NAOTO KISHI

J-GLOBAL         Last updated: Jul 9, 2019 at 04:05
 
Avatar
Name
NAOTO KISHI
URL
http://www.opt.cei.uec.ac.jp/kishi.html
Affiliation
The University of Electro-Communications
Section
Graduate School of Informatics and Engineering, School of Informatics and Engineering, "Department of Computer and Network Engineering, Cluster II (Emerging Multi-interdisciplinary Engineering)"
Job title
Professor
Research funding number
10195224

Profile

1982-1984 studies of microwave planar-circits and coupled optical fibres
1984-1987 studies of axially nonsymmetrical optical fibres
1987-1989 studies of microwave planar-circits and axially nonsymmetrical optical fibres
1989-1995 studies of optical fibre lasers, microwave photonics, and acoust-optic devices
1996-1999 studies of optical fibre circuits and optican sensings
1999- studies of optical fibre circuits, optical networks,
all-optical signal processings, and optical access systems

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1987
 - 
Mar 1990
助手, 電気通信大学電子工学科
 
Mar 1990
 - 
Sep 1991
Overseas Research Fellow/Visiting Fellow, University of Southampton
 
Apr 1990
 - 
Sep 1992
講師, 電気通信大学電子工学科
 
Oct 1992
 - 
Mar 1999
助教授, 電気通信大学電子工学科
 
Apr 1999
 - 
Mar 2007
助教授, 電気通信大学情報通信工学科
 

Education

 
Apr 1975
 - 
Mar 1978
全日制普通科, 東京都立府中東高等学校
 
 
 - 
Mar 1982
応用電子工学科, Faculty of Electro Communications, The University of Electro-Communications
 
Apr 1982
 - 
Mar 1984
Department of Applied Electronics, Graduate School, Faculty of Electro Communications, The University of Electro-Communications
 
Apr 1984
 - 
Mar 1987
Department of Electronic Engineering, Graduate School, Faculty of Engineering, The University of Tokyo
 

Awards & Honors

 
Mar 2011
第26回電気通信普及財団賞(テレコムシステム技術賞), 電気通信普及財団
 
Dec 2005
Thailand, ICOSN2005 Good quality paper award, Fourth Interrnational Conference on Optical Communications and Networks
 
Mar 1989
電子情報通信学会学術奨励賞
 

Published Papers

 
Fang Shang, Naoto Kishi, and Akira Hirose
IEEE Transactions on Geoscience and Remote Sensing   57(6) 3767-3777   Jun 2019   [Refereed]
A novel data filtering algorithm for fully polarimetric synthetic aperture radar (PolSAR) based on the degree of polarization (DoP) information is proposed. We define the homogeneity degree and polarization independence degree using the DoP info...
松本浩希, 來住直人
電子情報通信学会論文誌B   J101-B(12) 1055-1057   Dec 2018   [Refereed]
NRZ-to-RZ変換と波長マルチキャストを一括で実現する方法を提案した。クロック光数を増やすことで、エラーフリーでマルチキャストされる光の数を、OOK信号では19波長、DPSK信号では10波長までに高めた。
Automatic-zooming-type window size optimization for PolSAR data Interpretation
Masanari Sugita, Naoto Kishi, and Fang Shang
International Geoscience and Remote Sensing Symposium(IGARSS 2018)   WEP1.PD1    Jul 2018   [Refereed]
Irneza Ismail1, Naoto Kishi, Wan Zakiah Wan Ismail, Musab Sahrim, Juliza Jamal
Advanced Science Letters   24(3) 1676-1679   Mar 2018   [Refereed]
An all-optical demultiplexing of 40-Gb/s DPSK OTDM channels by using Raman-amplifier-soliton-compressor (RASC) flexible control-window is demonstrated. In comparison with other scheme, the function of RASC is not only as a control gate controller bu...
Quynh Nguyen Quang Nhu, Hung Nguyen Tan, Quang Nguyen-The, Motoharu Matsuura, and Naoto Kishi
IEICE Transactions on Electronics, Special Section on Recent Advance in Photonics Technologies and Their Applications   E99-C(8) 227-234   Feb 2016   [Refereed]
Performance of a distributed Raman amplifier-based pulse compressor for a phase modulated signal is investigated. Pulsewidth is continuously compressed in the range between 20 and 3.2 ps.

Misc

 
光ファイバ通信
來住直人
電子情報通信学会東京支部学生会会報   19 13-18   2014   [Invited]
Optical fiber communication systems: an essential infrastructure for 21st century
Naoto Kishi
Information and Communication Technology Review (Computer Association of Nepal)   1(2) 10-13   Sep 2001
光ファイバを用いたパッシブデバイス
來住直人
オプトロニクス   154-158   Feb 2000
光ファイバの非線形現象とその応用(講座「非線形分光法:原理と応用」
來住直人
分光研究   47(6) 286-298   Dec 1998   [Refereed]

Books etc

 
電子材料ハンドブック
木村忠正, 八百隆文, 奥村次徳, 豊田太郎 編 (著者は多数につき省略) (Part:Joint Work, 7.8節 光ファイバ材料)
朝倉書店   Nov 2006   
非線形分光法
霜田光一, 笠原俊二, 馬場正昭, 加藤肇, 高柳正夫, 岡本裕巳, 藤井正明, 築山光一, 小林俊介, 田原太平, 富永圭介, 藤村勇一, 和田昭英, 堂免一成, 廣瀬千秋, 寺嶋正秀, 來住直人 (Part:Joint Work, XII 光ファイバの非線形現象とその応用)
日本分光学会   May 1999   

Conference Activities & Talks

 
ストークスベクトルに基づくLバンドPOLSARデータを用いた針葉樹林と広葉樹林の識別
斉藤大河, 尚方. 來住直人
電子情報通信学会技術研究報告   17 May 2019   電子情報通信学会
ストークスベクトルに基づくパラメータの一つが、森林の識別に非常に有用であることを示す。 ALOS2-PALSAR2 データを用いて、このパラメータが針葉樹林と広葉樹林を区別するのに優れた性能を持つことを示す。
微細型3コア光ファイバの伝搬特性
小林豪太, 來住直人
電子情報通信学会技術研究報告   16 May 2019   電子情報通信学会
点整合法と群論を用いた解析法により微細型3コア光ファイバの伝搬特性の解析を行い、複数のコアを微細に配置した場合の伝搬特性への影響を検討し、コア半径と比屈折率の積が重要なパラメータとなることが判明した。
高非線形ファイバを用いたパルス圧縮及びNRZ-to-RZ波形変換の一括信号処理動作
寺師一輝, 横田嶺. 來住直人
電子情報通信学会技術研究報告   11 Oct 2018   電子情報通信学会
WDMからOTDMへの多重化方式変換を行う際に必要となるNRZ波形からRZ波形への変換と多重度を高めて多くの情報を伝達できるパルス圧縮があるが、 2つの光信号処理を一つの高非線形ファイバで一括動作させた。先行研究ではOOK信号のみでエラーフリーを達成していたが、本報告ではDPSK信号に注目した。結果,DPSK信号を用いてパルス圧縮及び波形変換する一括処理動作でエラーフリーを達成した。
パルス圧縮を適用したOOK信号に高非線形ファイバにおける相互位相変調を用いたOTDM-to-WDM変換
池畑徹, 横田嶺. 來住直人
電子情報通信学会技術研究報告   11 Oct 2018   電子情報通信学会
全光信号処理によるOTDM-to-WDM変換実現のため,相互位相変調を利用した信号変換について検討し、相互位相変調に利用するクロック信号とデータ信号の両信号をパルス圧縮する構成により信号変換を行った。OOK信号について波長変換量2.29nmの時エラーフリーを達成した。
波長多重信号における光フーリエ変換を用いた歪補償可変遅延線
横田嶺, 高久優斗, 來住直人
電子情報通信学会技術研究報告   15 Feb 2018   電子情報通信学会
全光信号処理のためのタイミング制御素子である光可変遅延線を、相互位相変調と光ファイバの波長分散によって実現される光フーリエ変換と四光波混合による波長変換を用いることで、低歪みで遅延時間の可変が可能な歪補償可変遅延線が実現できる。本報告においてはこの光可変遅延線を波長多重信号に対して適用して一括して遅延時間を与えることを試み、波長多重信号において歪補償可変遅延線であることを明らかにした。

Teaching Experience

 

Patents

 
2626726,2626726 : 光ファイバ形位相素子

Others

 
2016
博士前期課程1年の横田嶺が、電子情報通信学会光ファイバ応用技術研究会の2016年度学生奨励賞を受賞。