永田 恭介

J-GLOBALへ         更新日: 19/02/14 03:12
 
アバター
研究者氏名
永田 恭介
 
ナガタ キヨウスケ
eメール
knagatamd.tsukuba.ac.jp
所属
筑波大学
部署
筑波大学
職名
学長

研究分野

 
 

経歴

 
1981年4月
 - 
1981年8月
東京大学 薬学部生理化学教室 研究生
 
1981年9月
 - 
1984年6月
アルバート・アインシュタイン医科大学(米国、ニューヨーク市) 発生生物・癌研究部門 博士研究員
 
1984年7月
 - 
1985年2月
スローンケタリング記念癌研究所(米国、ニューヨーク市) 分子生物・ウイルス研究系 研究員
 
1985年2月
 - 
1991年3月
国立遺伝学研究所 分子遺伝研究部門 助手
 
1991年4月
 - 
1999年3月
東京工業大学 生命理工学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
東京大学 薬学部 薬学科
 
 
 - 
1981年
東京大学 薬学研究科 薬学
 
 
 - 
1978年
東京大学 薬学研究科 薬学専攻
 

委員歴

 
2004年
   
 
バイオ計測研究会  バイオ計測研究会理事
 
2006年
 - 
2009年
日本ウイルス学会  ウイルス学将来構想検討委員会 委員長
 
2004年
   
 
日本ウイルス学会  理事(庶務担当常務理事)
 
1994年
   
 
日本ウイルス学会  将来構想検討委員
 
2007年
   
 
日本生化学会  関東支部運営委員会委員
 

受賞

 
1993年
日本ウイルス学会杉浦奨励賞
 

論文

 
Anti-influenza virus compound from Streptomyces sp. RI18
Takagi, Motoki;Motohashi, Keiichiro;Nagai, Aya;Izumikawa, Miho;Tanaka, Masahiro;Fuse, Shinichiro;Doi, Takayuki;Iwase, Keiichioro;Kawaguchi, Atsushi;Nagata, Kyosuke;Takahashi, Takashi;Shin-ya, Kazuo
Organic Letters      2010年10月
Structure-based discovery of anti-influenza virus A compounds among medicines
Fukuoka, Mayuko;Minakuchi, Moeko;Kawaguchi, Atsushi;Nagata, Kyosuke;Kamatari, Yuji O;Kuwata, Kazuo
Biochimica et Biophysica Acta      2012年2月
Immobilization of fluorous oligosaccharide recognized by influenza virus on polytetrafluoroethylene filter
Tojino, Mami;Mori, Masako;Kasuya, Maria Carmelita Z.;Hatanaka, Kenichi;Kawaguchi, Atsushi;Nagata, Kyosuke;Shirai, Takashi;Mizuno, Mamoru
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS      2012年1月   [査読有り]
Immobilization of fluorous oligosaccharide recognized by influenza virus on polytetrafluoroethylene filter
Tojino, Mami;Mori, Masako;Kasuya, Maria Carmelita Z.;Hatanaka, Kenichi;Kawaguchi, Atsushi;Nagata, Kyosuke;Shirai, Takashi;Mizuno, Mamoru
BIOORGANIC & MEDICINAL CHEMISTRY LETTERS      2012年1月   [査読有り]
Kuroki, Takahiro; Lee, Sangjoon; Hirohama, Mikako; Taku, Tomohiro; Kumakura, Michiko; Haruyama, Takahiro; Nagata, Kyosuke; Kawaguchi, Atsushi
FRONTIERS IN MICROBIOLOGY   9    2018年5月

書籍等出版物

 
基礎コース細胞生物学
永田,恭介;S.R.Bolsover;E.A.Shephard;H.A.White;J.S.Hyams (担当:監修)
John Wiley & Sons,Inc.   2013年9月   ISBN:9784807908196
酵母を宿主とするインフルエンザウイルスレプリコン系の開発
内藤忠相;永田恭介 (担当:監修)
バイオインダストリー   2011年   
分子生物学に魅せられた人々
永田恭介
株式会社東京化学同人   2011年   
21世紀の分子生物学
永田恭介
株式会社東京化学同人   2011年   
第15回国際ウイルス学会議速報
永田恭介;川口敦史 (担当:監修)
ウイルス   2011年   

講演・口頭発表等

 
インフルエンザウイルスvRNPの輸送の方向性を決定する分子機構
Nagata,Kyosuke
第13回ウイルス学キャンプin湯河原   2016年8月30日   ウイルス学キャンプ実行委員会
HP1BP3とヒストンシャペロンによる遺伝子再現調節
Nagata, Kyosuke;久岡 美晴;Jianhuang, Lin
第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   日本分子生物学会事務局/日本生化学会事務局
PRC2のインフルエンザウイルスゲノムの核外輸送制御における役割
Nagata, Kyosuke;田原 浩昭;三谷 昌平;小原 雄治
第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   日本分子生物学会事務局/日本生化学会事務局
減数分裂期の非対合染色体サイレンシングにおけるヘテロクロマチン蛋白の同定
Nagata, Kyosuke;田原 浩昭;三谷 昌平;小原 雄治
第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   日本分子生物学会事務局/日本生化学会事務局
ヒストンH1ユビキノン化によるG1-S遺伝子群の転写制御
Nagata, Kyosuke;加藤 広介
第38回日本分子生物学会年会/第88回日本生化学会大会 合同大会   2015年12月1日   日本分子生物学会事務局/日本生化学会事務局

Works

 
ウイルス感染におけるクロマティン制御
永田, 恭介   その他   
2005 春木宏仁
Gene silencing and histone modification by JDP2, a repressor that binds to the AP-1 regulatory sequence, during the differentiation of F9 embryonic carcinoma cells.
永田, 恭介   その他   
2005 Bingbing L, Yamasaki T, Chunyuan J, Nakade K, Katoh K, Nagata K, Murata T, Yokoyama K.

競争的資金等の研究課題

 
ストレス応答の分子機構に関する研究
企業からの受託研究
研究期間: 2000年 - 2002年
インフルエンザウイルスの複製の分子構造解析
財団法人 東京都医学総合研究所: 出資金による受託研究
研究期間: 2009年4月   
インフルエンザウイルス(以下「FluV」という)由来のRNAポリメラーゼサブユニットPA-PB1複合体(以下「PA-PB1」という)の結合を阻害する二化合物(以下併せて「本化合物」という。)の構造情報の甲から乙への開示後の、乙による生物活性の再現性評価研究。甲が研究し保有する評価系(以下「本評価系」という。)の乙への技術移管を含めた評価系に関する研究
国内共同研究
研究期間: 2011年3月   
細胞がん化の分子機構
抗ウイルスの分子機構
科学研究費補助金

特許

 
特願2009-015497 : PA-PB1
永田恭介;川口敦史
特願2009-121376 : インフルエンザウイルス由来のRNAポリメラーゼPB1-PB2タンパク質の発現系構築と結晶化
永田恭介;川口敦史;朴三用;尾林栄治
PCT/JP2009/062140 : インフルエンザウイルス由来のRNAポリメラーゼ発現系構築と結晶化及び抗インフルエンザ薬のスクリーニング方法
永田恭介;川口敦史;朴三用;尾林栄治