鮫島 正浩

J-GLOBALへ         更新日: 19/03/08 12:52
 
アバター
研究者氏名
鮫島 正浩
 
サメジマ マサヒロ
URL
http://www.fp.a.u-tokyo.ac.jp/cbm/02_05.html
所属
東京大学
部署
大学院農学生命科学研究科 生物材料科学専攻
職名
教授
学位
農学博士, 農学修士

プロフィール

(学歴)
1977 年3月 東京大学 農学部 林産学科卒
1982年3月 同上 大学院農学研究科林産学専攻博士課程修了
      農学博士(1982年取得)

(専門分野)
森林生物化学、バイオマス化学、バイオマス利用学

(職歴)
1982年 日本学術振興会奨励研究員
1983年 東京大学農学部助手
1995年 同上 大学院農学生命科学研究科 助教授
2001,年 同上 教授 (現在に至る)

(学会、海外活動、政府委員などの主なご活躍の経歴)
1983年 カナダ紙パルプ研究所生物化学部門 客員研究員
1990年-1992年 米国ジョージア大学生化学科 客員研究員
日本木材学会(理事、副会長、会長、監事等を歴任)、日本きのこ学会(評議員)、バイオインダストリー協会(アルコールバイオマス研究会会長)、日本農芸化学会(代議員)、日本木材保存協会(代表理事会長)、林政審議会委員(2009-2018)、林政審議会施策部会長(2011-2014),林政審議会会長(2015-2018)、バイオ燃料技術革新協議会委員長(2007-2008), NEDO技術委員(2001-)、京都大学生存圏研究所運営委員、プラチナ構想ネットワーク・スマート林業WG主査等を歴任

(受賞等)
2002年 セルロース学会賞受賞
2008年 日本きのこ学会賞受賞
2009年 国際木材科学アカデミーフェロー
2016年 セルラーゼ研究会賞
2017年 日本エネルギー学会賞(学術部門)

(主な著書等)
 木質の化学(共著)、次世代バイオエタノール生産の技術革新と事業展開(編著)、プラチナ構想ハンドブック(共著)、学術論文 152報、紀要等 24報、総説44編、著書27編等。

研究分野

 
 

経歴

 
1982年
 - 
1983年
日本学術振興会 奨励研究員
 
1983年
 - 
1995年
東京大学 助手
 
1995年
 - 
2001年
東京大学 助教授
 
2001年7月
 - 
2019年3月
- 東京大学 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年
東京大学 農学系研究科 林産学
 
 
 - 
1977年
東京大学 農学部 林産学科
 

委員歴

 
2013年6月
 - 
現在
バイオインダストリー協会  理事(アルコール・バイオマス研究会会長{2013-現在)、グリーンバイオイノベーションフォーラム世話人代表2017-現在)
 
2013年5月
 - 
現在
内閣府  環境未来都市/モデル都市推進委員会委員
 
2009年1月
 - 
2018年12月
林野庁  林政審議会委員(施策部会長2011-2014、会長2015-2018)
 
2001年
 - 
現在
日本木材保存協会理事(会長2017-現在)
 
2005年
 - 
現在
日本木材学会理事(副会長2005-2009, 2011-2013監事, 副会長2013-2015, 会長2015-2017, 監事2017-2019)
 

受賞

 
2017年
日本エネルギー学会賞(学術部門)
 
2016年
セルラーゼ研究会賞
 
2009年
国際木材科学アカデミー・フェロー
 
2002年
セルロース学会賞
 
2009年
日本きのこ学会賞
 

Misc

 
バイオリファイナリー技術の発展を目指した木材腐朽菌のゲノムワイド/ポストゲノム解析
堀千明, 五十嵐圭日子, 鮫島正浩
セルロース コミュニケーション   19(4) 189-194   2012年
セルロース系バイオマス由来バイオエタノール生産技術の現状と展望
鮫島 正浩
ケミカルエンジニアリング   56(6) 416-431   2011年
リグノセルロース系バイオマスからの燃料用エタノール生産に向けて取り組むべき課題
鮫島 正浩
日本エネルギー学会誌   90(1) 10-16   2011年
北欧に見習いたいバイオマスビジネス — 成功の鍵は「大規模化」と「連携」
鮫島 正浩
時評   (8) 86-95   2010年8月
鮫島正浩, 五十嵐圭日子
日本きのこ学会誌   18(3) 83-89   2010年
結晶性セイルロースどのようにして酵素分解されるか
五十嵐圭日子、鮫島正浩
バイオサイエンスとインダストリー   68(5) 312-313   2010年
糸状菌によるセルロース生分解機構とその関連酵素をとりまく最近の研究動向
木材学会誌   50, 359-367    2004年
Family-3-beta-glucosidase from cellulose-degrading culture of the white-rot fungus Phanerochaete chrysosporium
J. Biosci. Bioeng.   95, 572-576    2003年
酸化還元酵素が関与する白色木材腐朽菌のセルロース分解機構
化学と生物   41, 61-65    2003年
糸状菌のセルロース分解機構を再考する
Cellulose Commun.   9, 23-26    2002年
木材保存   28, 224-235    2002年
Kinetics of inter-domain electron transter in flavocytochrome cellobiose dehydrogenase from the white-rot fungus Phanerochaete chrysosporium
Biochem, J.   364, 1-5    2002年
セルロースの構造からみたセルラーゼの作用
繊維と工業   55(6) 193-197   1999年
セロビオース脱水素酵素とセルロース生分解におけるその機能
4(2) 56-60   1997年
セルラーゼとセルロース生分解研究の新局面
木材学会誌   42(9) 811-816   1996年
鮫島 正浩
木材保存   21(2) 52-60   1995年
シュードモナス属細菌TMY1009株によるジアリールプロパン型モデル化合関の代謝
木材学会誌   35(4)    1989年
アカエゾマツ内樹皮スチルベンの苦香族アルデヒドへの酵素的変換
木材学会誌   35(9)    1989年
電気穿孔法を用いたシュードモナス属細菌のプラスミドによる形質転換
木材学会誌   35(10)    1989年
T. Kajisa, M. Yoshida, K. Igarashi, A. Katayama, T. Nishino, and M. Samejima
J. Biosci. Bioeng.   98(1) 57-63   2004年
R. Kawai, K. Igarashi, T. Ishii, M. Kitaoka, and M .Samejima
Carbohydr. Res.   339(18) 2851-2857   2004年
K. Igarashi, M. Yoshida, H. Matsumura, N. Nakamura, H. Ohno, M. Samejima, and T. Nishino
FEBS J.   272(11) 2869-2877   2005年
H. Ichinose, M. Yoshida, T. Kitaoka, A. Kuno, K. Igarashi, Y, Tsumuraya, M. Samejima, J. Hirabayashi, H. Kobayashi, and S. Kaneko
J. Biol Cehm.   280(27) 25820-25829   2005年
T.Kotake, S. Dina, T. Konishi, S. Kaneko, K. Igarashi, M. Samejima, Y. Watanabe, K. Kimura, and Y. Tsumuraya
Plant Physiol.   138(3) 1563-1576   2005年
M. Yoshida, K. Igarashi, M. Wada, S. Kaneko, N. Suzuki, H. Maatsumura, N. Nakamura, H. Ohno, and M. Samejima
Appl. Environ. Microbiol.   71(8) 4548-4555   2005年
R. Kawai, K. Igarashi, and M. Samejima
Biotechnology Letters   28(6) 365-371   2005年
N. Habu, Y. Nagasawa, M.Samejima, T. M. Nakanishi
N. Int. Biodeterio.. Biodegr.   57(1) 57-62   2006年
J. J. Yoon, K. Igarashi, T. Kajisa, M. Samejima
FEMS Microbiol. Lett.   259(2) 288-294   2006年
R. Kawai, K. Igarashi, M. Yoshida, M. Kitaoka, and M. Samejima
Applied Microbiology and Biotechnology   71(6) 898-906   2006年
J. Vasur, R. Kawai, A. M. Larsson, K. Igarashi, M. Sandgren, M. Samejima, and J. Stahlberg
Acta Crystallographica Section D   62 1422-1429   2006年
T. Kotake, K. Tsuchiya, T. Aohara, T. Konishi, S. Kaneko, K. Igarashi, M. Samejima, and Y. Tsumuraya
J. Experimental Botany   57(10) 2353-2362   2006年
K. Igarashi, M. Wada, and M. Samejima
FEBS J.   274(7) 1785-1792   2007年
Y. Nijikken, T. Tsukada, K. Igarashi, M. Samejima, T. Wakagi, H. Shoun, and S Fushinobu
FEBS Lett.   581(7) 1514-1520   2007年
T. Ishida K. Yaoi, A. Hiyoshi, Ayako, K. Igarashi, M. Samejima
FEBS J.   274(21) 5727-5736   2007年
. Konishi, T. Kotake, D. Soraya, K. Matsuoka, T. Koyama , S. Kaneko, K. Igarashi , M. Samejima, Y. Tsumuraya
Carbohydr Res.   343(7) 1191-1201   2008年
T. Tsukada, K. Igarashi, S. Fushinobu, M. Samejima
Biotechnol. Bioeng.   99(6) 1295-1302   2008年
Role of subsite +1 residues in pH dependence and catalytic activity of the Role of Role of subsite +1 residues in pH dependence and catalytic activity of the glycoside hydrolase family 1 beta-glucosidase BGL1A from the basidiomycete Phanerochaete ...
K. Igarashi, T. Ishida, .C Hori and M. Samejima
Appl. Environ. Microbiol.   74(18) 5628-5634   2008年
N. Konno, K. Igarashi K, N. Habu N, M. Samejima , A. Isogai
Appl Environ Microbiol.   75(1) 101-107   2008年
高畠幸司,五十嵐圭日子,鮫島正浩
木材学会誌   54(6) 327-332   2008年
和田朋子、加治佐平、田中計実、五十嵐圭日子、鮫島正浩
木材保存   35(2) 57-65   2009年
セロビオース脱水素酵素を介した糸状菌細胞外電子伝達系
五十嵐圭日子,鮫島正浩
バイオサイエンスとインダストリー   63(12) 21-24   2005年
木材腐朽菌によるバイオマス変換
鮫島正浩
バイオインダストリー   23(12) 62-67   2006年
固体界面における酵素反応の速度論的解析:セロビオヒドロラーゼによる結晶性セルロースの分解
五十嵐圭日子,和田昌久,鮫島正浩
Cellulose Commun.   13(4) 173-177   2006年
セルロース系バイオマスのエタノールへの変換に向けたバイオ燃料技術革新計画
鮫島正浩
自動車技術   62(11) 58-66   2008年
森林資源および木質バイオマス利用推進のための課
鮫島正浩
学術の動向   152(11) 81-84   2008年
セルラーゼによる高結晶セルロースの分解-セルラーゼのバリエーションと結晶変換の影響
五十嵐圭日子,和田昌久,鮫島正浩
Cellulose Commun.   15(4) 164-167   2008年
五十嵐圭日子,鮫島正浩
化学と生物   47 323-328   2009年
Liu Y, Igarashi K, Kaneko S, Tonozuka T, Samejima M, Fukuda K, Yoshida M
Biosci Biotechnol Biochem.   73(6) 1432-1434   2009年
J. Vasur, R. Kawai, E. Andersson, K. Igarashi, M. Sandgren, M. Samejima and J. Stahlberg
X-ray crystal structures of Phanerochaete chrysosporium Laminarinase 16A in complex with products from lichenin and laminarin hydrolysis
FEBS J.   276 3858-3869   2009年
T. Kajisa, K. Igarashi, and M. Samejima
J. Wood Sci.   55(5) 376-380   2009年
M. Hiraishi, K. Igarashi, S. Kimura, M. Wada, M. Kitaoka, M. Samejima
Carbohydrate Research   344(18) 2468-2473   2009年
熊倉慧, 五十嵐圭日子, 江口文陽, 鮫島正浩
日本きのこ学会誌   17(4) 161-165   2009年
K. Igarashi, A. Koivula, M. Wada, S. Kimura, M. Penttilä, M. Samejima
J. Biol. Chem.   284(52) 36186-36190   2009年
Y. Liu, M. Yoshida, Y. Kurakata, T. Miyazaki, K. Igarashi, M. Samejima., K. Fukuda, A. Nishikawa and T.i Tonozuka
FEBS Journal   277(6) 1532-1542   2010年
J. Am. Chem. Soc.
J. Vasur, R.Kawai, K. H. M. Jonsson, G. Widmalm, A. Engstrm, M. Frank, E. Andersson, H. Hansson, Z. Forsberg, K. Igarashi, M. Samejima, M. Sandgren. and J. Ståhlberg   132(5) 1724-1730   2010年
Plant Biotechnol.
M. Ishiguro, T. Hori, T. Ishida, M. Yoshida, K. Takabatake, S. Kaneko, K. Igarashi and M. Samejima   27(3) 273-281   2010年
和田朋子、五十嵐圭日子、鮫島正浩
木材保存   36(5) 200-207   2010年
石黒真希、堀千明、片山映、五十嵐圭日子、高畠幸司、金子哲、鮫島正浩
木材学会誌   56(6) 388-396   2010年
石黒真希、堀友宣、吉田誠、高畠幸司、金子哲、五十嵐圭日子、鮫島正浩
木材学会誌   56(6) 397-404   2010年
我が国におけるバイオエタノール導入のシナリオ
鮫島正浩
Cellulose Commun.   63(1) 15-17   2009年
セルロース系バイオエタノール生産に向けた現状と将来展望
鮫島正浩
化学と工業   63(1) 15-17   2010年

書籍等出版物

 
次世代バイオエタノール生産の技術革新と事業展開
フロンティア出版   2010年   

Works

 
地球温暖化が農水産業に与える影響の評価及び対策技術の開発
2001年 - 2004年

競争的資金等の研究課題

 
我が国における持続的な木質バイオマス利用の最適化に向けたシステムモデルの構築
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2012年4月 - 2014年3月    代表者: 鮫島 正浩
木質バイオマスのリファイナリー技術構築を目指した木材細胞壁の微細構造の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2011年4月 - 2014年3月    代表者: 鮫島 正浩
担子菌による木材分解の引き金となるヘミセルロース分子構造の認識と応答機構
日本学術振興会: 科学研究費補助金
研究期間: 2008年4月 - 2011年3月    代表者: 鮫島 正浩
セロビオース脱水素酵素の機能と糸状菌によるセルロース生分解におけるその役割
科学研究費補助金
研究期間: 1990年   
樹木抽出成分の多様な生理機能に関する解析
研究期間: 2001年   
糸状菌における多様なセルロース分解酵素の機能と遺伝子発現の解析
科学研究費補助金
研究期間: 2001年 - 2004年
担子菌が生産するβーグルカン分解酵素の機能解析
補助金
研究期間: 2002年   
セルロース生分解の分子生物学
担子菌ゲノム情報を利用したバイオマス多糖変換酵素のスクリーニングとその応用
セルロース系バイオマス酵素糖化の効率化
新エネルギー技術研究開発費
研究期間: 2007年   
セルロース分解酵素の選択と改質によるセルロース系バイオマス酵素糖化の効率化
セルロース系バイオマスからのバイオエタノール一貫生産技術の開発
新エネルギー技術研究開発費
研究期間: 2009年 - 2014年
セルロース系バイオマスからのバイオエタノール生産について原料、前処理、酵素糖化、エタノール発酵、精製に至るまで一貫技術開発ならびにその最適化を行う。