中村 顕

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/09 02:41
 
アバター
研究者氏名
中村 顕
 
ナカムラ アキラ
所属
筑波大学
部署
生命環境系
職名
教授

研究分野

 
 

委員歴

 
1997年
 - 
1998年
日本農芸化学会  関東支部幹事
 

論文

 
Fukano, Kazuhiro; Ozawa, Kunio; Kokubu, Masaya; Shimizu, Tetsu; Ito, Shinsaku; Sasaki, Yasuyuki; Nakamura, Akira; Yajima, Shunsuke
PloS one   13(5)    2018年4月
For about 70 years, L-glucose had been considered non-metabolizable by either mammalian or bacterial cells. Recently, however, an L-glucose catabolic pathway has been discovered in Paracoccus laeviglucosivorans, and the genes responsible cloned. S...
Fan, Yuqi;Hoshino, Takayuki;Nakamura, Akira
Extremophiles   21(1) 153-161   2017年1月   [査読有り]
There are 12 putative toxin-antitoxin (TA) loci in the Thermus thermophilus HB27 genome, including four VapBC and three HicBA families. Expression of these seven putative toxin genes in Escherichia coli demonstrated that one putative VapC toxin TT...
Achromobacter denitrificans YD35 pyruvate dehydrogenase controls NADH production to allow tolerance to extremely high nitrite levels.
Nakamura,Akira
Appl. Environ. Microbiol.   80 1910-1918   2014年4月   [査読有り]
Shimizu,Tetsu;Nakamura,Akira
Microbiology   160(3) 623-634   2014年3月   [査読有り]
Five genes encoding enzymes required for L-gluconate catabolism, together with genes encoding components of putative ABC transporters, are located in a cluster in the genome of Paracoccus sp. 43P. A gene encoding a transcriptional regulator in the...
Hatayama,Kouta;Shoun,Hirofumi;Ueda,Yasuichi;Nakamura,Akira
INTERNATIONAL JOURNAL OF SYSTEMATIC AND EVOLUTIONARY MICROBIOLOGY   64(2) 506-512   2014年2月   [査読有り]
Two strains, designated K2814(T) and K282, were isolated from a compost pile in Japan. These strains were Gram-stain-variable, aerobic, motile and endospore-forming rods. The strains produced a characteristic brown non-diffusible pigment. The 16S ...

書籍等出版物

 
シクロデキストリン合成酵素CGTase
中村, 顕
微生物機能の多様性・学会出版センター 微生物機能の多様性・学会出版センター    1995年1月   

講演・口頭発表等

 
L-glucoseを基質としうるscyllo-inositol dehydrogenaseの結晶構造解析
中村, 顕
2019年度日本農芸化学会大会   2019年3月24日   日本農芸化学会
Methylobacterium sp. ME121株とKaistia sp. 32K株の共培養環境でのバイオフィルム形成に与える影響
中村, 顕
2019年度日本農芸化学会大会   2019年3月24日   日本農芸化学会
新規L-グルコース資化細菌の単離とその代謝機構の解析
中村,顕
2019年度日本農芸化学会大会   2019年3月24日   日本農芸化学会
L-glucose資化細菌の多様性と代謝機構の保存性 [招待有り]
中村,顕
微生物サステイナビリティ研究センター設立記念シンポジウム   2019年3月4日   微生物サステイナビリティ研究センター
高度好熱菌T. thermophilusを宿主とした耐熱性TetR取得のためのスクリーニング系の開発
中村,顕
極限環境生物学会2018年度年会   2018年12月8日   極限環境生物学会

競争的資金等の研究課題

 
Paracoccus sp. 43P株のL-glucose代謝機構の解析と代謝酵素を利用した新奇キラル有機化合物の生産系の確立
その他
研究期間: 2010年4月 - 2011年3月    代表者: 中村顕
地球上のほぼ全ての生命は、D-glucose (glc)を炭素源及びエネルギー源として利用して生活しているが、D-glcの鏡像体であるL-glcを資化する生物は知られていない。申請者はL-glc資化能を有するParacoccus sp. 43P株を土壌より分離し、同株のL-glc代謝機構の解析を行っており、現在までに初発酵素として、L-glcをNAD+依存的に酸化するL-glc dehydrogenaseが寄与することを明らかにしている。本研究では、43P株のL-glc代謝機構の全貌を明ら...
生物間で共通する機能未知必須遺伝子gcpのバクテリアを用いた機能解析
研究期間: 2006年10月   
高度好熱菌Thermus thermophilusの宿主・ベクター系の開発と応用