今井 康之

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/22 11:35
 
アバター
研究者氏名
今井 康之
 
イマイ ヤスユキ
所属
静岡県立大学
部署
薬学部 免疫微生物学教室
職名
教授
学位
薬学博士(東京大学), 薬学修士(東京大学), 薬学博士

研究分野

 
 

委員歴

 
 
 - 
現在
日本薬学会  代議員
 
 
   
 
日本生化学会  評議員
 
 
   
 
日本糖質学会  評議員
 

論文

 
Enhancement of mouse contact hypersensitivity appears with a short chain triacylglycerol but not with a long chain one.
Kota Sekiguchi, Kohta Kurohane, Masato Tsutsumi, Narumi Mochizuki, Akimasa Orii, Mutsumi Nose, and Yasuyuki Imai
Toxicology   412(1) 48-54   2019年1月   [査読有り]
Plant-derived secretory component forms secretory IgA with shiga toxin 1-specific dimeric IgA produced by mouse cells and whole plants.
Katsuhiro Nakanishi, Shota Morikane, Nao Hosokawa, Yuka Kajihara, Kohta Kurohane, Yasuo Niwa, Hirokazu Kobayashi, and Yasuyuki Imai
Plant Cell Reports   38(1)    2019年1月   [査読有り]
Skin sensitization to fluorescein isothiocyanate is enhanced by butyl paraben in a mouse model.
Takeshi Matsuoka, Yukina Endo, Kohta Kurohane, and Yasuyuki Imai
Biol. Pharm. Bull.   41(12) 1853-1857   2018年12月   [査読有り]
Adjuvant effect of short chain triacylglycerol tributyrin on a mouse contact hypersensitivity model.
Kota Sekiguchi, Erina Ogawa, Kohta Kurohane, Hideyuki konishi, Narumi Mochizuki, Kei Manabe, and Yasuyyuki Imai
Toxicol. Lett.   284 56-62   2018年   [査読有り]
Protection of human colon cells from Shiga toxin by plant-based recombinant secretory IgA.
Katsuhiro Nakanishi, Shota Morikane, Shiori Ichikawa, Kohta Kurohane, Yasuo Niwa, Yoshihiro Akimoto, Sachie Matsubara, Hayato Kawakami, Hirokazu Kobayashi, and Yasuyuki Imai
Sci. Rep.   7 45843   2017年   [査読有り]
Takeshi Matsuoka, Kohta Kurohane, Wakana Suzuki, Erina Ogawa, Kamiyu Kobayashi, and Yasuyuki Imai
Biol. Pharm. Bull   39 272-277   2016年2月   [査読有り]
Chie Kobayashi, Kohta Kurohane, and Yasuyuki Imai
Biol. Pharm. Bull.   38 1827-1830   2015年11月   [査読有り]
Koichiro Tsuboi, Mayo Nishitani, Atsushi Takakura, Yasuyuki Imai, Masaaki Komatsu, and Hiroto Kawashima:
J. Biol. Chem.   290 20511-20526   2015年8月   [査読有り]
Kohta Kurohane, Ayako Kimura, Rie Terasawa, Yurina Sahara, Kamiyu Kobayashi, Wakana Suzuki, Takeshi Matsuoka, Tatsuo Watanabe, and Yasuyuki Imai:
Biol. Pharm. Bull.   38 1054-1062   2015年7月   [査読有り]
Ryuji Matsumura, Jotaro Hirakawa, Kaori Sato, Toshiaki Ikeda, Motoe Nagai, Minoru Fukuda, Yasuyuki Imai, and Hiroto Kawashima
J. Biol. Chem.   290 15313-15326   2015年6月   [査読有り]
Kentaro Shoji, Tadanobu Takahashi, Kohta Kurohane, Koki Iwata, Takeshi Matsuoka, Shogo Tsuruta, Takatomo Sugino, Masaki Miyake, Takashi Suzuki, and Yasuyuki Imai
Viral Immunol.   28 170-178   2015年3月   [査読有り]
Kohta Kurohane, Kyoko Nagano, Katsuhiro Nakanishi, Koki Iwata, Masaki Miyake, and Yasuyuki Imai
Virulence   5 819-824   2014年11月   [査読有り]
Koki Iwata, Kohta Kurohane, Katsuhiro Nakanishi, Masaki Miyake, and Yasuyuki Imai
Biol. Pharm. Bull.   37 1510-1515   2014年9月   [査読有り]
Katsuhiro Nakanishi, Sanshiro Narimatsu, Shiori Ichikawa, Yuki Tobisawa, Kohta Kurohane, Yasuo Niwa, Hirokazu Kobayashi and Yasuyuki Imai
PLoS ONE   8 e80712   2013年11月   [査読有り]
Koichiro Tsuboi, Jotaro Hirakawa, Emiko Seki, Yasuyuki Imai, Yu Yamaguchi, Minoru Fukuda and Hiroto Kawashima
J. Immunol.   191 448-455   2013年7月   [査読有り]
Kohta Kurohane, Yurina Sahara, Ayako Kimura, Masataka Narukawa, Tatsuo Watanabe, Takashi Daimon, and Yasuyuki Imai
Toxicol. Lett.   217 192-196   2013年3月   [査読有り]
Takahiro Shiba, Takuma Tamai, Yurina Sahara, Kohta Kurohane, Tatsuo Watanabe, and Yasuyuki Imai
Toxicol. Appl. Pharmacol.   264 370-376   2012年8月   [査読有り]
Yuki Tobisawa, Takashi Maruyama, Takashi Tanikawa, Katsuhiro Nakanishi, Kohta Kurohane, and Yasuyuki Imai
Scand. J. Immunol.   76 574-584   2011年12月   [査読有り]
Takashi Tanikawa, Kohta Kurohane, and Yasuyuki Imai
Biol. Pharm. Bull.   34 1090-1093   2011年7月   [査読有り]
Yukari Ohmichi, Jotaro Hirakawa, Yasuyuki Imai, Minoru Fukuda, and Hiroto Kawashima
J. Exp. Med.   208 1015-1025   2011年5月   [査読有り]

Misc

 
セレクチンの構造と機能(共著)
別冊日経サイエンス「糖鎖と細胞」   111 62-74   1994年

書籍等出版物

 
ベーシック薬学教科書シリーズ10 免疫学(第2版)
今井 康之 (担当:共著, 範囲:第2章「免疫応答に働く細胞、組織」、第3章「抗体の構造と機能、補体」、第4章「抗体の遺伝子」、第8章「サイトカイン」、第9章「自然免疫」)
化学同人   2017年5月   
微生物学〜病原微生物と治療薬
今井 康之 (担当:共編者, 範囲:第II章 細菌学総論)
南江堂   2016年   
日本薬学会編スタンダード薬学シリーズII 4 生物系薬学III. 生体防御と微生物 
今井 康之 (担当:共著, 範囲:第2章 免疫を担当する組織・細胞)
東京化学同人   2016年   
日本薬学会編スタンダード薬学シリーズII 4 生物系薬学II. 人体の成り立ちと生体機能の調節
今井 康之 (担当:共著, 範囲:第14章 血液・造血器系)
東京化学同人   2015年   
薬学領域のコア免疫学
今井 康之 (担当:編者, 範囲:第1章「免疫応答のあらまし」、第2章「免疫担当細胞と組織」、第3章「白血球の移動」、第13章「免疫応答の全体像:自然免疫と獲得免疫の連携」)
廣川書店   2013年   

競争的資金等の研究課題

 
実用植物が作る志賀毒素特異的分泌型IgA植物抗体の毒素中和作用と安全性の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 今井 康之
侵害刺激受容体TRPA1チャネル活性化から予測するアジュバント化学物質の研究
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2015年4月 - 2017年3月    代表者: 今井 康之
植物に作らせた可食性IgA抗体による腸管粘膜表面での生体防御免疫の研究
日本学術振興会: 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2013年4月 - 2015年3月    代表者: 今井 康之
TRPチャネルを経由した化学物質による接触感作促進(アジュバント)機構の解明
日本学術振興会: 科学研究費補助金 基盤研究(B)
研究期間: 2012年4月 - 2015年2月    代表者: 今井 康之
植物工場での抗体医薬生産に適したレタスによる分泌型IgA植物抗体の発現
日本学術振興会: 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究
研究期間: 2011年4月 - 2013年3月    代表者: 今井 康之