大谷 幸利

J-GLOBALへ         更新日: 17/11/30 11:43
 
アバター
研究者氏名
大谷 幸利
 
オオタニ ユキトシ
URL
http://www.otanilab.org/
所属
宇都宮大学
部署
先端光工学専攻/オプティクス教育研究センター
職名
教授

研究分野

 
 

経歴

 
2016年4月
 - 
現在
中央大学 理工学部 兼任講師
 
2015年4月
 - 
現在
宇都宮大学 工学研究科 先端光工学専攻 教授
 
2010年
 - 
現在
- :宇都宮大学オプティクス教育研究センター 教授
 
1999年
 - 
2010年
:東京農工大学工学部機械システム工学科 助教授・准教授
 
2010年
   
 
:東京農工大学工学部機械システム工学科 非常勤講師
 
2006年
 - 
2006年
:新潟大学大学院自然科学研究科 非常勤講師
 
2004年
 - 
2005年
:アリゾナ大学光科学研究所・Visiting professor
 
1998年
 - 
2000年
:株式会社テクノアーツ研究所 技術アドバーザー
 
1991年
 - 
1998年
:東京農工大学工学部機械システム工学科 助手 
 
1990年
 - 
1991年
:HOYA株式会社オプトロニクス事業センター 
 

委員歴

 
2016年
 - 
現在
オプトメカトロニクス国際会議(ISOT 2016 Itabashi, Tokyo)  実行委員長
 
2016年
 - 
現在
OPJ2016  実行委員長
 
2015年1月
 - 
現在
日本光学会偏光計測・制御技術研究グループ  世話人
 
2015年
 - 
現在
SPIE  Symposia committee
 
2015年
 - 
現在
Optik  Associate editor
 
2014年4月
 - 
現在
精密工学会メカノフォトニクス専門委員会  副委員長
 
2016年3月
 - 
2012年4月
精密工学会  理事
 
2009年
 - 
2012年
日本機械学会  機素潤滑設計部門機械設計技術企画委員会副委員長・委員長
 
2010年
 - 
2012年
SPIE  Membership committee
 
2006年
 - 
2007年
日本機械学会  機素潤滑設計部門機械設計技術企画委員会幹事
 
2003年
 - 
2005年
精密工学会  企画委員会2G幹事
 
2004年
   
 
日本機械学会  機素潤滑設計部門機械設計技術企画委員会委員
 
2000年
 - 
2003年
精密工学会  フォトニクス技術における新原理と要素技術に関する研究調査分科会 幹事
 
2003年
   
 
精密工学会  メカノフォトニクス専門委員会 幹事
 
2000年
 - 
2002年
日本光学会  常任幹事
 
2002年
   
 
応用物理学会  光波センシング技術研究会 常任幹事
 
1999年
   
 
精密工学会  校閲委員会協力委員
 

受賞

 
2015年
日本機械学会 機素潤滑設計部門優秀講演
 
2012年
ISOT2012 (Paris France) Best poster award
受賞者: 金森雄一,大谷 幸利
 
2010年
SPIE Fellow (国際光工学会)
 
2004年
精密工学会2004年精密工学会春季大会学術講演会 ベストオーガナイザー賞(メカノフォトニクス)
 
2003年
精密工学会2003年精密工学会秋季大会学術講演会 ベストオーガナイザー賞(メカノフォトニクス)
 

Misc

 
Y.Otani, Y.Matsuba, T.Yoshizawa
Proc.SPIE, “Optomechatoronics Systems III”   216-219   2001年
Y.Otani, Y.Matsuba, A.Osaka
Proc.SPIE “Optomechatoronics Systems IV”   83-86   2002年
Y.Otani, M.Takahashi, L.Jin, H.Kowa, N.Umeda
Proc.SPIE   134-137   2003年
山本将之,殿岡雅仁,大谷幸利,吉澤 徹
精密工学会誌   64(8) 1171-1175   1998年
山本将之,殿岡雅仁,大谷幸利,吉澤 徹,天野覺
精密工学会誌   65(8) 1111-1115   1999年

書籍等出版物

 
光学技術の事典
大谷 幸利 (担当:分担執筆, 範囲:「45. 偏光素子」,「59.偏光計測」)
朝倉書店   2014年   
Ellipsometry at the Nanoscale
Yasuhiro Mizutani, 大谷 幸利 (担当:分担執筆, 範囲:8. Ellipsometry at the Nanostructure)
Springer   2013年   
Handbook of 3D Machine Vision
大谷 幸利 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter 11 Uniaxial 3D Shape Measurement)
CRC press   2013年   
Optical Nano and Micro Actuator Technology
George K. Knopf,  幸利 (担当:共著)
CRC Press   2012年   
アクチュエータ研究開発の最前線
大谷 幸利 (担当:分担執筆, 範囲:第2編第5章5節「光駆動による次世代ナノ・マイクロアクチュエータの開発」)
エヌ・ティー・エス   2011年   
Handbook of Optical Metorology, Principles and Applications
大谷 幸利 (担当:分担執筆, 範囲:Chapter26 Birefringence Measurement)
CRC Press   2009年   
Proceedings of SPIE Volume 7266 Optomechatronic Actuators and Manipulation IV, ISOT 2008 (2008).
SPIE   2008年   
光学用透明樹脂における材料設計と応用設計
技術情報協会   2007年   ISBN:978-4-86104-149- C3
”第5章 縞解析法”,三次元工学2 光三次元・産業への応用
アドコムメディア   2007年   
Proceedings of SPIE Volume 6715 -- Optomechatronic Actuators and Manipulation III
The Society of Photo-Optical Instrumentation Engineers   2007年   
Proceedings of SPIE 6374 Optomechatronic Actuators, Manipulation, and Systems Control
SPIE   2006年   
最新光三次元計測
朝倉書店   2006年   ISBN:4-254-20129-X
3次元画像用語事典
新技術コミュニケーションズ   2000年   
O plus E シリーズ (2) 光ヘテロダイン技術, ”3.光ヘテロダイン干渉法”,
新技術コミュニケーションズ   1994年   
光三次元計測(1), ”3.1 光切断法の原理と応用”
新技術コミュニケーションズ   1993年   

講演・口頭発表等

 
キーノートスピーチ:光による形状計測
精密工学会秋季学術講演会   1998年   
キーノートスピーチ:メカノフォトニクス
精密工学会秋季学術講演会   2004年   
偏光分光干渉による2次元複屈折分散計測法
第7回光波シンセシス研究会   2003年   
イントロダクトリートーク「最近の格子パターン投影法を用いた形状計測」
平成12年度日本光学会北陸信越講演会   2000年   
偏光分光干渉による2次元複屈折分散計測法
平成15年度日本光学会北陸信越講演会   2003年   

Works

 
音響光学素子
1991年 - 1991年
周波数シフタに関する研究
1990年 - 1990年
光アイソレータ
1991年 - 1991年
Non-contact 3D shape measurement system(patent)
1993年 - 1993年
Acoustooptic modulator
1991年 - 1991年

競争的資金等の研究課題

 
三次元形状計測に関する研究
研究期間: 1992年   
偏光解析
研究期間: 1992年   
光駆動アクチュエータ
研究期間: 1996年   
2次元複屈折分散計測
研究期間: 1994年   
2次元複屈折測定