篠﨑 和夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/17 02:57
 
アバター
研究者氏名
篠﨑 和夫
 
シノザキ カズオ
URL
http://www.sim.ceram.titech.ac.jp/welcomej.html
所属
東京工業大学
部署
教育・国際連携本部
職名
特任専門員、名誉教授
学位
工学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
00196388

研究分野

 
 

経歴

 
1982年4月
 - 
1986年12月
(株)東芝 総合研究所 研究主務
 
1987年1月
 - 
1989年2月
東京工業大学 工学部無機材料工学科 助手
 
1989年3月
 - 
1999年3月
東京工業大学 工学部無機材料工学科 助教授
 
1989年4月
 - 
1989年2月
米国ワシントン大学 材料科学科 客員研究員
 
1999年4月
   
 
東京工業大学 大学院理工学研究科材料工学専攻 助教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1981年9月
東京工業大学 理工学研究科 無機材料工学専攻
 
1972年4月
 - 
1976年3月
東京工業大学 工学部 無機材料工学科
 

委員歴

 
2011年
 - 
2012年
日本セラミックス協会  理事
 
2005年
 - 
2007年
応用物理学会  プログラム編集委員
 
2006年
 - 
2007年
日本セラミックス協会  理事
 
2006年
 - 
2008年
日本セラミックス協会  運営企画委員会委員
 
2006年
 - 
2007年
日本セラミックス協会  窯業標準化委員会委員長
 

受賞

 
2000年5月
日本セラミックス協会 日本セラミックス協会学術賞
 
2011年1月
日本フルラス・岡崎記念会 岡崎清賞
 
2000年
日本セラミックス協会 日本セラミックス協会JCerSJ優秀論文賞
 
日本セラミックス協会学術論文誌に投稿した論文のなかで年間優秀賞を受賞

Misc

 
Mehmet S. Bozgeyik, J.S. Cross, H. Ishiwara, K. Shinozaki
Microelectronic Engineering   87(11) 2173-2177   2010年
N. Wakiya, Maya Yamasaki, Tomoyuki Adachi, Naonori Sakamoto, Desheng Fu, Osamu Sakurai, Kazuo Shinozaki, Hisao Suzuki
Materials Science and Engineering B   173(1-3) 195-198   2010年
Toru Hara, Takashi Ishiguro, Kazuo Shinozaki
Jpn. J. Appl. Phys.   49(4,Issue 1) 1-41104   2010年
J. S. Cross, K. Shinozaki, T. Yoshioka, J. Tanaka, S. H. Kim, H. Morioka and K. Saito
Materials Science and Engineering B   173(1-3) 18-20   2010年
Hyun-young Go, Naoki Wakiya, Takanori Kiguchi, Tomohiko Yoshioka, Osamu Sakurai, Jeffrey S. Cross, Junzo Tanaka, Kazuo Shinozaki
Key Engineering Materials   421/422 111-114   2010年

書籍等出版物

 
レーザーアブレーション, 化学液相析出法, MOCVD, 塗布膜, ゾル・ゲル膜, 結晶配向性の評価法, 薄膜の応力測定法, 強誘電体メモリー
朝倉書店   2009年   
誘電特性
オーム社   2008年   
気相合成法による粉末の合成
技術情報協会   2007年   
スパッタリング法による圧電薄膜の作製と評価
技術情報協会   2007年   
セラミックデータブック2004:電磁石オーロラPLD装置の試作によるセラミックス薄膜の低温合成
工業製品技術協会   2004年   

講演・口頭発表等

 
Si およびYSZ 基板上に形成した原子層バッファーによるPZT, BFO の配向制御
2009年   
機械的混合法によるハイドロキシアパタイト- フェライト複合粒子の作製
2009年   
Possibility of NOx Sensing by using Titania Doped Ferrite Epitaxial Thin Film
The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics   2009年   
Co-heteroepitaxial growth of BaTiO_3_-NiFe_2_O_4_ composite multiferroic thin film deposited on MgIn2O4 with spinel structure
The 26th International Japan-Korea Seminar on Ceramics   2009年   
Crystal orientation control of epitaxial Pb(Zr,Ti)O_3_ and BiFeO_3_ thin film deposited on atomic layer buffered Si and YSZ substrates
GJ-NST2009 (International Conference on Nano Science and Nano Technology 2009)   2009年   

Works

 
Si基板上への強誘電体光学単結晶薄膜育成に関する研究
芸術活動   2003年 - 2006年
セラミックスインテグレーション技術による新機能材料創成に関する研究
芸術活動   2000年 - 2005年

競争的資金等の研究課題

 
セラミックスプロセシング
研究期間: 2004年   
強誘電体薄膜の合成およびその特性
窒化物-酸化物系の焼結と液相生成
薄膜中の元素拡散と物性発現
研究期間: 2006年   
CVD法によるAl_2_O_3_コーティング
研究期間: 2007年