斎藤 修

J-GLOBALへ         更新日: 10/05/20 00:00
 
アバター
研究者氏名
斎藤 修
 
サイトウ オサム
所属
旧所属 一橋大学 経済研究所
職名
教授
学位
経済学博士(慶應義塾大学), 経済学修士(慶應義塾大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
1970年
 - 
1979年
慶應義塾大学経済学部 助手
 
1979年
 - 
1982年
慶應義塾大学経済学部 助教授
 
1982年
 - 
1987年
一橋大学経済研究所 助教授
 
1987年
   
 
- 一橋大学経済研究所 教授
 

学歴

 
 
 - 
1973年
慶應義塾大学 経済学研究科 経済史
 
 
 - 
1968年
慶應義塾大学 経済学部 
 

委員歴

 
2003年
   
 
社会経済史学会  代表理事
 
2002年
 - 
2003年
日本人口学会  理事
 
1996年
 - 
2000年
国際人口学連合  歴史人口学委員会委員長
 
1998年
 - 
2006年
国際経済史協会  理事
 

受賞

 
1986年
サントリー学芸賞
 
1988年
東京海上各務記念賞
 
1998年
日本人口学会奨励賞(論文の部)
 
2008年
日経・経済図書文化賞
 

Misc

 
前近代経済成長の2つのパターン:徳川日本の比較史的位置
社会経済史学   70(5) 519-539   2005年
実質賃金の歴史的水準比較:中国・日本・南欧、1700-1920年 (共著)
経済研究   56(4) 348-369   2005年
伝統と相互作用:近代日本産業史の研究動向 (共著)
Australian Economic History Review   44(3) 214-258   2004年
「町工場世界の起源: 技能形成と起業志向」
『経済志林』   73(4) 315-332   2006年
農民の時間から会社の時間へ : 日本における労働と生活の歴史的変容
社会政策学会誌 15   3-18.   2006年

書籍等出版物

 
商家の世界・裏店の世界:江戸と大阪の比較都市史
リブロポート   1987年   
日本経済の200年
日本評論社   1996年   
比較史の遠近法
NTT出版   1997年   
賃金と労働と生活水準-日本経済史における18-20世紀
岩波書店   1998年   
江戸と大阪 -近代日本の都市起源
NTT出版   2002年   

Works

 
汎アジア圏長期経済統計データベースの作成
1995年 - 2000年
インドにおける人口と開発
2001年

競争的資金等の研究課題

 
アジアの人口と労働力
徳川農村の歴史人口学
労働・家族・生活水準