藤間 昌一

J-GLOBALへ         更新日: 18/10/19 03:18
 
アバター
研究者氏名
藤間 昌一
 
フジマ シヨウイチ
所属
茨城大学
部署
理工学研究科(理学野)数学・情報数理領域
職名
准教授
学位
博士(理学)(広島大学), 工学修士(電気通信大学)
科研費研究者番号
00209082
ORCID ID
0000-0002-4024-0151

研究分野

 
 

経歴

 
1988年4月
 - 
1994年3月
電気通信大学 電気通信学部情報工学科 助手
 
1994年4月
 - 
1997年3月
広島大学 理学部数学科 助手
 
1997年4月
 - 
1998年2月
九州大学 工学部機械工学科 助手
 
1998年3月
 - 
2007年3月
茨城大学 理学部 助教授
 
2007年4月
   
 
茨城大学 理学部 准教授
 

委員歴

 
2010年10月
 - 
2012年9月
日本数学会  応用数学分科会委員
 
2003年4月
 - 
2006年3月
日本応用数理学会  学会誌編集委員
 
2004年10月
 - 
2009年10月
日本応用数理学会  欧文論文誌分野補助編集委員
 
2006年9月
   
 
日本計算工学会  講演会論文集編集委員
 

論文

 
Shoichi Fujima and Humio Ichimura
Experimental Mathematics      2016年10月   [査読有り]
Shoichi Fujima and Humio Ichimura
Functiones et Approximatio Commentarii Mathematici   52(2) 299-309   2015年   [査読有り]
Effectiveness of higher-order numerical integration in characteristic finite element methods
Shoichi Fujima
H. Fujita and M. Nakamura(eds.), Proceedings of the 4th JSIAM-SIMAI Seminar on Industrial and Applied Mathematics, (GAKUTO International Series, Mathematical Sciences and Applications, Vol.28)   11-20   2008年4月
Robustness of a Characteristic Finite Element Scheme of Second Order in Time Increment
Masahisa Tabata, Shoichi Fujima
C. Groth and D.W.Zingg(eds.), Computational Fluid Dynamics 2004 (Proceedings of the Third International Conference on Computational Fluid Dynamics, ICCFD3, Toronto, 12-16 July 2004), Springer-Verlag Berlin Heidelberg   177-182   2006年7月   [査読有り]
An effective solver of a mass-conservative upwind finite element scheme for the density dependent Navier-Stokes equations
Shoichi Fujima,Osamu kawaguchi,Satoshi Kaizu,Masahisa Tabata
The 6th World Congress on Computational Mechanics (WCCM) in conjunction with the 2nd Asian-Pacific Congress on Computational Mechanics, Abstract   1 350   2004年9月
in: Minisymposia ”Advenced Flow Simulation and Modeling”,
place: Beijing, China,

Misc

 
理系基礎教育の充実に向けての試みII~茨城大学における「1変数微分積分」授業の標準化~
榊原暢久,五十嵐浩,栗原和美,曽我日出夫,千葉康生,藤間昌一,藤原高徳,湊淳
日本数学教育学会高専・大学部会論文誌   14(1) 21-30   2007年   [査読有り]
2次精度特性曲線有限要素法の数値積分に関する強靭性につ いて
藤間昌一,田端正久
京都大学数理解析研究所講究録『数値解析と新しい情報技術』   1362 196-204   2004年4月
領域分割有限要素法による並列計算
月刊地球   20(12) 748-752   1998年12月
流れ問題の行列非記憶な有限要素解法
藤間昌一,田端正久
京都大学数理解析研究所講究録「数値計算アルゴリズムの現状と展望II」   915 136-145   1995年
Finite element formulation of periodic conditions and numerical observation of three-dimensional behavior in a flow
Shoichi FUJIMA, Yasuji FUKASAWA, Masahisa TABATA
京都大学数理解析研究所講究録「工学に現れる偏微分方程式の数値解析とその周辺」   836 113-119   1993年

書籍等出版物

 
計算力学理論ハンドブック
田端正久、萩原一郎監訳、第34翻訳者、他37名 (担当:共訳)
朝倉書店   2010年6月   ISBN:978-4-254-23120-5
2004年にE.Stein, R. de Borst, T.J.R.Jughesにより編集されたEncyclopedia of Computational Mechanics(計算力学百科事典)全3巻のうち、第1巻「基礎」の邦訳
続・有限要素法による流れのシミュレーション
樫山和男、野村卓史、藤間昌一、奥村弘、田中聖三、桜庭雅明、渡邉浩志、加藤千幸、T.J.R.Hughes, T.E.Tezduyar, 大島まり、他10名 (担当:共著)
シュプリンガー・ジャパン株式会社   2008年8月   ISBN:978-4-431-10033-1
有限要素法による流れのシミュレーション
川原睦人,奥田洋司,野村卓史,藤間昌一,畑中勝守,水上昭,池川昌弘,T.J.Hughes,大島まり,樫山和男,T.E.Tezduyar,他5名 (担当:共著)
シュプリンガー・フェアラーク東京   1998年11月   ISBN:4-431-70793-X
有限要素法は、複雑形状への適合性に優れていることを最大の特色とする。CFD(数値流体力学)が多種多様な実用的問題に応用される技術手段として発展しつつある今、きわめて重要な手法である。本書では、有限要素法に基づく流れ解析の基礎的事項からプログラミングの実際にいたるまでを、安定化手法やモデリングの方法、高速計算法などの最新テクニックとともに解説している。CD-ROM付き。

講演・口頭発表等

 
メッシュ交差の平面走査構成アルゴリズムの検討
佐藤昂,藤間昌一
日本応用数理学会2011年度年会   2011年9月   日本応用数理学会
有限要素関数のランダム三角形上の数値積分
藤間昌一
計算工学講演会論文集,vol.12,pp.859-860   2007年5月   日本計算工学会
ランダム区間積分モデルから示される特性有限要素法での数値積分則の選択指針
藤間昌一
第190回九州大学数値解析セミナー(Q-NAセミナー)   2006年7月25日   
特性有限要素法に用いる数値積分のランダム区間重み付き積分モデルによる誤差解析
藤間昌一
計算工学講演会論文集,vol.11,pp.459-460   2006年6月13日   日本計算工学会
ランダムに切り取ったP1有限要素関数の積分問題に対する高次数値積分の有効性
日本応用数理学会2005年度年会講演予稿集   2005年9月25日   
会場:東北大学