樫森 与志喜

J-GLOBALへ         更新日: 18/09/11 03:01
 
アバター
研究者氏名
樫森 与志喜
 
カシモリ ヨシキ
eメール
kashipc.uec.ac.jp
URL
http://www.klb.es.uec.ac.jp
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系)
職名
教授
学位
理学博士(大阪市立大学)
科研費研究者番号
70233707

研究分野

 
 

経歴

 
1986年4月
   
 
大阪工業大学 嘱託講師
 
1988年4月
   
 
四天王寺高校 教諭
 
1991年4月
   
 
電気通信大学電気通信学部 助手
 
2001年11月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2007年10月
電気通信大学電気通信学部 准教授
 

学歴

 
 
 - 
1975年3月
三重県立上野高等学校  
 
 
 - 
1980年3月
大阪市立大学 理学部 化学科
 
 
 - 
1985年3月
大阪市立大学 理学研究科 化学専攻
 

委員歴

 
2003年1月
   
 
数理生物懇談会  運営委員
 

受賞

 
2017年9月
日本神経回路学会 H28年度日本神経回路学会優秀研究賞 対象研究:味覚・視覚連合タスクにおける眼窩前頭皮質ニューロンのワーキングメモリ形成の神経機構
 
2007年4月
応用物理学会 応用物理学会欧文誌(JJAP)編集貢献賞
 

論文

 
Visual and category representations shaped by the interaction between inferior and prefrontal cortices
Yuki Abe, Kazuhisa Fujita, Yoshiki Kashimori
Cognitive Computation   DOI: 10.1007/s12559-018-9570-0    2018年   [査読有り]
Evaluation of the computational efficacy in GPU-accelerated simulations of spiking neurons
K. Fujita, S. Okuno, Y. Kashimori
Computing   DOI:10.1007/s00607-018-0590-0    2018年   [査読有り]
A neural mechanism of dynamic gating of task-relevant information by top-down influence in primary visual cortex
K. Kamiyama, K. Fujita, Y. Kashimori
BioSystems   150 138-148   2016年12月   [査読有り]
A neural mechanism of taste perception modulated by odor information
T. Shimemura, K. Fujita, and Y. Kashimori
Chemical Senses   41(7) 579-589   2016年9月   [査読有り]
Neural mechanism of corticofugal modulation of tuning property in frequency domain of bat's auditory system
Kazuhisa Fujita and Yoshiki Kashimori
Neural Processing Letters   43(2) 537-551   2016年3月   [査読有り]

Misc

 
神経と行動-弱電気魚のニューロエソロジー研究の新展開-
樫森与志喜
比較生理生化学会誌   17(1) 43-44   2000年   [依頼有り]
電気魚、メンフクロウ、コウモリにおけるサブミリ秒時間差検知の神経機構
樫森与志喜
比較生理生化学会誌   16(1) 25-34   1999年
第7回Computational Neuroscience Meeting報告
樫森与志喜,神原武志
日本神経回路学会誌   5(3) 126-127   1998年
めだかの学校-自己組織的集団運動-
佐々木直幸、樫森与志喜、内藤正美、渕上信子、神原武志
統計数理研究所共同研究リポート76   144   1995年
1983年の化学―化学におけるソリトンの話題―
樫森与志喜、西本吉助
化学   39 502-503   1994年

書籍等出版物

 
研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋
樫森 与志喜 (担当:共著, 範囲:第4章 29.神経って、こんなに短い時間差とれるの?(メンフクロウ、弱電気魚))
共立出版   2015年7月   ISBN:978-4-320-05773-9
パソコンで見る生物進化(共著)
科学シミュレーション研究会(神原武志、樫森与志喜、井上聡、小山田哲也、木明学、内山実、大山哲雄) (担当:共著, 範囲:第2章、第4章)
講談社、ブルーバックス   2000年   
パソコンで見る複雑系・カオス・量子(共著)
科学シミュレーション研究会(大山哲雄、樫森与志喜、神原武志、佐々木直幸、田中尚樹、内藤正美、成田佳應、渕上信子) (担当:共著)
講談社,ブルーバックス   1997年   
パソコンで探る生命科学シミュレーション(共著)
神原武志、樫森与志喜、内藤正美、佐々木直幸、大山哲雄: (担当:共著)
講談社,ブルーバックス   1994年   
パソコンで遊ぶ物理シミュレーション(共著)
神原武志、樫森与志喜、内藤正美、佐々木直幸、大山哲雄: (担当:共著)
講談社、ブルーバックス   1992年   

講演・口頭発表等

 
神経細胞のシミュレーションにおける膜電位のダイナミクスに与える浮動小数点数の精度の影響
藤田一寿 樫森与志喜
ニューロコンピューティング研究会   2018年3月24日   電子情報通信学会
Top-down influence on V1 responses in perceptual behavior produced by reinforcement learning
Ryo Tani, Shiro Yano, Yoshiki Kashimori
The 6th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer   2018年2月1日   
強化学習を用いた適応行動が生み出す高次領野から一次視覚野へのトップダウン効果
谷 遼 矢野 史郎 樫森 与志喜
視覚学会 (VISION)   2018年1月17日   
弱電気魚の電気定位における物体形状の神経コーディング
奥野舜 藤田一寿 樫森与志喜
ニューロコンピューティング研究会/信学技報(IEICE Technical Report)   2017年12月16日   
知覚学習の適応行動に伴う一次視覚野への トップダウン効果の生成機構
谷 遼 矢野 史朗 樫森 与志喜
ニューロコンピューティング研究会/信学技報(IEICE Technical Report)   2017年12月16日   電子情報通信学会

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
電気感覚系における情報処理機構のシステム的理解を目指す理論的研究
研究期間: 2015年4月 - 2018年3月    代表者: 樫森与志喜
視覚-触覚の相互補間における脳高次機能解明のための心理学実験
研究期間: 2003年 - 2004年