年   [査読有り]
Asia Inquiry: A Continental Analysis
Takashi Inoguchi
Seton Hall Journal of Diplomacy and International Relations   18(1) 73-83   2017年   [査読有り]
An Evidence-based Typology of Asian Societies: What Do Asian Societies Look Like from the Bottom Up instead of Top Down?
Takashi Inoguchi
Japanese Journal of Political Science   18(1) 216-234   2017年   [査読有り]
世界議会なしの世界立法のモデル化:Global IR の先端をいく日本からのイノベーション
猪口 孝
立命館国際研究   29(3) 373-384   2017年   [査読有り]

書籍等出版物

 
Handbook of Leisure, Physical Activity, Sports, Recreation and Quality of Life
Lia Rodriguez de la Vega, Walter Nestor Toscano, eds.
Springer   2018年   
"Leisure Satisfaction in Relation to Quality of Life Using the AsiaBarometer Survey Data"
Great Powers, Grand Strategies: The New Game in the South China Sea
Anders Corr, ed.,
US Naval Institute Press   2018年   
"Japan's Grand Strategy in the South China Sea: Principled Pragmatism" (coauthored with Ankit Panda)
The Oxford Encyclopedia of Empirical International Relations Theory
William R. Thomson, ed.
Oxford University Press   2018年   
"Theoretical Underpinnings of a Global Social Contract"
The Pursuit of Human Well-Being: The Untold Global History
Richard Estes, Joseph Sirgy, eds.
Springer   2017年   
"Chapter 10: The History of Well-Being in East Asia: From Global Conflict to Global Leadership"
Exit Voice and Loyalty in Asia: Individual Choice under 32 Asian Societal Umbrellas
Takashi Inoguchi
Springer   2017年   
Trust with Asian Characteristics: Interpersonal and Institutional
Takashi Inoguchi, Yasuharu Tokuda
Springer   2017年   
南原繁の戦後体制構想
南原繁研究会編
横濱大氣堂   2017年   
「南原先生の印象」
QOLと現代社会:『生活の質』を高める条件を学際的に研究する
村山伸子・藤井誠二編著 猪口孝監修
明石書店   2017年   
「はじめに」
文明の衝突
サミュエル・ハンティントン著 猪口孝解説
集英社文庫   2017年   
人類の幸福学
キャロル・グラハム著 猪口孝訳
西村書店   2017年   

講演・口頭発表等

 
「多国間条約参加の日中比較(速度・視角・戦略)」
猪口 孝
第18回桜美林大学・北京大学学術シンポジウム   2018年12月8日   桜美林大学
「Typology of Asian societies gauged by life satisfaction with sixteen items of life domains, aspects and styles」
猪口 孝
2018年度統計関連学会連合大会   2018年9月11日   応用統計学会・日本計算機統計学会・日本計量生物学会・日本行動計量学会・日本統計学会・日本分類学会
企画セッション「アメリカ大統領選についてのグローバル分析:あなたがアメリカ人ならヒラリーかトランプのどちらに投票するか?」
猪口孝・松原望
2018年度統計関連学会連合大会   2018年9月11日   応用統計学会・日本計算機統計学会・日本計量生物学会・日本行動計量学会・日本統計学会・日本分類学会
企画セッション「原子力発電所の未来についてのグローバル分析:原子力発電所の未来は進歩か廃炉か?」
猪口孝・松原望
2018年度統計関連学会連合大会   2018年9月11日   応用統計学会・日本計算機統計学会・日本計量生物学会・日本行動計量学会・日本統計学会・日本分類学会
ラウンドテーブルディスカッション「Making Statistics Great Again! 〜再興する統計学〜」
猪口孝・松原望・江崎光男・鈴木督久・徳田安春・土田尚弘
日本行動計量学会 第46回大会   2018年9月4日   日本行動計量学会
特別セッション:統計学・社会調査の再考2「多国間条約参加からみる地球立法行動類型」
猪口 孝
日本行動計量学会 第46回大会   2018年9月4日   日本行動計量学会
特別セッション:統計学・社会調査の再考1「国際ギャラップ調査−アメリカ大統領選挙の世界世論」
猪口孝・松原望
日本行動計量学会 第46回大会   2018年9月4日   日本行動計量学会
特別セッション:統計学・社会調査の再考1「国際ギャラップ調査−福島原発事故後の世界世論」
猪口孝・松原望
日本行動計量学会 第46回大会   2018年9月4日   日本行動計量学会
「日・米・中関係から見た日本の在り方:多国間条約の視点から」
猪口 孝
第5回アジア・ユーラシア研究フォーラム   2018年6月6日   アジア・ユーラシア総合研究所
学会賞講演「日本における政治学・国際政治学・比較政治学の発展と展望」 [招待有り]
猪口 孝
日本政治法律学会 2018年春季大会   2018年6月2日   日本政治法律学会

競争的資金等の研究課題

 
Multiple Democraciesの理論的実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2014年4月 - 2019年3月    代表者: 猪口 孝
アジア政治の国際情報発信強化
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2015年 - 2019年    代表者: 猪口 孝
学術団体名:アジア政治研究連合
学術刊行物の名称:Asian Journal of Comparative Politics [SAGE Publications]
アジア政治について、政治学者の国際情報発信強化は今ほど強く求められているものはない。現在、世界の中でアジア地域は、人口学的にも経済的にも突出している。しかし、アジアの政治についての理解を世界中で高める重要性にもかかわらず、日本ではその研究水準が高いわりに、実効的な国際情報発信を行われることが非常に少ない。本研究の目的は、日本に...
アジアの普通の人々の日常生活に関する大量データの理論的実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2009年 - 2012年    代表者: 猪口 孝
アジアバロメーターを通じたアジア人の生活・規範・価値の実証研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2005年 - 2008年    代表者: 猪口 孝
2008年度調査が完了したことで、世界で初となるアジア29の国と社会に暮らす「普通の人々の日常生活」に関する膨大なデータが出来上がった。29カ国の国別プロファイル分析論文の刊行に加えて、比較政治学、比較社会学、国際関係論、医学などの幅広い学問分野で比較分析が行われ、多くの命題が仮説検証された。これらの多くは国内外の査読付き雑誌に掲載され、中には非常に高い評価を受けた書籍や論文もある。本プロジェクトのホームページでは現在2007年度調査までのすべてのデータが一般公開されている。
ガバナンスの形式と内容に関する実証的理論的研究:世論調査でみる有権者の声
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2003年 - 2004年    代表者: 猪口 孝
ガバナンスの理論的実証的研究は国家統治の正当性と実効性という伝統的な要件のほかに、公開性と説明責任制を前面に押し出す。本研究では両方を考察の対象とした。正当性については政治制度に対する信頼に焦点を当てて分析した。政治制度が市民の信頼を得れば正当性ありとする考え方と逆に政治制度にむしろ一定の距離をおき、批判的な目を向けるのが通常なりとする考え方がある。前者の考えでは政治制度信頼が高ければ民主主義が根付いているとする。後者の考えでは政治制度信頼が低いからといって民主主義が根付いていないと言うの...
民主主義の機能不全の理論的・実証的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 2002年    代表者: 猪口 孝
政治文化の実証的比較研究(アジアとヨーロッパ)
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1999年 - 1999年    代表者: 猪口 孝
「脱冷戦期の国際機構と日米関係」の研究は3年間で順調な進展を見た。国際政治の先行き不安と不安定化の兆候が続き、関心がこの主題に大きく払われるようになった。すでにいくつかの研究書も現れるようになった。アジア開発銀行における増資決定、国際通貨基金における増資決定、ガットにおけるウルグアイ・ラウンド締結、北大西洋条約機構の対セルヴィア対決姿勢、北朝鮮に対する国際原子力エネルギー機構の査察合意と核不拡散条約や食料危機、日米政府開発援助協力、日米地位協定、北米自由貿易地域協定合意、ASEANの拡大化...
脱冷戦期の国際機構と日米関係
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1993年 - 1995年    代表者: 猪口孝・田中明彦
現代日本の官僚制の政治経済学的研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1988年 - 1989年    代表者: 猪口 孝
日本の官僚制の研究のほとんどは、官公庁で作成した組織発展の詳細な記述を要約したような研究、理論的問題意識の薄い事例研究というのが大部分であり、官僚制を国家や社会利益との関連で位置づけようとする研究は少ないのが現状である。そこで本研究において、官僚制が経済運営にどの様に関わり、どのような帰結をもたらしているかについて、本格的な実証研究を行うことを目的に、国家が市場のなかで、どのような舵取をするか、官僚制は社会とどのように関わりを持つかについて知見を深めようとするものである。目的にそって、多面...
東アジアの発展モデルII:政治と国際関係
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 1988年 - 1988年    代表者: 猪口 孝
本研究は、従来必ずしも十分に研究されてこなかった東アジア諸国の政治と国際関係の理論的・実証的研究を共同で進め、新たな知見・洞察を得、ひいては、日本の発展モデルの意味について再考することであった。今までの東アジアの政治研究は、地域研究者の研究分野であって、他の諸国との比較や理論的枠組みの応用などには、なじまなかった嫌いがある。すべての事象が、その国や文化の特殊性によって説明されるものではなく、より普遍的に理解される枠組みや概念を用いていこうというのが目的であった。台湾・中国・ベトナム・北朝鮮...