永田 裕二

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/14 14:22
 
アバター
研究者氏名
永田 裕二
 
ナガタ ユウジ
eメール
aynagaige.tohoku.ac.jp
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/bbfea0f017b5875488350032e1157cce.html
所属
東北大学
部署
大学院生命科学研究科 生態システム生命科学専攻 微生物進化機能開発講座(寄附講座)
職名
教授

研究分野

 
 

受賞

 
2000年4月
日本農芸化学会 農芸化学奨励賞 環境を汚染する有機塩素系農薬gamma-HCHの微生物代謝系の解明
 
2003年5月
インテリジェント・コスモス学術振興財団 インテリジェント・コスモス奨励賞 細菌由来の有機塩素系環境汚染物質分解酵素の蛋白質工学的及び分子生態学的研究
 
2015年2月
Siemens Siemens Innovation Prize 2014 in Czech Republic Biotechnologies using dehalogenases
受賞者: Zbynek Prokop, Yuji Nagata
 
2004年10月
東北大学大学院生命科学研究科 東北大学大学院生命科学研究科内研究奨励賞 環境汚染物質分解に関わる脱ハロゲン酵素遺伝子の自然生態系からの直接的取得と解析
 

論文

 
Kishida K, Inoue K, Ohtsubo Y, Nagata Y, Tsuda M
Appl. Environ. Microbiol.   85(1) e02359-16   2017年   [査読有り]
Ohtsubo Y, Nagata Y, Tsuda M
Scientific Reports   7 41769   2017年   [査読有り]
Complete genome sequence of Bradyrhizobium diazoefficiens USDA 122, a nitrogen-fixing soybean symbiont
Sugawara M, Tsukui T, Kaneko T, Ohtsubo Y, Sato S, Nagata Y, Tsuda M, Mitsui H, Minamisawa K
Genome A   5 e01743-16   2017年   [査読有り]
Compounds that enhance the tailing activity of Moloney murine leukemia virus reverse transcriptase
Ohtsubo Y, Nagata Y, Tsuda M
Scientific Reports   7 6520   2017年   [査読有り]
The small protein HemP is a transcriptional activator for the hemin uptake operon in Burkholderia multivorans ATCC 17616
Sato T, Nonoyama S, Kimura A, Nagata Y, Ohtsubo Y, Tsuda M
Appl. Environ. Microbiol.   83 e00479-17   2017年   [査読有り]
Minami T, Ohtsubo Y, AndaM, Nagata Y, Tsuda M, Mitsui H, Sugawara M, Minamisawa K
Genome Announcements   4 e00144-16   2016年   [査読有り]
Tabata M, Ohhata S, Nikawadori Y, Sato T, Kishida K, Ohtsubo Y, Tsuda M, Nagata Y
Genome Announcements   4 e00246-16   2016年   [査読有り]
Tabata M, Ohhata S, Kawasumi T, Nikawadori Y, Kishida K, Sato T, Ohtsubo Y, Tsuda M, Nagata Y
Genome Announcements   4 e00247-16   2016年   [査読有り]
Ohtsubo, Y, Nonoyama S, Ogawa N, Kato H, Nagata Y, Tsuda M
J Biotechnol.   228 67-68   2016年   [査読有り]
Ohtsubo, Y, Nonoyama S, Nagata Y, Numata M, Tsuchikane, K, Hosoyama A, Yamazoe A, Tsuda M, Fujita N, and Kawai F
Genome A   4 e00529-16   2016年   [査読有り]

Misc

 
Nagata Y, Tabata M, Ohtsubo, Y, Tsuda M
Manual of Environmental Microbiology, 4th Edition      2015年
Nagata Y, Ohtsubo, Y, Tsuda M
Applied Microbiology and Biotechnology   99 9865-9881   2015年
Nagata Y, Tabata M, Ohhata S, Tsuda M
Biodegradative Bacteria      2014年
Ohtsubo Y, Nishiyama E, Ishibashi Y, Nagata Y, Tsuda M
Biodegradative Bacteria      2014年
機能相補による芳香族化合物複合汚染土壌からの新規分解酵素遺伝子の検索
永山浩史、菅原智詞、遠藤諒、加藤広海、大坪嘉行、永田裕二、津田雅孝
Journal of Environmental Biotechnology   13(1) 51-56   2013年
佐藤優花里、夏目亮、Zbynek Prokop, Jan Brezovsky, Radka Chaloupkova, Jiri Damborsky、永田裕二、千田俊哉
日本結晶学会誌   53 124-129   2011年
大坪嘉行、大坪和香子、永田裕二、津田雅孝
化学と生物   48(5) 313-319   2010年5月
環境バイオテクノロジー学会シンポジウム「生態機能と環境保全」
永田裕二
微生物生態学会誌   25(2) 77-78   2010年
芳香族化合物による土壌撹乱における微生物遺伝子プールの変動
加藤広海、大坪嘉行、永田裕二、津田雅孝
環境バイオテクノロジー学会誌   10(2) 63-70   2010年
特集「土壌環境での細菌の生き様を探る」によせて
永田裕二
日本生物工学会誌   87(9) 418   2009年9月

書籍等出版物

 
DNA Traffic in the Environment
永田裕二、加藤広海、大坪嘉行、津田雅孝 (担当:共著, 範囲:Chapter 9)
Springer   2019年2月   
Mobile genetic elements involved in the evolution of bacteria that degrade recalcitrant xenobiotic compounds
酵素利用技術体系
永田裕二、津田雅孝 (担当:共著)
エヌ・ティー・エス   2010年4月   
難培養性微生物研究の最新技術II
永田裕二、津田雅孝 (担当:共著, 範囲:環境汚染物質分解細菌のメタゲノミクス pp 211-219)
シーエムシー出版   2010年4月   
マリンメタゲノムの有効利用
永田裕二、津田雅孝 (担当:共著, 範囲:カイメン共在細菌メタゲノム中の環境汚染物質分解酵素遺伝子相同配列の解析 pp 166-178)
シーエムシー出版   2009年7月   
バイオフィルムの基礎と制御
永田裕二、津田雅孝 (担当:共著, 範囲:難培養性細菌も研究対象とするメタゲノム解析 pp 103-111)
株式会社エヌ・ティー・エス   2008年2月   
農芸化学の事典
鈴木昭憲,荒井綜一編集 (担当:共著, 範囲:部分執筆)
朝倉書店   2003年10月   
人に役立つ微生物のはなし(くらしの中の化学と生物8)
永田裕二,遠藤銀朗 (担当:共著, 範囲:pp17-58)
学会出版センター   2002年12月   
微生物による環境修復・環境浄化
バイオテクノロジーの流れ-過去から未来へ-
斉藤日向,太田隆久,高木正道(編集) (担当:共著, 範囲:部分執筆)
1996年6月   
バイオレメディエーションの実際技術
永田裕二,高木正道
シーエムシー, 東京   1996年6月   
微生物による農薬分解技術
Molecular Biology of Pseudomonads
Nagata, Y., M. Fukuda, K. Miyauchi and M. Takagi
American Society for Microbiology, Washington, DC   1996年6月   
Genes and Enzymes for γ-Hexachlorocyclohexane Degradation in Sphingomonas paucimobilis UT26

講演・口頭発表等

 
HCH脱塩素反応を触媒するハロアルカンデハロゲナーゼの多様性とバイオレメディエーションへの応用 [招待有り]
永田 裕二
第36回農薬環境科学研究会   2018年11月8日   
人為起源環境汚染物質分解微生物から進化に迫る [招待有り]
永田 裕二
東北大学大学院生命科学研究科改組記念講演会   2018年7月4日   
高度難分解性環境汚染物質分解細菌から微生物進化を探る [招待有り]
永田 裕二
日本農芸化学会大会シンポジウム「微生物の多様性ーIFO寄付講座10年の歩み」   2018年3月18日   
Evolution of Bacteria Degrading Highly Recalcitrant Environmental Pollutants [招待有り]
永田 裕二
Special seminar at University of Hyderabad   2018年2月20日   
環境汚染物質を食べる細菌から微生物進化を探る〜細菌の進化機構の解明と微生物機能開発への応用〜 [招待有り]
永田 裕二
日本農芸化学会東北支部シンポジウム「多様な広がりで魅せる微生物研究」   2017年6月24日   
人為起源物質分解細菌の進化と微生物機能開発 [招待有り]
永田 裕二
東北大学大学院生命科学研究科「微生物進化機能開発」寄附講座開設記念シンポジウム   2016年11月24日   
Haloalkane dehalogenases in bacteria [招待有り]
永田 裕二
Pacifichem 2015「Enzymes Essential to Biosphere Health: Bioremediation and Biogeochemical Cycling」   2015年12月19日   
環境を汚染する難分解性農薬分解遺伝子群の水平伝播 [招待有り]
永田 裕二
日本微生物生態学会第30回大会シンポジウム「環境での遺伝子リスクの醸成:薬剤耐性と病原性の遺伝子伝播」   2015年10月20日   

競争的資金等の研究課題

 
γ-Hexachlorocyclohexaneの微生物分解に関する研究
研究期間: 1991年6月 - 現在
Polychlorinated biphenylsの微生物分解に関する研究
研究期間: 1991年6月 - 現在

特許

 
特許第4793947号 : ハロアルカンデハロゲナーゼを使用するイペリットの解毒方法
プロコプ, ズビーネク、ダンボルスキー, ジリー、オプルスティル, フランティシェク、イェセンスカー, アンドレア、ナガタ, ユウジ

その他

 
2008年4月   POPsやその候補化合物を分解する微生物酵素・遺伝子の探索と解析
環境修復に有効な組換え植物の作製のために、POPs等の有機塩素系化合物を分解する微生物酵素遺伝子を取得する。
2005年4月   難分解性化合物分解酵素を支配する新規遺伝子の未利用土壌遺伝資源からの取得と解析
土壌環境から培養過程を経ずに難分解性物質分解酵素遺伝子を取得する方法を確立し、実際に有害化学物質の除去に有効な酵素遺伝子の取得を試みた。