板倉 直明

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
板倉 直明
 
イタクラ ナオアキ
eメール
itase.uec.ac.jp
URL
http://www.italab.inf.uec.ac.jp/
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域情報学専攻、Ⅰ類 (情報系)
職名
教授
学位
工学博士(慶應義塾大学)
科研費研究者番号
30223069

プロフィール

1)機能的電気刺激に関する研究(1984~1991)
2)生理的振戦に関する研究(1990~ )
3)道路交通シミュレータに関する研究(1990~ )
4)筋電図からの動作推定に関する研究(1990~2000)
5)筋線維伝導速度に関する研究(1998~ )
6)視線入力インタフェースに関する研究(1995~ )
7)眼電図に関する研究(2000~ )
8)脳波入力インタフェースに関する研究(1998~ )

経歴

 
1990年4月
 - 
1993年3月
電気通信大学電気通信学部 助手
 
1993年4月
 - 
1996年3月
電気通信大学電気通信学部 講師
 
1996年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2009年3月
電気通信大学電気通信学部 准教授
 
2009年4月
   
 
電気通信大学電気通信学部 教授
 

学歴

 
1977年4月
 - 
1980年3月
神奈川県立横浜翠嵐高校 普通科 
 
 
 - 
1985年3月
慶應義塾大学 理工学部 電気工学科
 
 
 - 
1987年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 電気工学専攻
 
 
 - 
1990年3月
慶應義塾大学 理工学研究科 電気工学専攻
 

委員歴

 
1996年
   
 
日本生理人類学会  和文誌編集委員会
 
2004年
   
 
日本生理人類学会  評議委員会
 
2005年
   
 
計測自動制御学会  論文集委員会
 
2009年5月
 - 
2010年4月
電子情報通信学会  電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究専門委員会 副委員長
 
2010年5月
 - 
2011年4月
電子情報通信学会  電子情報通信学会MEとバイオサイバネティックス研究専門委員会 委員長
 

受賞

 
2000年6月
日本シミュレーション学会研究賞
 

論文

 
Shogo Matsuno, Tota Mizuno, Hirotoshi Asano, Kazuyuki Mito, Naoaki Itakura
Artificial Life and Robotics   23(3) 367-372   2018年9月   [査読有り]
The analyze of conducting waves of lower leg muscle using Multichannel Surface EMG
Marzieh Aliabadi Farahani, Misa Takagi, Kota Akehi, Kazuyuki Mito, Tota Mizuno, Naoaki Itakura
UPON 8th International Conference on Unsolved Problems on Noise   71-72   2018年7月   [査読有り]
A study on simple measurement of mental and physical burden of patients during dental treatment
Hirotaka Asada, Kota Akehi, Marzieh Aliabadi Farahani, Naoaki Itakura, Tota Mizuno
UPON 8th International Conference on Unsolved Problems on Noise   117-118   2018年7月   [査読有り]
Study on mental load measurement of center of gravity fluctuation in sitting position
Shuhei Sakamoto, Kota Akehi, Marzieh Aliabadi Farahani, Naoaki Itakura, Tota Mizuno
UPON 8th International Conference on Unsolved Problems on Noise   140-141   2018年7月   [査読有り]
Investigate of feeling estimation for content viewer focusing on skin surface temperature distribution using facial thermal images
Tomoyuki Murata, Kota Akehi, Marzieh Aliabadi Farahani, Kazuyuki Mito, Naoaki Itakura, Tota Mizuno
UPON 8th International Conference on Unsolved Problems on Noise   136-137   2018年7月   [査読有り]

Misc

 
歩行者の移動行動をファジィ・モデルでシミュレートする方法
猪飼國夫,板倉直明,本多中二
パソコンリテラシ   25(9) 37-42   2000年9月   [査読有り]

書籍等出版物

 
次世代ヒューマンインタフェース開発最前線
高トククン、板倉直明、水戸和幸、水野統太 (担当:共著, 範囲:Eye Gesture入力インタフェースの開発)
エヌ・ティー・エス出版社   2013年6月   
RECENT ADVANCES IN BRAIN-COMPUTER INTERFACE SYSTEMS
Natsue Yoshimura, Naoaki Itakura (担当:共著, 範囲:Chapter 6 Usability of Transient VEPs in BCIs)
INTECH   2011年2月   
月刊ディスプレイ 2006年4月号
板倉 直明 (担当:共著, 範囲:視線入力装置の原理)
テクノタイムズ社   2006年4月   
人間の許容限界事典
板倉直明 (担当:共著, 範囲:4.老化)
朝倉書店   2005年10月   
生理人類士入門
板倉直明 (担当:共著, 範囲:生体情報処理)
国際文献印刷社   2003年9月   

講演・口頭発表等

 
信号注視を押しボタンの代用とした画像解析による横断要求者検出アルゴリズムの検討
辻 叡、板倉直明、水野統太、水戸和幸、明比宏太、Marzieh Aliabadi Farahani、風間 洋、戸羽拓馬
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会   2018年9月7日   
スマートデバイス向け手首動作入力インタフェースの検討
松浦隼人、Marzieh Aliabadi Farahani、明比宏太、水戸和幸、水野統太、板倉直明
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会   2018年9月7日   
画像処理によるEye Glance入力インタフェースの多選択肢化に関する検討
明比宏太 Marzieh Aliabadi Farahani、水戸和幸、水野統太、板倉直明
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会   2018年9月7日   
コンテンツ閲覧者の自律神経系活動評価のための顔面皮膚温度分布特徴の検討
村田禎侑,明比宏太,Aliabadi Farahani Marzieh,水戸和幸,板倉直明,水野統太
平成30年電気学会電子・情報・システム部門大会   2018年9月7日   
指先の触知軌跡と触知ピクトグラムの識別容易性の関係
吹田裕介、水野統太、板倉直明、水戸和幸
日本人間工学会第59回大会   2018年6月2日   

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
携帯端末に適応した視線・脳波入力インタフェースシステム
研究期間: 2016年4月 - 2018年3月    代表者: 板倉直明
脳波と自律神経反応を利用する視線入力インタフェース
研究期間: 2009年4月 - 2011年3月    代表者: 板倉直明
脳波情報を利用するヘッドマウントディスプレイ型視線入力インターフェース装置の研究
研究期間: 2000年4月 - 2002年3月    代表者: 板倉直明
筋機能のエキスパート的解釈を可能とするニューラルネットワークの研究
研究期間: 1995年4月 - 1996年3月    代表者: 板倉直明