佐藤 哲夫

J-GLOBALへ         更新日: 18/04/16 13:47
 
アバター
研究者氏名
佐藤 哲夫
 
サトウ テツオ
eメール
tetsuo.sator.hit-u.ac.jp
所属
広島市立大学
部署
広島平和研究所
職名
教授
学位
法学博士(一橋大学), 法律外交修士(フレッチャー法律外交大学院), 法学修士(一橋大学)

研究キーワード

 
 

研究分野

 
 

経歴

 
2018年4月
   
 
広島市立大学 広島平和研究所 教授
 

学歴

 
1978年4月
 - 
1984年3月
一橋大学 法学研究科 国際公法
 
 
 - 
1978年3月
一橋大学 法学部 法学
 

受賞

 
1991年10月
- 安達峰一郎記念賞
 

論文

 
国際公益と国連安全保障理事会
佐藤 哲夫
法政論叢(山形大学)   68・69 109-148   2018年2月   [招待有り]
国連安全保障理事会は「国際立法」権限を簒奪したのか?――国際テロリズムと大量破壊兵器の不拡散をめぐって
佐藤 哲夫
法律時報   89(10) 21-26   2017年9月   [招待有り]
 国連安全保障理事会(以下、安保理)は、冷戦解消後になって準立法的活動を含む多様な活動を展開してきているが、国際テロリズムと大量破壊兵器の不拡散に関する決議1373(2001)・1540(2004)の採択によって、「国際立法(international legislation)」 の段階に入ったとも指摘される 。しかし、安保理は国際法の立法機関としては根本的に不適切な機関である。他方で、国際テロリズムと大量破壊兵器の不拡散の危険は、国際社会が直面する重大な危機的状況であり、それを反映して決...
国際連合の70年と国際法秩序:国際社会と国際連合における法の支配の発展
佐藤 哲夫
国連:戦後70年の歩み、課題、展望(「国連研究」)   (17) 45-76   2016年6月   [招待有り]
国連による安全保障の70年と日本の対応
佐藤 哲夫
法律時報   87(12) 21-26   2015年11月   [招待有り]
捕鯨事件にみる国際組織の創造的展開――「加盟国の誠実協力義務」の立証責任転換機能に注目して――
佐藤 哲夫
国際法の実践(小松一郎大使追悼)   149-180   2015年6月   [招待有り]
佐藤 哲夫
国際法外交雑誌   110(4) 26-58   2012年3月   [査読有り][招待有り]
佐藤 哲夫
世界法年報   (30) 1-51   2011年3月   [査読有り][招待有り]
国連安全保障理事会の創造的展開とその正当性──憲章第7章の機能の多様な展開と立憲化(constitutionalization)の視点をめぐって──
佐藤 哲夫
日本国際連合学会編『国連研究の課題と展望』(「国連研究」)   10   2009年4月   [招待有り]
Tetsuo Sato
Soochow Law Journal   5(1) 1-40   2008年1月   [招待有り]
国際組織およびその決定の正当性――21世紀における国際組織の課題――
佐藤 哲夫
思想   (993) 184-202   2007年4月   [査読有り]
国際法から見た『正しい戦争』とは何か――戦争規制の効力と限界――(山内進編『「正しい戦争」という思想』)
佐藤 哲夫
勁草書房   233-261   2006年4月   [査読有り]
佐藤 哲夫
一橋法学   1(2) 536-552   2002年6月
佐藤 哲夫
国際法外交雑誌   101(3) 21-45   2002年4月   [査読有り]
佐藤 哲夫
一橋法学   1(1) 281-301   2002年3月
佐藤 哲夫
一橋大学研究年報. 法学研究   34 175-242   2000年10月
佐藤 哲夫
研究年報   1997 20-35   1997年8月
平和維持活動と強制活動に対する国際人道法の適用可能性
佐藤 哲夫
報告書:国際人道法専門家会議「国際人道法とわが国の課題」 pp.67-71,111-113      1997年4月
佐藤 哲夫
一橋論叢   117(1) 189-197   1997年1月
佐藤 哲夫
Hitotsubasi Journal of law and Politics   21(63) 1-63   1993年4月
佐藤 哲夫
一橋大学研究年報. 法学研究   21 71-336   1990年8月
佐藤 哲夫
一橋論叢   104(1) 17-40   1990年4月
佐藤 哲夫
一橋大学研究年報. 法学研究   19 3-180   1989年7月
佐藤 哲夫
Hitotsubashi Journal of Law and Politics   16 25-47   1988年2月
佐藤 哲夫
一橋大学研究年報. 法学研究   16 45-186   1986年4月
佐藤 哲夫
Hitotsubashi Journal of Law and Politics   14 1-22   1986年4月
佐藤 哲夫
一橋研究   6(3) 38-53   1981年9月

書籍等出版物

 
国連安全保障理事会と憲章第7章 集団安全保障制度の創造的展開とその課題
佐藤 哲夫
有斐閣   2015年12月   ISBN:978-4-641-04675-7
国際法の実践(小松一郎大使追悼) (共著)
佐藤 哲夫 (担当:共著)
信山社   2015年6月   ISBN:9784797280784
島田征夫編著『国内避難民と国際法』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:人道援助活動の中立性と国連の軍事的活動――UNHCRとICRCのアプローチの比較の視点から――)
信山社   2005年4月   ISBN:4797224355
山内進他編『暴力:比較文明史的考察』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:国際紛争と公権力:国連安全保障理事会)
東京大学出版会   2005年4月   ISBN:4130201395
国際組織法
佐藤哲夫
有斐閣 xxiv, 393   2005年4月   ISBN:4641046344
横田洋三編『第Ⅷ巻 国際機構と国際協力』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:国際社会の組織化の理論的検討-国際社会の組織化と国際法秩序の変容-)
三省堂   2001年4月   
一橋大学法学部創立50周年記念論文集刊行会『変動期における法と国際関係』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:国際社会における"Constitution"の概念-国際連合憲章は国際社会の憲法か?-)
-   2001年4月   
杉原高嶺編 『紛争解決の国際法』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:冷戦解消後における国連平和維持活動)
三省堂   1997年4月   
Evolving Constitutions of International Organizations, A Critical Analysis of the Interpretative Framework of the Constituent Instruments of International Organizations Kluwer Law International,XVIII+301
佐藤 哲夫
Kluwer Law International   1996年4月   ISBN:9041102027
『共通利益概念と国際法』
佐藤 哲夫 (担当:共著, 範囲:国際社会の共通利益と国際機構-国際共同体の代表機関としての国際連合について)
国際書院   1993年4月   ISBN:4906319424
国際組織の創造的展開-設立文書の解釈理論に関する一考察-
佐藤哲夫
勁草書房 xiv + 502   1993年4月   ISBN:4326401559

講演・口頭発表等

 
国際組織設立文書の解釈プロセス――国際組織のダイナミズムに関する問題提起――
佐藤 哲夫
国際法学会 1989年度春季大会   1989年5月14日   
国連安全保障理事会機能の創造的展開---冷戦後における憲章第七章の深化と進化---
佐藤 哲夫
国際法学会 2001年度秋季大会   2001年10月13日   
The U.N. Security Council and the Rule of Law in International Society
佐藤 哲夫
International Conference on the Development of International Law   2007年12月28日   
国連安全保障理事会の創造的展開とその正当性──憲章第七章の機能の多様な展開をめぐって──
佐藤 哲夫
日本国際連合学会研究大会   2008年6月1日   
見果てぬ夢、国連常設軍――国際公共目的に向けた軍事的強制の現代的諸相――
佐藤 哲夫
世界法学会研究大会   2010年5月9日   

競争的資金等の研究課題

 
国際連合等の国際組織の活動に関する研究
研究期間: 1978年4月 - 現在
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 1995年4月 - 1997年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2003年4月 - 2005年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2010年4月 - 2013年3月
日本学術振興会: 科学研究費助成事業
研究期間: 2013年4月 - 2016年3月