海老谷 幸喜

J-GLOBALへ         更新日: 19/07/12 17:00
 
アバター
研究者氏名
海老谷 幸喜
 
エビタニ コウキ
所属
北陸先端科学技術大学院大学
部署
マテリアルサイエンス研究科
職名
教授
学位
博士(理学)(北海道大学), 修士(理学)(北海道大学), 学士(理学)(北海道大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
 - 
1996年
 東京工業大学工学部 助手
 

学歴

 
 
 - 
1992年
北海道大学 理学研究科 化学
 
 
 - 
1987年
北海道大学 理学部 化学
 

Misc

 
固体酸触媒に対する水素の影響-分子状水素から表面プロトン酸点の発現-(共著)
表面   32(5) 308-317   1994年
ニオブ化合物の触媒への応用 (共著)
金属   63 32-37   1993年
不均一光触媒としての希土類イオンの活性状態
触媒   38 344-345   1996年
Reaction Kinetics and Catalysis Letter   61(1) 69-73   1997年
KANEDA K, KAWABATA T, MIZUGAKI T, EBITANI K
Tetrahedron retters   42(47) 8329-8332   2001年
MIZUGAKI T, MURATA M, OOE M, EBITANI K, KANEDA K
Chemical Communications   (1) 52-53   2002年
EBITANI K, IDE M, MITSUDOME T, MIZUGAKI T, KANEDA K
Chemical Communications   (7) 690-691   2002年
HONMA T, NAKAJO M, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Tetrahedron Letters   43(35) 6229-6232   2002年
OOE M, MURATA M, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Nano Letters   2(9) 999-1002   2002年
MORI K, YAMAGUCHI K, HARA T, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Journal of the American Chemical Society   124(39) 11572-11573   2002年
JI H‐B, EBITANI K, MIZUGAKI T, KANEDA K
Catalysis Communications   3(11) 511-517   2002年
MORI K, TANO M, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
New Journal of Chemistry   26(11) 1536-1538   2002年
CHOI K‐M, AKITA T, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
New Journal of Chemistry   27(2) 324-328   2003年
KAWABATA T, KATO M, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Chemistry Letters   32(7) 648-649   2003年
MURATA M, HARA T, MORI K, OOE M, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Tetrahedron Letters   44(27) 4981-4984   2003年
Reaction Kinetics and Catalysis Letters   78 73-80   2003年
HARA T, MORI K, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Tetrahedron Letters   44(33) 6207-6210   2003年
KAWABATA T, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Journal of the American Chemical Society   125(35) 10486-10487   2003年
MORI K, HARA T, MIZUGAKI T, EBITANI K, KANEDA K
Journal of the American Chemical Society   125(38) 11460-11461   2003年

競争的資金等の研究課題

 
無機担体上に分散した有機金属錯体の触媒作用と構造の研究