山田 裕理

J-GLOBALへ         更新日: 17/03/16 02:52
 
アバター
研究者氏名
山田 裕理
 
ヤマダ ヒロミチ
所属
一橋大学
部署
経済学研究科
職名
特任教授
学位
理学博士(東京大学)
科研費研究者番号
50134888

研究分野

 
 

経歴

 
1979年12月
 - 
1985年10月
一橋大学 商学部 講師
 
1985年11月
 - 
1995年3月
一橋大学 商学部 助教授
 
1992年3月
 - 
1994年3月
オハイオ州立大学 - 客員研究員
 
1995年4月
 - 
1996年3月
一橋大学 商学部 教授
 
1996年4月
 - 
1998年3月
一橋大学 経済学部 教授
 

学歴

 
1976年4月
 - 
1979年3月
東京大学 理学系研究科 数学専攻
 
 
 - 
1974年3月
東京大学 理学部 数学科
 

論文

 
Hiromichi Yamada
Journal of the Faculty of Science, the University of Tokyo, Section IA   26(1) 1-52   1979年3月   [査読有り]
Hiromichi Yamada
Journal of the Faculty of Science, the University of Tokyo, Section IA   26(2) 255-278   1979年10月   [査読有り]
Standard subgroups isomorphic to PSU(5,2)
Hiromichi Yamada
Journal of Algebra   58(2) 527-562   1979年6月   [査読有り]
Standard subgroups isomorphic to PSU(6,2) or SU(6,2)
Hiromichi Yamada
Journal of Algebra   61(1) 82-111   1979年11月   [査読有り]
Standard subgroups of type G2(3)
Hiromichi Yamada
Proceedings of Symposia in Pure Mathematics   37 95-97   1980年4月   [査読有り]

書籍等出版物

 
小嶋泉『数理物理への誘い6』所収
山田 裕理 (担当:共著, 範囲:モンスター単純群と頂点作用素代数)
遊星社   2006年8月   ISBN:4-434082914
教養としての経済学 (共著)
一橋大学経済学部 (担当:共著, 範囲:数学の楽しみ)
有斐閣   2013年2月   ISBN:978-4-641-16404-8

講演・口頭発表等

 
標数2階数2のLie型の群を成分とする群について (五味健作、宮本泉と共同)
山田裕理(五味健作、宮本泉と共同)
有限群論研究集会   1976年5月   
ある種の標準部分群を持つ群 (五味健作、宮本泉と共同)
山田裕理(五味健作、宮本泉と共同)
有限群論研究集会   1978年10月   
Standard subgroups of type G2(3)
Hiromichi Yamada
「The Summer Research Institute on Finite Groups」(アメリカ数学会Summer Institute)   1979年6月   
Santa Cruz Summer Instituteの報告(2)
山田裕理
第25回代数学シンポジウム   1979年8月   
The characters of G2(2n) and its subgroups
Hiromichi Yamada
「The Summer Research Institute on Finite Groups」(アメリカ数学会Summer Institute)   1986年7月   

競争的資金等の研究課題

 
有限群
研究期間: 1974年4月 - 現在
頂点作用素代数
研究期間: 1992年4月 - 現在
頂点作用素代数のオービフォールドの研究(研究代表者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
有限単純群と符号・格子・頂点作用素代数(研究分担者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2007年3月
格子頂点作用素代数の内部に現れるW代数の研究(研究代表者)
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2005年4月 - 2008年3月