MOCHIDA Akashi

J-GLOBAL         Last updated: Sep 18, 2019 at 14:26
 
Avatar
Name
MOCHIDA Akashi
URL
http://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/5ff24bfc08439ce1e953b5a0b036b666.html
Affiliation
Tohoku University
Section
Graduate School of Engineering Department of Architecture and Building Science Sustainable Architecture and Building Science Course Regional Environment Planning Lab
Job title
Professor
Degree
Dr. Engineering(The University of Tokyo)

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 2013
 - 
Dec 2014
北京交通大学客員教授
 
Apr 2010
 - 
Mar 2013
東京工芸大学 グローバルCOE 客員教授
 
Aug 2006
 - 
Today
東北大学 教授(工学研究科)
 
Apr 1999
 - 
Jul 2006
東北大学 助教授(工学研究科)
 
Apr 1995
 - 
Mar 1999
新潟工科大学 助教授(工学部)
 

Education

 
 
 - 
Sep 1985
建築, Graduate School, Division of Engineering, The University of Tokyo
 
 
 - 
Mar 1981
建築学科, Faculty of Science and Engineering, Waseda University
 

Committee Memberships

 
May 2013
 - 
May 2015
日本建築学会  理事
 
Jun 2016
 - 
May 2018
日本風工学会  理事
 
Apr 2014
 - 
Mar 2016
日本建築学会 気候変化による災害防止に関する特別調査委員会  幹事
 
Jul 2010
 - 
Today
日本雪工学会  理事
 
Apr 2012
 - 
Mar 2014
日本流体力学会  理事
 

Awards & Honors

 
Nov 2014
Outstanding Reviewer, Journal of Wind Engineering and Industrial Aerodynamics, The Editors of JOURNAL OF WIND ENGINEERING & INDUSTRIAL AERODYNAMICS, Elsevier
 
Apr 2012
日本風工学会ベストペーパー賞, 一般社団法人 日本風工学会
Winner: Yoshihide Tominaga, Akashi Mochida, Tsubasa Okaze, Takeshi Sato, Masaki Nemoto, Hiroki Motoyoshi, Sento Nakai, Takuya Tsutsumi, Masaya Otsuki, Takahiko Uematsu, Hiroshi Yoshino
 
Apr 2005
都市の風環境・温熱空気環境の数値解析手法の開発と応用, 日本建築学会賞(論文), 日本建築学会
 
Mar 2005
Numerical Study on Thermal Effects of Cold and High-albedo Surface Covered with Snow in Outdoor Environments, the JAABE Best Paper Award 2002-2003, Journal of Asian Architecture and Building Engineering
Winner: Akashi Mochida, Yoshihide Tominaga, Hiroshi Yoshino, Kiyoshi Sasaki, Makiko Ohba
 
Mar 2005
実測と数値シミュレーションに基づく大空間の換気性状と結露発生メカニズムの解析, 空気調和・衛生工学会賞(学術論文部門), 社団法人 空気調和・衛生工学会
Winner: 持田灯、吉野博、掛川敏正、三田村輝章、佐々木澄
 

Published Papers

 
Accuracy of coherent structure Smagorinsky model applied to flow around a building
Azusa ONO, Akashi MOCHIDA, Pham Van PHUC
Proceedings of The 15th International Conference on Wind Engineering      Sep 2019   [Refereed]
DEVELOPMENT OF MICROCLIMATE SIMURATION METHOD COMBINING WRF WITH LES AND FUTURE PREDICTION OF THERMAL ENVIRONMENT IN AN ACTUAL DISTRICT
223-228   Dec 2018   [Refereed]
GENERATION OF ARTIFICIAL INFLOW TURBULENCE WITH DIGITAL FILTER METHOD FOR LES WITHIN BUILT-UP ENVIRONMENT
211-216   Dec 2018   [Refereed]
LARGE EDDY SIMULATION OF FLOW FIELD AROUND A 2:1:1 SHAPED BUILDING MODEL USING COHERENT STRUCTURE SMAGORINSKY MODEL
199-204   Dec 2018   [Refereed]
STUDY ON CHARACTERISTICS OF URBAN CLIMATE BASED ON THE RESULTS OF DOPPLER LIDAR OBSERVATIOM ABOVE CITY CENTER AND MULTI-POINT MEASUREMENTS OF AIR TEMPERATURE AND HUMIDITY OVER WIDE AREA IN SENDAI CITY
145-150   Dec 2018   [Refereed]

Misc

 
Mitigation of Impacts of Heat Island Effects on Human Activities in Urban Areas --Fundamental Standpoint of Heat Island Studies in Building Science--.
持田 灯
Tenki   61(5) 356-362   May 2014
Hazards Caused by Drifting Snow due to Wind in Living Environment -Prediction of Snowdrift in Built-up Environment-
大風 翼、富永 禎秀、持田 灯
日本機械学会誌   116(1136) 16-19   Jul 2013
室内レベルの数値解析
張偉栄、持田灯
月刊建築技術   (2012年12月)    Dec 2012
都市レベルの数値解析
大風翼、持田灯
月刊建築技術   (2012年12月)    Dec 2012
Recent Progress in CFD Applications to Snowdrift around Buildings
富永禎秀、大風翼、持田灯
日本風工学会誌   37(1) 42   Jan 2012

Books etc

 
AIJ Benchmarks for Validation of CFD Simulations Applied to Pedestrian Wind Environment around Buildings
MOCHIDA Akashi (Part:Joint Work)
Sep 2016   ISBN:978-4-8189-5001-6
日本建築学会叢書5 ヒートアイランドと建築・都市-対策のビジョンと課題-
持田灯,足永靖信,大岡龍三,渡辺浩文他 (Part:Joint Work)
丸善   Aug 2007   
市街地風環境予測のための流体数値解析ガイドブック-ガイドラインと検証用データベース-
持田灯,富永禎秀,義江龍一郎,片岡浩人他 (Part:Joint Work, Ⅰ編 2.8 樹木・障害物のモデル化,Ⅱ編 5章,樹木周辺の流れを対象としたベンチマークテスト,おわりに-近年の研究の展開と今後の方向-)
丸善   Jul 2007   
Environmental design in the regional context for generations
日本建築学会編 (Part:Joint Work, 3.1節(48~54頁))
彰国社   Jul 2004   
都市環境学
尾島俊雄,三浦昌生,渡辺浩文,持田灯,森山正和他 (Part:Joint Work, 6章 CFDを利用した都市気候シミュレーション)
森北出版   May 2003   

Conference Activities & Talks

 
Evaluation of the health hazard risk in urban pedestrian space based on the total analysis of mesoscale and microscale climates
Changing Urban Climate & the Impact on Urban Thermal Environment and Urban Living   7 Dec 2015   
場所:The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong
Evaluation of the Effects of Greening and Highly Reflective Materials from Three Perspective –Mitigation of Global Warming, Mitigation of UHIs, and Adaptation to Urban Warming
Changing Urban Climate & the Impact on Urban Thermal Environment and Urban Living   7 Dec 2015   
場所:The Chinese University of Hong Kong, Hong Kong
Comprehensive assessment on urban planning and building design to mitigate climate change and adapt to urban warming
World Engineering Conference and Convention (WECC2015) 世界工学会議   29 Nov 2015   
場所:国立京都国際会館
仙台平野沿岸部における防潮林が農地の風環境と飛砂発生等に及ぼす影響評価
農業農村工学会 農地保全研究部会 第36回研究集会   12 Nov 2015   
Analysis of Key Mechanisms Causing Urban Warming and Snow Disasters
Beijing Jiaotong University Special Lecture   2 May 2013   

Research Grants & Projects

 
Prediction, analysis and design of urban climate
Project Year: Apr 2017 - Mar 2020

Patents

 
4295541 : 換気システム
野村覚浩、丹羽晴美、義江龍一郎、佐竹晃、吉野博、加藤信介、持田灯
3389131 : 飛砂防止工法
清水 敬二、持田 灯、富永 禎秀、株木 義治、 青木 泰伸、伊丹 貢二、平松 正彦、本間 良春、 後藤 信一、浅妻 貴夫、高橋 正男
平11-243793 : マルチング材
清水 敬二、持田 灯、富永 禎秀、株木 義治、 青木 泰伸、伊丹 貢二、平松 正彦、本間 良春、 高橋 正男、鈴木 郁男

Social Contribution

 
ヒートアイランド長野で調査―市街地の異常な気温上昇防げ―
[Informant]  信濃毎日新聞  8 Aug 2009
2009年8月に東北大の持田研究室と信州大学の高木研究室で長野市の中心市街地のヒートアイランド現象の実測調査を行った。
ヒートアイランド解明へ―連携して実測調査―
[Informant]  長野市民新聞  8 Aug 2009
2009年8月に東北大の持田研究室と信州大学の高木研究室で長野市の中心市街地のヒートアイランド現象の実測調査を行った。
ヒートアイランド対策への提言・日本建築学会
[TV or radio appearance, Contribution]  日刊建設産業新聞  17 Oct 2005
日本建築学会が取りまとめた「都市のヒートアイランド対策に関する提言」の紹介。持田が取りまとめ責任者としてインタビューを受けた。
都市の温暖化緑で緩和
[TV or radio appearance, Contribution]  河北新報  10 Jul 2007
6月29日のサイエンスカフェ”都市における緑の役割”の紹介。
路面・壁面・屋上面-街の温度上昇を防げ
[TV or radio appearance, Contribution]  仙台放送  30 Apr 2008
・ヒートアイランドの原因と対策
・屋上緑化の特徴と課題
・透水性建材、高反射塗料など工学的手法による対策
等の解説と、建物外壁の色彩の違いが表面温度に及ぼす影響の測定
(学生が市内で熱画像を撮影する状況が取材された)

Others

 
Apr 2014   被災地域の持続的発展のための合意形成手法の実証研究
東日本大震災の際の津波被害による沿岸防潮林の消失、新たな防潮堤、二線堤の建設が亘町の沿岸部の局地気象に及ぼす影響をCFDシミュレーションを用いて評価し、農業への影響、防潮林が再生するまでの風対策の必要性の有無等を検討する。
Apr 2014   猛暑による健康被害リスクや冷暖房エネルギー消費予測の基礎となる高分解能メソ気象データの作成
現在、建物を設計する際の冷暖房負荷の計算は過去の気象統計データから作成した拡張アメダスデータ等を参考に行われているが、建物の寿命が数十年ということを考えると、気候変動の影響を考慮する必要があることは明らかである。さらに、近年、猛暑日が増加し、熱中症等の健康被害も急増している。
本研究では、GCMの全球解析結果を境界条件とする力学的ダウンスケールに基づくメソスケール気象解析により、現在及び温暖化を考慮した将来(2030年代)の予測を行い、猛暑による健康被害リスクや冷暖房エネルギー消費予測の基礎となる高分解能メソ気象データを整備する。
Sep 2013   樹木の温熱環境改善ポテンシャルの把握による屋外温熱環境設計手法の技術開発
造園・緑化分野および建築分野の研究者が連携し,
①樹木及び草地からの蒸発散量の長期測定,樹木周辺の地表付近の歩行者レベルの微気候の環境測定から,樹林の密度の差や気象条件の差による蒸発散効果の相違を明らかにするとともに,
②測定データ及び屋外微気候の数値解析により,樹木の密度,配置,形状が都市の屋外生活空間(歩行者空間,公園など)の体感気候に及ぼす影響を分析する。
さらに,a)都市空間の暑熱化の緩和,並びにb)暑熱化に適応する都市の生活空間の創造という観点から,緑の温熱環境改善ポテンシャルを有効活用するための樹木配置に関する設計資料を整備し,建築学会で現在検討中の屋外温熱環境設計ガイドラインやヒートアイランド対策効果の定量評価システムCASBEE-HI(Comprehensive Assessment System of Built Environment Efficiency on Heat Island Relaxation)等の緑地効果に係る評価手法の改善提案を行う。
Apr 2013   樹林密度の差が蒸散効果に及ぼす影響の計測と分析によるCASBEE-HI等のアセスメントシステムの改善
①ケヤキの重量測定を行うためのコンテナ樹木試験体を千葉県袖ケ浦の圃場に設置し、樹木重量の長期測定を行い、重量変化から各気象条件下の蒸散量を推定する。
③この測定を異なる樹木密度の下で行い、蒸散量を簡易に予測する方法を,蒸発散量,土壌水分量,日射量と天候,気温など含めた環境要素の長期測定の結果から提案する。
②さらに、蒸散量と歩行者レベルの温熱環境の関係を分析する。
Dec 2012   放射環境計測及び都市環境シミュレーションに関する学術指導
都市環境シミュレーションに適用するデバイスのモデル化に必要な放射環境計測、及びこのモデルを用いたヒートアイランド低減効果の定量評価手法に関する技術指導を行う。