正高 信男

J-GLOBALへ         更新日: 18/05/23 14:12
 
アバター
研究者氏名
正高 信男
 
マサタカ ノブオ
所属
京都大学
部署
霊長類研究所 認知科学研究部門 認知学習分野
職名
教授
学位
学術博士, 文学修士

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1982年
大阪大学 人間科学研究科 行動学
 
 
 - 
1976年
大阪大学 人間科学部 行動学
 

受賞

 
1992年
第1回中山科学振興財団研究奨励賞
 
2001年
日本認知科学会論文賞
 

論文

 
N. Masataka
Front. Psychol      2017年9月   [査読有り]
正高 信男
Physics of Life Reviews   20 85-108   2017年3月   [査読有り]
T. Atsumi, H. Koda, N. Masataka
Scientific Reports      2017年2月   [査読有り]
M. Grandgeorge and N. Masataka,
Frontiers in Psychology   7    2016年12月   [査読有り]
N. Kawai, K. Kubo, N. Masataka & S. Hayakawa
Animal Cognition   19(3) 655-660   2016年5月   [査読有り]
S. Ogawa, M. Shibasaki, T. Isomura & N. Masataka
Frontiers in psychology   7    2016年5月   [査読有り]
R. Sawada, H. Doi & N. Masataka
Brain Research   1642(1) 287-297   2016年3月   [査読有り]
A. Lemasson, R. Jubin, N. Masataka & M. Arlet
Scientific Reports   6 21289   2016年2月   [査読有り]
Vocal flexibility in nonhuman primates and the origins of human language.
H. Bouchet, H. Koda, N. Masataka & A. Lemasson
Revue de primatologie   7    2016年   [査読有り]
M. Arlet, R. Jubin, N. Masataka & A. Lemasson
Biology Letters   11    2015年7月   [査読有り]
T. Isomura, S. Ogawa, M. Shibasaki, & N. Masataka.
Frontiers in Psychology   6 241   2015年3月   [査読有り]
T. Isomura, H. Ito, S. Ogawa & N. Masataka.
Scientific Report   4 7525   2014年12月   [査読有り]
M. Shibasaki & N. Masataka
Scientific Reports   4 5899   2014年7月   [査読有り]
T. Isomura, S. Ogawa, S. Yamada, M. Shibasaki, & N. Masataka.
Journal of Psychological Abnormalities in Children   3 117   2014年5月   [査読有り]
T. Isomura, S. Ogawa, S. Yamada, M. Shibasaki, & N. Masataka.
Frontiers in Psychology   5 461   2014年5月   [査読有り]
K. Tsunemi, A. Tamura, S. Ogawa, T. Isomura, H. Ito, M. Ida, N. Masataka
Frontiers in Psychology   5 2   2014年1月   [査読有り]
H. Koda, A. Lemasson, C. Oyakawa, Rizaldi, J. Pamungkas, N. Masataka
PLoS ONE   8 8   2013年8月   [査読有り]
ヒトがヘビにであうとき
正高 信男
日本神経精神薬理学雑誌,   33(1) 7-10   2013年2月   [招待有り]
N. Masataka, L. Perlovsky
Scientific Reports   3 2028   2013年   [査読有り]
N. Kawai, N. Kubo-Kawai, K. Kubo, T. Terazawa, N. Masataka
NeuroReport   23(14) 819-824   2012年10月   [査読有り]
H. Koda, C. Oyakawa, S. Nurulkamilah, Rizaldi, H. Sugiura, A. Bakar, N. Masataka
Primates   53(4) 327-332   2012年10月   [査読有り]
N. Masataka, L. Perlovsky
Scientific Reports   2 694   2012年9月   [査読有り]
H. Koda, T. Nishimura, I.T. Tokuda, C. Oyakawa, T. Nihonmatsu, N. Masataka
American Journal of Physical Anthropology   149(3) 347-355   2012年8月   [査読有り]
Variation of Characteristics of Reading and Writing Difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities
Ogawa S., Fukushima-Murata M., Kubo-Kawai N., Asai T., Taniai H., Masataka N
proceedings of the34th Annual Meeting   2109-2114   2012年8月   [査読有り]
A. Sato,H. Koda, A. Lemasson, S. Nagumo, N. Masataka
PLoS ONE   7 5   2012年5月   [査読有り]
N. Masataka, M. Shibasaki
Scientific Reports   2 307   2012年3月   [査読有り]
S. Hayakawa, N. Kawai, N. Masataka
Scientific Reports   1 80   2011年9月   [査読有り]
声はいかにして話しことばになったか.
佐藤杏奈、正高信男
Journal of Otolaryngology, Head and Neck Surgery   27(8) 1169-1174   2011年8月
Ito, H., Kubo-Kawai, N. & Masataka, N.
Creative Education   2(3) 276-278   2011年8月   [査読有り]
脳の可塑性と学習および発達障害 (作業療法と脳科学) -- (脳科学の基礎)
磯村朋子、正高信男
作業療法ジャーナル   45(7) 656-660   2011年6月
正高 信男
Frontiers in Psychology   2 101   2011年5月   [査読有り]
M. Wakita, M. Shibasaki, T. Ishizuka, J. Schnackenberg, M. Fujiawara, N. Masataka
Frontiers in Behavioral Neuroscience   4 31   2010年4月   [査読有り]
正高 信男
Physics of Life Reviews   7(1) 28-29   2010年3月   [査読有り]
A. Lemasson, H. Koda, A. Kato, C. Oyakawa, C. Blois-Heulin, N. Masataka
Behavioural Brain Research   208(1) 286-289   2010年3月   [査読有り]
Fukushima, M., Ito, H., Kubo-Kawai, N., Sugasawara, H., Yamamoto, J., Masataka,N.
認知科学 (特集 学校教育と認知科学)   16(3) 377-389   2009年9月   [査読有り]
N. Masataka, H. Koda, N. Urasopon, K. Watanabe
PLoS ONE   4 3   2009年3月   [査読有り]
認知科学からみたディスレクシア
伊藤祐康、正高信男
LD研究   18(3) 230-242   2009年
正高 信男
Physics of Life Reviews   6(1) 11-22   2009年   [査読有り]
正高 信男
Psychologia   52(4) 221-223   2009年   [査読有り]
Y. Kiyonaga., H. Ito., N. Masataka
Psychologia,   52(4) 267-276   2009年   [査読有り]
S. Ogawa., H. Ito., N. Masataka
Psychologia   52(4) 261-266   2009年   [査読有り]
H. Doi., A. Kato., A. Hashimoto., N. Masataka
Perception   37(9) 1399-1411   2008年   [査読有り]
H. Ito., N. Kubo-Kawai., M. Fukushima.,R. Sawada., N. Masataka
Psychologia   51(4) 280-289   2008年   [査読有り]
Future rice is discounted less steeply than future money in Thailand
M. Takahashi., N. Masataka., S. Malaivijitnond., S. Wongsiri
Psychological Record   58(2) 175-190   2008年   [査読有り]
学習に困難を伴う子どもの言語学習支援プログラムとそれに伴う認知機能・脳機能の変化について
福島美和,久保(川合)南海子,正高信男
日本発達障害学   30 185-194   2008年   [査読有り]
伊藤祐康,久保(川合)南海子,正高信男
認知科学   15(2) 280-288   2008年   [査読有り]
澤田玲子, 土居裕和, 脇田真清, 正高信男
認知科学   15(2) 269-279   2008年   [査読有り]
H. Doi., R. Sawada., N. Masataka
Brain Research   1183 83-90   2007年12月   [査読有り]
H. Koda., C. Oyakawa., A. Kato., N. Masataka
Behaviour   144 681-692   2007年6月   [査読有り]
N. Masataka., T. Ohnishi., E. Imabayashi., M. Hirakata., H. Matsuda
Brain and Language   100(3) 276-282   2007年3月   [査読有り]
正高 信男
Developmental Science   10(1) 35-39   2007年1月   [査読有り]
C. Zitzer-Comfort., T. Doyle., N. Masataka., J. Korenberg, U. Bellugi
Developmental Science   10(6) 755-762   2007年   [査読有り]
身体運動経験が自己認識に与える影響
澤田玲子、土居裕和、正高信男
認知神経科学   9(2) 157   2007年   [査読有り]
正高 信男
コミュニケーション障害学   23(3) 192-198   2006年12月   [招待有り]
正高 信男
Developmental Science   9(1) 46-50   2006年1月   [査読有り]
H. Sugiura., T. Tanaka., N. Masataka
Behaviour   143(8) 993-1012   2006年   [査読有り]
正高 信男
Journal of Deaf Studies and Deaf Education   11(2) 139-143   2006年   [査読有り]
N. Masataka., T. Ohnishi., E. Imabayashi., M. Hirakata., H. Matsuda
Journal of Deaf Studies and Deaf Education   11(2) 144-152   2006年   [査読有り]
Development of communicative behavior as a precursor of spoken language in hearing infants, with implications for deaf and hard-of-hearing infants
正高 信男
Advances in the Spoken Language Development of Deaf and Hard-of-Hearing Children   42-63   2005年   [査読有り]
前頭前野と言語習得
正高 信男
臨床心理科学   23 626-628   2005年
文化の中の子ども虐待(3)霊長類研究からみた子どもの虐待
正高 信男
子どもの虐待とネグレクト   6(2) 205-208   2004年8月
言語の起源を再検討する (特集 〈言語の起源〉再考--新たなアプローチの提案)
正高 信男
言語   33(6) 62-69   2004年6月
正高 信男
神経研究の進歩   47(5) 677-683   2003年10月
梶川祥世、正高信男
心理学研究   74(3) 244-252   2003年   [査読有り]
To what extent is the language competence module-specific?
正高 信男
Proceedings of the society of Cognitive Linguistics   3 296-311   2003年
正高 信男
Journal of Child Language   29(4) 939-951   2002年11月   [査読有り]
言語習得における身体性とモジュール性
正高信男
ベビーサイエンス   1 4-16   2002年6月
比較行動学から見た家族と現代
正高信男
家族社会学研究   13 11-20   2002年
心は体にどう縛られているか
正高信男
京都大学カウンセリングセンター紀要   31 89-94   2002年
0歳児の言語習得と聴覚障害
正高信男
ろう教育科学   44 207-218   2002年
Low anger-aggression and anxiety-withdrawal characteristic to preschoolers in Japanese society where 'hikikomori' is becoming a major social problem
正高 信男
Early Education & Development   13(2) 187-200   2002年   [査読有り]
A pattern of acoustic modification that commonly exists when human mothers attempt to gain the attention of their infants and when macaques attempt to gain the attention of others in their group
Koda H., Masataka N.
Psychological Reports   91 421-422   2002年   [査読有り]
The importance of reading picture books to infants
正高 信男
Asian/Pacific Book Development   32 5-6   2002年   [査読有り]
A pattern of common acoustic modification by human mothers to gain attention of a child and by macaques of others in their group.
H. Koda., N. Masataka
Psychological Reports   91(2) 421-422   2002年   [査読有り]
Why early linguistic milestones are delayed in children with williams syndrome: Late onset of hand banging as a possible rate-limiting constraint on the emergence of canonical babbling
正高 信男
Developmental Science   4(2) 158-164   2001年5月   [査読有り]
正高 信男
Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   8(1) 25-36   2001年3月   [査読有り]
Co-occurrence of preverbal vocal behavior and motor action in early infancy
K. Ejiri, N. Masataka
Developmental Science   4(1) 40-48   2001年3月   [査読有り]
How infants become articulate: Introduction
正高 信男
Developmental Science   4(1) 38-39   2000年3月   [査読有り]
正高 信男
Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society   7(1) 37-51   2000年3月   [査読有り]
梶川祥世、正高信男
認知科学   7 131-138   2000年
言語習得はどこまでモジュール的か
正高 信男
科学   69(10) 803-810   1999年10月
Preference for infant-directed singing in 2-day-old hearing infants of deaf parents.
正高 信男
Developmental psychology   35(4) 1001-1005   1999年7月   [査読有り]
杉浦秀樹、田中俊明、正高信男.
日本音響学会誌   55 679-687   1999年
攻撃性とヒトの進化
正高 信男
霊長類研究   15 1-15   1999年
Possible self as parent in Canadian, Italian, and Japanese young adults
K. Bloom., P. Delmore-Ko., N. Masataka., L. Carli
Canadian Journal of Behavioural Science   31(3) 198-207   1999年   [査読有り]
Y. Ikeda., N. Masataka
Japanese Psychological Research   41(4) 203-208   1999年   [査読有り]
K. Bloom., K. Moore-Schoenmakers., N. Masataka
Journal of Nonverbal Behavior   23(3) 219-236   1999年   [査読有り]
The role of modality and input in the earliest stage of language acquisition: Studies of Japanese Sign Language
正高 信男
Language Acquisition by Eye   3-24   1999年   [査読有り]
ことばの発達 - 健常な子と障害のある子 -
正高 信男
日本新生児学会雑誌   34(4) 743-745   1998年12月   [招待有り]
Perception of motherese in Japanese sign language by 6-month-old hearing infants
正高 信男
Developmental psychology   34(2) 241-246   1998年3月   [査読有り]
江尻桂子・正高信男
心理学研究   69(6) 433-440   1998年   [査読有り]
繁殖戦略としての人類の育児文化
正高 信男
科学   67 305-312   1997年
笑いと人間
正高信男
講座文化人類学   1 89-114   1997年
危機にある母子関係
正高信男
児童心理   51 1153-1162   1997年
Possible characteristics of baby-sitting behavior of Japanese women who have grown up as only children
正高 信男
Elementary and Early Childhood Education Digests   18 1-10   1997年   [査読有り]

Misc

 
Attentional Sensitivity to Features of Angry Faces and Domain-General Cognitive Characteristics
T. Isomura, S. Ogawa and N. Masataka
2015 International Meeting for Autism Research(14 May 2015, Salt Lake City, UT)      2015年5月
Snake detection and red snake effect
正高 信男
国際霊長類学会      2014年8月
Characteristics of reading and writing difficulties in Japanese Children with Learning Disabilities-from the viewpoint of the Japanese feature-
Ogawa S, Fukushima-Murata M, Kubo-Kawai N, Asai T, Taniai H, Masataka N.
IDA Annual Reading, Literacy & Learning Conference      2013年11月
Introduction of e-learning software program to the elemently school in Japan
Ogawa S, Ito H, Fukushima-Murata M, Kiyonaga Y, Ida M, Fukuda Y & Masataka N.
4th All-European Dyslexia Conference of the European Dyslexia Association      2013年9月
自閉症児における怒り顔発見の優位性効果の背景にある特殊な認知的処理様式の解明
磯村朋子, 正高信男
日本心理学会第77回大会      2013年9月
ニホンザルにおける乳児への視覚的選好性:顔・性・年齢・異種の効果
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
第73回動物心理学会大会      2013年9月
ニホンザルにおける乳児選好性の検討:顔・性・年齢・異種の効果
佐藤杏奈, 香田啓貴, 南雲純治, 正高信男
第29回日本霊長類学会・日本哺乳類学会 2013年度合同大会      2013年6月
Finding a face in the crowd: Developmental Change of Sensitivity to Threatening Faces in Children with Autism Spectrum Disorders
Isomura T, Masataka N
IMFAR2013      2013年5月
色が時間知覚に及ぼす効果:赤の特殊性に関する進化心理学的考察
柴崎全弘, 正高信男
日本人間行動進化学会第 5 回大会      2012年12月
Developmental Change of Sensitivity to Threatening Faces in Children with Autism Spectrum Disorders
Isomura T, Masataka N
43rd NIPS International Symposium “Face Perception and Recognition”      2012年11月
霊長類における乳児画像への選好性の検討
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
第31回動物行動学会大会      2012年11月
サルは赤ちゃんが好き?~霊長類における乳児画像への選好性の検討~
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
SAGA15      2012年11月   [査読有り]
学校現場における ICT 教材を使った読み書き支援の実践
小川詩乃, 清長豊, 井田美沙子, 伊藤祐康, 村田美和, 福庭由也, 正高信男
日本 LD 学会第 21 回大会      2012年10月
自閉症児における怒り顔優位性効果の検討
磯村朋子, 正高信男
日本心理学会第 76 回大会      2012年9月
色が時間知覚に及ぼす効果
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
日本行動分析学会第 30 回大会      2012年9月   [査読有り]
Preference for infantile physical images in two primate species
Sato A, Koda H, Lemasson A, Nagumo S, Masataka N
International Primatology Society XXIV Congress      2012年8月
The Anger Superiority Effect in Children with and without Autism
Isomura T, Ito H, Ogawa S, Fukushima M, Shibasaki M, Masataka N
COGSCI2012      2012年8月
霊長類における乳児画像への選好性の検討
佐藤杏奈, 香田啓貴, Lemasson A, 南雲純治, 正高信男
第28回霊長類学会大会      2012年7月
色がニホンザルの時間知覚に及ぼす効果
柴崎全弘, 香田啓貴, 正高信男
日本動物心理学会第 72 回大会      2012年5月
自閉症児における視覚探索研究-情動とグローバルキュー・ローカルキュー
磯村朋子,伊藤祐康,小川詩乃,正高信男
第35回日本神経心理学会総会      2011年9月
外国人児童生徒の音韻意識発達
清長豊,正高信男
日本LD学会第20回大会      2011年9月
発達障害児における読み書き困難特性のばらつき
小川詩乃,福島美和,正高信男
日本LD学会第20回大会      2011年9月
アカゲザルにおけるセルフコントロール課題の検討.
柴崎全弘,船橋新太郎,國枝匠,香田啓貴,正高信男
日本行動分析学会第29回大会      2011年9月
音声プライム刺激がニホンザルにおける乳児顔刺激への視覚的注意
柴崎全弘,香田啓貴,正高信男
日本動物心理学会第71回大会      2011年9月
The response patterns of children with developmental disorders in interpersonal conflict situations
Tamura A, Ogawa S, Ito H, Yoshikawa S, Masataka N
15th European Conference in Developmental Psychology      2011年8月
Changes in Reading and Writing Aspects of Japanese Children with Learning Difficulties through Individual Learning Support.
Fukushima M, Ogawa S, Tamura A, Ito H, Masataka N
15th European Conference in Developmental Psychology      2011年8月
自閉症児の情動処理過程における注意駆動様式の分析
磯村朋子,伊藤祐康,小川詩乃,正高信男
2011年度包括脳ネットワーク夏のワークショップ      2011年8月
発達障害児の読み書き学習支援と問題行動の変化~CBCL/4-18を用いた検討~
福島美和, 小川詩乃, 正高信男
一般社団法人日本LD学会第19回大会      2010年10月   [査読有り]
発達障害児の社会的認知に関する多角的検討~『テスト返却』場面の社会的認知課題を用いて~
小川詩乃, 福島美和, 正高信男
一般社団法人日本LD学会第19回大会      2010年10月
The role of colour vision in the development of rapid snake detection in human children (Homo sapiens)
Hayakawa S, Kawai N, Masataka N
The 4th International Symposium of the Global COE Project      2010年9月
Oyakawa C, Koda H, Tanaka T, Murai T, Nurulkamilah S, Rizaldi Bakar A, Pamungkas J, Han KH, Masataka N
International Primatological Society XXIII Congress      2010年9月
ADHDモデルザルにおける時間知覚の検討
柴崎全弘, 船橋新太郎, 國枝匠, 香田啓貴, 正高信男
日本動物心理学会第70回大会      2010年8月
Development of cognitive skills and brain function in students with developmental disorders from the viewpoint of multiple intelligences
Fukushima, M., Msataka, N
American Educational Research Association Annual Meeting      2010年5月
An ERP study on the emotional processing of handwritten and printed words.
Sawada R, Masataka N
The 17th Annual Meeting of the Cognitive Neuroscience Society      2010年4月
発達障害児の直示動詞の理解と心の理論の関連
小川詩乃, 福島美和, 田村綾菜, 正高信男
日本発達心理学会第21回大会      2010年3月
小川詩乃, 伊藤祐康, 正高信男
日本基礎心理学会第28回大会      2009年12月
清長豊, 正高信男
日本基礎心理学会第28回大会      2009年12月
日本語でのモーラ削除課題の検討
伊藤祐康, 正高信男
一般社団法人日本LD学会第18回大会      2009年10月
発達障害児の『心の理論』の習得の遅れの検討
小川詩乃, 伊藤祐康, 福島美和, 正高信男
一般社団法人日本LD学会第18回大会      2009年10月
認知科学と学習科学は学校教育におけるeラーニングの実現のためにいかに貢献できるか?
福島美和, 伊藤祐康, 久保(川合)南海子, 菅佐原洋, 山本淳一, 正高信男
日本認知科学会第26回大会      2009年9月
Cerebral dominance for self information in handwritten shapes: An ERP study
Sawada R, Miura Y, Masataka N
The 31st Annual Meeting of the Cognitive Science Society      2009年8月
Koda H, Hayakawa S, Oyakawa C, Mootnick A, Masataka N
第31回国際動物行動学会会議      2009年8月
Changes in Brain Activation Effected by Improvement of Reading Performance on Children with Learning Difficulties
Fukushima M, Sugasawara H, Hiraishi H, Kubo-Kawai N, Yamamoto J, Masataka N
International Mind Brain and Education 2ndconference      2009年5月
Self perception in handwriting -An ERP study
Sawada R, Doi H, Masataka N
The 16th Annual Meeting of the Cognitive Neuroscience Society      2009年3月   [依頼有り]
手書き文字観察時における自己情報の処理-事象関連電位計測による検討
澤田玲子, 土居裕和, 正高信男
第5回比較社会認知シンポジウム      2008年12月
Comparative research on singing behavior of four species of immature gibbons
Hayakawa, S, Koda H, Mootnick A, Masataka N
第11回SAGAシンポジウム      2008年11月
Geographic variation of species-specific call in wild agile gibbons
Oyakawa C, Koda H, Tanaka T, Murai T, Nulukamilah S, Rizaldi, Bakar A, Masataka N
The 2nd International Symposium of the Biodiversity and Evolution Global COE project "from Genome to Ecosystem"      2008年11月
手書き文字における自己の知覚-ERPによる検討
澤田玲子, 土居裕和, 正高信男
日本認知科学会第25回大会      2008年9月
親川千紗子,香田啓貴,田中俊明,Santi Nurul Kamilah,Amisir Bakar,村井勅裕,正高信男
第24回日本霊長類学会      2008年7月
手書き文字における自己関連性の知覚-ERPによる検討
澤田玲子, 土居裕和, 正高信男
CREST第5回領域内研究報告会      2008年3月
The Effect of Training for Children with Learning Difficulties on Hemodynamic Changes in the Posterior Temporal Lobe
Fukushima M, Sugasawara H, Yamamoto J, Masataka N
International Mind Brain and Education Conference      2007年11月
The possibility of cognitive bottleneck in learning at school that is caused by the delay of early language acquisition : Behavioral and brain-imaging evidence
正高 信男
1st conference of the International Society of Mind, Brain & Education      2007年11月
知覚的特徴と認知的特徴の統合についての検討
澤田玲子、土居裕和、脇田真清、正高信男
日本視覚学会2007年夏季大会      2007年7月
認知心理学の可能性
正高信男
日本認知心理学会 第5回大会シンポジウム      2007年5月
テナガザルにおける音声の変異性
親川千紗子, 香田啓貴, 杉浦秀樹, 正高信男
霊長類研究所共同利用研究会「アジア霊長類の生物多様性と進化」      2007年3月
眼周辺部の倒立によるN170の頂点潜時遅延
澤田玲子, 土居裕和, 正高信男
日本視覚学会 2007年冬季大会      2007年2月
テナガザルの音声生成・操作に関する実験的研究.
西村剛, 香田啓貴, 親川千紗子, 正高信男, 二本松俊邦
第61回日本人類学会大会      2007年
NIRSを用いた空間的注意課題における認知方略の検討-おこなっていたのは「注意の転換」か「予期」か?-
久保(川合)南海子, 平石博敏, 脇田真清, 正高信男
日本心理学会第70回大会      2006年11月   [査読有り]
障害のストレングスについて
正高信男
第20回日本LD学会シンポジウム      2006年11月
NIRSを用いた学習困難児の音読・黙読課題遂行時の脳血流変化
福島美和, 菅佐原洋, 平石博敏, 久保南海子, 山本淳一, 正高信男
第11回認知神経科学会      2006年9月
Image Motion Processing in Perception of Biological Motion ? An ERP study.
Doi H., Sawada R., Masataka N.
The Forth Asian Conference on Vision 2006      2006年7月
バイオロジカルモーション知覚に対するオプティックフロー情報の寄与~事象関連電位(ERP)による検討の機能発達と学習メカニズムの解明
澤田玲子, 土居裕和, 脇田真清, 久保(川合)南海子, 正高信男
第3回領域内研究報告会(ポスター発表)      2006年3月
社会的知性の発達における身体運動情報の役割について
土居裕和, 加藤朱美, 橋本亜井, 正高信男
脳の機能発達と学習メカニズムの解明 第3回領域内研究報告会(ポスター発表)      2006年3月
NIRSを用いた聴取課題遂行時の前頭前野の酸素化ヘモグロビン変化量測定
平石博敏, 久保(川合)南海子, 福島美和, 脇田真清, 正高信男
第8回日本ヒト脳機能マッピング学会      2006年3月
NIRSを用いた音読・黙読課題遂行時の側頭葉における脳血流変化
福島美和, 菅佐原洋, 平石博敏, 久保(川合)南海子, 山本淳一, 正高信男
第二回若手NIRS研究会(ポスター発表)      2006年2月
天才たちの一時障害と二次障害
正高 信男
日本LD学会公開シンポジウム      2005年11月
biological motion知覚とミラー・システムの検討 —NIRSとfMRIによる比較—.
久保(川合)南海子, 平石博敏, 守口善也, 大西隆, 正高信男
第69回日本心理学会大会      2005年9月
脳をいかに育むか
正高信男
NPO法人脳の世紀推進会議「脳の世界」シンポジウム      2005年9月
NIRSを用いた言語習得研究をめざして
久保(川合)南海子, 正高信男
日本認知科学会2004年冬のシンポジウム      2004年12月   [査読有り]
言語の起源と身体性
正高 信男
インテリジェンスダイナミクス2005      2004年12月
言語の段階的進化仮説の検証
正高信男
日本進化学会第6回大会シンポジウム「言語進化      2004年8月
The role of Broca's area and mirror system for language learning
正高 信男
International Symposium for the "Origins of Language" Reconsidered      2003年12月   [査読有り][依頼有り]
言語習得の認知神経科学的研究
正高 信男
基礎生物化学研究所共同利用研究会      2002年12月
乳児の音声言語習得と身体運動
正高 信男
筑波シンポジウム「動的脳機能とこころのアメニティ」      2002年11月
言語習得はどこまでモジュール的か
正高 信男
第3回日本認知言語学会シンポジウム      2002年9月
Implication of the evolution of laughter for language acquisition
正高 信男
Linguistics & Phonetics      2002年9月
認知における行為と言語
正高 信男
第66回日本心理学会シンポジウム      2002年9月
言語獲得における身体性とモジュール性
正高 信男
日本動物学会第73回大会シンポジウム      2002年9月
いわゆる”キレル”行動を心理学的に考える: 行動学の立場から
正高信男
日本心理学会第64回大会シンポジウム「現代心理学のクロスロード (1)」 論文集 p. 35.   35   2000年11月
Functional significance of swaddling as traditional infant-care practiced by Native South Americans
正高 信男
Symposium of the 14th Biennial Conference of the Society for Human Ethology   44   1998年8月
Implications of the evolution of laughter for language acquisition.
正高 信男
Symposium of the 14th Biennial Conference of the Society for Human Ethology.   26   1998年8月
Significance of synchornization between vocalizations and motor action for spoken language acquisition
正高 信男
Max-Planck Workshop on Pointing Gestures   8   1997年6月
乳児はどのようにして言語を習得するか?
正高信男
人工知能学会全国大会論文集   11th 1-8   1997年6月   [査読有り]
Significance of synchornization between vocalizations and motor action for spoken language acquisition.
正高 信男
paper presented at the 2nd european research conference on the development of sensory, Motor and Cognitive Abilities in early infancy: Antecedents of language and the symbolic function      1996年4月

書籍等出版物

 
The Knowledge Instinct, Cognitive Functions of Music and Cultural Evolution
Leonid I. Perlovsky (Northeastern University, USA), Nobuo Masataka (Kyoto University, Japan) and Michel Cabanac (Laval University, Canada) (担当:共著, 範囲:Chapter 2)
IGI Global.   2016年   
Evolution of music ability has been considered a mystery from Aristotle to Darwin and as no adaptive purpose has been identified yet, making music is still a puzzle for evolutionary biologists. This chapter considers a new theory of music origin a...
コミュ障 動物性を失った人類 正しく理解し能力を引き出す
正高 信男
講談社   2015年6月   ISBN:978-4062579230
団塊のジジババが日本をダメにする
正高信男
潮出版社   2011年7月   ISBN:978-4267018787
ヒトはいかにしてことばを獲得したか(認知科学のフロンティア)
正高信男、辻幸夫 (担当:共著)
潮出版社   2011年7月   ISBN:978-4469213331
ゲームキャラしか愛せない脳
正高 信男
PHP研究所   2010年11月   ISBN:978-4569793160
脳科学と学習・教育
小泉英明(編) (担当:分担執筆, 範囲:学習困難児の学習支援と脳機能)
明石書店   2010年4月   ISBN:978-4750331676
天才脳は「発達障害」から生まれる
正高信男
PHP新書   2009年6月   ISBN:978-4569771076
0歳からの子育ての技術
正高 信男
PHP研究所   2009年2月   ISBN:978-4569671697
ウェブ人間退化論
正高信男
PHP研究所   2008年5月   ISBN:978-4569700557
The orisings of language
正高 信男(編) (担当:分担執筆, 範囲:The gestural theory of and the vocal theory of language origins are not incompatible with one another of language. / Implication of the human musical faculty for evolution of language. pp59-73)
Springer   2008年   ISBN:978-431-79101-0
ヒトはなぜヒトをいじめるのか -いじめの起源と芽生え
正高信男
講談社   2007年6月   ISBN:978-4062575560
モバイル社会の現状と行方
小林哲生, 天野成昭, 正高信男 (担当:共著)
NTT出版   2007年5月   ISBN:978-4757102163
Creativity and the Brain
eds. By Tokoro, M. & Mogi, K. (担当:分担執筆, 範囲:Baby Talk)
World Scientific Publishing Company   2007年3月   ISBN:978-9812700193
ヒトはいかにヒトになったか ‐ことば・自我・知性の誕生
正高 信男
岩波書店   2006年11月   ISBN:978-4000058766
身体を持つ知能
土井利忠, 藤田雅博, 下村秀樹(編) (担当:分担執筆, 範囲:言語の起源と身体性)
シュプリンガー・ジャパン   2006年9月   ISBN:978-4431711995
他人を許せないサルーIT世間につながれた現代人
正高 信男
講談社   2006年8月   ISBN:978-4062575263
日本語の現在
諏訪春雄(編) (担当:分担執筆, 範囲:人類はいつ言語を進化させたか)
勉誠出版   2006年3月   ISBN:978-4585053453
認知心理学の新しいかたち
仲真紀子(編) (担当:分担執筆, 範囲:学習困難・認知・脳)
誠信書房   2005年12月   ISBN:978-4414301564
考えないヒト- ケータイ依存で退化した日本人
正高信男
中央公論新社   2005年7月   ISBN:978-4121018052
社会・行動システム(講座社会言語科学・第5巻)
片桐恭弘・片岡邦好(編) (担当:分担執筆, 範囲:ことばの進化)
ひつじ書房   2005年3月   ISBN:978-4894762497
人間性の進化史-サル学で見るヒトの未来(NHK人間講座)
正高信男
NHK出版   2004年11月   ISBN:978-4141891147
ぼうぼうまんぼうくん(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年7月   ISBN:978-4790251125
かめかめかもめ(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年7月   ISBN:978-4790251132
ぱいぱいおっぱい(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年7月   ISBN:978-4790251118
二人目の母親になっている日本の男たち
正高 信男
主婦の友社   2004年6月   ISBN:主婦の友社
わんわんなにかな?(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年5月   ISBN:978-4790251071
がたごとなにかな?(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年5月   ISBN:978-4790251095
ぴょんぴょんなにかな?(あかちゃんすくすく絵本)
正高 信男
鈴木出版   2004年5月   ISBN:978-4790251088
天才はなぜ生まれるか
正高信男
筑摩書房   2004年4月   ISBN:978-4480061669
親になる技術 -Tips for Good Parenting
正高 信男
PHP研究所   2004年4月   ISBN:978-456934357
Pointing: Where Language, Culture, and Cognition Meet
S. Kita(ed.) (担当:分担執筆, 範囲:From index-finger extension to index-finger pointing: ontogenesis of pointing in preverbal infants)
Psychology Press   2003年12月   ISBN:978-0805840148
The Onset of Language
正高 信男
Cambridge University Press   2003年10月   ISBN:978-0521593960
ケータイを持ったサル -「人間らしさ」の崩壊
正高信男
中央公論新社   2003年9月   ISBN:978-4121017123
0歳からの子育ての技術 -「赤ちゃんとの会話」から「知性を伸ばす遊び方」まで
正高 信男
PHP研究所   2002年8月   ISBN:978-4569623542
父親力 -母子密着型子育てからの脱出
正高 信男
中央公論新社   2002年3月   ISBN:978-4121016300
脳図鑑21
小泉英明(編) (担当:分担執筆, 範囲:身ぶりと言語の獲得)
工作舎   2001年7月   ISBN:978-4875023524
子どもはことばをからだで覚える‐メロディから意味の世界へ
正高 信男
中央公論新社   2001年4月   ISBN:978-4121015839
ボケの前兆をつかまえた
正高 信男
紀伊国屋書店   2001年4月   ISBN:978-4314008877
ヒトの本能ってなに?-心とからだの不思議
正高 信男
清流出版   2000年3月   ISBN:978-4916028693
老いはこうしてつくられる -こころとからだの加齢変化‐
正高 信男
中央公論新社   2000年2月   ISBN:-こころとからだの加齢変化‐
育児と日本人
正高 信男
岩波書店   1999年11月   ISBN:978-4000028004
赤ちゃんの認識世界(ことばと心の発達・第1巻)
小嶋祥三・鹿取廣人(監修)正高信男(編) (担当:編者)
ミネルヴァ書房   1999年3月   ISBN:4623030059
ことばの獲得(ことばと心の発達・第2巻)
小嶋祥三・鹿取廣人(監修)桐谷滋 (編). (担当:分担執筆, 範囲:認知と言語)
ミネルヴァ書房   1999年3月   ISBN:9784623030064
いじめを許す心理
正高 信男
岩波書店   1998年2月   ISBN:978-4000028004
赤ちゃん誕生の科学
正高 信男
,PHP研究所   1997年1月   ISBN:978-4569555133
ヒトはなぜ子育てに悩むのか
正高 信男
講談社,   1995年12月   ISBN:978-4061492806
Current Topics in Primate Vocal Communication
Sugiura, H., Masataka, N. (担当:分担執筆, 範囲:Temporal and Acoustic Flexibility in Vocal Exchanges of Coo Calls In Japanese Macaques (Macaca fuscata))
1995年   
なぜ、人間は蛇が嫌いか ‐ 入門・人間行動学
正高 信男
光文社   1994年12月   ISBN:978-4334060909
Current Primatology Volume II, Social Development, Learning and Behaviour
Sugiura, H., Masataka, N. (担当:分担執筆, 範囲:Flexibility in vocal behaviour (coo calls) in Japanese macaques)
University of Louis Pasteur   1994年   
0歳児がことばを獲得するとき
正高 信男
中央公論新社   1993年6月   ISBN:978-4121011367
ニホンザルの心を探る
正高 信男
朝日新聞   1992年11月   ISBN:978-4022595621
ことばの誕生-行動学からみた言語起源論
正高 信男
紀伊國屋書店   1991年12月   ISBN:978-4314005692

講演・口頭発表等

 
ことばの獲得
正高 信男
日本音響学会創立60周年記念大会   1998年2月19日   
言語習得はどこまで可塑的か? [招待有り]
正高 信男
第8回社会言語科学会   2001年   
0歳児の言語習得 [招待有り]
正高 信男
第104回日本小児科学会   2001年   
0歳児の言葉とコミュニケーション [招待有り]
正高 信男
第10回岐阜県看護学会   2002年4月   
ことばを受け継ぐ「育児語」のメカニズム [招待有り]
正高 信男
第21回サイエンティフィックライブ・サピエンス   2002年5月   
ヒトは言語をいかに獲得したのか [招待有り]
正高 信男
第15回長崎県母性衛生学会   2002年7月   
人類の本能としての手話理解
正高 信男
東京都難聴言語研究会40周年記念講演会   2002年8月   
赤ちゃんと絵本
正高 信男
第12回日本外来小児科学会   2002年8月   
聴覚障害とことばの習得
正高 信男
第44回ろう教育学会   2002年8月   
手話の習得と日本語教育 [招待有り]
正高信男
第6回トータルコミュニケーション研究大会   2003年7月   
ヒトはなぜ笑うのか [招待有り]
正高信男
第11回日本笑い学会   2003年7月   
What cognitive neuroscience research reveals about evolution of language? [招待有り]
正高 信男
the 4th International Conference of Cognitive Science   2003年7月   
Vocal-motor coordination in infancy and ontogeny and phylogeny of language [招待有り]
正高 信男
the 15th International Conference of Phonetic Science   2003年8月   
ことばと認知 [招待有り]
正高信男
けいはんな公開シンポジウム 社会で育つ知能と心   2003年11月   
子育てと世代間交流について [招待有り]
正高信男
平成15年度世代間交流シンポジウム   2004年2月   
学習困難の脳内機能の解明と教育支援プログラムの開発・評価
正高信男
第6回社会技術研究フォーラム   2004年3月   
子どもはことばをからだで覚える
正高 信男
平成16年度全国聴覚障害教職員シンポジウム兵庫大会   2004年8月5日   
言語能力の脳科学的理解をめざして
正高信男
科学研究費補助金 特定領域研究「新世紀型理数系教育の展開研究」シンポジウム. 教育と脳科学の出会い   2004年11月22日   
ケータイを持ったサル [招待有り]
正高 信男
日本ユニシステクニカルシンポジウム   2005年2月15日   
言語起源論再考 [招待有り]
正高信男
第17回言語処理学会   2005年3月17日   
The role of mirror system for language learning. [招待有り]
正高 信男
4th Sony CSL Workshop   2005年4月26日   
ケータイを持ったサル [招待有り]
正高 信男
第25回日本生活科学会   2005年6月29日   
隣接領域からみた社会と若者の変容 [招待有り]
正高信男
全国保育士養成協議会第44回研究大会   2005年9月   
自閉症の認知と脳機能 [招待有り]
正高信男
おしまコロニー自閉症セミナー2005   2005年11月   
IT社会と子どもの未来 [招待有り]
正高 信男
子ども大変時代フォーラム   2006年3月   
父親力と日本の文化 [招待有り]
正高信男
日本家族心理学会第23回大会   2006年7月   
霊長類から見た家族と育児 [招待有り]
正高信男
第37回日本看護学会   2006年9月   
人の適応行動 [招待有り]
正高信男
第71回日本民族衛生学会   2006年11月   
考える方法論 [招待有り]
正高信男
電通コミュニケーションワークショップ2006   2006年12月   
日本のIT世間 [招待有り]
正高 信男
日本フィランソロピー協会総会   2006年12月23日   
コミュニケーションの可能性(Ⅰ) [招待有り]
正高 信男
人間学アカデミー   2006年12月23日   
コミュニケーションの可能性(Ⅱ) [招待有り]
正高 信男
人間学アカデミー   2007年1月6日   
IT社会と子どもの未来 [招待有り]
正高 信男
第3回子どもとメディア全国フォーラム   2007年1月27日   
IT社会と日本人
正高信男
第25回精神医学講座担当者会議   2007年8月   
Japanese language education and e-learning
正高 信男
the 12th European Symposium on Japanese Language Education in Europe   2007年9月   
IT ization and Japonese society
正高 信男
the 10th BATJ Annual Conference   2007年9月   
いじめを生む社会 [招待有り]
正高信男
第23回日本精神衛生学会第23回大会   2007年11月   
Origins of "Motionese" [招待有り]
正高 信男
Invited lecture at international congress of Intermodel Action Structuring (2008/07, Bielefeldt, Germany).   2008年   
発達障害とその支援
正高 信男
内面精神医学懇談会   2008年5月29日   
ことばの起源と音楽の進化 [招待有り]
正高信男
第19回音楽教育学会   2008年9月   
コミュニケーションとストレス
正高信男
第24回日本ストレス学会   2008年10月   
人間はなぜ子育てに悩むのか [招待有り]
正高信男
第34回日本助産師教育学会   2009年2月   
音楽の起源 [招待有り]
正高信男
第8回音楽療法学会   2009年12月8日   
人間にとって障害とは何か [招待有り]
正高 信男
第7回日本心身医療学会   2010年1月17日   

Works

 
言語認知の非侵襲的脳研究

競争的資金等の研究課題

 
ヒトとヒト以外の音声発達の比較研究