檜山 爲次郎

J-GLOBALへ         更新日: 04/01/15 00:00
 
アバター
研究者氏名
檜山 爲次郎
 
ヒヤマ タメジロウ
所属
京都大学
部署
大学院工学研究科 材料化学専攻
職名
教授
学位
工学博士(京都大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1981年
京都大学助手
 
1981年
 - 
1992年
相模中央研究所副主任研究員・主任研究員・主席研究員
 
1992年
 - 
1997年
東京工業大学教授
 

学歴

 
 
 - 
1971年
京都大学 工学研究科 工業化学
 
 
 - 
1969年
京都大学 工学部 
 

委員歴

 
1996年
 - 
1997年
日本化学会  理事,理事,副会長
 
1994年
 - 
1996年
有機合成化学協会  理事
 
1999年
 - 
2002年
近畿化学協会  理事, 副会長
 
2000年
   
 
日本液晶学会  理事, 副会長
 
2000年
   
 
ケイ素化学協会  理事
 

受賞

 
1980年
日本化学会進歩賞
 

Misc

 
「二量体型液晶化合物の構造と物性」
染料と薬品   42(4) 85-106   1997年
Substituent Effect in Asymmetric Hydroformylation of Olefins Catalyzed by Rhodium(Ⅰ) Complexes of (R,S) BINAPHOS Derivatives: A Protocol for Improvement of Regio- and Enantioselectivities
Adv. Synth. Catal.   343(1), 61-63    2001年

書籍等出版物

 
「大学院講義有機化学‖.有機合成化学・生物有機化学」東京化学同人1998共著
「一酸化炭素とオレフィンの立体選択的交互共重合」有合化   1998年   
「大学院講義 有機化学 Ⅱ.カップリング反応」(共著)
東京化学同人   1998年   
ウォーレン「有機化学」(共監訳)
東京化学同人   2003年   
有機合成のための触媒反応103
東京化学同人   2004年   
かご型電子共役系分子:2,3,5,6,7,8-ヘキサシラビシクロ[2.2.2]オクタンの合成と紫外吸収スペクトル
21世紀の有機ケイ素化学−機能性物質科学の宝庫−監修玉尾皓平(シーエムシー出版)   2004年   
2004,

競争的資金等の研究課題

 
有機フッ素化合物の合成研究
環状ケイ素化合物の合成
第14族元素化合物を用いる有機合成新規反応の開発