石田 尚行

J-GLOBALへ         更新日: 18/12/05 05:27
 
アバター
研究者氏名
石田 尚行
 
イシダ タカユキ
URL
http://ttf.pc.uec.ac.jp/www.page/Ishida.html
所属
電気通信大学
部署
大学院情報理工学研究科、情報理工学域基盤理工学専攻、Ⅲ類(理工系)
職名
教授
学位
理学博士(東京大学)
科研費研究者番号
00232306

研究分野

 
 

経歴

 
1996年4月
 - 
1998年3月
電気通信大学電気通信学部 講師
 
1998年4月
 - 
2007年3月
電気通信大学電気通信学部 助教授
 
2007年4月
 - 
2008年3月
電気通信大学電気通信学部 准教授
 
2008年4月
 - 
2010年3月
電気通信大学電気通信学部 教授
 
2010年4月
   
 
電気通信大学大学院情報理工学研究科 教授
 

学歴

 
 
 - 
1982年3月
開成高等学校  普通科
 
1982年4月
   
 
東京大学 理科I類 
 
 
 - 
1986年3月
東京大学 理学部 化学科
 
 
 - 
1988年3月
東京大学 理学系研究科 化学専攻
 
 
 - 
1991年3月
東京大学 理学系研究科 化学専攻
 

委員歴

 
2013年
 - 
2016年
日本化学会  代議員(社員)
 
2012年
 - 
2013年
日本化学会関東支部  代議員
 
1996年
 - 
2015年
日本化学会  職域会員代表
 
2013年
 - 
2013年
電子スピンサイエンス学会  選挙管理委員
 
1995年
 - 
2017年
日本化学会春季年会(随時、関東地区開催の年度で)  プログラム編成委員 07A有機化学-物性と構造
 

受賞

 
2017年7月
東北大学金属材料研究所強磁場センター Selected Topics 2016 HFLSM-IMR ヘテロスピン希土類錯化合物に見られる磁気異方性の研究
 
2017年2月
American Chemical Society ACS Editors' Choice USA
受賞者: T. Kanetomo, T. Kihara, A. Miyake, A. Matsuo, M. Tokunaga, K. Kindo, H. Nojiri, and T. Ishida
 
2016年2月
The Japan Chemical Society BCSJ Award Japan
受賞者: Yumi Ida, Hiroyuki Nojiri, Takayuki Ishida
 
2015年11月
日本学術振興会 科研費審査委員表彰 平成27年度「科研費」審査委員表彰
 
2008年8月
東北大学金属材料研究所 Research Highlights 2008 IMR
 

論文

 
P. Mahapatra, N. Koizumi, T. Kanetomo, T. Ishida, and A. Ghosh
New Journal of Chemistry   in press   2018年   [査読有り]
結晶固体中で有機分子は動く:緩やかな構造転移とスピン転移/クロスオーバー
嘉代 敦・京田幸也・岡澤 厚・石田尚行
有機合成化学協会誌   76 to be submitted   2018年   [査読有り][招待有り]
Iron(II) and 1,1,1-Tris(2-pyridyl)nonadecane Complex Showing Order-Disorder Type Structural Transition and Spin-Crossover Synchronized over Both Conformers
A. Kashiro and T. Ishida
Inorganic Chemistry   submitted   2018年   [査読有り]
A. Okazawa, Y. Terakado, T. Ishida, and N. Kojima
New Journal of Chemistry (Journal Back Cover)   42 17874-17878   2018年   [査読有り]

Misc

 
分子磁性研究の展開と深化:4f-3d単分子磁石の周辺研究を一例として
石田尚行
電子スピンサイエンス   10 (Autumn) 94-99   2012年10月
希土類ナノ磁石の交換相互作用評価
石田尚行、野尻浩之、吉居俊輔、田中 豪
NanotechJapan Bulletin(Web マガジン:フォーカス26)   第14回 https://nanonet.nims.go.jp/mag   2010年12月
超分子的に制御できる分子磁性
石田尚行,野上 隆
日本応用磁気学会誌   27 811-816   2003年

書籍等出版物

 
Spin-Crossover Complexes (Inorganics Special Issue )
A. Kimura and T. Ishida (担当:分担執筆, 範囲:Pybox-Iron(II) Spin-Crossover Complexes with Substituent Effects from the 4-Position of the Pyridine Ring (Pybox = 2,6-Bis(oxazolin-2-yl)pyridine))
MDPI   2018年5月   ISBN:978-3038428251
CSJカレントレビュー16「スピン化学が拓く分子磁性の新展開:設計から機能化まで」
石田尚行 (担当:分担執筆, 範囲:第18章 f-d系およびf-p系単分子磁石)
化学同人   2014年8月   ISBN:9784759813760
Multifunctional Conducting Molecular Materials
M. Suzuki, T. Fujii, T. Nogami, T. Hirano, and T. Ishida (担当:分担執筆, 範囲:Electron Donors from Natural Products: Donating and Ligating Abilities and Charge-Transfer Complex Formation of Imidazo[1,2-a]pyrazin-3(7H)-ones)
RSC Publishing   2007年   ISBN:0854044965
Molecular Magnetism - New Magnetic Materials
T. Nogami and T. Ishida (担当:分担執筆, 範囲:Chap. 5.1, Molecular Design and Synthesis for Organic Molecular Magnetism - Novel Ferromagnetic TEMPO Radical Crystals)
Kodansha-Gordon and Breach Science Publishers   2000年   ISBN:9056993070
Recent Research Development of Pure and Applied Chemistry Volume 1
T. Ishida and T. Nogami (担当:分担執筆, 範囲:Pyrimidine-Bridged Transition Metal Complexes as a Polymer Approach to Molecule-Based Ferromagnets)
Transworld Research Network   1998年   ISBN:8186846131

講演・口頭発表等

 
Gradual Structure Transition and Novel Spin Transition/Crossover [招待有り]
T. Ishida
2nd RIKEN Symposium International Workshop on Organic Molecular Systems/4th International Conference on Functional Materials Science   2018年11月   RIKEN & FMS-net
Synthetic Investigation for Spiro-Junctioned Biradical Compounds
K. Ichihashi and T. Ishida
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   Irago Conf Committee
Biphenyl-Hinged Bisnitroxide Biradicals toward Intramolecular Para- and Diamagnetic Switching
M. Arai and T. Ishida
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   Irago Conf Committee
Structures and Magnetic Properties of Lanthanide Complexes Involving Ground Triplet Bisnitroxide Radicals
H. Sekine and T. Ishida
The Irago Conference 2018   2018年11月1日   Irago Conf Committee
Moving Molecules in Crystalline Solids: Gradual Structure Transition and Spin Transition/Crossover
T. Ishida
International Conference on Condensed Matters and Advanced Materials (IC2MAM 2018)   2018年9月5日   IC2MAM

担当経験のある科目

 

競争的資金等の研究課題

 
僅かな分子の構造変調が劇的なスピン状態変化をもたらす材料群の研究
研究期間: 2015年 - 2018年    代表者: 石田尚行
へテロスピン系の特異な結合を利用した材料群の創出と構造相転移物質への展開
研究期間: 2011年 - 2012年
複合スピン機能と柔軟な有機機能を併せ持つ超分子的磁性体の合成開発とその評価
研究期間: 2010年 - 2013年
4f-3d-2pへテロスピン系の交換相互作用を利用した電子物性材料の創出
研究期間: 2009年 - 2010年
複合機能性材料を目指した超分子磁性体の開発
研究期間: 2007年 - 2009年

特許

 
特開平9-25246 : 新規なフラーレンC60誘導体及びその製法