吉野 晃

J-GLOBALへ         更新日: 17/10/20 02:52
 
アバター
研究者氏名
吉野 晃
 
ヨシノ アキラ
eメール
hoptiwgmail.com
所属
東京学芸大学
部署
教育学部 人文科学講座
職名
教授
学位
博士(社会人類学)(東京都立大学大学院社会科学研究科), 文学修士(東京都立大学大学院社会科学研究科)

研究分野

 
 

学歴

 
 
 - 
1990年
東京都立大学大学院 社会科学研究科博士課程 社会人類学
 
 
 - 
1980年
埼玉大学 教養学部 文化人類学
 

Misc

 
タイ北部のミエンにおける歌と歌謡語(2)ー「後生娘子歌」発音と注釈ー
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ    (68) 47-58   2017年1月
〈歌〉の詠唱法と儀礼への応用:タイ北部、ユーミエン(ヤオ)の新たな宗教現象に関する調査の中間報告2
吉野晃
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ   (67) 105-112   2016年1月
ユーミエン(ヤオ)の農作業における労働交換―タイ北部におけるユーミエンの焼畑耕作報告(2)及びその後の変化―
吉野 晃
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ   (65) 105-114   2014年1月
.ユーミエンにおける〈家先〉祭祀―タイと藍山県との〈家先単〉の比較―
吉野 晃
瑶族文化研究所通訊   (4) 82-87   2013年12月
廟と女性シャマン―タイ北部,ユーミエン(ヤオ)の新たな宗教現象に関する調査の中間報告―
吉野晃
東京学芸大学紀要 人文社会科学系Ⅱ   64 115-123   2013年1月

書籍等出版物

 
多文化共生教育に関わる教科書研究
東京学芸大学人文社会科学系地域研究分野(東京都)   2917年3月   
ミエン・ヤオの歌謡と儀礼
大学教育出版(岡山)   2016年4月   ISBN:978-4-86429-364-8
積徳行と社会文化動態に関する地域間比較研究―東アジア・大陸東南アジア地域を対象として― (CIAS Discussion Paper No.46)
京都大学地域研究統合情報センター(京都)   2015年3月   
東南アジア大陸部 山地民の歴史と文化
言叢社(東京)   2014年3月   ISBN:978-4-86337-157-6
中国の民族文化資源―南部地域の分析から―
風響社(東京)   2014年3月   

講演・口頭発表等

 
〈歌〉の詠唱法と儀礼への応用―タイ北部、ユーミエン(ヤオ)社会における新たな宗教現象に関する中間報告3―
日本文化人類学会第49回研究大会   2015年5月   
固定的祭祀施設・女性シャマン・文化復興運動―タイ北部、ユーミエンj(ヤオ)社会における新たな宗教現象に関する中間報告2
日本文化人類学会第48回研究大会   2014年5月   
廟の建設と女性祭祀者の出現―タイ北部,ユーミエン社会における新しい宗教現象―
日本タイ学会2013年度(第15回)研究大会   2013年7月   
女性シャマンと歌―タイ北部,ユーミエン(ヤオ)社会における新たな宗教現象に関する中間報告―
日本文化人類学会第47回研究大会   2013年6月   
ユーミエンにおける〈家先〉祭祀―タイと藍山県との〈家先単〉の比較―
第二届國際瑤族傳統文化研討會―資源與創意―   2012年8月   

Works

 
エスニックマーカーとしての道教宗派
200803
タイ北部におけるユーミエン(ヤオ)族の核家族化と祭祀・儀礼知識の変化に関する研究
2000-
タイ北都における山地民族の出稼ぎの研究-ミエン・ヤオ族の出稼ぎとその社会的影響に関する実態調査-
1996-200
タイ北部におけるミエン・ヤオ族の近年の社会=文化的変化に関する調査
1995-
福島県東白川郡鮫川村における民俗の現地調査
1991-199

競争的資金等の研究課題

 
社会人類学 タイ北部におけるユーミエン(ヤオ)の親族組織、儀礼体系、生態適応、エスニシティ、文化復興運動,歌謡に関する研究