斎藤 弘子

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/29 03:08
 
アバター
研究者氏名
斎藤 弘子
所属
東京外国語大学
部署
大学院総合国際学研究院
職名
教授
科研費研究者番号
10205669

研究分野

 
 

論文

 
A longitudinal study of L2 English intonation—Does studying abroad make any difference?—
Hiroko Saito
ことばを編む   27-37   2018年3月
Vowel Shifts of English
Saito Hiroko
グローバル・コミュニケーション研究   (2) 93-102   2015年3月
英語から見た日本語の音声
斎藤弘子
日本語学   34(3) 4-12   2015年2月   [招待有り]
Hiroko Saito, Michael Ashby
Proceedings of PTLC2013   71-74   2013年8月   [査読有り]
The paper calls attention to the life and work of Edward Gauntlett, who settled in Meiji Japan in 1890 and became a pioneering teacher of English pronunciation. His 1905 textbook Phonetics provided a brilliant contrastive analysis of Englis...
Tonic Misplacement by Japanese Learners of English
「Ueda, Isao」 and 「Hiroko Saito」
Exploring English Phonetics      2012年1月   [査読有り]

書籍等出版物

 
コンパスローズ英和辞典
赤須薫、斎藤弘子 (担当:共編者, 範囲:発音、巻末「つづり字と発音解説」)
研究社   2018年11月   ISBN:978-4-7674-1532-1
改訂新版 初級英語音声学
竹林滋,清水あつ子,斎藤弘子 (担当:共著)
大修館書店   2013年9月   ISBN:978-4-469-24581-3
ライトハウス英和辞典第6版
「竹林滋」「東信行」「赤須薫」 (担当:共編者, 範囲:発音記述,付録「つづり字と発音解説」執筆)
研究社   2012年10月   ISBN:9784767415062 C7582
スペシャリストによる英語教育の理論と応用(共著)
吉田晴世ほか (担当:共著, 範囲:第三章「英語を支配するリズム、リズムが支配する英語」)
松柏社   2008年4月   ISBN:9784775401484
英語教育における重要課題について各分野の専門家が最新の研究成果について解説した本。その中の音声教育に関する章で、リズムに合わせて母音のみならず子音も「弱化」するという観点から英語の音声を解説した。
新装版英語音声学入門
竹林滋,斎藤弘子 (担当:共著)
大修館書店   2008年1月   ISBN:9784469245301
アメリカとイギリスの標準的な英語発音を日本語と比較しながら解説し、項目ごとの発音練習・聴き取り問題等、演習を加えた大学レベルの音声学の教科書。
1998年の『改訂新版 英語音声学入門』に修正を加え、音声CDを付した新装版。

講演・口頭発表等

 
英語の本当の音節構造のはなし [招待有り]
斎藤弘子
外国語と日本語との対照言語学的研究第14回研究会   2014年12月13日   東京外国語大学国際日本研究センター
辞書の中の英語音声学・音韻論 [招待有り]
斎藤弘子
日本英語音声学会 関東支部 第14回研究大会   2014年7月12日   日本英語音声学学会
Edward Gauntlett's Phonetics (1905)
Hiroko Saito, Michael Ashby
音声学教授法学会   2013年8月8日   Phonetics Teaching and Learning Conference
英語の発音―意識と無意識
斎藤弘子
外国語教育学会シンポジウム   2010年3月9日   外国語教育学会
Spelling-to-sound or sound-to-spelling? Errors found among Japanese learners of English
Hiroko Saito
Phonetics Teaching and Learning Conference   2009年8月6日   University College London ほか