船倉 正憲

J-GLOBALへ         更新日: 10/10/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
船倉 正憲
 
フナクラ マサノリ
所属
東京農工大学
部署
工学研究院 言語文化科学部門 工学研究院 言語文化科学部門
職名
教授
学位
文学修士(東京教育大学)
その他の所属
東京農工大学東京農工大学

研究分野

 
 

経歴

 
1972年
 - 
1973年
:立正女子大学非常勤講師 (英語)
 
1973年
 - 
1975年
:熊本大学教養部助手に採用
 
1975年
 - 
1978年
:熊本大学教養部講師に昇格
 
1978年
 - 
1980年
:熊本大学教養部助教授に昇格
 
1980年
 - 
1983年
:岡山大学教養部助教授に転任
 

学歴

 
 
 - 
1972年
東京教育大学大学院文学研究科修士課程 文学研究科 英文学専攻
 

委員歴

 
2002年
   
 
日本記号学会  監事
 
2007年
   
 
日本記号学会  理事
 
2003年
   
 
地球マネジメント学会  評議員
 

Misc

 
テクノフィーリアとバイオフィーリアの共生
船倉 正憲
地球マネジメント学会通信   (79) 1-10   2008年
大学教育における英語教育
船倉 正憲
東京農工大学大学教育ジャーナル   (創刊) 17-26   2005年
テクノフィーリアとバイオフィーリアの共生共同体をめざして
船倉 正憲
地球マネジメント学会通信   (89) 15-28   2009年
Razionalita e casualita nella cultura etcnologica: intelligenza tecnologica e intelligenza sociale
Masanori, FUNAKURA
L'enigma del caso: fatti, ipotesi e immagini   199-211   2007年
Micro Rationality-Randomness and Macro Rationality in Tool Culture: Reciprocity Between Technological and Social Intelligences
Masanori FUNAKURA
Yearbook of the Artificial   (Volumes 5) 115-127   2008年

書籍等出版物

 
記号学を超えて
法政大学出版局   2005年   
Writers Today「Malcolm Bradley」『英語青年』133-5
研究社   1987年   
ホモセクシュアルとは
法政大学出版局   1996年   
ベアトリーチェの身体
法政大学出版局   1995年   
寓意と表彰・再現
法政大学出版局   1994年   

講演・口頭発表等

 
地球環境の「共有」の自覚から――持続型社会の形成に向けて
地球マネジメント学会(東洋大学)   2004年   
「共生」的/「参画」的発想
地球マネジメント学会(東洋大学)   2003年   
Naturoid Between Nature and Technology: Response to Massimo Negrotti's "Nature, Technology and Naturoids"
International Workshop: 'What is "Kyosei" now?--Between Italy and Japan'   2006年   
西洋における環境保護の意識の芽生え
地球マネジメント学会第17回大会   2010年   
Japanese Material Culture Before Meeting Western Technology: Japanese Culture Reconsidered in Reference to Cjance
6th International Conference on the Culture of the Artififical: Caso naturale, caso artificiale.   2007年   

競争的資金等の研究課題

 
言語・記号圏と文化空間の記号論的解釈
自然-人工環境の記号論的解釈
研究期間: 2004年   
情報流通の記号論