青木 尊之

J-GLOBALへ         更新日: 16/09/29 02:49
 
アバター
研究者氏名
青木 尊之
 
アオキ タカユキ
所属
東京工業大学
部署
学術国際情報センター先端研究部門高性能計算先端応用分野
職名
教授
学位
理学博士(東京工業大学)
科研費研究者番号
00184036

経歴

 
1985年
 - 
1986年
:(株)富士通研究所
 
1986年
 - 
1997年
:東京工業大学 助手
 
1991年
 - 
1992年
:コーネル大学プラズマ研究所 客員研究員
 
1992年
 - 
1993年
:マックス・プランク量子光学研究所 客員研究員
 
1997年
 - 
2001年
:東京工業大学 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1985年
東京工業大学 総合理工学研究科 エネルギー科学
 
 
 - 
1983年
東京工業大学 理学部 応用物理
 

委員歴

 
2008年
 - 
2009年
日本計算工学会  編集委員、評議員
 
2008年
 - 
2009年
可視化情報学会  評議員
 
2008年
 - 
2009年
火薬学会  第36期 評議員
 

受賞

 
2006年
日本機械学会・第19回計算力学部門講演会ビジュアリゼーション・コンテスト優秀賞
 
2005年
第19回数値流体シンポジウム・ベストCFDグラフィクスアワード最優秀賞
 
2007年
JACM (Japan Association for Computational Mechanics) Fellow Award
 
2007年
第12回 計算工学講演会・ベストペーパーアワード
 
2008年
平成19年度 理研ベンチマークコンテスト優勝
 

Misc

 
GPUによるマルチフェーズフィールドシミュレーション
山中晃徳, 小川慧, 青木尊之, 高木知弘
日本計算工学会論文集   2010 20100009   2010年
GPUによるマルチグリッド法を用いた2次元非圧縮性流体解析の高速計算
小川 慧, 青木 尊之
日本計算工学会論文集   2009(20090021)    2009年
フルGPUによるCFDアプリケーション
青木尊之
情報処理   50(2) 107-115   2009年
並列計算技術の最新動向 窶髏€ スパコンと流体アプリケーション 窶髏€
青木尊之
自動車技術   62(5) 27-33   2008年
Conservative form of interpolated differential operator scheme for compressible and incompressible fluid dynamics
Yohsuke Imai, Takayuki Aoki, Kenji Takizawa
Journal of Computational Physics   227(4) 2263-2285   2008年

書籍等出版物

 
はじめてのCUDAプログラミング
工学社   2009年   ISBN:978-4-7775-1477-9
LES 乱流モデルを用いた保存型IDO 法によるチャネル乱流計算
2008年   
CIP法
朝倉書店   2007年   ISBN:978-4-2542-3112-0
離散要素法シミュレーションのアナグリフ立体表示
日経サイエンス   2002年   ISBN:09170626
Direct 3D Simulation for Falling Leaves
Comput. Fluid Dynamics 2000, N.Satofuka ed. Springer   2000年   

講演・口頭発表等

 
High Performance Computing of Phase-Field Simulation for Phase Transformation in Steel by GPU
The 2nd International Symposium on Cutting Edge of Computer Simulation of Solidificatio   2010年   
マルチGPU によるフェーズフィールド相転移計算のスケーラビリティー ~ 40 GPU で 5 TFLOPS の実効性能 ~
2010年ハイパフォーマンスコンピューティングと計算科学シンポジウム   2010年   
Development of Tsunami database in Thailand through supercomputing research collaboration
The 20th Annual Conference the Japan Society for International Development   2009年   
マルチGPUノードにおける3次元Phase Fieldモデルの高速計算
日本機械学会第22回計算力学講演会   2009年   
GPU accelerated computing窶吐rom hype to mainstream, the rebirth of vector computing
Scientific Discovery through Advanced Computing (SciDAC 2009)   2009年   

競争的資金等の研究課題

 
GPU コンピューティング
研究期間: 2001年   
従来グラフィクス処理専門に使われていた GPU は SIMD型アクセラレータであり、HPC 分野のアプリケーションを高速に実行できる。そのための計算手法・アルゴリズムを開発する。
局所補間微分オペレータ法における適合細分化格子法の開発
大規模並列計算
研究期間: 2000年