NAKAMURA TADASHI

J-GLOBAL         Last updated: Sep 30, 2016 at 02:49
 
Avatar
Name
NAKAMURA TADASHI
Affiliation
The University of Electro-Communications
Job title
Emeritus Professor
Research funding number
50217858

Profile

1975-1982 Study on the early process of vision
1980-1984 Molecular physiology of the traditional Chinese-Japanese herbal drugs
1980-1984 Study of the regeneration process of the cornea
1984-1985 Biophysical study of the cone visual pigments
1985- Study of the olfactory transduction
2001- Study of the taste system in insects

Research Areas

 
 

Academic & Professional Experience

 
Apr 1980
   
 
Researcher, Kanebo Cancer Reserach Institute
 
Jun 1984
   
 
Research Associate, University of Illinois, College of Liberal Arts and Science
 
Nov 1985
   
 
Postdoctrial Associate, Yale University School of Medicine
 
Apr 1988
   
 
Staff Scientist, Monell Chemical Senses Center, University of Pennsilvania
 
May 1989
   
 
Associate Professor, University of Electro-Communications
 

Education

 
 
 - 
Mar 1975
生物系, Faculty of Science, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1977
生物物理学専攻, Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 
 
 - 
Mar 1980
生物物理学専攻, Graduate School, Division of Natural Science, Kyoto University
 

Awards & Honors

 
Nov 1990
中西研究奨励賞, 味と匂の研究会(現味と匂学会)
 
Oct 1987
東北医学会感謝状
 

Published Papers

 
Tadashi Nakamura, Geoffrey H. Gold
Nature   325(6103) 442-444   Jan 1987   [Refereed]
Graeme Lowe, Tadashi Nakamura, Geoffrey H. Gold
Proceedings of National Academy of Science USA   86 5641-5645   1989   [Refereed]
Gated Conductances in Native and Reconstituted Membranes from Frog Olfactory Cilia.
Tadashi Nakamura, Hyung-Huang Lee, Hirokatsu Kobayashi, Tomo-Oki Satoh
Biophysical Journal   70 813-817   1996   [Refereed]
キニーネ・ショ糖混合刺激に対するクロキンバエ味覚毛の応答インパルス
中村整,磯部洋平,瀬戸美星,仲村厚志,森田修司
日本味と匂学会誌   21(3) 265-266   Dec 2014   [Refereed]
クロキンバエふ節の味覚毛より記録したショ糖応答のインパルス頻度はキニーネにより抑制されると考えられてきた。しかしショ糖またはキニーネそれぞれの単独刺激に対する応答はそれぞれの濃度の増加で振幅減少を示し,先の頻度抑制は振幅の変化であり頻度の現象ではない可能性があった。そこで各条件についてインパルスの振幅を検討したところ,糖応答の抑制の起きる範囲では振幅の変化は僅かであり,その影響はほとんどないことが認められた。
クロキンバエのフ節D4型味覚毛の各種アミノ酸に対する応答
中村整、小川絵里、小川洋史、栗原隆一郎、仲村厚志
日本味と匂学会誌   20(3) 257-258   Dec 2013   [Refereed]

Misc

 
書評「サイボーグ昆虫,フェロモンを追う」
中村整
比較生理生化学   32(1) 47-48   Mar 2015   [Invited]
学会誌編集長からの依頼により,神崎亮平氏の著書の書評を行った。内容は神崎研における長年の,昆虫の機能を模した小型ロボットの開発とその応用による脳神経系の機能解析のモデルを提示しているというもので,工学と生物学の両分野の学生に一読を勧める。
匂いと昆虫の巧みな世界-匂いに支配されている昆虫の不思議-,井濃内順著
中村整
日本味と匂学会誌   21(1) 83-84   Apr 2014   [Invited]
仲村厚志、中村整
バイオメカニズム学会誌   31(3) 138-142   Aug 2007   [Refereed]
Yoshihiro Murata, Shintaro Goto, Tadashi Nakamura
Comparative Physiology and Biochemistry   23(2) 3-10   Apr 2006   [Refereed]
嗅覚情報変換におけるcAMPシステム
中村整,金子博
Aroma Research   3(1) 11-15   Feb 2002   [Refereed]

Books etc

 
秋山(張)秋梅、安倍 学、蟻川謙太郎、安東宏徳、飯郷雅之、飯野盛利、池内昌彦、池田憲昭、池田 啓、池畑広伸、井澤 毅、石川大太郎、石川 満、石田 斉、石塚 徹、井上圭一、井上幸次、伊吹裕子、今井啓雄、今泉貴登、今元 泰、岩田耕一、岩田達也、上山久雄、丑田公規、内橋貴之、浦野泰照、海野雅司、大石 正、大内秋比古、大内淑代、大岡宏造、大須賀篤弘、太田信廣、太田英伸、大平明弘、岡 義人、岡島公司、岡野俊行、岡本晃充、岡本秀毅、小口理一、小阪田泰子、尾﨑浩一、加川貴俊、片岡博尚、片岡幹雄、加藤晃弘、門田明雄、鐘ヶ江健、鎌田 堯、嘉美千歳、上久保裕生、上出良一、神谷真子、唐津 孝、川井清彦、川田 暁、川鍋 陽、河村 悟、川原 繁、神取秀樹、菊川峰志、北山陽子、木下俊則、木下充代、清末知宏、久保達彦、小泉 周、河内孝之、小島大輔、児玉高志、小塚俊明、小林一雄、小松英彦、小柳光正、酒井達也、櫻井啓輔、櫻井 実、佐々木純、佐藤公行、佐藤良勝、志賀向子、鹿内利治、直原一徳、七田芳則、篠原邦夫、篠村知子、嶌越 恒、島崎研一郎、沈 建仁、末次憲之、菅澤 薫、須藤雄気、關 隆晴、園池公毅、田井中一貴、髙井保幸、高市真一、髙雄元晴、髙木慎吾、高田忠雄、髙橋文雄、高橋裕一郎、髙橋勇輔、竹内聖二、立川貴士、立花政夫、橘木修志、田中 淳、田中 歩、田邉一仁、谷戸正樹、崔 正權、塚本寿夫、柘植知彦、筒井 圭、出村 誠、寺北明久、寺島一郎、寺嶋正秀、寺西美佳、手老省三、土居雅夫、藤堂 剛、德富 哲、鳥居雅樹、内藤 晶、永井健治、中川将司、永田 崇、長谷あきら、中谷 敬、中津 亨、長沼 毅、中根英昭、中林孝和、中村 整、中村光伸、中村 渉、錦織千佳子、西出真也、西村賢宣、沼田英治、野口 巧、羽鳥 恵、林 重彦、林 文夫、針山孝彦、彦坂幸毅、久枝良雄、久堀 徹、日出間純、平野 誉、深田吉孝、福永 淳、藤塚 守、船坂陽子、古川貴久、古谷祐詞、牧野 周、真嶋哲朗、増田真二、松下智直、松永 司、松本 顕、松山オジョス武、万代道子、三島和夫、水上 卓、皆川 純、宮尾光恵、宮嵜 厚、村上明男、望月伸悦、森 俊雄、森田明理、森脇真一、八木田和弘、保田昌秀、山﨑洋一、山路 稔、山下高廣、山下(川野)絵美、山中章弘、山仲勇二郎、山本興太朗、吉原静恵、吉原利忠、吉村 崇、和田正三、渡辺正勝 (Part:Contributor, 第3章 光の情報利用 3.2 視覚 130 チャネル)
朝倉書店   Feb 2016   ISBN:978-4-254-17161-7
化学,生物学,医学など様々な分野から選んだ約200項目の事項・現象を解説した事典。視覚における光受容細胞で最初に興奮するメカニズムであるイオンチャンネルとその開閉機構等を解説した。
研究者が教える動物実験 第1巻 感覚
中村整 (Part:Contributor, 第2章 嗅覚 8.鼻はにおいで電気的な興奮をする        9.嗅細胞の情報変換機構に迫る )
共立出版   Jul 2015   ISBN:978-4-320-05772-2
日本比較生理生化学会として出版した3冊のシリーズの一つで、様々な動物実験の手法を各分野を得意とする研究者が紹介。嗅覚実験に関する章における脊椎動物の嗅覚の電気生理学の手法について記述した。読者として学部学生から第一線の研究者までを想定。
Insect Taste: Experimental Biology Reviews Vol. 62
Mamiko Ozaki, Tadashi Nakamura (Part:Joint Work, Chemosensory regulation of feeding in the blowfly: several studies after 'The Hungry Fly')
Taylor & Francis Group   Oct 2008   
シリーズ21世紀の動物科学、9.動物の感覚とリズム
中村整、尾崎まみこ (Part:Joint Work, 4章 化学感覚)
培風館   Jul 2007   
Fronteirs in Molecular and Endocrinology of Invertebrates and Vertebrates Vol.II
Tadashi Nakamura (Part:Joint Work, NO-cGMP signaling pathway in sugar receptor neurons in the blowfly)
Department of Animal Sciences School of Life Sciences University of Hyderabad   2006   

Conference Activities & Talks

 
視覚から始めた嗅覚・味覚研究 [Invited]
中村整
講演会「味覚・嗅覚研究への提言」   22 Jan 2016   慶應義塾大学医学部生物学教室
現在嗅覚の研究が世界的にも活発になっているが、そのきっかけとなった脊椎動物の嗅細胞CNGチャンネルの発見のストーリーを中心に演者の過去から現代までの研究について概説し、近年の大きな発見が異分野の衝突に発することが多く、より広範な異分野交流を提言した。
昆虫の味覚および関連する神経機構 [Invited]
中村整
ミニシンポジウム「動物生理現象の分子論的研究」   8 Nov 2015   京都大学理学部生物物理学教室
昆虫の味覚受容に見られる異種味質間の抑制機構を中心に近年の昆虫の味覚受容機構を概説した。
昆虫における苦味と甘味の対立的受容 [Invited]
中村整
日本動物学会第86回新潟大会・シンポジウムS11「ショウジョウバエと非モデル昆虫との相違点」   18 Sep 2015   日本動物学会
昆虫における苦味と甘味受容細胞の応答の相互作用現象やその現象におけるリポカリンの役割に関する研究について解説し、議論をおこなった。
Tadashi Nakamura
Osaka University International Symposium on Sensory Signal Transduction and Information Processing   20 Mar 2015   Graduate School of Frontier Biosciences, Osaka University International Symposium Office
Eleven researchers were invited to present and to discuss their recent researches in neuroscience on sensory transduction mechanisms and signal processing mechanisms.
リポカリン、エレクトリックノーズの主要素材候補:その生理機能
中村 整
生物規範工学 第二回全体会議   Oct 2013   文部科学省 科学研究費 新学術領域 「生物多様性を規範とする革新的材料技術」