大坂 武男

J-GLOBALへ         更新日: 18/11/08 10:22
 
アバター
研究者氏名
大坂 武男
 
オオサカ タケオ
所属
神奈川大学
部署
工学研究所
職名
客員教授、東京工業大学・名誉教授
学位
博士(工学)(東京工業大学), 修士(工学)(東京工業大学)

研究分野

 
 

経歴

 
1981年
 - 
1982年
:カリフォルニア工科大学 理学部 博士研究員
 
1982年
 - 
1990年
:東京農工大学 工学部 助手
 
1990年
 - 
1998年
:東京工業大学 大学院総合理工学研究科 助教授
 
1998年
   
 
-:東京工業大学 大学院総合理工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1981年
東京工業大学大学院総合理工学研究科 大学院総合理工学研究科 電子化学専攻
 
 
 - 
1972年
山形大学 工学部 応用化学科
 

委員歴

 
1992年
   
 
日本重水素科学研究会  編集幹事
 
1995年
   
 
アメリカ化学会  会員
 
1995年
 - 
1996年
日本化学会関東支部幹事会  常任理事
 
1995年
 - 
1996年
日本化学会関東支部  代議員
 
1998年
   
 
日本化学会コロイド及び界面化学部会  幹事
 

受賞

 
2003年
2003年手島記念研究賞発明賞
 
2000年
2000年電気化学会学術賞
 
1988年
1988年日本化学会若い世代の特別講演賞
 

Misc

 
Development of Non-platinum-based Electrocatalysts for Oxygen Reduction
T.Ohsaka, M.S.El-Deab
Recent Research Developments in Electrochemistry,Transworld Research Network   7 71-109   2004年
Electrochemical Sensors Based on Self-Assembled Monolayers of Metallomacrocycles in Metal Complexes and Metals in Macromolecules
T.Ohsaka, C.R.Raj
Wiley-VCH   428-455   2003年
Md.M.Islam, T.Imase, T.Okajima, M.Takahashi, Y.Niikura, N.Kawashima, Y.Nakamura, T.Ohsaka
J.Phys.Chem.A   113(5) 912-916   2009年

書籍等出版物

 
第3版高分子辞典
高分子学会編、朝倉書店   2005年   
触媒技術の動向と展望2005,触媒学会編
触媒学会編   2005年   
表面科学の基礎と応用“分子機能電極”
日本表面科学会編、(株)エヌ・テイー・エス   2004年   
1.5 三種の神器「作用電極・基準電極・補助電極」、1.6 三種の神器「セルと試薬」
電気化学測定マニュアル 基礎編(電気化学会編、丸善(株))   2002年   
分子機能材料
界面ハンドブック(エヌ・テイー・エス)   2001年   

Works

 
燃料電池用新規酸素電極の開発
芸術活動   2000年
活性酸素種の生成・検出・反応制御
芸術活動   2000年
電気化学的空気・水処理技術の開発
芸術活動   2001年
神経伝達物質の電気化学的検出
芸術活動   1999年
抗酸化物質の電気化学的検出
芸術活動   1999年

競争的資金等の研究課題

 
酸素・活性酸素種の生成、反応制御、検出
研究期間: 1990年   
酸素・活性酸素種の電気化学的生成、検出および反応制御に関する研究
燃料電池用非白金系酸素電極触媒の開発
研究期間: 2000年   
固体高分子形燃料電池の酸素極用非貴金属系デュアル電極触媒の研究開発に関する研究
バイオセンサ・環境センサの開発
研究期間: 1990年   
バイオセンサおよび水環境センサに関する研究開発
空気・水環境の電気化学処理
研究期間: 1995年   
空気・水環境の電気化学的処理に関する研究開発
電解析出法による金属および金属酸化物ナノ微粒子の作製と応用
研究期間: 2000年   
電解析出法による金属および金属酸化物ナノ微粒子の作製と応用