秋鹿 研一

J-GLOBALへ         更新日: 08/01/18 00:00
 
アバター
研究者氏名
秋鹿 研一
 
アイカ ケンイチ
URL
http://www.chemenv.titech.ac.jp/lab/lab.html
所属
旧所属 東京工業大学 大学院総合理工学研究科 化学環境学専攻
職名
教授,センター長
学位
工学博士(東京工業大学 大学院理工学研究科 博士課程修了), 工学修士(東京工業大学 大学院理工学研究科 修士課程修了)

研究分野

 
 

経歴

 
1992年
   
 
東京工業大学 教授 1992 - 東京工業大学 助教授 1981 - 米国テキサスA&M大学 研究員 1975 - 米国プリンストン大学 研究員 1974 - 東京工業大学 助手 1969 -
 

学歴

 
 
 - 
1969年
東京工業大学 理工学研究科 化学工学専攻
 
 
 - 
1964年
東京工業大学 理工学部 化学工学科
 

委員歴

 
1995年
   
 
触媒学会  討論会担当理事
 
1989年
 - 
1990年
触媒学会  編集委員
 
1965年
 - 
1999年
触媒学会  会員
 
1994年
 - 
1999年
化学工学会  会員
 
1986年
 - 
1987年
日本化学会  英文誌編集委員
 

受賞

 
2003年
文部科学大臣賞研究功績者「アンモニア合成用高性能ルテニウム触媒の研究」
 
1998年
触媒学会賞「アンモニア合成用ルテニウム触媒の研究」
 
1991年
RITE優秀研究賞「メタンとCO2からのエチレン製造」
 

書籍等出版物

 
地球環境問題に挑戦する
培風館   1996年   
Ammonia Synthesis over Non-Iron Catalysts and Related Phenomena; in "Ammonia, Catalysis and Manufacture"
Springer Verlag, Berlin   1995年   
Ammonia Synthesis over Non-Iron Catalysts and Related Phenomena in "Ammonia, Catalysis and Manufacture"
Springer-Verlag KG   1995年   
Catalytic Activation of Dinitrogen in "Catalysis-Science and Technology"
Springer-Verlag KG, Berlin-New York   1981年   
Catalytic Activation of Dinitrogen in "Catalysis-Science and Technology"
Springer-Verlag KG   1981年   

Works

 
船舶搭載型脱硝用アンモニア合成プロセスの基礎研究
2000年

競争的資金等の研究課題

 
第二世代アンモニア合成触媒の開発
天然ガスの化学的利用
排ガス浄化触媒の研究

特許

 
1980-7-24特許第1005414号、アンモニア製造用触媒(東京工業大学長)特願昭49-112455
公開昭54-37592
1993-4-8特許第1752008号,炭化水素の製造方法
109676/92-038732
1995-11-8特許第1989193号、炭化水素の製造方法
185990/89-29325
エンジン排気中の窒素酸化物処理システム、特願昭62-176773
公開平1-280617
アンモニア製造用触媒、特願昭63-318139
公開平2-258066