田端 正久

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/31 04:30
 
アバター
研究者氏名
田端 正久
 
タバタ マサヒサ
eメール
tabatawaseda.jp
所属
早稲田大学
部署
理工学術院 基幹理工学部
職名
特任教授
学位
理学博士(京都大学)
科研費研究者番号
30093272

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
東京大学生産技術研究所助手
 
 
   
 
京都大学理学助手
 
 
   
 
電気通信大学助教授,教授
 
 
   
 
広島大学教授
 
 
   
 
九州大学教授
 

学歴

 
 
 - 
1969年
京都大学 理学部 数学科
 
 
 - 
1972年
京都大学 理学研究科 数学専攻
 

受賞

 
2003年9月
日本応用数理学会 日本応用数理学会論文賞JJIAM部門 近似j領域における有限要素解の一様可解性
 
JJIAM部門論文賞

論文

 
M. Lukacova-Medvid'ova, H. Mizerova, H. Notsu, and M. Tabata
ESAIM: Mathematical Modelling and Numerical Analysis      2017年
M. Tabata and S. Uchiumi
Mathematics of Computation      2017年
M. Tabata and S. Uchiumi
Japan Journal of Industrial and Applied Mathematics   33 121-143   2016年
H. Notsu and M. Tabata
ESAIM: Mathematical Modelling and Numerical Analysis   50(2) 361-380   2016年
H. Notsu and M. Tabata
Journal of Scientific Computing      2015年

書籍等出版物

 
偏微分方程式の数値解析
田端正久
岩波書店   2010年12月   ISBN:978-4-00-005979-4
偏微分方程式から数値シミュレーションへ/計算の信頼性評価
田端正久, 中尾充宏
講談社   2008年12月   ISBN:978-4-06-157805-0
微分方程式の数値解法II
田端 正久
岩波書店   1994年4月   ISBN:4-00-010803-4

講演・口頭発表等

 
オセーン型拡散ペターリンモデルのための圧力安定化ラグランジュ・ガレルキン有限要素スキーム
2015年3月17日   
二流体問題のためのエネルギー安定ラグランジュ・ガレルキン有限要素スキーム
2014年8月26日   
ナヴィエ・ストークス問題のためのガレルキン特性曲線有限要素スキーム
2014年3月26日   
二流体問題のためのエネルギー安定ガレルキン特性曲線界面追跡スキーム
2013年6月19日   
移流拡散問題のための数値積分不要特性曲線法
2012年9月5日   

競争的資金等の研究課題

 
ホログラフィックデータストレージの開発
「スーパープルム」発生および遷移の相互作用に関する数値実験
地球深部ダイナミクスの数値シミュレーション
ガレルキン特性曲線有限要素法による数値解析の展開
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(C))
流体現象のマクロ構造とメゾ構造解明のための解析理論の構築
科学研究費助成事業(早稲田大学): 科学研究費助成事業(基盤研究(S))