近見 正彦

J-GLOBALへ         更新日: 15/07/14 10:51
 
アバター
研究者氏名
近見 正彦
 
チカミ マサヒコ
学位
博士(商学)(一橋大学), 商学修士(一橋大学)

研究分野

 
 

経歴

 
 
   
 
一橋大学 商学研究科 教授
 
1976年
 - 
1979年
専修大学商学部 専任講師
 
1979年
 - 
1982年
専修大学商学部 助教授
 
1982年
 - 
1987年
青山学院大学経営学部 助教授
 
1987年
 - 
1990年
一橋大学商学部 助教授
 

学歴

 
 
 - 
1976年
一橋大学 商学研究科 商学専攻
 
 
 - 
1970年
一橋大学 商学部 商学専攻
 

委員歴

 
2002年
 - 
2006年
日本保険学会  理事長
 
2004年
 - 
2007年
アジア・太平洋リスク・保険学会(Asia-Pacific Risk and Insurance Association)  理事(Board of Governors)
 

受賞

 
1984年
各務奨励賞
 

Misc

 
1538年スペイン・ブルゴスの海上保険条例(その1)
損害保険研究   67(3) 51-89   2005年
1538年スペイン・ブルゴスの海上保険条例(その2-完)
損害保険研究   68(1) 135-176   2006年
「ギドン・ドゥ・ラ・メール」について
三田商学研究(前川寛教授退任記念号)   43(6) 87-99   2001年
Early Italian Statutory Laws Expressly Recognizing the Validity of the Insurace Contact
Aoyama Business Review   12 41-61   1986年
Ueber die Entstehung des Prinzips von der Nichthaftung fuer die Beschaffenheitsschaeden in der Seeversicherung
専修商学論集   26 137-186   1978年

書籍等出版物

 
新・保険学 (共著)
有斐閣   2006年   
保険(財務省財務総合政策研究所財政史室編『昭和財政史-昭和49年~63年度』所収) (共著)
東洋経済新報社   2003年   
資料解説(3)保険(財務省財務総合政策研究所財政史室編『昭和財政史-昭和49年~63年度』所収) (共著)
東洋経済新報社   2002年   
現代保険学 (共著)
有斐閣   1998年   
海上保険の原理
損害保険事業総合研究所   1994年   

競争的資金等の研究課題

 
14世紀から現代に至る保険契約法理の発達
国際貢献国際共同研究
研究期間: 1981年 - 2001年
保険契約の諸問題
新産業創出フロンティア研究
研究期間: 1976年 - 2016年
リスク概念とリスクの計測
科学技術政策研究国際協力推進
研究期間: 2000年 - 2010年